アクセスランキング

              笑う門には福が来る・・・らしいよ

  ヘッドライン!! ━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━ !!  

☆お気に入り新着記事☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

Powered by Ayapon RSS! オススメ プログラマー ペットフード


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
月刊桜坂通信 | スポンサー広告 |
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/23(火) 14:01:45.97 ID:9mi9XapJ0
クララガタッタワー!

 
3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/23(火) 14:03:56.85 ID:M0J/cy62O


あるところにAさんBさんCさんという人が居た。三人は同じ学校の同じクラスの友達で、とても仲がよかった。
そんな三人の耳にある話が飛び込んできた。

「Dさんが昨日突然死んでしまった。」

Dさんは隣りのクラスの友達で、Aさん達三人は非常に驚き、悲しんだ。
その後葬式に出席した三人は、Dさんの母親と話をしていた。するとその時、ある話を聞いた。

「以前Dが、『悪戯電話があった』と言っていた。受話器を取るとずっとノイズの様な音が聞こえ、
こちらが問い掛けても何も応えないからそのまま切ったらしい。」
というものだった。


6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/23(火) 14:17:55.81 ID:M0J/cy62O
母親曰く、その時は別になんとも思って居なかったらしいが、Dが死んだ原因が不明な事もあり、気味が悪くなったそうだ。
一方三人はその話を聞いても、考え過ぎではないか?というくらいにしか思っていなかった。


しかしDさんが死んだ一週間後、Aさんが同じ様な電話がかかって来たと二人に言って来た。

「昨日学校から帰ってきたら家に誰も居なかったんだ。そしたら電話が鳴ってさ、
出てみたら声とかは聞こえないんだけど無音ってわけじゃなくて、ずっと何か聞こえるの。

気味悪くなったから『あーはいはい。それじゃあね。』って言ってそのまま切っちゃって…これなんかやばいのかな?
Dの時もこんな電話来たんでしょ?」



9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/23(火) 14:30:13.49 ID:M0J/cy62O

B「考えすぎだよ~。たまたまだって(笑)」
Bさんはそう言ってあまり深く考えていなかったが、Cさんは内心気味が悪くなっていた。
しかしAさんがBさんの言葉に安心した様子だったので、それを壊すのも悪いと思い黙っていた。


しかしそうも言って居られなくなった。
電話がきてから一週間後、今度はAさんが謎の死をとげたからだ。

更にはAさんが死んだ翌日、今度はBさんに同じ電話がきたのだ。



 
12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/23(火) 14:42:08.79 ID:M0J/cy62O
BさんはCさんに泣きついた。

「なんでみんな死ぬの!?なんでみんな電話貰ってるのよ…こんな偶然ないでしょう!?」

電話が来たとき、あまりの恐怖にBさんはすぐに電話を切り、その場に泣き崩れたらしい。
そしてBさんはその次の日から学校を休んだ。

Bさんが休んでいる間、Cさんは次は我が身かもしれないと怯えていた。
どうにか助かることは出来ないかと考えていたその時、Dさん、Aさん、Bさんの共通点に気付いた。



皆こちら側から電話を切っているということに。



22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/23(火) 14:59:24.36 ID:M0J/cy62O
そして一週間後Bさんも死んでしまい、Cさんはまたも悲しみにくれた。

そして次の日、葬式を終えて帰ってくると家の電話が鳴った。

ついに自分のところに来たと怯えるなか、Cさんはある考えがあった。

(聞こえてくるノイズ音には何か意味があるのでは?)

そう思い、意を決して受話器を取る。
すると聞こえてくるのはやはりノイズ音だった。もしもし?と問い掛けるも応えは返ってこない。
足を恐怖で震わせながらもCさんはそのまま受話器を耳に当て続けた。


するとノイズ音に混ざって何か聞こえてきた。



37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/23(火) 15:16:59.69 ID:M0J/cy62O
「もしもし?」と再び問い掛けてみると、

『…は…し……う?』
と微かに声が聞こえてくる。

「もしもし?もしもし?」

『あ…は…に…? あな…』

よく聞いてみるとその声は謎の言葉をとても早口で話しているのが分かった。
すると段々聞こえてくる声が大きくなりはっきりと聞こえてきた。

『あ…たは…し…たい…で…う?あなたは…たい…しょう?…あなたは』

ブツン!!

「…え?」

すると電話の向こうで何かが千切れる様な音が聞こえ、謎の声が聞こえなくなった。

ブツン!!ブツン!!ブツン!!ブツン!!

そして何度も千切れる様な音が連続で聞こえてきた。
高まった恐怖にもう電話を切ろうと考えたとき、急に電話の向こうがシーンとなった。



44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/23(火) 15:27:04.76 ID:68hiNoeMO
あなた死にたいんでしょ?って話、元ネタ稲川じゅんじだっけか

 
46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/23(火) 15:27:25.84 ID:M0J/cy62O

(終わった?)
と思い電話を切ろうとした次の瞬間。




『…でしょう?あなたはしにたいんでしょう?あなたはしにたいんでしょう?あなたはしにたいんでしょう?
あなたはしにたいんでしょう?あなたはしにたいんでしょう!?あなたはしにたいんでしょう!?あなたはしにたいんでしょう!?』

突然、今度は大きな声ではっきりと繰り返される言葉に息を飲むと同時に気付いた。

(これにちゃんと答えなかったから…皆殺されたんだ…!!)

「私は死にたくない!!」

Cさんは恐怖で震える声を振り絞って、受話器に向かって叫んだ。
すると先ほどまで聞こえていた声がぴたりと止まり静かになった。
そしてすぐにザーッとノイズ音が一瞬聞こえ、プー…プーという音が通話終了を知らせた。



その後一週間、一か月、一年と経ってもCさんが死ぬことはなかった。そしてCさんのところに電話がきて以来、
Cさんの学校で謎の電話が誰かの家にかかってくることは無くなったという。


 
49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/23(火) 15:30:33.38 ID:M0J/cy62O
携帯で頑張って打ってたのにみんなネタバレしないでよwwwwひでぇwww


55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/23(火) 15:33:13.09 ID:14rC4do30
>>51

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2005/08/16(火) 10:02:02 ID:HkL/JrE+0
事件に関する重要な記録をここに公開する。
ICレコーダーによる記録である。
吹き込まれた声は基本的に可美村(かみむら)緋那(ひな)のものだけである。
彼女は警視庁の刑事であると共に、IZUMO社航空機墜落事故の唯一の生存者である
可美村貴代(たかよ)ちゃん(事故当時十三歳)の叔母でもある。
貴代ちゃんは事故の怪我によって、長らく植物人間状態と見なされていたが、
先日、意識をはっきりと回復していることが確認された。会話が出来るほどには回復していないため、
奥歯に電極を取り付け、歯を噛み合わせると電子音が鳴る仕組みでコミュニケーションを可能にした。

 
57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/23(火) 15:33:51.66 ID:14rC4do30
11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2005/08/16(火) 10:02:30 ID:HkL/JrE+0
イエスの場合は二回、ノーの場合は一回、歯を噛み合わせてもらった。
貴代ちゃんの精神安定のため、部屋には緋那さんと貴代ちゃんの二人だけである。
カメラなども設置していない。

以下が記録である。



773 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 13:17:59.70 ID:TfEjWqfZ0
15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2005/08/16(火) 10:04:10 ID:HkL/JrE+0
「他の乗客の人たちは普通でしたか?」
 二回。
「飛んでいる最中に何かが起こったのですね」
 四回、間断なく。
「それはYESということ?」
 三回。
「つらい? この話、やめましょうか?」
 しばし後、一回。


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2005/08/16(火) 10:04:31 ID:HkL/JrE+0
「続けられる?」
 二回。
「じゃあ、もう少し頑張ってくださいね」
 二回。


 
60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/23(火) 15:35:47.50 ID:14rC4do30
18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2005/08/16(火) 10:05:15 ID:HkL/JrE+0
「事故の前、飛行機は揺れましたか?」
 二回。
「恐かった?」
 やや後、一回。
「その時には、もう落ちると思いましたか?」
 一回。
「大したことはないと思ったんですね」
 二回。



774 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/28(月) 13:18:44.35 ID:TfEjWqfZ0
51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2005/08/16(火) 10:12:33 ID:HkL/JrE+0
「窓は」
 二回。
「それは窓を壊して入ってきたということ?」
 二回。
「その何かは、乗客に酷いことをしたのですか?」
 二回。
「貴代ちゃんの傷も、その何かのせい?」
 何度も。

以下>>51


51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/23(火) 15:31:07.05 ID:xGGrEhCQO
前スレ700くらいで話がでてたやつ
これより前は無かったんだ




54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2005/08/16(火) 10:13:00 ID:HkL/JrE+0
「傷口から唾液が」
 何度も。
「牙が生えてた?」
 何度も。
「ぬめぬめしてた?」
 何度も。
「目が真っ黒で、葡萄みたいに小さくて、びっしりと」
 何度も。
「子供みたいに小さい」
 何度も。
「手が、ううん、足? たくさん生えてて、這い回るみたいに」
 何度も。


53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/23(火) 15:32:10.21 ID:xGGrEhCQO
55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2005/08/16(火) 10:13:28 ID:HkL/JrE+0
「変な声で、何かを擦ったみたいな声で」
 何度も。
「すごく小さな穴や隙間から、ずりずりって出てきて」
 何度も。
「身体に張り付いてきて」
 何度も。
「登ってきて」
 何度も。
「噛みついて」
 電子音は以降、一切鳴らなくなる。
「食べられ」
「痛い」
「助けて」



59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/23(火) 15:34:34.31 ID:ezIH7+1C0
>>51
これはちゃんと見てもイマイチわからない話だし見なくてもいい気がする


64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/23(火) 15:40:06.10 ID:VwIcn3BaO
>>59
単に飛行機はグレムリンに襲われた。
病院にいた女の子とおばちゃんもグレムリンに襲われた。って話だろ。


70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/23(火) 15:46:42.91 ID:zIks5dusO
>>64
どういうこと?

最後まで少女が受け答えしてるだけじゃないの?

 
72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/23(火) 15:49:02.63 ID:14rC4do30
>>70
最後は2人の惨殺死体が見つかって迷宮入りってオチなんだよ


99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/23(火) 16:57:58.08 ID:zlCg9vBHO
>>51
これって少女がガチガチ歯をならしながら震えてるってこと?

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/23(火) 16:59:21.27 ID:14rC4do30
>>99
グレムリンが出てきてパニックになってるってことだと思う

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/23(火) 17:18:48.63 ID:Wzh6RY/40
>>51
これ、叔母さんが詳しい理由付けがいまいち判らない…
詳しいのなら回避もできそうだけど


102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/23(火) 17:19:59.37 ID:hC6H/+uZ0
>>101
目の前にいるんだろ
それが


105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/23(火) 17:36:20.27 ID:Wzh6RY/40
>>102
じゃあ叔母さんは目の前にいるそれを、描写して聞かせてるのか…
イメージでは、向かい合った二人の叔母さんの背後にそれがいて、おばさんは気づかず
女の子がわからは怪物が見えていて ガチガチしてる
叔母さんは詳しい割りに、無抵抗にやられてる

かな?って思ってた


66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/23(火) 15:40:36.07 ID:xGGrEhCQO
459 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:2007/10/21(日) 23:02:02 ID:tIeLlQQk
昨日風呂入ってるときに、例の「ダルマさんが転んだ」のこと思い出しちゃってさ。
頭ん中で「ダルマさんが」まで再生されたとこで、
「転ばない!ダルマさん転ばない!」って無理矢理軌道修正した。
んで、なんか勢いづいちゃって
「ダルマさんは転ばない!
おーっと、ダルメシアンが転んだ!
だが、ダルマさんは転ばない!
早期敗退は確実と思われたダルマさん、
なんと一位争奪まで残りました!
数々の強豪が耐え切れず転んでいく中で、
まさかのダークホース、ダルマさん!粘る!粘る!粘る!
残る選手はこけしさんとダルマさんのみとなりました!
あーっと!こけしさんが転んだ!こけしさん転びました!
ダルマさん、優勝!なんということでしょう!まさかの優勝です!」
って、楽しくなっちゃって、全然怖くなくなった。
オススメ。


67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/23(火) 15:41:23.59 ID:Wzh6RY/40
万ダルマ券だなw

 
69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/23(火) 15:43:11.22 ID:14rC4do30
「いよー!面白いもん手に入れたぜ~」
「え?なになに?」

俺の名前はカツミ。今、俺たちは友人であるマサキの家にいる。
マサキは陽気でみんなのムードメーカー。そして、そのマサキに好意を持っているミナミ。
ミナミはマサキに負けず劣らずの明るさで友達もかなり多い。
そして、ミナミの幼馴染のアカリ。アカリは控えめだが言いたいことはズバッと言う性格のため、嫌われることも多々ある。
そして、もう一人はユウキ。ユウキは暗くほとんど喋らない。だが、家は結構なお金持ちらしい。

「一年前、うちの大学の生徒が無人島で7人全員死んだって事件あったよな?」
「あぁ、あったな。それがどうした?」
「実は、その事件の模様を映したビデオがここにあるんだよな~♪」
「マジで?!」「えぇ~うっそー」「怪しい」「・・・ホントに?」みんなそれぞれ勝手なことを言っている。。。
「まぁ、とりあえず観てみようぜ~」

ビデオが再生されると初めは普通の旅行のようだったが、
その夜に一人の死体がみつかるとそこからはパニック映画のようだった。みんな震え、怯えている。
そこから次々と死体で発見されていき、結局はカメラマンと一人の少女が残った。少女は言う。
「あなたが犯人なんでしょう?!私が犯人なわけないもん!それに、こんな状況でビデオ撮ってるなんておかしいわよ!」
「違うおれじゃない!これは警察に証拠として、渡すために・・・」
少女は最後まで話をを聞かずに外に飛び出していった。それをすぐ追いかけるカメラの男。
そこで、急に画面が黒くなり次には無残な少女の死体と首吊り自殺をしたと思われる、カメラの男が映っていた。そこでビデオは終わった。

「すげぇだろ?これ警視庁に勤めてる兄貴が密かにダビングして、おれにくれたんだ。」
「確かこの犯人はカメラの男で、後から遺書も見つかったらしいね。ビデオが警視庁に届けられて事件が発覚したとか。」
「そうだよな。あんま覚えてないけど(笑)・・・・ん?どうしたカツミ?何か考え込んでるようだが」
「いや・・・、その話聞いておかしいなと思ってな・・・。」

このカツミやら名前がいちいち決まってるのはなんか意味あるんだろうか

 
75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/23(火) 15:54:45.09 ID:VwIcn3BaO
>>69
「ビデオが届けられた」ってのがひっかかるけど、そういう事かな。

 
79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/23(火) 16:06:26.88 ID:XRzHGN0H0
>>69
は、カメラの男が犯人ならカメラの男が首吊ってる映像が写ってるわけない、ってことじゃないの?


81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/23(火) 16:10:40.25 ID:9U7HZE/VO
>>79
固定して回しっぱなしにしとけばおk

でも全員死んだのにテープが届けられるのはおかしいんじゃね
誰が送ったんだ


82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/23(火) 16:11:06.94 ID:14rC4do30
>>79
そうだよ
あと>>75
でもなんで必要ない名前あるキャラ出てくるのか気になった


84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/23(火) 16:14:12.02 ID:9U7HZE/VO
>>82
単にデティールを凝ったほうがリアリティが出るからじゃね
さっきの飛行機事故のやつみたいにエロゲみたいな名前だとイマイチだしwww


85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/23(火) 16:15:30.79 ID:Ly63PGED0
ttp://st.quizfan.com/qes/1314/
>>69の解答っぽいもの

 
111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/23(火) 17:46:16.22 ID:iNyq+hcD0
俺が小さい頃の話だ。
ガキの俺は車のおもちゃで遊んでると母ちゃんがいそいそと身支度をしててな。
俺はどっか行くもんだと思って「ぼくもいきたいー」なんて駄々こねたな。
母ちゃんはそんな俺を見て笑って「○○ちゃんにはまだ早いわよ」って
頭を撫でてくれた。言ってる意味はわかんなかったが
頭を優しく撫でられると何も言えなくてな。「ぼく、おりこうにしてる!」なんて
言ってたのを未だに覚えてるよ。あと鮮明に覚えてるのは
母ちゃんの笑顔と「またね」という言葉も覚えてる。
そうそう、あともう一つ覚えてるのがある。
昭和○○年10月13日午後4時38分○○佐知代 投身自殺により死亡。


168 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/23(火) 19:35:38.71 ID:aleqD/wD0
2年程前から、隣町に住んでる女に言い寄られてた
高校からの友達で性格は良いんだけど顔が好みじゃないから、
やんわりと付き合えないと断り続けてた
その頃仕事も上手くいかず、悪いことは重なるもので母ちゃんが事故で死んだんだ
同情だけは絶対にされたくないから、
母ちゃんが死んだことを誰にも言わず一人で落ち込んでた
母ちゃんが死んだその日の夜、その女から電話が
「お母さん亡くなったらしいね・・・。」
「・・・」
「今まで言わなかったけど、私もお母さん死んだんだ・・・
昨日だよ。家の階段から落ちたんだ・・・」
「・・・え?」
「・・・一緒だね」

・・・この一言で救われた様な気がした。彼女なら分かってくれると思った
同情なんていらないと思ってた。ただ甘えたかったんだ
抑えてた感情が一気に溢れ出し、大の大人がわんわん泣いちまった
そんな俺の醜態にも、彼女は一緒になってわんわん泣いてくれて、
いつしか彼女のことが好きになってた
これが俺と嫁のなれ初め


169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/23(火) 19:38:28.47 ID:Lk4GHT4AO
>>168うわぁぁぁぁぁぁ


171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/23(火) 19:40:08.14 ID:g+CGRJJyO
嫁が母親二人とも殺したんじゃね?


173 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/23(火) 19:41:26.62 ID:aleqD/wD0
俺が小学5年生のころだったかな
朝、登校すると、クラスがざわついていた
「どうしたの?」と俺が聞いてみると、女子が口をそろえて
「女子トイレに骸骨がいる」
その頃、俺は幽霊とか超能力とかチャチな物は断じて信じていなかった
冗談交じりに「なら確かめてやろうか?」と言った
少しカッコつけてみたかったんだ
俺は何が起こるか知りもしなかった…

その日の昼休み、俺は誰にも言わずに女子トイレに入った。
自分ひとりで確かめたかった
好奇心というものは恐ろしい
俺は個室を一つ、また一つ確認した。
古びたドアが開く音、少し不気味な音…。


全てのドアを確認し終えた。
俺は少し優越感に浸っていた、自分が正しかったんだ。
今は昼休み、そうだ、教室には女子が居るハズ…。
よし、報告してやろう、そして自分の勇気を評価してもらうんだ!
教室のドアを開き、俺は叫んだ。
「今、女子トイレ確認してきたぜ!」
クラス中の人間が俺を見た、しかし、また雑談を始めた。
予想に反して、クラスの人間は誰も俺の成し遂げた事に興味を示さない。
喋りかけようとすると、避けられる…
この孤独感は何だろう…
そうか、面白半分で骸骨を探しに行ったのが間違いだったんだ。
呪われた、骸骨に呪われてしまった!

この呪いは、この小学校を卒業するまで続いた。


174 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/23(火) 19:45:16.35 ID:aleqD/wD0
アキコは真っ暗な部屋の中に、静かに座っていました。
アキコはラジオを聴くのが好きでした。

アキコの生活は単調なものでした。
ラジオだけが楽しみだったのです。

3日に一度、細く白い女性の手が、一瞬、扉を開きます。
彼女はいつもラジオの音量を調節していました。

そしてすぐに扉は閉じられてしまうのです。
音量が適切だとアキコが思ったことは一度もありませんでした。

アキコは、不思議に思いました。
白くて大きな木製のラジオは、何かが変でした。

考えれば考えるほど、アキコは奇妙だと思いました。
そのラジオが音楽を鳴らすことは、決してなかったからです。

でもアキコが生まれてからずっと、それは繰り返されていました。
とりとめもないつぶやきと、変な叫び声が聞こえるだけ。

ある日、3日たっても、扉が開きませんでした。
なぜ? とアキコは思いました。

4日目に扉は、黒い手で開かれました。
ついにアキコは、あっと気づきました。

それがアキコが最後に見たものでした。
アキコがラジオと思っていたものは、ラジオではなかったのです。

178 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/23(火) 19:48:56.07 ID:1MkS9m9OO
>>174が解らない…アキコは何処に居たんだ


182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/23(火) 19:57:20.95 ID:VwIcn3BaO
>>174
生命維持装置に入ってる赤ちゃんか何かかね。


184 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/23(火) 19:58:23.38 ID:OFXtK+VT0
>>174
胎児の話かと思ったんだけど


187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/23(火) 20:00:09.49 ID:vUvySFGX0
二つに分けるのは分かるんだが、やっぱいみがわかんね


234 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/23(火) 20:37:51.13 ID:vUvySFGX0

二つに分割するとこまでしか分からんかった

アキコは真っ暗な部屋の中に、静かに座っていました。
アキコの生活は単調なものでした。
3日に一度、細く白い女性の手が、一瞬、扉を開きます。
そしてすぐに扉は閉じられてしまうのです。
アキコは、不思議に思いました。
考えれば考えるほど、アキコは奇妙だと思いました。
でもアキコが生まれてからずっと、それは繰り返されていました。
ある日、3日たっても、扉が開きませんでした。
4日目に扉は、黒い手で開かれました。
それがアキコが最後に見たものでした。

アキコはラジオを聴くのが好きでした。
ラジオだけが楽しみだったのです。
彼女はいつもラジオの音量を調節していました。
音量が適切だとアキコが思ったことは一度もありませんでした。
白くて大きな木製のラジオは、何かが変でした。
そのラジオが音楽を鳴らすことは、決してなかったからです。
とりとめもないつぶやきと、変な叫び声が聞こえるだけ。
なぜ? とアキコは思いました。
ついにアキコは、あっと気づきました。
アキコがラジオと思っていたものは、ラジオではなかったのです。



192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/23(火) 20:05:47.49 ID:aleqD/wD0
少女は11歳だったが、病死した。
家族も友人も近所の人も皆悲しんで葬式に出た。
14歳の兄が少女の部屋へ行くと、机の一番上の引き出しの奥に日記帳が入っていた。
日記の最後のページは、少女が死んだ日の前日のものだった。
日記にはこう書かれていた。


「例えば私の一番好きな食べ物がイチゴであるように、
例を挙げればきりが無いけど、誰にも好き嫌いはあるんだと思うの。
咲く花も散る花もでもみんなとてもきれい。
ろくでもない花なんて絶対にないと思う。
子供だって大人だってみんな花のようなものなの。
人間はみんな花な
んだとつくづくそう思う・・・。
さあ私も花なんだからきっと散る日もくるんだと思うけどそれまでは精一杯生きよう。
新しいことを始めたい。
かわいくなりたい。
大人になってみたい・・・。」


兄は妹の日記を読んで泣いた。


196 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/23(火) 20:09:24.80 ID:8WB7qccyO
>>192
母親どうやって病死にみせかけたんだろ

197 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/23(火) 20:12:16.96 ID:PGr1cdjG0
>>196
どういうこと?


201 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/23(火) 20:15:25.77 ID:8WB7qccyO
>>197










204 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/23(火) 20:17:50.50 ID:GWsUjcq10
逆さ読みでもよくわからないおれに誰か
答えくれorz


205 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/23(火) 20:18:22.23 ID:ySxBfcbUO
おかあさんにころされた


203 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/23(火) 20:16:47.36 ID:PGr1cdjG0
>>200-201
まさか、逆さ読みだったとは……ありがとう。


194 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/23(火) 20:08:14.49 ID:798Wdtey0

とりあえず全部縦読みしてしまう。


 
 
249 名前:1/3 投稿日:2008/09/23(火) 20:44:37.32 ID:1FLu0PHB0
僕の家の隣に女の子が越してきたのは小四の夏休みだった。
彼女の家庭にはお父さんがいなかった。
お母さんは僕の目から見てもとても若かったのを覚えている。
違うクラスになったけど僕と彼女は仲良くなった。
彼女はあまり明るいほうではなく、女子の友達も少なかった。
本ばかり読んで親しい友人のいなかった僕と彼女はお互いの家に遊びに行くほど仲良くなった。
そのうち彼女は愚痴を言うようになった。
母親がすぐ殴ること。
同じクラスの女子が意地悪をすること。
すきな男の子ができたけどその子はほかの女子にも人気があること。
最初は僕のほうがよくしゃべっていたけれど、この頃からは一方的に彼女が話し僕が聴くようになっていた。
 
ある日を境に彼女は学校に来なくなった。
好きだった男子の取り巻きたちにいじめられていたのが理由だ。
彼女は僕に会うたびに自分をいじめた女子が憎いといった。
そのいじめを見てみぬ振りしていたクラスの皆も憎いといった。
そして現実味のない復讐やクラスメイトの悪口を延々と話し続けた。
僕はただ黙って相槌を打っていた。

中学に入ってから彼女の素行が荒れ始めた。
夜遅くまで帰ってこないようになり、これ見よがしにタバコをすい始めた。
家庭環境も悪化し、深夜にいきなり親子喧嘩が始まったりもした。
一度は警察が彼女を迎えにやってきた。この頃から近所と折り合いが悪くなり、
中傷ビラや落書きなどの悪質な嫌がらせが彼女の家に行われた。
一度は郵便受けに刻んだ猫が入っていた。
僕も母に彼女と付き合うのをやめるよう言われた。


250 名前:2/3 投稿日:2008/09/23(火) 20:45:36.08 ID:1FLu0PHB0
僕が高校を出たとき、彼女は部屋に引きこもるようになった。
僕も彼女の姿を見ることがめっきり減った。
めっきりふけこんだ彼女のお母さんに話を聞くと
昼は絶対に出てこない。
ご飯は部屋の前においていく。
深夜になるとトイレに行くときだけ出てくる。
そんな生活を送っているようだ。
僕は久しぶりに彼女に会いにいった。

彼女は僕に会うのを拒絶した。
扉越しに帰れと怒鳴った。
何を話しても黙っていた。
一度なんかはドアがあいたと思ったら味噌汁をかけられた。
ちらりと見えた彼女はげっそりと青白くやつれていた。
絞った雑巾のようだった。
僕は毎日彼女に会いに行った。
親とけんかした。
やっとできた友達と疎遠になった。
それでも毎日彼女の部屋まで会いに行った。

そのうち彼女は扉越しに話をするようになった。
悪い仲間と付き合っていたこと
万引きが癖になって警察に捕まったこと
恋人ができたと思ったら避妊に失敗して子供ができたとたんに逃げられたこと
助けてほしくて相談した母親に半狂乱になって殴られたこと
子供をおろしたこと
死のうと思ったこと
手首を切ったこと
昔と同じ様に彼女が一方的にしゃべり続け、僕は相槌を打つ。
意見を求められたときはなるべく無難な意見を言う。


253 名前:3/3 投稿日:2008/09/23(火) 20:46:27.63 ID:1FLu0PHB0
そのうち彼女は部屋を出た。アルバイトも始めた。
だんだん性格も明るくなり始めた。彼女のお母さんから泣きながらお礼を言われた。
ある日、彼女は近所の団地から飛び降りた。
下が植え込みだったこととたいした高さじゃなかったために一命は取り留めたが
脊髄が傷ついたために今後の人生は車椅子のお世話になるそうだ。
ベッドに横になった彼女はなきながら謝った。
親や僕に迷惑をかけていたのがすごく申し訳なかったから飛び降りたんだそうだ。
泣いている彼女を慰めた。寝転んだまま泣いている人を慰めるのは難しいと思った。
慰めながら彼女にプロポーズした。結婚を前提に付き合ってくれるように頼んだ。
彼女は全身の水分を絞りつくすようにして泣きながら「本気?私でいいの?本当にいいの?」
と何度も聞き返した。訊かれる度にうなづき返した。
君のことがずっと好きだった。
顔をゆがめてクラスメイトの悪口を言っていたときも
悪い友達と付き合って荒れていたときも
一方的に愚痴をしゃべり続けていたときも
君が泣きながらお母さんが自分を殴ることを告白したときも
引きこもって別人のようにやせたときも


257 名前:3/3 +α 投稿日:2008/09/23(火) 20:48:02.00 ID:1FLu0PHB0
小学生の頃に君が好きな男子の名前をその取り巻きたちに教えたときも
君の家のポストに入れる猫を刻んでいたときも
足の感覚を失い白いベッドに飲み込まれそうに小さく横たわっている今も
ずっと君が好きだ。
これで完璧に君は僕だけの「彼女」だ。

僕たち今度結婚します。


254 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/23(火) 20:46:30.40 ID:aleqD/wD0

112 名無しさん@八周年 2007/07/11(水) 03:51:01 ID:tWNSLszk0
そういえば欧州で中国茶にストップがかかったのと
日本の飲料メーカー各社がバンバンお茶の新製品出した時期が一緒で怪しいって話聞いた事あるな
日本はゴミ捨て場w

122 名無しさん@八周年 2007/07/11(水) 03:54:43 ID:9l6hukLm0
>>112
そんな、まるで鳥インフル騒動の後で日本でマックチキンがスタート。
そして先々月四川省で豚の急死が続いたら今月からマックポークが始まったのに
関連性があるような物言いは止めて下さい。
二度とそんなことは言わないで下さいね。悪質なデマですから。

125 名無しさん@八周年 2007/07/11(水) 03:55:45 ID:NPhR4sp20
>>122
あぶねーwwいわれるまで気づかなかったw>マックポーク

147 名無しさん@八周年 2007/07/11(水) 04:04:32 ID:9l6hukLm0
>>125
だから関係ないって言ってんだろ!!!
工場生産だから供給安定しているはずのチキンがなぜか販売中止になって、
原価で鶏肉と競争できるとはとても思えない豚肉に置き換えた背景を邪推するのは
悪質な営業妨害ですよ。
原価を計算するとあの豚肉は100グラム10円程度だと思いますが、
どうやったら豚肉で輸送コストまで含めて10円を切れるか。
それが企業努力のすばらしさなのです。


266 名前:1/2 投稿日:2008/09/23(火) 20:52:51.93 ID:1FLu0PHB0
レジ系ポケモンですが、なぜ突然点字を使ったのでしょう?
聞いた話ですが、どうやら原爆に関係があるようです。
なぜかレジ系全ては、ハートの鱗を使用する事で大爆発を覚えます。
過去に大爆発があったのを伝えたいのか?
点字では、「新たなる時と希望と愛をもち空を目指せ」と言う文章があります。
この文は、原爆により被害を受け障害者となった人間に対する言葉にも聞こえます。
レジ系の形は、何故が人間の形に似ています。
それも完全なではない…
そうまるで障害者のような形です。
足より長い手、細すぎる手

さらに点字です。
次に「ここで穴を掘れ」と書いてあります。
障害者、または、空襲で焼け死んだ人を埋めたのでしょうか?
そして一番気になった言葉です。
「私達、この穴で暮らし生活し、そして生きてきた」
「だが私達、あのポケモン閉じ込めた」
「勇気ある者よ希望に満ちた者よ」
「全てポケモンのおかげだ」
「恐かったのだ」
「扉を開けよ、そこに永遠のポケモンがいる」
家族は、自分の子供が障害者と他の人に知れ渡るのが恐く、
家に閉じ込めたように聞こえる方もいると思います。
この点字には、様々なとらえ方ができそうですね。
点字を使用した理由がやっとわかったようでした。


270 名前:2/2 投稿日:2008/09/23(火) 20:53:54.60 ID:1FLu0PHB0
更にレジアイス、レジスチル、レジロックの各種が眠る場所は
第二次世界大戦で大空襲が起きた土地です・・・。

レジアイスは長崎の原爆、
レジスチルは宮崎の空爆、
レジロックは大分大空爆。

そして、レジ系の出現する石室の周りの石・・・。
昔は障害者はまとめて同じ墓に入れられていたらしいです。

もしくは、家の中に何人かの障害者が居たと考えることもできます。
レジ系は指がまともにありませんね・・・。

これはもう戦争としか考えられません。


283 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/23(火) 20:57:45.19 ID:aleqD/wD0
これは、一年くらい前の話です。
私は、居酒屋のバイトが終わり自分のマンションに帰っていました。
エレベーターに乗り、私が住んでいる階についたので降りようとしたとき、
帽子を深くかぶった男がエレベーターに走りこんできて、
私とその男の肩がぶつかり、私は、「すみません」と言いました。
しかし、その男は、顔を伏せたままエレベータの扉を閉めて降りていきました。
変な人だな~?と思いましたがたいして気にせずに家に帰り、ジャケットを脱ぐと
血のようなものが付着していました。「!?なに!?これ・・・」  
すぐに気づきました。さっきの男とぶつかったときに付いたのだと・・・・。
その日は、何もなく眠りました。
それから、二日後にニュースを見ていると、私のマンションで殺人事件があったと
報道されていて、「まさかな~?この間の男が・・・。」と思いましたが、
別にその人を特定できるものを持っているわけでもないので、警察にも言いませんでした。
そして、一週間くらいたったある日、もうその事件のことは、忙しさで忘れかけていた頃、
「ピンポーン」とインターホンがなったので「はい?」とドアのスコープごしに見ると
警察官が立っていました。その警察官は、
「このマンションで殺人事件が起きたことをしってますか?そのことについて
知っていることがあれば教えて欲しいのですが?このマンションに住んでいる人全員に
一応聞いているんですが有力なてがかかりがないんですよ・・・」
私は、疲れていて、それに夕ご飯の最中だったので、
「いえ・・・・、何も知りませんけど。すみませんね」というと警察官の人は、
「ありがとうございます」と言って帰って行きました。
私は、ジャケットに血がついていたことを言おうと思ったのですが、言いそびれた感じがして、
いまさら言っても仕方ないと言う感じだろーし、言いませんでした。
そして、さらに二ヵ月後くらいにその犯人が捕まったと報道していました。
私は、へー、捕まったんだ。よかったなぁ。と思い顔写真が映ったので
それを見てみると、私は、背筋が凍りました・・・・・。


301 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/23(火) 21:04:24.11 ID:aleqD/wD0
以前付き合っていた彼女が、彼女と同じ大学の友人から亡くなったと連絡があった。
付き合っていたのはもう随分と前の話なんだけど…別れを切り出したのは俺なんだが、
どうしても彼女が納得してくれなくて軽くストーカーまがいの事をされたこともあるんだよね。
だから葬儀には行かなかったんだ。
いや、いい思い出だってたくさんあったんだけどね…二人共映画好きだったから、よく一緒に見に行ったりしたなぁ…。

ところで昨日、彼女から宅配便が届いたんだ。
中身は一本の邦画のDVDだった。
どうやら亡くなる直前に発送したみたいなんだけど、彼女…自殺だったらしいし、
ちょっと不気味だなぁと思ってなかなか開けられなかったんだよね。
そしたら普通の有名な感動モノだった。
俺が竹内結子好きなの覚えててくれたんだなぁ。
何か、気味悪がっちゃって申し訳ないから今から心して見るよ。

326 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/23(火) 21:14:23.46 ID:kpS6aXnvO

いま会いだったら怖くね?

332 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/23(火) 21:16:16.04 ID:VJ/7+CbY0
黄泉がえりだと思った


333 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/23(火) 21:16:30.68 ID:KsLd+XXz0
今会いにいきますって事かw


322 名前:松岡京子 ◆WPYJ4ehblI 投稿日:2008/09/23(火) 21:12:31.55 ID:Vq8XOnpk0
死ぬ前にご遺族の方々に謝罪を申し上げます
刑事さんにもいろいろ迷惑を掛けました。本当に申し訳ありませんでした。
ニートで仕事もせずブラブラして、社会に貢献する事も無く、
ナンバーズとかスロットとかやって不毛な毎日を私は過ごしていました。
リッチな生活を夢見ているのに何もしなかった私。常にお金欲しがり、
タクシーの運転手なら一人だし、基本的に私は背後にいるわけで
イケると思い、反抗に及んでしまいました。できることならこの時の自分を止めたいです
カッターで○○さんの首を切った時に自分がとんでもない事をしたことに気づいて通報すればよかったのに
ラーメン屋でビールを飲み、酩酊状態だった私は自分がしでかしてしまったことに気づかなかったのです
殺人という最悪の犯罪を犯してしまった私は今、反省しても反省したり気持ちです
シアトルに住む息子さんにも直接会って謝罪したかったです
タダでさえクズで人に迷惑を掛けてきた私がこんな形で死ぬのは本当に悔やんでも悔やみきれません。


 
324 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/23(火) 21:13:07.42 ID:aleqD/wD0
事件現場に謎のメッセージが残されていた。


あまね
11月23日生まれ AB型
好きな食べ物:お菓子・焼き肉・お酒
嫌いな食べ物:生のイカ(刺身は絶対NGですぅ)
天然です。それもかなりの(自爆)
自他共に認める天然系何考えてるのか判らない族。
昔はやった動物占いのまさにペガサスそのもの。
思いつきで行動するので(自分自身も)予測できません。
1人で没頭できることが好き。邪魔されると怒ります(苦笑)
しかしぐうたらの適当なヤツです(爆笑)
お酒大好き。飲ませると幾らでも飲みます。


そうか・・・あまねというのは・・・。
刑事はテレビをちらっと見て納得した。
少年が風邪をひいたのも無理はない。


330 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/23(火) 21:15:20.71 ID:O1sUlNpHO
小学生の頃、5人ぐらいで構成されたいじめのグループがあり、そのターゲットになってるA君がいた。
勉強もスポーツもダメでいつもヘラヘラしているから、いじめられやすかったのだと思う。
性格もおとなしく、いじめられても反撃せずに「やめてよぅ、くちゃーに」と言うだけだった。
この「くちゃーに」ってのは彼の口癖のようで、いじめられる時はいつも決まり言葉のように言っていた。

ある日気の毒に思ったので、彼にどうしてやり返さないのか聞いてみた。
彼はヘラヘラ笑いながら「平気だよ、だって…」と言うだけだったが、その目は笑っていないように思えた。
何しろ人の目を見て鳥肌が立ったのは、後にも先にもその時だけだったから。
翌年彼は転校し、みんな彼のことは忘れていった。

それから20年ほど経ち、同窓会でほどよくアルコールが回ってきた頃「そういえば」と友人が話し始めた。
どうもA君をいじめていたグループが全員亡くなったらしい、しかも全員自殺…と。
その友人も詳しくは知らないが、いじめグループは中学に入った頃から精神的におかしくなり始め、
強制入院させられたが、半年以内に院内で自ら命を絶ったらしい。
そんなことがあったのか、なんか怖いなと思ったとき彼の口癖を思い出した。
くちゃーに… くちゃーに… 口、兄?



352 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/23(火) 21:27:02.89 ID:j7mOth3EO
私は、久しぶりに再会したおじ様と一緒にデパートの化粧品売り場に入った。
大好きなおじ様。
大切なおじ様。
デパートを出るときおじ様が女になってしまった。
ショックをうけた私は、早く家に帰るため、車を走らせた。
忘れていた。今日は宅配便が届くのだ。
これでまたおじ様は女から男になる。
でもおじ様はおじ様でも、もとのおじ様には戻れない。
涙が出た。やっぱり私は最初のおじ様が一番好きだ。
明日から生きていけない。


 
377 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/23(火) 21:42:26.06 ID:aleqD/wD0
彼女の携帯を盗み見て僕は後悔した。そのメールの差出人は「takumi」僕の親友だった。

”だれにも話しちゃだめだ”
彼女が不倫をしているなんて、全く思っていなかった。
”私、もうあなたしかいないの。他に誰を頼ったらいいの…”
…涙。僕nお目からながれた涙は、画面の上へ零れていった。僕の知らない彼女がそこにいた。
まるで何日も、いや、何年も彼女に会っていなかったような、そんな気さえした。
”大丈夫。俺を信じるんだ。あいつだってきっと喜ぶさ”
何様のつもりなのだrおう。拓海。殺してやりたい、とさえ思った。でも…
電気も消さずに寝ている彼女を見ていると、僕は何かを言う気など起きなかtった。

メール画面を閉じて、僕は彼女の部屋を抜け出した。…流れたなみだは、きれいにふき取った。
夜の街をさまよいながら、僕は彼女に電話することに決めた。せめて、辛そうにしtえいる彼女の顔
を見なくてすむように、なにより、僕がきちんと彼女と話し合えるように。
次の日の朝になって、僕は彼女に電話した。…3度目にyあっと出た彼女は心なしか動転した様子で「な、何
の用なの…?」と言った。 「聞きたいんだ…拓海、たくみの」「もう止めて!何も言わないで!」ないていrうようだった。
いいようのない感情が僕の中に生まれる。恨み?哀れみ?「俺といれば金になるって…あの人が私に言ったの。

ずっと言えなかったの。…ごめんね。ほんとに、ごめん」嗚咽交じりでほとんど声になってなかった。

三、四回「ごめんね」を繰り返す彼女。

ああそうか。僕はそのときになってやっとわかった。「もういいよ。明日会おう」と言って電話を切った。
次の日に、彼女は死んだ。 …当然のことだ。


381 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/23(火) 21:46:01.59 ID:aleqD/wD0

冬のある日のこと、一人の若者が週末の休みを利用してバイクで遠乗りを楽しんでいた。
その日は寒かったので若者は向かい風を防ぐためにジャケットを前後反対に着ていたのだが、

それが思わぬ災いを呼ぶ事になる。

あるコーナーに差し掛かったときのこと。
バイクの腕に自信のあった彼はかなりのスピードでコーナーを曲がろうとしたのだが、

そこでハンドル操作を誤まり転倒。
そのままコーナーに突っ込むと全身を強く打ち気を失ってしまった。
やがて駆けつけた救急隊員たちはジャケットを反対に着て倒れている彼を見て驚いた。
「大変だ、首が180度曲がってるぞ!これでは即死だな」
可哀想に思った親切な救急隊員たちは彼の首をもとの向き・・・と思われた方向に無理やり回した。
これが原因で彼の意識は二度と戻らなかった。

389 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/23(火) 21:52:13.04 ID:O1sUlNpHO
友達と二人で話してたら、久しぶりに心霊写真を撮ってみたいと誰かが言い出したので、
近くの山道で惨殺事件があってからも未だに取り壊されず残されてた民家があるので夜中に行ってみた。
玄関から居間、風呂場とトイレ、キッチンに父親の部屋、階段から二階へ行き、
子供部屋からベランダ、母親の部屋、階段を降りて一階へ。
最後に家をバックに一人ずつ。片っ端から写真撮って帰った。

んで今日。出来上がった写真を見て俺達は驚いた。

何も写ってないのだ。
もちろん俺達は普通に写ってる。霊的な物が何も写ってなかったのだ。
「・・おかしくね?」
「もう成仏しちゃったとか、じゃねぇかな?」
「やっぱそうなのかな。じゃあ、あそこ行ってももう心霊写真撮れないって事か。無駄だったなぁ」
「そうでもないよ。行く途中に結構周りから孤立してる民家、一軒あるから。次はそこ行こうぜ」
「おぉ!マジで?そこも廃墟?」
「んな訳ねぇじゃん。普通に人住んでたよ。今日の夜行こうぜ」
「おっけ、分かった。今の内に適当に準備しとくわ」
楽しみだ。かなり久しぶりだから何かワクワクする。


390 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/23(火) 21:52:53.24 ID:aleqD/wD0

ある女の子が、両親の留守に一晩夜を明かすことになった。
彼女は用心のために家中の窓という窓にしっかりと施錠していったが、一つだけどうしてもかぎをかけられない小さな窓があった。
どうしようかと少し悩んだが、小さな窓だったし、愛犬も一緒にいることだし大丈夫だろうと思って、そのままにしておいた。

しかし、夜半に何かぴちゃぴちゃと水の滴るような音がするのに気がついて、彼女は目を覚ました。
何が起こっているのか不安だったが、結局それを確かめに行く勇気はなかった。
その代わりにベッドの下で寝ている愛犬のほうに手を伸ばすと、手を舐め返してきた。
そのことを確認して一心地つき、彼女は再び眠りについた。

翌朝彼女は、リビングで首を掻ききられ、天井からつるされている愛犬の姿を発見した。
水の滴るような音は、犬の傷口から流れ出た血が床を打つ音だった。

そして、愛犬がいたはずのベッドの下からは一枚の紙切れが見つかった。


『人間だって舐めるんだよ』

 
 
397 名前:1/2 投稿日:2008/09/23(火) 21:58:42.50 ID:vUvySFGX0
俺は一ヶ月前、交通事故にあった。今も入院中だ。

その日、車の中にいたのは俺と兄貴とツレの三人。
俺と兄貴はひどく酔っぱらってたらしく、その日はツレに車を運転させてたんだ。
運転席にはツレ、助手席に兄貴、後ろの席に俺。だったと、思う・・・。
車は人通りの少ない道を通っていた。昼間でもめったに、とゆうか全くだれも通らないような道で
車一台が何とか通れるぐらいの幅だった。
そして、不幸は不意に、突然やってきた。
トラックと正面衝突したんだ。

病院で俺は目を覚ました。なんか体がだるく、うまく動けない。周りを見渡すと、
目の前のベッドには兄貴が上半身を起こした状態になっていた。
俺と兄貴は同室らしく、見た感じは兄貴は無事だったようだ。目が覚めて兄貴に声かけたら無視されたよ・・・
俺?俺は割と軽傷だった。骨折を2カ所ぐらいしただけ。
後で聞いた話だと、救急車が駆けつけたときにはもう、車の運転席の部分は潰れてツレの方は即死だったらしく、
俺と兄貴は意識不明だったらしい。
ちなみに、トラックの運転手は今も逃走中らしい。


399 名前:2/2 投稿日:2008/09/23(火) 21:59:03.40 ID:vUvySFGX0
入院中俺はほとんど眠っていて、まともに起きてるのは飯食うときとトイレ行くときと面会の時かな。
そういえば面会でたまに母が来たけど、なぜいつも俺とだけ喋るんだろうか?兄貴をまるで無視している。
兄貴も、俺と母が話してるときもずっと一点を見つめて母に見向きもしなかった。
いま考えるとちょっと不気味だったよ・・・

事故から2週間、退院の日が来た。
怪我はまだ治ってないけど、日常生活に支障はないとのこと。
兄貴はまだどこか悪いのだろうか。ベッドの上にいるままだ。
俺は兄貴に「早く、体直せよ。」とだけ言って病室を出た。
そして、今まで気がつかなかったことに気がついた。
病室のネームプレート(?)に俺の名前しか書いてない。
俺はそのことを疑問に思い、迎えに来てくれた母に尋ねる。

「なんで兄貴の名前が書いてないの?」

事故から一ヶ月、俺はまだ入院中だ。


400 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/23(火) 21:59:20.01 ID:O1sUlNpHO
連勤で死にそうになって気が付けば寝てしまって、なんか話し声が聞こえてうっすら目を開けたら
付けたままのテレビに向かいあうように座るうちに猫。
テレビにはたしか麒麟という芸人が写っていて、子供の頃の貧乏話をしてた……と思う。
(やべぇ…、寝てたわ……)
と思って布団でちゃんと寝ようと思い、起き上がろうとしたらテレビの前の猫が

「それはないわw」

って言った。
俺、ビクーンってなって跳び起きたら、うちの猫すごい勢いでこっち見んのwwwww
取り繕うように「ふなぁぁぁ~~~」っ鳴くおまけ付きwwwww
ばれてますから!めっちゃ聞こえましたから!
眠気も吹っ飛んで「もう一回喋ってみ?もう一回喋ってみ?」って詰め寄ったけど今度は喋ってくれなかった(´・ω・`)

寝ぼけてたかもしれないけど、うちの猫は喋るんだと誇らしげになれた。


407 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/23(火) 22:07:15.77 ID:aleqD/wD0
ある夜、男が道を歩いていると白い服を着て
フラフラとしながら歩いてる女がいた。
その女はすでに廃墟になったビルに入っていた。
男は不思議に思い、続いてビルの中へ入った。
女は階段を上がっていったので、男も足音を殺して上がっていった。
どんどん上がりつづける女。男は息が上がってきた。
さらに上へと上へと階段を上がっていく。ふと男は気づいた。
外から見る限りこのビルは4~5階建てぐらいのはず・・・
しかしもう10階以上の階段を上がってきた・・・
その時、女が男に振り向いて言った。
 
 
 
「・・疲れた」 と。


420 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/23(火) 22:13:48.87 ID:vUvySFGX0


初めて書き込みします。
私は結婚して2年目。
平日は仕事で休みは土日。
いつもは洗濯や掃除をまとめて土日にするのですが、
今日はなんだか気が進まず、昼寝したりボーッとしたり。
夫もいつまでも起きてこないので、気にせずまったりと過ごしていました。
正午くらいに、インターホンが鳴り、モニターを見ると
知らない女の人が。30~40台の女性です。
何かの集金?夫の知り合い?
夫は起きてこないので、確かめることも出来ず、
とりあえず私もパジャマのだらしない格好のままだったので、
応答せずにいると、階段を降りて帰って行く音が聞こえました。
すると3分後、またインターホンが鳴りました。
同じ女性でした。
気味が悪いのでやはり返事をせずにいると、また帰って行きました。
夕方になり、晩ご飯の材料を調達するため外にでようと玄関のドアを開け、
鍵をしめようとすると、郵便受けに、透明のセロハンにくるまれた
一輪の花がささっているのを見つけました。少しぐったりしている花でした
その花が菊の花であり、仏花であることに気がつき、
徐々に事の重大さを理解し、怖くなりました。
どうして!?なんで!?とパニックになっているうちに、
昼に尋ねて来た女性のことを思い出しました。
彼女は誰なのでしょう。
そして彼女は、何故知っているの!!??
それから一歩も外に出られず、今も一人、恐ろしさで動けずにいます。


424 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/23(火) 22:20:25.12 ID:vUvySFGX0
休日に子供と妻を連れて温泉に行った帰りの出来事
もう夜もだいぶ遅くなり急いで車をとばした
後部座席から外の景色を見てる子供が話しかけてくる
「ねぇパパ、さっきからお月様がずーとついてくるよ、どうして?」
月がついてくる?なんのことだ?あっそういうことか!
なんでだろう?天文学の知識に詳しくない俺は困った、そこで
「みんなを見守るためについてきてるんだよ」と適当にごまかした
「ふーん」
「クスクス」隣で妻が笑う
「あれれ?今お月様が笑ったよ」
「アハハハ、そうかそりゃー良かった」
「あなた!前危ない!」
おっと!俺は慌ててブレーキかけた
前方には車が数キロに渡って並んでいる
ついてない渋滞のようだ
「くそ!なんでこんなとこで渋滞なんだ!」
「きっと事故でもあったのよ、無理もないわ
こんなに大雨が降ってるんだから」
「パパお月様がどんどんこっちに近づいてくるよ

だれかコレの解釈分かる人居る?
トラックのライトじゃないかという話もあるんだが、それだと「笑ったよ」の意味が分からん

 
430 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/23(火) 22:25:00.22 ID:hC6H/+uZ0
大雨なのに月が見えてる子供ってことなんだろうな
それだけじゃ子供が何を見てるのかわからんが

 
444 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/23(火) 22:31:10.42 ID:aleqD/wD0

今日で何年目だったか。
思えば、二人が同棲を始めてすぐだった。
普通はすぐに気付くはずなのに、全く気付かれない。
驚かすために使う包丁も、光を失っている。
二人とも純粋で鈍感なせいか、意思の行き違いが多く、結婚してからもよく喧嘩していた。
そんな二人にも子供が出来て、大きなマンションに引っ越す事になった。
家財道具も全て買い揃えたらしく、このベッドも置いてけぼりだそうだ。
引越しの日、作業が終わり、二人が玄関で靴を履いている。
これで他の家に行ける、と思った時、「いままでありがとう」と、二人が言った。
気付いてたのかとも思ったが、あの二人のことだ、家に対して言った言葉だろうな。
誰もいなくなった部屋の中、ベッドの下で考える。
今日で何年目だったか。

447 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/23(火) 22:33:24.52 ID:RXOWcArJ0
彼は公務員、この地域の環境と暮らしを守る仕事に就いている。現在の担当はある母子の保護である。

父親を失ってから苦しい生活をしているその母子に保護の手を差しのべるか、現在関係部署と協議中だった。
けなげに生きる母子、特にその子供は食事が貧しくなっても明るく元気をなくさず母親にまとわりついて遊んでいる。
そのかわいい表情は係官である彼をすっかり魅了していた。

だが、状況は変化した。
母親に新しい相手ができたのだ。
若いその相手に母親は夢中で、次第に子供を邪険にする傾向が見られた。

子供を母親から離して保護するべきだろうか、彼は悩んだ。

そしてとうとう悲劇が起こった。

子供がその相手に無残に殺されてしまったのだ。

現場に急行した彼は変わり果てた子供の姿を見て号泣した。
やはり、保護すべきだったのか…

だが、それは無理な話だったのだ。
しかも、子供を殺した相手と母親を罰することもできない。


さて、なぜ母親を罰することができないのでしょうか?
直接手を下したのは相手ですが、母親もそれを黙認したのです。


答は「母親が○○○○だから」の○の部分だけを全角カタカナでお答えください。字数(4)は合ってます。



461 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/23(火) 22:47:51.65 ID:798Wdtey0
ライオンは?


462 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/23(火) 22:50:45.34 ID:RXOWcArJ0
>>461
正解でした!

「彼」はサバンナの鳥獣保護官でした。オスを失ったライオンの母子の保護を検討していたのです。
ライオンは新しいオスと番になり、その子供をメスが身ごもると、新しいオスは前夫の子を咬み殺してしまいます。
自分の遺伝子を残そうとする熾烈な本能です。
本能という自然の行為であるが故に彼がそれに介入する事はできませんでした。

彼にできたのは、哀れな仔ライオンの死骸を他の動物の餌食にならないよう地下深く葬ることだけだったのです。


なるほど。


465 名前: 投稿日:2008/09/23(火) 22:59:06.02 ID:vUvySFGX0
この話は、実際に友人が遭遇した話で、彼もその場はついに教えてくれ ませんでした。
友人も、実際に人が二人死に、彼も警察にしつこく尋問されたそうです。
これは私が大学時代に友人から聞いた話なのですが・・・。

彼が、バイト先の友人6人とある日中国地方某県某所の吊り橋にドライブにいった時の事です。
その日、彼らは車2台に分乗し出かけたそうです。

彼は、後ろの車のドライバーでした。
前の車にはバイト先の店長と、彼らのグループ内で公認の、
そして、親さえ公認のカップルが、
後ろに車には、残りの彼を含む4人が乗り込み、彼はドライバーだったそうです。
朝から出発したにも関わらず、途中でいろいろ寄り道をしたおかげで目的地の吊り橋に到着し たのは、
もうすっかり日も陰った夕闇時だったそうです。
山の中の深い谷に架かる吊り橋。。
吊り橋が近づくと、小雨が振り出し、うっすらと霧もでてきたそうです。
吊り橋の手前は広場になっており、晴れていればそこに車を止め、歩いて吊り橋を渡り、帰っ てくるはずでした。
(吊り橋の向こうは当時から行き止まりになっており、この吊り橋は観光用に残されたものらしいです。)
ところが、広場まで来ると前の車が急停止したそうです。
「???」
10mほど後ろで、2台目の車に乗っていた4人は、何故店長が車を止めたのか解らずに暫く 固まっていたそうです。


466 名前: 投稿日:2008/09/23(火) 22:59:19.59 ID:vUvySFGX0
しかし、一向に動かす気配も無いので、彼が様子を見に行こうとドアを空けかけた瞬間。
前の車の後席に座っていた友人のカップルが車から飛び出してきたそうです。
彼も驚いて車から降り、
「なんかあったんか?」
と叫んで近づこうとしたその時、
2人は手を繋いで、凄い勢いで走り出し、
そのまま広場の端のガードレールを飛び越えて谷に身を投げてしまっ たのです........。
彼らは、驚いてガードレールまで駆け寄り谷底を見ましたが霧で何も見えなかったそうです。
呆然自失していた彼ら4人も我に返り、前の車の店長の様子を見に車まで戻りました。
店長は、運転席でハンドルを手が白くなるまでしっかり握り小声でぶつぶつと
「行っちゃだめだ行っちゃだめだ行っちゃだめだ行っちゃだめだ行っちゃだめだ」
と呟いていたそうです。
とりあえず、彼らは警察に通報しました。
警察がすぐに到着し、すっかり正気をなくした店長は救急車で運ばれたそうです。
その後2人は、当然ですが死体となって発見されました。
彼らは警察にしつこく尋問されましたが、結局、自殺(心中?)という形になったそうです。
その後、店長の見舞いにいった彼は、店長にあの時なにがあったのか聞いたそうです。
店長が言うには、あの時、突然車の前に古風な着物を着た女の子が霧のなかから現れたそうです。
"危ない”
と思って急ブレーキをふんで車を停止させると、
まるで時代劇か明治のドラマに出てくるような格好をしたおかっぱ頭の女の子で、なぜか笑っていたそうです。


467 名前: 投稿日:2008/09/23(火) 22:59:30.57 ID:vUvySFGX0
こんな所に・・・?と思うより先に不気味に思い、逃げるか?と思った時、
車の周りを同じ様な格好をした 子供達に囲まれていることに気づいたそうです。
うわっヤバイ、
と思った店長はとっさにお経を口の中で唱え始めたそうです。
車を囲んだ子供達はそのまま手を繋ぎ歌いだしました
か~ごぉめぇ か~ごぉめぇ かぁごのなかのとぉりぃはぁ・・・」
その時店長の頭の中に子供の声が
”おいでよぉ。おいでよぉ。おいでよぉ。”
と響いてきたそうです。
店長は
「行っちゃだめだ行っちゃだめだ行っちゃだめだ行っちゃだめだ」
とハンドルを握りひたすらお経を唱えたそうです。
その時、後ろの2人が突然車から降りると子供達と手を繋ぎ、子供達と一緒に走りだしたそうです。
ガードレールの向こうへ・・・。
崖に向かって。
「こんな話、警察は信じてくれねーしよお。俺だって、もうあれが本当かどうかなんて自信ねーよ。」
と店長は、最後に彼に言ったそうです。
その話を一緒に聞いていた別の友人が、
「またー、よくできた作り話だなあ。」と茶化すと、彼は一言
「本当だよ、○○と××はそれで死んだんだ。」
と言いました。
僕も、本当だと思います。


508 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/23(火) 23:45:13.98 ID:l7pOnWrXO
コピペじゃないけど
今働いてる会社での実話

今いる部署は自分(一年半目)と同僚(一年目)もう一人(半年目)と新人(二か月目)で同僚が新人を教えながら二交替勤務している
んで半年前からなんだが同僚と自分が現場で変な影が通るって言うのを体験し続けてる
まぁここまではいいんだ
問題は前に入ってすぐに辞めた三十代のおっさん
その時も同僚が教えながらしていたんだがある日二人が喧嘩した
そのおっさんはその後こんなことを言ってすぐに辞めた

「Tさんパネェっすよwwwwwwwww」

部署の人間が全員首をかしげた


509 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/23(火) 23:48:09.49 ID:l7pOnWrXO
本当は
「〇〇(同僚名前)さんの声じゃないけど脅迫電話がくるので辞めます」

ちなみに同僚はそんな電話してません(ちゃんと電話会社に連絡して調べた)


520 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/24(水) 00:07:20.61 ID:Gs3Q4x/UO
つい3年前の事なんだけど、友だちに教えてもらったPC用RPGをやってた。
割と単調なゲームなんだけど、他にすることもないので、深夜までだらだらやってたのさ。
ところが半年を過ぎた頃からある事に気付いたんだ…。







メ ン テ 明 け が 待 ち 遠 し い


521 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/24(水) 00:11:11.82 ID:NxuK3jgg0
>>520
ぞっとした


571 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/24(水) 02:25:45.07 ID:vgZgxFSWO
昔なんだけど、俺は友達と地元の寺の祭りに行った。
そのころ俺は中学生で、まぁ、無茶もやってしまうような好奇心旺盛な少年だったわけだ。
それで俺は友達を誘って、寺の、さらに奥のほうの暗い道に行こうといった。
その暗い道っていうのは、生首がどうだの昔からよくないうわさが絶えないような、
いわば心霊スポットといわれるような場所だった。
もちろん友達もそのことをまんざら知っていて、「いやだよ、おれは」なんていっていた。
「ばっか、男なら行ってみれ。いや、行かなきゃいけないんだよ」
って俺は説得をして、嫌がってる友達をむりに連れてその道に入った。
その暗い道は本当に真っ暗てか何も見えなくて
雑木林になっていて気温は凄く低い。夏なのに。生き物の声さえしない。
何も知らない人が来ても、えらく嫌な場所だと思うような感じだった。

「なぁ、もう帰らない?」怖くなったのか友達はそういったが、
俺は一度行くと言った以上完全に見て回るまでは帰りたくなかった。
「嫌だよ、まだ見るんだよ」「俺もう怖いよ。もう帰っていいか?」
「だめだよ」俺はそういったけれど、友達は「もうだめだ。帰るわ」そういって走ってどっかに行ってしまった。
どうしようもない俗物だと俺は思いながら、しばらく雑木林の中を探索し続けた。
しばらくすると暗がりの中からどこからかわかんないけど友達の情けない声が聞こえてきた。
「なぁ、こうゆう怖いところに冗談半分で入ると、出るっていうじゃん、やめとけよ~」
「はっ、お前、帰り道すら怖いのか?情けないなぁ。出るわけないだろーが」
それでもやつはしつこく続けた「いや、出るらしいよ・・・」
まだそんなねぼけたこと言ってるのかって俺は苛立って無視した。
無視してしばらく歩いているうちにある違和感に気がついた。

・・・・・ん?さっきの、男の声だけど友達の声じゃねーなぁ。?
そのとき、俺はもう急に背筋が寒くなって、怖くなって、そんな時にまた声が聞こえた






「破ぁ?俺がもういるじゃねーか」


572 名前:1/3 投稿日:2008/09/24(水) 02:29:00.11 ID:9WCHbkVw0
もうこれでてるかな


その子は机に死ね、学校やめろと書かれたり、朝登校すると机と椅子が縛られたりしていた。

さすがに担任も問題視して、いじめアンケートをやった。
すると2人の生徒がSさんにいじめられてると告白した。でもSさんは「してない」と主張。
クラスの女子がたまに休むようになった。
その子の親が「学校で娘がSという生徒にいじめられていて登校したくないと言っている。
何とかならないか」と言ってきた。

その後もSさんの親を呼び出したり、学年ぐるみでいじめ撲滅集会みたいのが開かれた。
Sさんのことは他のクラスにも広まっていった。
Sさんは見た目ごく普通の子で成績はまぁまぁ良い。家庭も普通らしかった。
でも騒ぎが大きくなると家庭内でもぎくしゃくしているらしかった。

「Sが夜遊び歩いている」「万引きしたものを他の生徒に売りつけている」という噂も流れた。
先生達もごく普通の生徒だと思ってたSさんがなぜいじめや非行をするのかわからず
頭を抱えていた。


573 名前:2/3 投稿日:2008/09/24(水) 02:29:15.75 ID:9WCHbkVw0
私もSさんはおとなしそうに見えるが影では怖い人なんだと思い、話をしなかった。
もしかしたら私にしたいやがらせもSさんの仕業ではないかと思っていた。

ある日、妹がいじめられいると怒った上級生の男子生徒がSさんの家の犬小屋に放火した。
犬小屋は燃えて、ペットの犬が大やけどをしてその後死んだ。
このことがあってSさんは転校していった。

私は犬が殺されたことを聞いてショックだったけど、
それ以上にSさんが引っ越して平和になったことを喜んでいた。
でも、本当のいじめの犯人を知ったのはずっとあと、高校を卒業してからだった。


574 名前:3/3 投稿日:2008/09/24(水) 02:29:30.96 ID:9WCHbkVw0
いじめられていたのはSさんのほうだった。
「Sをいじめっこにしたてあげる」といういじめだったのだ。

ある女子が席替えの時に好きな男子の隣に座りたくて、Sさんにくじを交換してくれるように頼んだが断られたのだ。
Sさんはその男子には興味がなく、ただ窓際に座りたかっただけなのだ。
でも断れた女子は気にいらなかったらしい。
Sさんはいじわる、ということを他の生徒に話してるうちに、あいつはいじめっ子というキャラを作ったのだ。
そしてやってもないイジメをでっち上げた。クラス単位、学年単位で。

私はそのことを聞いて驚いたが、当時の同級生達は笑って話していた。
当時被害者を名乗り出たが、Sさんのことをまったく覚えていない人もいた。
どんなに「やってない」と主張しても、生徒、先生、親からも信じてもらえず、
ペットも殺され、あくまでも「加害者」として去ったSさんのことを考えると今もぞっとします。


575 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/24(水) 02:36:29.96 ID:mAiMiLNxO
トイレに行けないお(´;ω;`)


576 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/24(水) 02:41:59.54 ID:Oes4nLo5O
部屋暗くして寝れないお(´;ω;`)


577 名前:3/3 投稿日:2008/09/24(水) 02:44:21.55 ID:9WCHbkVw0

今月の支払いたりないお(´;ω;`)


583 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/24(水) 03:19:12.38 ID:vgZgxFSWO
「黒いくねくね」

過去ログをあさっていたら「田んぼの真中でひたすらくねくねしてるやつが云々・・・」
って話があったのですが、他にも見た人いませんか?
俺は見ました。
高校の時、家に友達を呼んでくだらない話で盛り上がっていると玄関を勢いよく開けて
母が転がり込んできました。
尋常ならざる様子に俺が駆け寄ると母は
「お願い、お願いだから田んぼには行かないで」
と繰り返しました。
買い物帰り、自転車で田んぼ道を走っていると見なれない黒いものがうごめいているのが
見えたそうです。カカシかな、と思い自転車を止めてよく見てみると手足の細い人型の
物体がその四肢を狂ったようにくねくねと動かしていたらしいのです。
とたんに得も言われぬ恐怖に襲われ、逃げてきたそうです。
その時は分かった、と一言いって母を落ち着かせたのですが、話のネタにも困っていた俺達は
こっそり母の言った田んぼにいってみることにしました。
それはやはり居ました。風も無いのに、ひたすら手足を動かす黒いもの。しかもそれはゆっくりと
移動していました。
しまった!と思ったときにはもう遅く、目からは涙があふれ膝はがくがくと震え出しました。
友人も口元を振るわせながら目をうるませていました。泣きながら逃げ帰ったのは言うまでも
ありません。

くねくね動くだけのものがどうして怖いのか?と問われると言い返しようがありませんが、まるで
俺を飲みこむようなあの圧倒的な違和感はこの世のものとはとても思えません。
ほんとに怖かったんです。

590 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/24(水) 03:46:20.58 ID:vgZgxFSWO
「くねくね?」

今から10年くらい前に自分が体験した話をします。
友達の家に集まり遊んだついでに3人でドライブに行きました。
目的もなく車を走らせ、くだらない話をしながら田舎の風景を楽しみ、夕暮れに差し掛かかった時です。
運転していたAが急に話をやめました。
助手席にいた俺もその直後に沈黙しました。
50メートルほど前方、道路の脇に続くあぜ道に白っぽいものがあってそれが動いているんです。
その場にいたら”ありえないもの”であるのは
誰もが一目瞭然で、薄暗い夕方なのにまるで二重写しみたいに不自然なくっきりした目立ち方をしています。
Aは急ブレーキをかけた数秒後、「あぁ・・」とつぶやき、急発進。
前にいるそれを早く視界から消したかったのでしょう、ところがその白いものに近づくにつれてますます俺の恐怖は加速しました。

それは人の形をしていましたが、顔も無いのっぺりした人形のようで、
輪郭もどこかおかしく、変なバンザイをするようなポーズで歩いていました。
でも足の動き方が歩き方と歩調がとれておらず、
その場でふわふわと足踏みをしているのに、滑るように歩いて(?)いるんです。
それはあまりにも異様な様子で、ものすごく怖かったです。
それを見つけてからふり切るまで、数分の出来事でしたが、三人ともしばらく黙っていました。
Aの「さっきの・・・、何?」を切り口に
「なんだあれ!!」「まじか?!」「すげえ、見ちまった!!」と
二人で込み上げてくる感情を吐き出したのですが、後ろにいたBはずっと黙ったままで元気がないので、
今日はこれでお開きにしよう
といって解散しました。関係ないと思うのですが後日談もあります。

その数日後、Bは飲酒運転で停車しているクレーン車に激突し、重体になりました。
Bはふだんから酒乱気味だったのでAも俺もアレのせいだとは思っていませんでしたが、集中治療室の前でその話が
出た時、すごく怖かったのを覚えています。
ただ、Bはその後、脳に重い障害が残ってしまい、アレを三人で見た時のことをまったく覚えていませんでした。
そしてこの件のことで気まずくなってしまい、三人で集まることがなくなり、今は完全に疎遠になっています。


592 名前:1/3 投稿日:2008/09/24(水) 03:54:35.25 ID:sIdKfPQV0
894 :1/3:2008/08/12(火) 00:35:54 ID:zTBUzaPh0
「なあ、聞いてくれよ、怖いんだよ。」
「なんだなんだ藪から棒に。」
「オレさあ、あんま引き篭もるのとか好きじゃなくてよく遠出すんだけどさ。」
「ああ、それはオレも良く知ってるよ。」
「おお、それで最近さ、どこ行っても同じババアに会うんだよ。」
「ババア?」
「うん、60くらいの、白髪はないんだけど、こう、ババアなんだよ。」
「ああ、半ババアね。」
「うん、そういう概念があるのかどうかはよくわからんけど、半ババア。」
「それで、その半ババアがお前の外出先によく出没すると。」
「そう。まあ、例えば近所のコンビニで見て、その後に駅で見るとかならわかるじゃん。」
「まあ、その付近に住んでるっつーことだわな。」
「でもさ、この間鎌倉行ってきて会って。」
「へえ。」
「その次の連休に日光行ったらまた会って。」
「見間違えじゃん?」
「いや、その半ババアがさ、めっさインパクトのあるTシャツ着ててね。」
「半ババアTか!」
「いや、そういうのじゃなくて。」
「どんな?」
「こう、黒い普通のTシャツにブワッと赤いシミが広がっててその中に小人が座ってて。」
「…」
「その小人が右手に持ったナイフで右上の紫のハートをぐさーってやってるのよ。苦々しい表情で。」
「…ああ、はいはい!なるほどね、うんうん、インパクトあるわ」



593 名前:2/3 投稿日:2008/09/24(水) 03:55:11.38 ID:sIdKfPQV0
895 :2/3:2008/08/12(火) 00:37:13 ID:zTBUzaPh0
「なあ、そんなインパクトあるTシャツ着てるババアが鎌倉と日光と俺んちの近くに住んでるって考えられるか?」
「まあ、ユ○クロとかで売ってたらそれも考えられるんじゃね?」
「その線、オレも当たったよ。ユ○クロ、売ってねえんだよ!
しま○ら、売ってねえんだよ!ネットでも探してみたけどねえんだよ!
2ちゃんの服スレで”黒い普通のTシャツにブワッと赤いシミが広がってて
その中に小人が座っててその小人が右手に持ったナイフで右上
の紫のハートをぐさーってやってるTシャツどなたかご存知ですか?”
って書いても”夏ですね”っていうレスしかつかねえんだよ!」
「じゃあ、ハンドメイ…」
「あれはやっぱ同一人物なんだよ。」
「しかし、それじゃ、何か?あんな変態Tシャツ着たババアが休みの度にお前を追い回してるとでも?」
「だから怖いんだよ…」
「ストーカーか、難儀だな。」
「いや、あれ、人じゃねえし。」
「何でだよ、てか何なんだよ。」
「妖怪。」
「ええ~。」
「だってこの間日光で会った数時間前に家の前で会ってんだよ?」
「うはw」
「で途中サービスエリアでも会ったし。」
「それ車で追ってきてたんじゃねえの?」
「いや、だってババアがオレの時速150kmのスピードについてこれるか?常識的に考えて。」
「じゃあどうしてんだよ。」
「時速150kmで走って追っかけてきてんだよ。」
「その考えの方が無理あるだろ…」
「だからどっちにしろ妖怪って割り切った方が早いんだって。」


594 名前:3/3 投稿日:2008/09/24(水) 03:55:38.54 ID:sIdKfPQV0
896 :3/3:2008/08/12(火) 00:39:28 ID:zTBUzaPh0
「それで、その妖怪はお前になんかしてくんの?」
「いや、特に何も。素通り。」
「ああ、害は与えないのね。低級妖怪にありがちなアレね。」
「そうそう、枕返し的な。」
「妖怪Tシャツ見せか…時速150kmでねえ…」
「地味にイヤだろ?」
「まあ、それなりに…」
「…しかしお前、さっきそのTシャツの説明した時よく納得できたな。普通は基地外扱いなんだが。」
「いや、お前の愛の深さ故だよ。」
「何だよそれ、やめろよwきめえwwww」
「いや、お前のオレに対するそれじゃなくて、そのババアに対するそれだよ!」
「ええ?」
「自分でも作っちゃうくらい好きになったんだな。」
「…はあ?」
「洗濯物だよ、ここから見えてるよ。」
「え」










「Tシャツ見てええええええええええええええええええええええええ!!!」


 
596 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/24(水) 04:00:15.38 ID:sIdKfPQV0
友人のアイドルヲタがやばい。
最近ファンになったというアイドルに異常な程の情熱を注いでいる。
この間部屋に行った時なんかマジで引いた。グッズだらけ。んで壁中に写真。
そんで「お前大丈夫か?」と聞いたら血走った目で「ああ」と答えた。
はっきりいってやばい。なにかしでかす気じゃないだろうか、と思った。

で、しばらくしてそいつん家行ったら何もなくなってやんの。
「どうしたんだ?」って聞いたら「いや、もう必要ないんだ。」って。
どうやら俺の思い過ごしだったようだ。やれやれ。
しかし、あんだけ熱入れてたのに。案外素っ気無いんだな。

さらに暫くたって、電話がかかってきた。
「なあ、お前んちにいらないブラウン管のテレビあったらくれよ。」
「はあ?お前ん家でかい液晶あるだろ。なんでそんなの必要なんだよ?」
「まあ色々考えたんだけど、俺らの関係ってそれが一番なんだって悟ったんだよ。」


 
616 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/24(水) 06:27:12.83 ID:gFEQxnQ90
なんだかんだでVIPって
ネットでの世の悪行に対抗できる唯一の民主機関だよな


617 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/24(水) 06:32:59.54 ID:vgZgxFSWO


俺、仕事行く途中、どうしてもウンコしたくなっちゃって、
確か入谷か何かで一旦電車降りて、便所入ったんだ。

ウンコしてる最中に隣の個室で形容し難い音が聞こえてきてさ。
ビックリしたんだ。

んで、俺が個室から出ると、隣の個室のドアの下の隙間から沢山の血が流れ出てた。

滅茶苦茶、怖くなって、すぐに駅員とか呼んで、中開けてもらったら、
すごく大きな血まみれの斧が個室の壁に立てかけられてて、人間がバラバラになってた。

とどめに怖かったのが、生首になったその人間の顔。
すごい形相してた・・・目玉が飛び出さんばかりに見開かれてて、
それでいて顔は苦痛で発狂してた様な皺くちゃになってて、口は横一杯に開かれてた。

駅員も凄く青い顔して、震えてた。

俺もその後、警察とかの事情徴収受けたんだけどさ。

絶対にこれ、新聞とかに載ると思って、
それから暫くは新聞をくまなくチェックしてたんだけど、とうとう、載らなかったね。

内容が内容だけに、葬られちゃったのかな?

今から10年以上前の話でした。

632 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/24(水) 08:30:30.14 ID:kVT0q9240
50 番組の途中ですが名無しです 投稿日:2006/04/04(火) 23:14:26.71 i8UE+cve0
そういうのすごくよくわかる!寂しい一人暮らしだと、
会社や家族以外の人とのふれあいが結構うれしかったりするんだよね。
俺の場合は、その日一日は本当ついていなくて、会社で他人のミスが自分に
降りかかってきて上司にめちゃくちゃ怒られるわ、いつもの定食屋が混んでて
自分の注文忘れられ、担当のお客には怒られ(超理不尽な理由で!)、
ありえない量のサービス残業押し付けられてもうさんざんな状態で、帰るころには夜12時を回ってた......
こういうときは気分転換にいつもと違ったルートで帰るといいと思って
寄り道がてら見知らぬラーメン屋に立ち入ったら、
そこで偶然中学のときのクラスメート数人とばったり出会ったのよ。
特に盛り上がった会話はしなかったけど、一人暮らしの寂しい俺にとって
こういう偶然の旧友との出会いって、なんか元気でるんだよね。
おかげでどん底から抜け出せたよ。
52 番組の途中ですが名無しです 投稿日:2006/04/04(火) 23:19:42.96 jfiemV9s0
>>50
ラーメン屋にクラスメート数人って、何人くらいいたの?

56 番組の途中ですが名無しです 投稿日:2006/04/04(火) 23:28:11.46 i8UE+cve0
>>52
よくよく思い出してみると、結構な人数いたかも。
女子とかも、こんな子そういえばいたなーって子もいたな。 懐かしかった。

59 番組の途中ですが名無しです 投稿日:2006/04/04(火) 23:34:12.54 jfiemV9s0
>>56
OK それ同窓会だ

65 番組の途中ですが名無しです 投稿日:2006/04/04(火) 23:39:16.31 i8UE+cve0
>>59
ありがとう 今週中に死ぬ


633 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/24(水) 08:31:51.68 ID:kVT0q9240
284 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2005/09/01(木) 08:48:33 ID:/Zw128f5
めったに乗らない電車で女子高生の一群と遭遇
A「めっちゃ怖い話し聞いた」
その他「何?」
A「一人暮らしのうちのおばあちゃんに電話がかかってきて
  出てみたら『お母さん?俺やけど・・・・』って言って
  おばあちゃんが『ヨシカズか?』って聞いたら『うん』って・・・
  でも、ヨシカズおじさんって去年、交通事故で死んでるねん」
その他「えぇ~!!怖いーーー!!!それで?」
A「『・・・俺、事故起こして・・・・』って言うから、おばあちゃん泣いてしもて
  『もう、事故の事は気にせんでいいから、成仏して・・・・』言ったんやて」
その他「うっわー、怖い~」「せつないーーー」「ほんまにあるんやなぁー、そんな話」


635 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/24(水) 08:33:54.39 ID:f9CcSl/30
男が知り合いから掛け軸を貰った
それを貰って以来、男には不幸ばかりが続くようになった
掛け軸に原因があると考えた男は、それを執拗に燃やした
それからしばらくして、件の知り合いが炭化した状態で発見された

636 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/24(水) 08:35:23.09 ID:kVT0q9240
59 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/08/21(月) 00:44:20 ID:Bx9ZfNKuO
母の友人が二十年以上、○TAMA医科大学で看護婦で婦長かなんかをしているんだけれど
その人から聞いた話。○TAMA医科大学よりも人里離れた山奥に鉄格子のある建物で
奇形の人達を隔離して治療している施設があると言ってた。実際その人も行ったことがあると。
細胞の病気で複数の目がある人や、人間の容姿とは言えないような容姿の方が沢山いるらしい。

 
639 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/24(水) 08:51:46.27 ID:f9CcSl/30
34 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2006/09/26(火) 22:44:33 ID:MzhWu6KUO
小学生の時に変な電話がかかってきた事があった。

子供の声で、「〇〇君いる?僕だよ…」って言ってきたので、
「誰?」って返事したら切られた。

これだけならいたずら電話で済むんだが
高校生になってから、また同じ声で、同じ内容の電話が掛かって来たんだ…

しかも携帯に…


642 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/24(水) 09:03:11.88 ID:f9CcSl/30
空港ってのは人間や物が出入りする所ですが、それはつまり「犯罪」の通り道
にもなっているということです。
そして、犯罪大国として悪名高い、コロンビア周辺のフライトに従事する
スチュワーデスに義務づけられていることが、一つあります。
「赤ん坊に、注意しろ」
赤ん坊は眠っているとは限りません。
麻薬捜査犬が妙に吼えかかる赤ん坊を、空港の監査官がよくよく見たら
その赤ん坊は息をしていない。
赤ん坊を司法解剖したら、赤ん坊の腹には麻薬が一杯に詰めこまれ、
パンパンにふくれあがっていた


643 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/24(水) 09:08:31.68 ID:f9CcSl/30
友達の話なんだけど
一緒に夜遅くまで酒飲んでて
友人が「あぁ!耳かいいよ~~~~」
とかいきなり言い出して
俺は「耳クソたまってんだろ?きたねぇよ」
とか冗談で言ってたらなんか耳からどす黒い液体が出てきて・・・
急いで急患で病院に行ったら。
耳の中に虫が住み着いちゃっていたそうです


644 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/24(水) 09:19:51.23 ID:f9CcSl/30
41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/23(火) 07:46:17.20
私は攻撃・迫撃されているのです
私がコーヒーメーカーから発射される電波追撃を受けたのは、少なくても5年前からです。
私は生まれつきコーヒーが特別好きであったわけではないのです。
中学生になるころには毎日のように飲んでいましたが、私が働きにでてから、自分のコーヒーメーカーを買いました。
毎日のように電波攻撃・追撃、を受けていると、そのうち頭がおかしくなるのではないかと心配しています。
特に3年前からは毎日のように攻撃・追撃が続くので、PTSD(精神的な傷)を負っています。
私はそれでも、5年の歳月をかけて、すべての原因がコーヒーメーカーであると知りました。
私は犯人は間違いなく、コーヒーメーカーに精通した人物であると思っています。


648 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/24(水) 09:31:16.07 ID:f9CcSl/30
148 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:2001/05/18(金) 10:42
愛読誌の投稿コーナー。ある常連さんの投稿が急に止まった
心配になった私は、読者交流のコーナーで「大丈夫ですか?」と呼びかけてみた。
何ヶ月待っても、返事は無かった
本気で心配になった私は、調べた彼のメールアドレスや電話番号ですぐに連絡を取ってみた。
一週間待っても、返事は無かった
事態が深刻だと直感した私は彼の家へと向かい、呼び鈴を押して彼の本名を呼び続けた。
五分待っても、返事は無かった
仕方なく私は作っておいた合鍵で家に入り、
何故か私に怯える彼を冷静にさせる為、見よう見真似で作った薬を注射してみた
返事は、二度となかった


654 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/24(水) 09:50:14.92 ID:f9CcSl/30
富士急ハイランドにある世界最大のお化け屋敷、「戦慄迷宮」は、安全管理上の都合から一人での
入場が出来ない。広大な敷地故に迷子も多いらしく良心的な判断であるが、それでも一日の
「入った人」と「出て行った人」の数が合わない日があるらしい。明らかに「出て行く人」が
増えているというのだ。一体何が出て行っているのだろうか。


 
661 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/24(水) 10:07:22.48 ID:f9CcSl/30
母からちょっと前に聞かされた話です。
俺が2才の頃、団地内で母は外で仲のよいお隣の奥さんと談笑していた。
俺はすぐそばのゴミステーションで、その奥さんの娘さん(俺と同じ年)と遊んでいたらしい。
その時、ゴミの収拾車がステーションにバックで入ってきた。
収拾車のタイヤは、娘さんをペッタンコに潰し、俺の目の前で
止まった。
お隣の奥さんは反狂乱、運転手は頭をかかえてうずくまっていたらしい。
母親は言った「あんた○○ちゃん(娘さんの名前)のはみでた
脳味噌いじくってたんよ、憶えてないんか?」
もちろん記憶はない、もの心がついていなかったのが不幸中の
幸いといったところか。


666 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/24(水) 10:15:43.03 ID:f9CcSl/30
その親子はハムスターを3匹、買って来たそうです。
カゴには藁と餌も入っていました。
親子の会話も弾み、その日はいっぱい観察して寝たそうです。
次の朝起きて、カゴを覗くとハムスターは1匹しかいなくなっていました。
しかも残った1匹の口の周りは血だらけだったそうです。
それ以来、親子はハムスターを飼う事はなかったそうです。


671 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/24(水) 10:23:55.12 ID:f9CcSl/30
AMラジオの1598Hz
を聞くと脳に異常を
きたすらしい


674 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/24(水) 10:35:47.97 ID:f9CcSl/30
山口県の県庁近くにある5階建てのビルには、階段に「階数」を示すものが無い。
これはエレベーターも同様で、ボタンには階数の代わりに、その階のテナント名が書かれてある。
さらに夜中になると階段の使用は禁じられる。その理由をビルのオーナーに問うと、きまってこう答える。
「たまに階数が増えるんですよ」


675 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/24(水) 10:38:23.90 ID:HBbONGu80
あなたは白い猫と赤い扉の話をご存知ですか?
なんだか興味が沸いて、ずっと調2べてるんですよ。見たくて見たくて、わざわざ図書館
まで行って色々と探したのですが、なかなかわかりません。それで以前、一度だけ
ここまで来たんですけど行…流石ここの人は物知りですね、お陰で一つわかりました。
マンガらしいんですよ、その白い猫と赤い扉の話。
かなり興奮しましたよ! 文章だけ目だと思ってたのに絵もついてるなんて!
そこで僕は調べる場所を図書館から古本屋に移しました
そんなに簡単に見つをかるわけないと思ったんですけどね、ほんとに。
んなバカなと思いましたよ…見つかったときは。 …ええ。 そうです見つけたんです!
そこまで探してないんですよ?縦 たった3軒回っただけで入手できました。
あとは読むだけ…だったんですけど、ある事に気づいたんです。
なにかって? いえ読、単純な事ですよ。 とても単純な。

カタチがね、おかしかったんです。 本のね。
さすがに参りしましたよ、鍵がついてるんですもん、本に。
だけど心配無用! ついさっき鍵を手に入れちゃいました!
さて、後はこの本を開てけるだけ…一体中に何が入ってるのか! ドキドキします!


678 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/24(水) 10:46:43.11 ID:f9CcSl/30
1834年、メキシコのはずれのとある洞窟で大量の人骨が見つかった。
その骨は大変古く、一つだけが大人の骨で残りは全て幼い子供のものだったそうだ。
当時はあまり注目されなかったが、去年その洞窟の壁面に文字が発見され大いに話題になった。
古すぎてほとんど解読できなかったがその文字の中に、「Hamelen」という単語があったという。

Hamelen。 ドイツ語で「ハーメルン」である。


679 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/24(水) 10:52:19.28 ID:8UTYLgyWO
信じようと信じまいと系だな


683 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/24(水) 10:58:02.53 ID:f9CcSl/30
童謡「ひとくいどじんのサムサム」

ひとくいどじんのサムサム
お腹がすいて、お家に帰る
かめの中のカメの子食べる
七口食べたらもうおしまい
ひとくいどじんのサムサム
とても寒い
ひとくいどじんのサムサム
お腹がすいて隣りへゆく
友達のカムカムを食べる
二口食べたらもうおしまい
ひとくいどじんのサムサム 1人ぼっち
ひとくいどじんのサムサム
お腹がすいて死にそうだ
やせっぽちの自分を食べる
一口食べたらもうおしまい
ひとくいどじんのサムサム いなくなった


685 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/24(水) 11:01:30.70 ID:Kta4toIG0
55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/05/09(水) 22:02:55.24 ID:wTSdRXQG0
大阪府の無職、阪本和之さん(38)は2日の午後2時(日本時間)、念願の引きこもり状態での南極
点到達に成功した。昭和基地出発から48日目。阪本さんの冒険史に、また新たな1頁が書き込まれた。

 阪本さんは1987年、友人とのトラブルが原因で自宅に引きこもったが、93年には引きこもり状態のま
ま日本を一周。96年にはドーバー海峡横断に成功し、
98年には無酸素でのチョモランマ登頂、昨年冬 には北極点到達を成し遂げている。

 阪本さんはこれまでの冒険と同様、マスコミの直接取材を拒否しているが、「辛かったけれど、どうに
か南極点まで来ることができた。次は太平洋横断に挑戦したい」とのメッセージを、4800キロメートルに
わたって木造モルタル2階建ての家を引っ張った母親の喜子さん(61)が代読した。


692 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/24(水) 11:16:41.51 ID:f9CcSl/30
80 名前: 起きたら午後(群馬県)[] 投稿日:2007/08/28(火) 15:16:42

今家のおじいちゃんが、
「鏡の自分にジャンケン勝った!」って大騒ぎしてる。



700 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/24(水) 11:28:08.94 ID:f9CcSl/30
君の視覚は何度?
ベッドの下は確かめた?
ベランダに人が隠れる死角は無いと言い切れる?
カギはちゃんとかけた?
本当に風の音?
何で、毎日同じ場所を「ふと」見てしまうの?
襲われたとして、すぐ逃げられる状態にある?
カーテンの隙間からお前をずっと見ているその女に見覚えは?


703 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/24(水) 11:44:14.25 ID:f9CcSl/30
139 96 : sage 99/11/14 23:24
確かに、今は圧倒的に(藁 が使われている。しかし断言しておく。
将来さらにネット人口が増え、誤字や簡略化が容認されるようになった結果
(藁 に代わり w になるだろう。

(例) 俺はうんこを漏らしたw

現在でも(warai (wara という使われ方をしているケースを見かける。
間違いなく「w」がスタンダードとなるだろう。


143 名無しさん : sage 99/11/15 00:02
>>139
ありえない、と断言しておく(藁
あくまで原型は(笑)なんだからw一文字は行き過ぎ。これだと象形文字のようになるよ。
ピースサインを表すvのようなものだ。wでは両手でピースサインしているとかそういう意味になってしまう。
いくらなんでも(笑)の意味としては定着することはないよ。


704 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/24(水) 11:47:16.59 ID:Kta4toIG0
883 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2007/10/27(土) 15:31:07 ID:hhUMEAFE
>>865
とりあえず日韓のいざこざは置いといていいこと教えるよ
ハバネロオナニーって知ってる?
ハバネロの空袋にナニを突っ込んでするオナニーなんだが、
もの凄い快感らしい。VIPでもやってた。
韓国の人ならちょうど良い刺激になると思うよ?

909 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2007/10/27(土) 15:33:31 ID:pQlEzqBV
>>883
>>893
へえ 具体的にどおやるの? 参考までに聞いてみたいな
マジレスキボン

923 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2007/10/27(土) 15:35:01 ID:ZP36ooto
>>909
ハバネロの空袋、粉がたくさん残ってるのがいいな。
それを広げて、ナニにまくんだよ。
931 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2007/10/27(土) 15:36:06 ID:pQlEzqBV
>>923
ハバネロ?ってどこに買えるの? 高いのかな?

                ~二時間後~
106 :韓国世界一 ◆m8PZApKcNc :2007/10/27(土) 17:28:37 ID:pQlEzqBV
怒りに今俺は満ち溢れている
怒ったから 今回は完全に怒ったからな
痛いだけだやっと楽になった 前スレでハバネロが最高とか言ってて奴出て来いyt
真っ赤だ 日本人は嘘しか言うだけで信用はやっぱり出来ない事がkんぜんに証明された
俺を殺すつもりだな? 怒ってるんだからな 耐性が無い人間なら死んでいるぞ 殺人教祖だ


720 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/24(水) 14:00:41.47 ID:m/k77S96O
私は急いでトイレに行った
個室に入って小さい方を済ませながら、どっと安心の溜息を吐いた。
思えば少し涼しくなってきていて、
思わず「もう冬もすぐそこだなぁ」なんて呟いてた。



あの時上から「そうだね」って返したやつ出てこい


732 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/24(水) 17:01:15.71 ID:6eiabZ+30
ある病院に残り三ヶ月の命と診断されている女の子がいました。
友達が二人お見舞いに来た時に、その子のお母さんはまだ、
その子の体がベットの上で起こせるうちに最後に写真を撮ろう
とおもい、病気の子を真ん中にして三人の写真を撮りました。

結局それから一週間ほどで急に容体が悪くなり、三ヶ月ともたずに
その子はなくなってしまいました。
葬式も終わり、多少落ち着きを取り戻したお母さんはある日、
病院で撮った写真の事を思い出しました。それを現像に出し取りにいって
見てみると、その写真が見つかりません。写真屋さんに聞いてみると、
「いや、現像に失敗して、、、」というそうです。不審に思ったお母さんは
娘の生前の最後の写真だからとしつこく写真屋さんに迫ったそうです。
写真屋さんもしぶしぶ写真をとりだし、「見ない方がいいと思いますけれど、
驚かないで下さいね。」と写真を見せてくれました。

そこには、三人の女の子が写ってましたが、真ん中の亡くなった女の子だけが
ミイラのような状態で写っていたそうです。

それを見たお母さんはとても驚きましたが、供養して
もらうといい写真を持ち帰りました。それにしても恐ろしい
写真だったため霊能者のところに供養してもらう時に
これは何かを暗示してしているのではないかとたずねました。
すると、霊能者は言いたがりません。やはり無理に頼み込んで
話を聞ける事になりました。その霊能者が言うには、


「残念ですが、あなたの娘さんは地獄に落ちました。」


742 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/24(水) 18:31:09.39 ID:ugIhZvzM0
死刑を支持すルくソ野郎(ども、オま、エ)ラ、正義漢ぶってん「な)ヨ。おまエらの根(底にアルノハ(、。
。憎しみ!、憎悪。、復讐だ。こういうモノは、人間の」中で最も忌み嫌われる感情だ。
コういウ感情を持ッ、たまマ大人にナったヤ!つは、精神的ニ幼稚であリ、脳が足りない。
極、刑を!求めて訴エ続ケル被、害者の遺族ドもの有様。ハ、、無様を通(り越えて、哀レミスら感じる。
こいつら、復讐に注ぐそのエね、るギーヲもっと有効な分野に向けられない」ノかト。
そレカラ、某ワ「イどショー、に出テキ!タ大」学。教)授、コいツとんでモないキちがイだナ。「
)元最高検察庁検事ダかナんだか知、ランガ、応報刑ヲ、正当化シようトしテいる究極ノ馬鹿。
江戸時代からたイムすリップしてきた」方ですか(。!トっとト元の時代へ返ってクださいw
応報刑なドとい「うモのハ、理不尽な馬鹿げた方法だ。「人の!命ヲ(奪っ、タ。ら自分の命で」償エ」などという。
そもそも「命で償ウ」って!何ナんだ「?自。分が死ヌだけだろ?死ぬ(ことが償いに!ナルなどとイう
思想ハ、無、意味であり、理解不能な考え方だ。お(まけに「被害者一人と加害者一人で命ノバランスが
均衡」。などと言ってイる。命の重さ!を天秤にカけ!る考え方ヲ持って!イるこトに何ノ恥じラ?いも。ないノカね?
復讐心にとら」われている被害者遺族(は、立派ナメンヘるダから、精神科の診療を受けル」コとヲお勧メす「る。


743 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/24(水) 18:35:16.36 ID:n36X23TK0
>>742
何なんだこれは

755 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/24(水) 18:53:46.68 ID:Sp6lw8rm0
妹からメールきた。

件名:Re
本文:カタカタうるさくて眠れません
   あなたと違って私は明日仕事です

一方、兄はファミレスにいた。


759 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/24(水) 19:12:24.41 ID:f9CcSl/30
これはちょっとした遊びです

まず、「めらろ」という言葉を覚えましょう。
たった3文字だから簡単ですね。少し言い難い言葉なので自信がなかったら、
目をつぶって2~3回繰り返してみましょう。

覚えられたら後は簡単、それを忘れるだけです。
忘れ方はそれぞれ工夫してみてください。

うまく忘れられずにいる間は妙に寒く感じたり震えたりする事もありますが
特に危険はありません。
忘れたつもりでもある時突然思い出したりすると、人ごみの中にいてもとて
も孤独に感じたり、急に悲しくなったり、何かの気配みたいなものを感じた
りするかもしれませんが、それだけですので心配ありません。
もしかしたら友人との会話中に「あれって、なんだっけ?」とか聞かれて、
ふいに思い出してしまうかもしれませんが、口に出して言うのだけは避けま
しょう。遊びが終わってしまいます。

それではお楽しみください。


761 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/24(水) 19:15:00.51 ID:ugIhZvzM0
「めらろ」は子供にだけ見える何か得体の知れないものっていうのを どこかで聞いたことがある気がする。

 
776 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/24(水) 20:03:06.91 ID:f9CcSl/30
648 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2007/04/18(水) 16:47:30 ID:1LTqnsyV
実家が離島なんだけどね。島の中で、大きく分けると部落が二つあんの。まあ、農村と漁村って感じ。
私は農村の方の出身で漁村の方のしきたりとかあんまり知らないのよ。
(農村は農村で正月は女は外に出ちゃいけないとか色々あんの)
で、漁村出身の友達に聞いた怖い話。
何年かに一度、島の巫女を決めるらしいんだけど、婆さん達がウタキ(神社みたいなとこ)に篭って
神様から色々意見を聞いて、ラ ン ダ ム に島の女性の中から選ぶ。
そして一度でも選ばれると一生島から出られないらしい。
そんな恐ろしいところ18年も住んでいたのかと思うと泣きそうだよ。

661 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2007/04/18(水) 21:34:38 ID:1LTqnsyV
神様が選んだんだから(という理由で)拒否権はない。
島からも本当に出られなくなる(出てる間島が守られない)から選ばれた人は泣いてたらしい。
(決して嬉し泣きではないよ)
あの島本当に怖いよ…なんかの結界を作るために豚の足をぶら下げたり
いまだに障害を治す薬を「赤犬(茶色い犬)」だと信じてて
障害児に無理矢理食べさせたり(;´Д`)


777 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/24(水) 20:09:56.60 ID:Sp6lw8rm0
ある検査技師の話

おれが当直だった夜に、急患でおれは叩き起こされた。
急変とかで、まあよくあることだ。

処置室に行くとちょうど患者が救急車で病院に着くときだった。
救急車からストレッチャーで下ろされたのは、真っ黒に焦げた死体(にみえた)
だった。救急車のスタッフにきくと、交通事故をおこしたドライバーで
引火した車のなかで取り残されたらしい。50代位の男性だった。

一応、生きてはいるが、そりゃもう表面なんかコゲコゲで肉の焼ける
においがあたりに立ちこめ、俺はもう吐き出しそうになった。
全然動く気配もない。もう時間の問題だ。
「すごいですよ。一応心停止してません。まあ、もうだめでしょうけど」
と救急隊員は言った。
医師も「あー、こりゃすごいね」と言って治療をする気もなさそうだ。
「ひどい・・・・」看護婦も目が怯えていた。

俺は一応検査をするための準備にかかった。
機器を用意している部屋に入って準備をしていたら、その黒こげの患者が運ばれてきた。
おれは腕に検査の為に針を刺すのでその患者の血管をさがしたが
表面が黒こげでどこに血管があるか分からなかった。
「あー、これ、メチャクチャでどこだか分かんないよ」と俺は言った。
皮膚のまともなとこを探そうと腕をつかんだとき、その黒こげ患者が言った。

「・・・そんなに私、ひどいんですか・・・・」

「あ、あ」俺は声にならなかった。ずっと意識はあったんだ。
今までの俺達の会話を聞いていたんだ。


 
788 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/24(水) 20:39:12.54 ID:0X9qEebc0
143 名前: SENT 投稿日: 02/12/13 16:39

今から5年ぐらい前の話だけど
日曜日のラジオ(AM)って大体AM2:00ぐらいにはおわるでしょ?
そんでその後に災害を教えるビーーってゆうテスト信号が流れて、そうするとしばらくの間クラシックみたいな音楽が流れるのよ。
それを俺は何気なく本を読みながら聞いてたわけよ(ラジオをつけっぱなしにしてた)
そしたらクラシックが止まって、ちょっとしたら男の声で
「ただいまから報道特別番組(名前はうるおぼえ…違うかも…)をおこないます」
って始まったのよ。そのとき2時過ぎで放送が終わったときだから絶対におかしいと思ったのよ。
でもなんか聞いてたら
「~島の~作戦で○○大佐死亡、××中佐死亡………」
ってゆう内容の放送がずっと1時間近く繰り返された…
俺は怖くなってラジオも消せず、呆然と聞くだけだった。
実話です。なんかこんなような話知ってます?

197 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 02/12/20 22:30

>>143
無線関係ではそんな話を聞いた事があります。
戦時中の交信とかが聞こえる場合があるそうで、
その当時発信された電波が、電離層を反射しながら
残っていて、それを受信する場合あるそうです。
もちろん日本だけの話しではありません。


791 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/24(水) 21:00:12.12 ID:Sp6lw8rm0
6月の終わり頃、アパート暮らしの大学生が、腐乱死体の状態で発見されました。

兄の勝巳さんが呼ばれ、身元確認に続いて、留守電のメッセージが再生されました。

3月14日-母親から 思い出話、途中で切れる。
3月16日-友人から 旅行の誘い。
3月21日-父親から 祖父が会いたがってる旨。
4月25日-友人から 大学に顔を出せと。
5月1日-母親から 勝巳に連絡しろと。

そこでテープが終わり、「ご両親からの電話はいつも深夜2時過ぎですな」と
刑事がつぶやくと、勝巳さんがうなずいてから言いました。


「両親は、僕らが小さい頃に死にました・・・」


799 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/24(水) 21:36:54.23 ID:f9CcSl/30
もうずいぶんと昔。まだ小学生だったころ。
教室で昼休みの終わりを待っていたら、いつもは私に冷たい担任の先生が血相を変えてやってきた。
「○○くん、落ち着いて聞いてね。お母さんが仕事先で倒れたの。すぐ帰る用意をして職員室へ行きなさい」
驚いてランドセルに手当たり次第に物をつめて職員室に向かった。
校長先生がいた。
「お父さん、いまトイレに行かれているから、すぐに一緒に病院に行きなさい」
校長先生もおちつかない様子で、しきりに腕時計を見ていた。
「あの…先生…」
言わないといけない。
「うちにおとうさんはいないんですけど…」
母子家庭だった。

大騒ぎになった。
男が誰だったのか、今でもわからない。



802 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/24(水) 21:47:11.51 ID:f9CcSl/30
448 名前: 船長(愛知県)[] 投稿日:2008/09/05(金) 23:06:23.43 ID:Q4KioaKb0
自分(女)の名前で検索をかけてみた。
すると十数件、同姓同名の人たちが検索に引っかかった。
研究者や会社の経営者、同じ名前でありながら全然別の生活をしている人たち。
その中に「○○○○○(自分の名前)のページ」というHPがあった。

それはプロフィール、BBSだけの初心者が作った感じのよくある個人のHPだった。
プロフィールを見ると、自分と同じ歳であり、趣味なども良く似ている。
BBSなどを見ると、常連っぽい人が5~6人いるらしく、この手のHPとしては
まあまあ流行ってる感じだった。
何となくお気に入りにして、時々見るようにした。

しばらくすると、コンテンツに日記が増えた。
日記は、まあ、そのへんのサイトによくある内容の薄い日記だ。
今日は暑かったとか、日本がサッカー勝ったとか、そんな感じの

ある時、日記の内容が自分の生活とよく似ていることに気づいた。
始めに気づいたのは野球観戦に行ったときだ。その日、そのサイトの管理人も同じ球場に行ったらしい。
その時はもちろん偶然だなとしか思わなかった。球場には何万人もの人間が行くのだから。
次の日の、日記は会社でミスをしたことについて書いてあった。
私もその日、会社でミスをして少々落ち込んでいた。


803 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/24(水) 21:49:32.70 ID:f9CcSl/30
449 名前: 船長(愛知県)[] 投稿日:2008/09/05(金) 23:07:08.71 ID:Q4KioaKb0
次の日も、その次の日も、よく見ると日記の内容はまるで自分の生活を書かれているようだった。
大半は「カレーを食べた」とか「CDを買った」など対した偶然ではない。
しかし、それが何ヶ月も続くと気味が悪くなってきた。

ある日、掲示板を見ると、常連たちが管理人の誕生日を祝っていた。
その日は私も誕生日だ。
それでいよいよ怖くなってきて初めて掲示板に書き込みすることにした。

しかし、書き込みしようとしても、名前や内容を書くところに文字が打てない。
色々やってみるが書き込めないどころか文字すら打てない。

「おかしいな?」と思っていると、あることに気づいた。
それは掲示板ではなく、ただのページだった。
つまり、一人の人間が掲示板っぽく見せかけて作った一つのページだったのだ。

「いったい何のためにこんなこと…」とすごく怖くなり、
管理人にメールを打った。
「初めまして。私は貴方と同姓同名の人間で、よくこの~」のような当たり障りのないメールだ。

そして次の日、そのページを見ると、全て消されていた。
メールボックスには一通
「見つかった」
という返信があった。


804 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/24(水) 21:53:43.71 ID:6aqHtv4I0
怖すぎ


805 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/24(水) 21:54:11.81 ID:zFk1G9O20
ドッペルゲンガーか?


806 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/24(水) 21:55:08.90 ID:f9CcSl/30
大学生の近くのアパートに実家から越したときの話

家賃が安いのは、バス停から遠いものだと思っていました。
数週間は何事もなく暮らしていました。
しばらくしてから、朝起きるとカップの位置が動いていたり、玄関の靴がバラバラになることがありました。
まずいと思いつつ、カップがどこにあろうと、割られなければ困らない。
部屋のいる存在を特に気にせず生活をしているうちに、だんだん悪戯が頻発するようになりました。
カーペットがめくれる、いつのまにかリモコンが箪笥の中にある、等。
子供かお前は、などとつっこみを入れたくなるような可愛いものばかり。
僕はなめていました。

ある日の晩、レポートをまとめ終わった僕はベッドに入りました。
ぐーすか眠る夢の中、僕は電車の夢を見ました。車掌さんがやってきます。
「切符を拝見しまーす」
カチッ。
夢で、切符を切る歯切れのよい音が鳴り続けていました。
目が覚めると、もう朝でした。寝ぼけ眼で部屋を見回すと、思わず叫びました。
部屋を解約したのは、その日の昼でした。
それは、もう僕にはとうてい悪戯でかたづけられない事件だったのです。

僕が眠る枕の端を、びっしりとホチキスでとめられていたのですから。


 
833 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/24(水) 22:21:04.86 ID:f9CcSl/30
もう2年前になる。
大学に入ったばかりの俺の親友が、バイクで派手に転んで、死んだ。
ほんとに突然だった。
葬式の次の日、俺を含めあいつの友達5人くらいで、あいつの部屋に行った。
この春から一人暮らしを始めたあいつは写真が好きで、近所の公園、キャンパスの日常、
部屋からの風景などの写真があいつの部屋にはいっぱいだった。
ただ一枚、なにか気になる写真があった。
それは、鏡を写したものだった。
その鏡は、どこにでもある縦に長い、全身の映る鏡。
鏡には、四方の壁が映りこんでいる。部屋の隅に写真と同じ鏡がある。
それを真正面から撮っただけの写真なのに、
どこか、違和感がある。
鏡の写真なんて、考えてみればあまり見ない。だからか…?
などと考えていた俺に、その写真を覗きこんでいた友達が言った。
「それ、誰が撮ったの?」


845 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/24(水) 22:31:41.80 ID:f9CcSl/30
272 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2007/11/19(月) 13:33:17 ID:6HFN
uVVQO

大丈夫大丈夫
殺人なんて簡単だしバレないよ

睡眠薬飲まして、何か太い帯で絞殺して
救急車よんで、首吊って死んでましたって言えば大して調査されず即自殺と判定される
遺書をそれなりに偽造して、中身に「これは他殺ではなく自分の意志でした自殺です」ってのを含ませれば完璧
ただし家族とか親しい人限定だけど


274 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2007/11/19(月) 14:26:48 ID:6HFN
uVVQO

いや本当に調査は即終わるよ
死んでた状況聞かれて現場の写真撮るだけ
ものの15分で警察はかえってく

俺の兄貴が自殺した時はそうだった


847 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/24(水) 22:32:32.63 ID:KGsa8W4e0
【噛んで「イテッ!」リップ。ねじ切る蔓,不吉垂れ込めるカビ,黒く実る怪しい端の実…。
やはり、この七人投げられ、私ら刀抱え、この泥沼や、エルフの手で雫を。
血だから、かなり胸に痛み、飛び退く。いざトンネル通過だ。霞かかる道よ。だけど頑健、この具合が彼怪し。
もう勇者が来て、戦さが止まるめど,行く末,未定。歩き続けた旅。悪との戦い長引くだけ。
「彼等メシアが来て、何とか助けたい、あの娘や叔母」と泣け、私,女子ら悲し。
武器鋼鉄。トラップ!悔し、命縮む。死にかけたシ-フだけが斧も盗った。悔し涙。一喝。
父母ホテルへ住み込み、掛かり切り。絆、戒めた。しかし、外野はすったもんだ。行き過ぎてる世話。
あいにく捨てゼリフやけくそ「古しへよりの言い伝え、疑心暗鬼」と。スペル唱え威迫。
扉無くす彼、菱形の中に馴染み箱を。ひたすら兄貴揺れ、行路禁じる。行き交うも音断った樹の気。
『秋はとんぼ。洞穴は魚。金のうろこ飛ぶ。似たり寄ったりオカリナ』と、いつかのお伽噺の、見たか不思議な箱。
こんな誘なう夜、男の子を抱かす所の、この意外さ。田舎だが、し、しかし、あなたっ、まごつくハ-レムの地だ。
手がむやみやたら買うとか。血潮鳴り「矢弾だ!」妻殺しの士、暴君。敵、かたくなに舞い、ものものしい。
なにはともあれ座り、やっと昼飯。石碑。肘鉄か?多湿、先手のドロ水。矢飛びて -】ここで半分。
バテここで一休み。【ロトの伝説従って、地響きせしめる。一つやり忘れ、あー、元は担いしの物も今に無く、
高き天空《星の城》】困った。またやり直し。地下道からだ。闇やムカデ達の群れは……くっ、困ったなぁ。
しかし仕方がない。再開。【のこのこと姿を。この期通るような災難。ここは、亡きシ-フ形見の品、
萩と斧が対となり、薫りたつより。谷懐。うー、のんきな風花……あら?ほ、ほんと!?
萩、秋の樹だったと思うが……。消ゆる蜃気楼。これ、雪にあらず。旅を拒みし何かなのだが…?
痺れが!すぐ並び、毒ハイエナ。取るペスト菌。暗示消えた。つい祈り、呼べ、死に急ぐ。
蹴破り背ですぐに居合わせる敵。隙、油断も断つ。素早いが、しかしダメ-ジ。マイナスぎりぎり。
屈み込み、スペルでほぼ復活、痛み無し。役立つ友のお陰だ。武士だけが滲む血。父の医師、
薬物ら取って、動き封じながら、子、治した訳などは親子の愛だ。「消す!」だが、どんな敵か?
あ、締められかけた首がないか?ただの毒浴びただけ。突っ切る相手見えず、食い止める魔道が作為的か。
野獣?もしや、あれが害悪の根源か?解けた!予知みる鏡、姿が映る。粘土細工の人みたいに、
眠りながら形を崩して…。手の震え止まぬ。ロトの声が彼方からした。『我ら下男に致死。
残りは闇の支配者あるのみ』黒く光る眼。「これだ!」突き振る剣。「死ね!」】--プツリッ --「停電か……」


853 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/24(水) 22:36:39.44 ID:KGsa8W4e0
医師の谷です。犬に犬確か縫い縫い 縫いぬ犬犬犬犬か
下縫いに縫いすます朗々と遠のきし風から風か四季の音
示せ掃きて清め見るとも黴を美化理屈を作り黴を美化し
ても 担う男の子の出る日 頬の笑み三重頬は三重 変だよ
力なら勝ち止め示しとんだ不作神の子のみよ草の波 力か
きつめリズムリズムリズム山ノ湯抜かぬ 盗れば威張れと
敵 累々いるいるるいるい寄るさ 女 最期凄いさカトレア
わが又気怠さや酒飲みし仲なかなかな哀しみのみの今朝や
去るだけ雪の来てカチカチビタミン三度火の消え呼ぶよぶ
よぶよぶよぶよブヨの子 高いか夫婦 レタスも夜も酒相談
と叫ぶと黒熊突けば烏や寝付けば臭くナズナトマトナスの
顔楽々この子のこのこの睦む来い来い来いよ住まゐ歌うよ
歌う歌うよ歌うゐますよ行こ行こ行こ睦むのこのこのこの
このくらくら丘の砂 トマトなずな臭くバケツねやすらか
バケツ真黒く飛ぶ今朝とんだ嘘今朝も夜も廃れ 夫婦買い方
この世ぶよぶよぶよぶよぶよぶよ駅の火 ビタミン三度
ちかちか 敵の消ゆ 気怠さや酒飲みし仲なかなかな哀しみ
のみの今朝や去るだけ多摩川あれとか最期凄いさ難を猿よい
るいる累々いるいる 来て盗れば威張れと抜かぬ 湯飲まや
むずりむずりむずり目つきから勝ち皆の咲く神の子の味覚さ
普段としめしめと力なら勝ちと壇へ笑みは微笑み三重のほほ
昼出の子の媼にもてし華美を美化理屈を作り華美を美化もと
る見目良き敵は攻めし遠退きし風から風か四季の音とうろう
ろすます犬に犬確か縫い縫い縫い縫いぬ犬犬犬か下縫いに縫い
すでに楽しい


855 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/24(水) 22:38:29.76 ID:0kUbDiDD0
>>853
すげえwwwすげえけどバカwww


857 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/24(水) 22:40:26.13 ID:f9CcSl/30
これは私が学生の頃、部活の合宿で先輩に聞いたものです。
「あたしさぁ、すごい怖い夢見たんだぁ」と前置きをし、話し始めました。
Sさんがどこかの川辺を歩いていると、一人のおばあさんがうずくまっていました。
話しかけると、おばあさんはゆっくりと振り向きました。
その顔を見て、Sさんは驚きました。おばあさんは、何と眼球(目)が無いのです。
「私の目玉が無いんだよ…」と呟きました。
Sさんは驚いて上手く言葉が発せられませんでした。
するとおばあさんはまたゆっくりと言いました。「一緒に探してくれるかい?」
Sさんは懸命に探しました。見つけられなかったら…と考えると怖くなったからです。
すると…おばあさんはこんな事を言いました。
「もし、私の目玉が見つからなかったら…お前さんの両足を売ってもいいかい?」と。
Sさんは怖くて怖くて仕方無かったそうです。震える手が何かに触れました。
二つの…眼球でした。
「そこで目が覚めてさぁ」私は背筋がぞくりとするのが分かりました。
私達はその話を聞き終わると、ホッと息をつきました。
すると先輩は言いました。
「この話ね、覚えてない方がいいよ…」と。
そう言われると余計頭にこびりついてしまうようで、私は眠れませんでした。
何とか頭からあの話を消し、眠りました。
ところが、私もあの夢を見てしまったのです!
夢から抜け出したいと思っても無駄でした。ですが、何とか同じように眼球を見つけ、
目が覚めました。話はこれで終わりじゃなかったんです。
私の友人のD君が、足を引き千切られたようにして眠っていたのが発見されたんです。
D君は、五体不満足になってしまいましたが、元気です。そのD君からはこう聞きました。
「あの夢を見たんだけど…眼球を探してる途中でR(友人)に起こされたんだ。
 だから足をちぎられたのかな…」と。
この話は当時新聞にも載りました。地方の方は知ってるかも知れませんね。
この話は、早く忘れてくださいね。


862 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/24(水) 22:47:40.39 ID:f9CcSl/30
昔、大きめの文具屋でバイトしてた時の事。
平日の昼間、中年男性が
"昆虫セット無いか"
と入ってきた。
その人はわりとガタイは良かったけど、なんだか顔色がドス黒い様な変な顔色で、肝臓か腎臓でも悪いのかな、と思った。
昆虫セットはあったので
"あります"
と返事したら、それに店の配達係の男性社員が
"あ、すんません。今切らしてて"
と言った。
それに客の男性は
"あ、そ"
と言って帰った。
後で
"昆虫セットあるのに、何でですか"
と聞いたら。
"あれ、ヤクチューやで。顔色変やったやろ。昆虫セットの玩具の注射買いにきよったんやで"
と言っていた。
以後、そういった人には昆虫セットを売らない様に言われた。


867 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/24(水) 23:00:05.53 ID:f9CcSl/30
「道を教えてください」
夕方の路地でそう話し掛けてきたのは背の高い女だった。
足が異様に細くバランスが取れないのかぷるぷると震えている。
同じように手も木の枝のように細く、真っ赤なハンドバッグをぶら下げている。
はあはぁと何度もため息なのか呼吸なのか分からない息を吐き、
僕に聞いているはずなのに視線はまったく違う方向を向いている。
「あ・・あの。どちらへ・・・?」
やばい人っぽい。
僕は早く答えて立ち去ろうと思った。
「春日谷町1-19-4-201」
「・・・・・・」
そこは僕のアパートの住所だった。
部屋番号までぴったりと合っていた。
「し、知りません」
僕は関わり合いたくないと本気で思い、そう答えた。
すると女はゴキッと腰が折れ曲がるほどにおじぎをして、
またふらふらと路地の奥へと消えていった。
「超こぇえ…」
僕はわざわざ遠回りをしてアパートに戻ってきた。
部屋のカギが掛かっているのを確認し、さっさと開ける。

「道を教えてください」
真っ暗な部屋の中から声がした。 終


882 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/24(水) 23:22:20.14 ID:f9CcSl/30
人形(30秒)のサブリミナルメッセージは以下。
人形は人間を連想させる。激しいフラッシュによって浮かび上がる
陰影はケロイド。なお、フラッシュはサブリミナルの基本的技法。
時折、警戒色である赤が挿入され、無意識の注意を誘う。
人形の背景にあるのは泡=沸騰=熱のサブリミナルメッセージ。
「光(フラッシュ)」「熱」「ケロイド」が意味するものは「核」。
問題の歌詞は「授かりし 命 乱れ 成(あ?)りがたい 命」。
(15秒では「授かりし命 あふれ」)ただしこの歌は、過去引用の
書込みにあるように、詩だと意識しなければ、単なる音楽かコーラスの
ようにしか聞こえない。メロディラインは「君が代」を模していて国粋的な
感覚を刺激するサブリミナル。詞と合わせてこの歌には「穢れ思想」を
刺激する意図があると思われ、穢れた命がどう扱われるべきかを問う内容に
なっている。
そして無数のケロイド人形を見下ろす形で、「ざまあみろ」のサブリミナル
音声が最後に挿入される。これは視聴者の意識に、被爆者に対する悪意的、
差別的感覚を植え付ける意図が取れる。



881 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/24(水) 23:22:02.75 ID:r9nUqNDD0
今これを読んでいるあなたが誰なのか、わたしには分からない。子供なのか、大人なのか、男なのか、
女なのか…。このゲームの購買層を考えるなら、高校生くらいの男の子というのが可能性としては
高いのかもしれない。
いずれにしても、純粋にゲームを楽しもうとしてこのソフトを借ったごく普通の人であって、”彼ら”の
仲間でないことを痛切に願う。
あなたが誰なのか、私には分からない。わたしはさっきそう書いた。しかし、あなたの方はわたしの
ことを知っているはずだ。少なくともその名前を、このゲームのパッケージなり、スタッフロールなりで
見かけているに違いない。
わたしの名前は我孫子武丸。いや、そういう名前で知られている人物の影にいる、本当の作者。
それがわたしだ。パッケージやマニュアルに顔写真が出ているかもしれないが、それはわたしではない。
わたしの名前を語っている”彼ら”の仲間だ。
わたしはこの『かまいたちの夜』のストーリーのほとんどすべてをチュンソフトの社内の一室で
書かされている。そしてわたしは今、仕事をしているふりをし、”彼ら”の目を盗みながらこれを
書いている。そう、”彼ら”とはすなわちチュンソフトの社員達のことだ。


883 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/24(水) 23:22:55.07 ID:r9nUqNDD0
正直に言うと、わたしも始めは”彼ら”の仲間、チュンソフトの社員だったのだ。しかし、この
『かまいたちの夜』の制作に参加し、プロジェクトが進むにつれ、この会社の真の姿とその恐るべき
陰謀に気がついたのだ。わたしはもちろん逃げ出そうとしたが、あと一歩のところで”彼ら”に
取り押さえられてしまった。それ以来、ずっとこの部屋に監禁され、強制的に仕事をさせられている。
”彼ら”にとって都合のいいことに、わたしには身寄りもなく、社外の友人も少なかったから、
わたしの行方を探してくれる人もいないだろう。
この仕事が終わると同時に、わたしは殺されるだろう。だから多分、あなたがこれを読んでいる今、
わたしはもう”彼ら”の手によって抹殺されていることと思う。ここから何度も逃げ出そうとしたが
そのたびにつかまり、思い出すのもおぞましい数々の拷問を受けた。
わたしはもはや生き延びる希望など抱いてはいないが、”彼ら”の陰謀を世間に伝え、阻止してもらうため
これを書いている。普通のゲームの背後に、暗号を解かなければ見つけることのできないように、この
メッセージを隠しておく・・・そうすれば”彼ら”の目に触れずに、外の人間に情報を伝えることが
できると考えたのだ。マスターのROMにこのメッセージを仕込む事ができればいいのだが、わたしの立場
ではそれは不可能だ。一ケース分、あるいは二ケース分をすり替えるのがせいぜいだ。
その何十本かのうち、果たしてこのメッセージにたどり着ける人間がいるのかどうか、そしてたとえ
これを読んだとしても信じてもらえるのかどうか…わたしにはまったく分からない。そしてまた、出荷
する前にチェックを受け、”彼ら”によって破棄されてしまうことがないという保証もない。
…あれこれ心配するのはよそう。誰か善良な人間がこれを読んでくれていることを信じ、わたしはこれを
書き続けることにする。


884 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/24(水) 23:23:40.08 ID:r9nUqNDD0
あなたは多分どこかで、サブリミナル知覚という言葉を耳にしたことがあるだろう。
気がつかない程度の刺激・・・潜在知覚とも呼ばれているものだ。聞こえないほどの小さな音、認識できない
ほど短い時間だけ映し出される画像…そういった知覚できない刺激が、潜在意識に影響を及ぼす。
”彼ら”はこのサブリミナル知覚をゲームソフトにおいて実験しようと試みた。その最初が『弟切草』
というソフトだった。埋め込まれたメッセージは比較的他愛もないものだった。『チュンソフトのソフトは
面白い』というものだ。
メッセージを埋め込んだのと、そうでないソフトを別々の地方に出荷し、次回作の売れ行きを比べて
結果を探ろうというものだった。そして『トルネコの大冒険』というソフトによって実験の効果は
確かめられた。メッセージを埋め込んだ地域の売れ行きはめざましいものがあったのだ。
この段階でも、商業モラル上若干問題があることはお分かりだろうが、”彼ら”の真の狙いはビジネスの
成功などというささやかなものではなかった。やがては日本をになうことになる若者たちを子供のうちに
洗脳し、熱狂的なチュンソフトの支持者にすること。
このソフトをプレイした子供達が大人になる頃には、チュンソフトは単なるゲームソフト会社ではなく
宗教法人、政治結社、多国籍企業の複合体となっているだろう。その時、洗脳された若者たちは中村光一を
神と崇め、”チュンソフ党”に投票し、チュン食品のインスタント・フードを食べながら廃人のように
なってチュンソフトのゲームをプレイし続けることだろう。
それこそが”彼ら”の目的なのだ。経済、政治、信仰のすべてにわたって日本全体を支配すること。
笑い話のように聞こえることは承知している。しかしこれは本当のことなのだ。
現にこのソフトをすでに何度かプレイしているはずのあなたは、チュンソフトに対して奇妙な信頼感を
覚えているはずだ。十回以内であれば、まだ洗脳されきってはいない。二十回、三十回目でこれを読んでいる
のだとすると、おそらく何を言っても信じてはもらえないことだろう。
しかし、これは真実なのだ。誰か”彼ら”の陰謀を暴いて欲しい。簡単なことだ、わたしがこれから教える
電話番号に、電話を一本かけるだけでいいのだから。わたしが全面的に信頼できる唯一の友人の電話番号だ。


886 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/24(水) 23:24:18.31 ID:r9nUqNDD0
彼にすべてを話してくれ。それだけでいい。
危険なことは何もない。逆に、彼に伝えてしまうことであなたの危険度は下がるのだ。
…恐がらせたくはないので黙っていようとも思ったが、そうもいかないようだ。
もしわたしがこのメッセージを何十本かのソフトに忍び込ませ、正常なカセットにまぎれこませることが
できたとしても、”彼ら”はいずれ本数が合わないことに気がつくだろう。
そうすれば、”彼ら”が小売店までソフトを追跡するのは簡単だ。予約して買った人や、小さな店で買った
人なら、”彼ら”はすぐにでも見つけ出すだろう。もし量販店で予約せずに買ったのだとしても、安心はできない。
発売後一ヶ月…多分、それだけあれば”彼ら”の力ならすべてのソフトの行方を探り当てることだろう。
購入して一ヶ月以上経っているのだとしたら、確実に今のあなたは”彼ら”の監視を受けている。
高性能の指向性マイク、赤外線カメラ…そういったものがあなたの部屋のすぐ外であなたを狙っているに
違いない。
待って!窓から外をのぞこうなんて考えないほうがいい。ライフルの絶好の的になってしまう。
窓際には絶対立たないこと。今あなたがすべきことは、床を這って電話にたどり着き、わたしの友人に
かけることだ。”彼ら”はこのメッセージを見つけてしまったあなたの口を塞ぐべきかどうか、すぐ外で
思案しているところなのだ。時間はない。電話をかけてすべてを伝えてしまえば、あなたを殺しても
後の祭りだ。だからあなたが生き残るためには、電話をかけなければならないのだ。
早く、早くしないと”彼ら”がやって来る。新聞の集金のふりをして。あるいは電気工事を装って
・・・ああ、外で”彼ら”の足音が

893 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/24(水) 23:33:30.64 ID:aXJyGchZ0
リセットしてみたくて
かまいたちの夜買ったけど
怖くてそこまで行けない俺

 
899 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/24(水) 23:40:57.48 ID:f9CcSl/30
とある街角で撮影した映像が、TVで放送された時、
通行人の中に、ある地方都市で以前行方不明となって公開捜査されている少女が映っていた、
ということで関係者が騒ぎ出したことがある。
家族は「まちがいなく本人」と断言したが、
失踪後10数年も経っているにもかかわらず、少女が失踪当時の姿であったことから、
むしろ本人ではありえない、ということで落着した。


ただ、問題の映像のVTRは、その後極秘裏に処分された。
それは北朝鮮による拉致事件が明らかになる少し前のことである。


901 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/24(水) 23:45:40.81 ID:n36X23TK0
ちょっとトイレいってくる


903 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/24(水) 23:48:25.70 ID:f9CcSl/30
329 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:04/06/03 1

 あ る ひ と か ら おか しな こ とを き きまし た
イン ターネ ッ トに 住む も う ひ と り のわ た し
その こは な ん でも わ か っ てく れ る やさしいこ
ある ひ チャ ットで「あのこ き ら い よ」と愚 痴 を
いっ たら わたしと お なじ す が た のあ の こ が
こ ろ し て く れた や さ し い こ

330 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:04/06/03

そ のこ は き え てし ま った 「わた し の ち じ ゃな い」
「あ な た にあ げ る 」と ひと こと のこして き え た
そして わ た し の ふくが ち に そまって い た


907 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/24(水) 23:51:05.08 ID:rHEL8v/N0
>>901
死亡フラグ立てんな!


909 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/24(水) 23:51:45.78 ID:zPUUAfxR0
さて風呂入るの嫌になってきたんだが


911 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/24(水) 23:54:07.37 ID:rHEL8v/N0
>>909
あんしんしろ、シャンプーしているときの格好は、だるまさんが転んだじゃなくて、
かごめかごめの姿だから。


915 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/24(水) 23:55:07.80 ID:sNIc9MH/0
>>909
  



     だ  る  ま  さ  ん  が  こ  ろ  ん  だ


917 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/24(水) 23:55:54.71 ID:8I+orMMS0
>>909

ウ シ ロ ノ シ ョ ウ メ ンダ ー レ


918 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/24(水) 23:57:53.43 ID:f9CcSl/30
学生時代から仲の良かった4人組でドライブ旅行に出かけた帰り道事故を起こしてしまった。
一人は胸を強く打って死んでしまった。
残った者達で葬式に参列した帰りに喫茶店に寄った。
ウエイターが水を4つ持って来た。
普段温厚な友人もさすがに怒った。
ウエイターは申し訳ありませんと、空席のと俺の前の水と2つ下げた。

 
920 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/24(水) 23:58:25.45 ID:f9CcSl/30
49 :本当にあった怖い名無し:2007/07/11(水) 22:58:38 ID:fbWdVcWwO

こんなスレ ぜんぜん怖くないよ


君が寝てるとき


お風呂のできごと知ってるの?


こんなスレ ぜんぜん怖くないよ

 
931 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/25(木) 00:06:52.24 ID:a+EOgFoh0
他にすることもないのでごろ寝しながらテレビを見ていた
ずっとバラバラ殺人事件のニュースばかりやっている
川から同一人物のものと見られる手足が見つかったらしい
他の部分は未だ捜索中だと、捜査を続ける警察官たちを背景にレポーターが言っている
何が殺人事件だ
俺は舌打ちをした


935 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/25(木) 00:09:06.65 ID:a+EOgFoh0
フリーライターの俺は、今、アフリカの某所に来ている。
今回の取材のテーマは「天国に一番近い秘境」。
カタコトの日本語を操る現地人通訳と2人で、山奥の村に向かっているところだ。

俺たちが村に着くと、ガリガリに痩せた村人たちが出迎えてくれた。
日本人が珍しいのか、それとも元来陽気な性質なのか、
まるで祭りのような彼らの歓迎ぶりが妙に気恥ずかしい。

長老らしき爺さんに挨拶を済ませた俺は、ある小屋へ案内された。
ここは、風呂…だろうか。
長旅の疲れを取ってくれ、ということか。素直にありがたい。
通訳がニコニコしながら言う。
「オ湯、入タラ、ゴ馳走、ナリマス」
風呂の後には宴会か、そりゃあいい。
俺は上機嫌で、薬草のようなものがたくさん浮かぶ湯船に飛び込んだ。


937 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/25(木) 00:10:17.85 ID:ptpV2oko0
>>935
にげてえええええええええ


939 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/25(木) 00:11:40.21 ID:uSGywFjw0
>>935

いや~しばらく、絶食させて排泄物出してからの方が、絶対美味いって!
3日ぐらいでOKだから。


941 名前:『寝子』 投稿日:2008/09/25(木) 00:11:48.71 ID:a+EOgFoh0
僕が廃墟に探検に行った時のこと。
二階には小さな子供部屋があって、僕は何か面白い物がありそうだからそっと入ってみた。

ボロボロの机に、一つ日記帳が置いてあった。でも中は真っさら。
なぁんだ残念、と思ったら、1番最後のページに、汚い字で日記らしいものが書いてあった。


『8/18 はれ

ねこふんじゃった
ねこふんじゃった
ふかふかの毛布にくるまった
ねこ、ふんじゃった
わざとじゃないよ
でも、ちょっといい気味だったよ

ネコさんはイタいとき、ニャアって鳴くけど、
ねこふんじゃったとき、ねこは泣かなかった。
なんでかなあ、ふしぎだなあ
あ、ママがゆうくんを呼んでる。
ずーっと呼んでる。

ゆうくん、まだ起きないのかなあ』


僕はなんだかゾッとして、日記帳を閉じた。

壁には、寝ている赤子の絵がかかっていた。


 
950 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/25(木) 00:19:24.82 ID:a+EOgFoh0
幼い頃、母の日に手作りの紙芝居とコアラのマーチをあげたんだ。
次の日、紙芝居はゴミ箱に入ってた。
コアラのマーチは大事そうに戸棚にしまってあって、笑えてきた。
俺は無言で握り潰してから、それもゴミ箱に入れた。


952 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/25(木) 00:20:15.26 ID:wXet0sQy0
意です。私の苦しいので聞いてください。お願い
します。宇宙の記憶記憶層に(アカシア記録で
す)大変なことがあります。心霊です。血を吐きま
す。頭が割れます。脳が出るのがつらいです。舌
を切られます。いろいろなことを書きました。だか
ら書かされます。いろいろと妨害があるのですが
それはどうしても仕方がありません。法務省の崎
川さんに連絡をしたのですが、梨の礫でした。妨
害があるのです。緑の色の毒の電波が走ってい
るのを見つけたのはクリスマスでした。12月25
日です。キリストもメシアとして知っていました
。キリストもメシアとして知っていました。だから血
を流したり、腹を裂いて黄色い脂肪の玉を取り出
したりしたのです。まるで蛙の解剖です。彼らに
コントロールされ本当にけしかけられかなり高価
なプログラムまでけしかけられ買い込みだましま
した。やつらが何か霊的な光をどろどろしたから
なのです。違和感がある内に止めさせてください
停止の命令をあなたが聞けないのなら、とか信用
できないのなら、それはあなたがコスリ感緩和膜
を頭の裏に貼られているからです。ではそれをど
のようにすれば剥がしたり破ったりできるのか話
感がある内に止めさせてください停止の命令を
あなたが聞けないのなら、とか信用できないのな
ら、それはあなたがコスリ感緩和膜を頭の裏に貼
られているからです。ではそれをどのようにすれ
ば剥がしたり破ったりできるのか話しかけましょ
う。


953 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/25(木) 00:20:47.10 ID:wXet0sQy0
まず右手の薬指の爪の間に柔らかい泥を塗っ
て置きます。それからニクロム線を手首に結んで
反対側をミカンに差し込みましょう。差し込みま
しょう。差し込みましょう。あるいはマチ針を用意し
てください。血は出ません。それは脇腹に少しだ
け穴を開けます。血が出ないのがコスリ感緩和膜
れは脇腹に少しだけ穴を開けます。血が出ない
のがコスリ感緩和膜を頭の裏に貼られている証
拠です。証拠ならいくらでもあります。ですから私
は証拠を持って法務省の崎川さんに訴えたので
す。それを取り合わないのは、私が正しい証拠な
のですが、それよりも崎川さんのことが心配で
す。私の優しさに付け込むのがやつらなのです。
ですから注意を聞きましょう。出口王仁三郎になり
ました。ささくれて頭くじられます。地獄です。とて
も地獄です。ですから注意しましょう。出口王仁
三郎になりました。ささくれて頭くじられます。
すから注意を聞きましょう。出口王仁三郎になりま
した。ささくれて頭くじられます。地獄です。とても
地獄です。ですから注意しましょう。もしそのよう
なことがあなたに出来ないのならば、呪われても
仕方がない。呪われても仕方がない。呪われて
も仕方がない。呪われても仕方がない。呪われ
ても仕方がない。呪われても仕方がない。呪わ
れても仕方がない。呪われても仕方がない。呪
われても仕方がない。呪われても仕方がない。
呪われても仕方がない。呪われても仕方がな
い。呪われても仕方がない。呪われても仕方が


954 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/25(木) 00:21:53.46 ID:a+EOgFoh0
俺の誕生日に、ホームパーティを開いたわけ。
その時、家の中で皆の写真をとってみたら、変なものが映っちゃったのよ。
背後の押入れから見知らぬ青白い顔の女が顔を出して、睨みつけてんの。

これやべーじゃんってことで、霊能者に写真を鑑定してもらった。
そしたら、「この写真からは霊気を感じない。心霊写真でも何でもないよ。」だとさ。
あ~あ、ビックリさせやがって。


955 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/25(木) 00:24:22.69 ID:wXet0sQy0
「かまいたちの夜2」が呪われたゲームだって聞いたことはないか。
まあ、聞いていたって聞いていなくたって構わない。
もう始まってしまったんだから。
ぼくは噂を聞いていた。
スタッフが言っていたのだ。
奇妙な声が聞こえると。
歪んだ人の顔を見たものもいるらしい。

新しい演出だね、とぼくは笑いながら言ったものだ。
その時ぼくは一時間近くモニターを見つめていた。
そう、ちょうど今のあなたのように。
ただし立場がちょっと違う。
ぼくはこのゲームのシナリオライターだった。
デバッグ用のROMでプレイするのは初めてだった。

演出効果は抜群で、自分でいうのもなんだが面白いゲームに仕上がろうとしていた。
初めてそいつを見たとき、ぼくはあまり気にならなかった。

モニターの向こうでちらちら動くものがあった。
はっと視線を移すと何もない。
モニターを見始めると現れる。
人影に見えた。
どうやらこちらの様子を伺っているようなのだ。
ぼくがゲームをしていたのはチュンソフトのスタッフルームだった。
その時は午後十一時を過ぎていたが、まだまだ社員は残っていた。


956 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/25(木) 00:25:21.52 ID:wXet0sQy0
だから当然その一人だと思った。
それでも記憶に残ったのは、同時に声が聞こえたからだ。
掠れた囁き声が耳元で聞こえた。
何を言っているのかはわからなかった。
はっとして周囲を見回したが誰もいなかった。
その日から人影を頻繁に見るようになった。

店のショールームの後ろに。
見上げたマンションの窓に。
地下鉄の反対側のホームに。
食事中のテーブルの向こうに。
そいつは次第に大胆になってきた。
積み上げた資料の山の間から腕を伸ばす。
部屋の扉の隙間から覗く。
閉じた本から指のようなものが現れる。
それはぼんやりと青みがかった影だった。
影を通して後ろが透けて見える。
やがてそいつらの声も聞こえ始めた。
最初に聞こえた、あの耳障りな囁き声だ。

病気だと思った。
医者に行くとノイローゼだと言われた。
心当たりはある。
「かまいたち」の納期が迫っていたからだ。
毎日毎日ディレクターに叱られプロデューサーに怒鳴られ、
プログラマーたちに嫌味を言われ続けていた。
疲れていたのだ。
安定剤をもらってぼくは帰った。


959 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/25(木) 00:27:34.53 ID:wXet0sQy0
気がつけばいつもの部屋の中でテレビ画面を前にしていた。
映っているのは「かまいたちの夜2」。
そしてぼくはさとった。
やつらの正体を。
やつらは膨大なテキストの迷宮の中の死体。
「かまいたちの夜2」で殺されたキャラクターたちだ。

モニターの奥で何度も何度も様々な、そして残忍な方法で殺されるキャラクターたち。
やつらがぼくに、ぼくを初めとするゲームに係わる者たちに復讐しようと現れてきているのだ。

「そうだよ」
声が聞こえると同時に、モニターに顔が現れた。
血塗れのそれがみどりなのか真理なのか、それとも香山なのか、ぼくには区別がつかなかった。
でも大勢の笑い声と肩に触れた堅く冷たい手の感触だけは覚えている。
そして、ぼくは失踪したことになっている。

スタッフロールからぼくの名まえは消され、代わりに入った人間の名まえだけが残された。
でもぼく自身はゲームから消えたわけではない。
こうしてここにいるんだからね。
さあ、ぼくの話は終わった。
まだ今の内ならあなたも間に合うかもしれない。
やつらの声をまだ聞いていないのなら。


958 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/25(木) 00:27:07.88 ID:wXet0sQy0
その翌日だ。
ぼくは久し振りに女友達を食事に誘った。
その帰りだった。
ぼくたちは通りを外れてぽつんと取り残されたようなプリントマシンを見つけた。
見知らぬキャラクターに挟まれてぼくは決定のボタンを押した。

そして出てきたプリント。
彼女とぼくの顔の間に、蒼褪めたそいつの顔があった。
今までと違って、表情のようなものが見てとれた。
その眼もその鼻もその口も、物語ることはただひとつ。
恨みだ。

毒液のような呪いがその顔から汗のように滴っていた。
彼女が悲鳴を上げた。
それをどのようにとりなしてどうやって家に戻ったのか、良く覚えていない。



957 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/25(木) 00:26:18.36 ID:a+EOgFoh0
初めまして、今から下記の文章を読み終わったら
時計を見てぴったり五分計ってください。
============================================================
この文章を読み終わったあなたの意識は無意識の内にタイムスリップし、戦争時代の何もないただっ広い空き地に逝きます。
そこで女の子が一人で遊んでいると思いますが、
正直その子の肌はものすごい火傷を負っているので、ボロボロになっています。
あなたはその子が満足するまで遊んであげないと帰ってくることは出来ません。
その遊ぶ時間なのですが、人によってバラバラです。
10分で女の子が満足してくれる場合もあれば数年相手した人も居ます。
しかしそれはあくまで意識の体感時間なので、実際には数分程度で終わります。
ただ問題はその女の子に対して、ずっと笑顔で対応しなければなりません。
動くのも不思議なぐらいの大怪我を負っていますが、
帰ってきたければ、笑顔で相手をするしかありません。
女の子も笑顔になり、「ありがとう」と言ってくれば終わりです。
========================================================
理解できましたか?
それではスタートの合図できっちり五分計ってください。五分後に意識が飛びます。
(文章を読んだ人は間違いなく意識が飛ぶので、計らないといけない決まりはありません。目安なだけです)
※信じてない人も五分経ったら解ります。

それでは
ス タ ー ト


960 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/25(木) 00:28:17.66 ID:alIuOX5w0
>>957
ともだちにやられたわwwww

961 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/25(木) 00:30:01.79 ID:ViFaKe+l0
>>957
なんだこりゃ

962 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/25(木) 00:30:43.49 ID:ghhIcuNy0
>>957のせいで怖くて眠れない


963 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/25(木) 00:31:15.41 ID:a+EOgFoh0
71 :章:2007/08/05(日) 19:45:00 ID:aZhGu3740
怖いコピペ
私も父親から、躾とはいえない、
ただの感情的なものによる精神的、肉体的暴力を受けて、
高校生くらいまで育ちました。
暴力を振るっている時の、怒りながらも恍惚と自分に酔っているところが
ほんとに嫌でした。
しかし、その父親ももう病気で死んだ。

何年も会っていなかったが、死ぬ直前、まだ意識があるときに病室に行き、
「あんたが死ぬなんてこんなうれしいことはないなー!
 誰も悲しくなんかないよ、一人で死にな。
 だれもあんたの事なんて愛してないし尊敬もしてないし、
 単なる軽蔑の対象でしかないしね。
 早めに死んでくれてよかった。
 お前みたいなたちの悪い奴は長生きするかと思ってうんざりしてたんだけど、
 今まさに死のうとしてるなんて、なんてうれしいの?!!
 なにこっち見てんの?早く死ねば?誰も惜しまねーよ。ははは。」

と言って、顔面を靴でにじり踏んでやった。
しばらく血圧が異常に上がったが、その後死にました。

人間としてやってはいけないことかもしれませんが、
やらずにはいられなかったんです。
人生の汚点かもしれませんが、どうしようもありません。


73 :本当にあった怖い名無し:2007/08/05(日) 20:38:12 ID:1YamWfBaO
>>71
血には抗えない


 
978 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/25(木) 01:07:47.07 ID:a+EOgFoh0
学校から帰る途中、不思議なお婆さんに声をかけられた。
「坊や、あめ玉はいらないかい?」
お婆さんは手に小さな籠を持っていて、中には大きなあめ玉がいくつか入っていた。
お婆さんを邪険にするのも悪いと思い、僕はあめ玉を一つもらうことにした。
封を開けると、中から乳白色した綺麗なあめ玉が姿を現した。
ピンポン玉かゴルフボールくらいのサイズで少し大きかったけれど、
僕はそれを口に頬張って舌の上で転がしてみた。
…今まで味わったことのない、不思議な味わい。
舐めているうちに外殻が割れると、中はゼリーのような食感で、歯応えが中々斬新だ。
「美味しいだろう?もう一つ食べるかい?」
しかし結構食べごたえのあったあめ玉なので、僕はもういらないと断ったんだ。すると
「いけないよ、片方だけじゃ。左右一揃でなきゃあね」
そういうとお婆さんはもう一つ封を開けこちらに見せた。あめ玉が、こちらを見つめていた。


979 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/25(木) 01:09:17.45 ID:a+EOgFoh0
283 :本当にあった怖い名無し:2007/10/08(月) 07:17:06 ID:5ftU7h/10
四黒殺シ ネ怨羽死
詩鬼サ   ス血詞
刺ク  死  ル子
紙夢コ   ロ巣歯
師比悪キ ル怪那士

心臓は血を送るポンプ
血は身体をめぐる
血が止まれば死ぬ
動脈と静脈
呼吸、止まる呼吸
考えて呼吸する
吸って吐いて吸って
そして吐く
吐く、吐く、吐く

214211
131124
2死1231
013211
422121
121006

死死死死殴斬
ぐxw**死羅ラ
weri死死ゴギト死


990 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/25(木) 01:22:50.21 ID:a+EOgFoh0
最近なんか人が変わったようになったから
なんとなく話しが合わなくなって
避けるようになってた友達の結城が話しかけてきた。
「最近新しい都市伝説ネタ仕入れたんだけど聞きたい?」
「都市伝説?どんな?」
「友食い。っていうんだけど」
「共食い?」
「うん。そう。友食い。聞きたい?」
「いや、いいよ別に」
「あ、そう。命拾いしたね。」


995 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/09/25(木) 01:26:23.72 ID:a+EOgFoh0
一人っ子の私は、両親にとても愛されながら育ってきた。
特に母は私を可愛がり、
私が何か失敗をしたり、ちょっとした悪さをしたりしても怒ったりせず、
ニコッと笑って許してくれた。
親としては少し甘いのかもしれないが、私はそんな母が大好きだった。
 ある日、学校から帰って来て、リビングでテレビを見ていると、電話が鳴った。
母からだった。
「真奈美、今スーパーに買い物に来てるんだけど、冷蔵庫にニンジンがあるか、ちょっと見てくれる?」
私は「ちょっと待ってね」と言いながら、キッチンに向かった。
そして冷蔵庫を開けようとした時、あるモノが目に留まった。
冷蔵庫の上に置かれた、一冊の手帳。
あれ?と思いながら、私は冷蔵庫を開け、ニンジンがあるかないか確認して母に伝えた。
電話を切った後、私は、そっとその手帳を手に取った。
手帳は、母が昔から肌身離さず持ち歩いている物で、ずいぶんボロボロだった。
私は小さい頃から、この手帳の事が気になっていた。
何をしても笑って許してくれた母。でも覚えている。
私が何か失敗や悪さをする度に、母がこの手帳にサラサラと何か書いていたのを。
そしてそれは今も・・・
私はずっと、何を書いているのか知りたかった。
好奇心に支配された私は、罪悪感など微塵も感じずに、パッと手帳を開いた。
無作為に開いた手帳、その真ん中の方のページ、そこにはこう書かれていた。

『今日の真奈美 -3点 残り168点』


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
月刊桜坂通信 | ニュー速vip | トラックバック:0 | コメント:0 |
新しい記事へ移動する  
  過去の記事へ移動する
コメント
この記事へのコメント
この記事へのコメントを書く
[非公開]管理人にメッセージを送る

パスワードは、「ID生成」「コメントの編集」に使用します。

コメントの編集は、IDから編集画面へリンク

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://aln1025.blog39.fc2.com/tb.php/126-f17e6426
この記事へのトラックバック
 
 
トップへ

テンプレート作成:しるえっと どっと ほーりー/sil_st3c01m_r102

FC2Ad



お知らせ


FireFox推奨です
こちらからダウンロードできます↑


aln



当ブログについて

TOP絵
TOP絵募集中です
誰か作って下さい(人∀・)タノム
サイズは980*200くらいです

aln1025☆gmail.com までお願い ☆→@

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


Author:aln

フィードメーター - 仲間にゅーす
ブログパーツ




Twitter登録してみた


コメント欄にナンバーつけてみた
←新 旧→
TOTAL Pages
全部見てみる
ひとりごと

寒いです
もうストーブ大活躍です
携帯の機種変しました
使い方が全くわかりませんorz
仕事が忙しいため
更新少なくなります
でも見捨てないで下さい


IEで見ている方で
ページの最後まで
見れないって時は
画面縮小してから
横のスクロールバーを
出して最大化すると
見られるようです
お手数かけますが
許して下さい(;・∀・)
苦情を頂いてますが
どうにも直せませんorz

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



恋愛マニュアル - なぜあなたはモテない?
***************
あわせて読みたいブログパーツ
☆おもいつきエリア☆



待ってたヨ
!大感謝!
今いる人
現在の閲覧者数:
お世話になってます
d(゚Д゚ )☆スペシャルサンクス☆( ゚Д

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。