アクセスランキング

              笑う門には福が来る・・・らしいよ

  ヘッドライン!! ━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━ !!  

☆お気に入り新着記事☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

Powered by Ayapon RSS! オススメ プログラマー ペットフード


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
月刊桜坂通信 | スポンサー広告 |
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/10/25(土) 22:47:10.79 ID:r1Cnbl0m0


してくれ


4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/10/25(土) 22:49:06.15 ID:AKFRK1pJ0

明日は月曜だってのにのん気なもんだな


5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/10/25(土) 22:54:11.69 ID:r1Cnbl0m0

>>4

日曜です


7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/10/25(土) 23:04:58.84 ID:3fEKxMCS0

せきとくしゃみとしゃっくりが同時にでると死ぬ


10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/10/25(土) 23:20:55.64 ID:r1Cnbl0m0

誰かかけよwwwww


11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/10/25(土) 23:21:40.20 ID:F3nPL1l00


他のスレにも書いたけど

カラスの死体が街中で見つからないのは夜な夜なケンタッキーが回収してるから


172 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/10/26(日) 11:51:24.39 ID:Ne/Hlo74O


>>11
そう言えば見た事ないな・・・・

さすがにKFCは無いだろうけど


173 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/10/26(日) 11:58:00.04 ID:jaIjuLWh0


>>172 実物は読んだこと無いけど、30年以上前の本で既に「異次元カラス」として問題提議されてたそうだよ。

実態はこの辺らしい
ttp://oshiete1.goo.ne.jp/qa1701135.html


14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/10/25(土) 23:37:17.73 ID:yO9dP4oH0

今日もまた上司に怒鳴られた。OL仲間の間でもかなり評判が悪いハゲだ。
「私のストーカーの犯人はあのハゲだったりして…。」そんなことを考えつつ帰宅した。
家といっても、たった二部屋しかないボロアパート。リビング+キッチンと寝室だけ。
窓もリビングにしかない。安いから良いけど。

玄関の鍵を開けて部屋にはいると、びっくりした。リビングにあったタンスが荒らされていた。
そういや、朝食を食べに出た時に鍵をかけ忘れて、そのまま出勤したんだ……
くそっ!窓は全部鍵が掛かってるから、玄関から入られたんだろう。あー気持ち悪い。むかつく。死んで欲しいと思う。
もう今日は疲れた。晩ご飯はいいや。警察には明日届けを出そう…

私は玄関の鍵が閉まってるのを確認し、寝室に向かった。


16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/10/25(土) 23:40:14.14 ID:r1Cnbl0m0

>>14
初めて見たwwwwwww
ワカンネwwwwwwwwどういう事?


17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/10/25(土) 23:41:55.23 ID:uh07BHRv0

ヒント:鍵


19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/10/25(土) 23:45:54.26 ID:yO9dP4oH0

女学生「めっちゃ怖い話し聞いた」
その他「何?」
女学生「一人暮らしのうちのおばあちゃんに電話がかかてってきて
    出てみたら『お母さん?俺やけど・・・・』って言って
    おばあちゃんが『ヨシカズか?』って聞いたら『うん』って・・・
    ・・・・でもな・・・・ヨシカズおじさんって去年、交通事故で死んでるねん」
その他「えぇ~!!怖いーーー!!!それで?」
女学生「『・・・俺、事故起こして・・・・』って言うから、おばあちゃん泣いてしもて
     『もう、事故の事は気にせんでいいから、成仏して・・・・』言ったんやて」
その他「うっわー、怖い~」
     「せつないーーー」
     「ほんまにあるんやなぁー、そんな話」


28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/10/25(土) 23:55:28.92 ID:TcA+SfFK0

今から21年前の話である。
当時、私は小学五年生だった。
隣のクラスにはいわゆる「知的障害者」の「*川」君という子が在籍していた。
親御さんが「健常な子供と一緒にどうしても教育を受けさせたい」と無理を言って「特殊学級」入学を拒否したため、
学校側は仕方なく「通常クラス」に編入させていた。
この子はあまり目立った問題行動は起こさなかったのだが、ただひとつだけ問題があった。
何故か「丸八真綿」のCMのまねが大好きで、突発的にところかまわず始めてしまうのであった。
「ま~るはっちん。チャランチャランチャチャチャ、チャランチャランチャチャチャ、まるはち~ん。まるはち~ん。」
と歌いながらクネクネと踊りだしてしまうのだ。
当時、このCMは高見山関(現 東関親方)が出演している事で有名だった。
クラスの連中は「いつもの事」と相手にしておらず、隣のクラスにいた私は「異常な雰囲気」をいつも感じ取っていた。
秋になって学芸会の季節となった。今までは「*川」君は蚊帳の外だったのであるが、
親御さんが「息子も学芸会に参加させて欲しい」と校長に直談判し、学校側はしぶしぶ「*川」君の参加を認める事となった。

・・・・さて、頭の痛いのは担任教師である。「どんな役をやらせたらよいものだろうか・・・?」
この時、当時のクラスの三悪である「*田」、「*合」、「*西」らはわるだくみを考えていた。
「あいつのおかげでクラス中迷惑してるしなぁ・・・・いっちょ、*川のクソババァに恥かかせてやろうか?」と「*田」。
「おもしろい。やろうぜ。で、どうするんだ?」と残りの二人。
「こんなの。どうだ?」
・・・・出し物は浦島太郎。「*川」君は乙姫様の「巫女」役で、舞台の上であの「まるはっちん」踊りを躍らせて、
親御さんに恥をかかせようとするものであった。
更に「こんな奴がいて、クラス中迷惑している」事を他の親御さんにアピールする事も実行する事となった。
もちろん、担任教師の知らぬ所でこの計画は秘密裏に進められた。
クラスの誰も、この計画に反対する者はいなかった。
隣のクラスの友達(四年生の頃、同じクラスだった)が、
「今度の学芸会では面白い事が起こるぜ」とニヤニヤしながら私に言った事はいまだに記憶に残っている。

が・・・・この企みが後に世にもおぞましく、後味の悪い事件の起こる原因になろうという事はこの三人にも予想がつかなかった。

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/10/25(土) 23:56:00.55 ID:TcA+SfFK0

学芸会 当日。
体育館で、各クラスが演劇などを発表してゆく・・・・
演目「浦島太郎」は順調に進み、ついに「巫女」の登場となった。
「鯛」役の「*合」が「*川」君に言った。
「さぁ。巫女よ。客人に踊りを差し上げなさい。」と言い放つと、
舞台上の全員が、「踊りを。さぁ!踊りを!」と叫ぶ・・・・
「平目」役の「*西」が「*川」君に耳打ちした。
「*川、まるはっちん、まるはっちん、まるはっちん、まるはっちん、まるはっちん・・・・」
それに刺激され、ついに「*川」君は「まるはっちん」踊りを始めた。
「ま~るはっちん。チャランチャランチャチャチャ、チャランチャランチャチャチャ、まるはち~ん。まるはち~ん。」
「ま~るはっちん。チャランチャランチャチャチャ、チャランチャランチャチャチャ、まるはち~ん。まるはち~ん。」
「ま~るはっちん。チャランチャランチャチャチャ、チャランチャランチャチャチャ、まるはち~ん。まるはち~ん。」
「ま~るはっちん。チャランチャランチャチャチャ、チャランチャランチャチャチャ、まるはち~ん。まるはち~ん。」
狂った様に「*川」君は踊り続けた・・・・・・いつまでも、いつまでも・・・・
ざわめく観客・・・・絶句する「*川」君のお母さん・・・・・
そして、「計画通り」に「*田」がキレた。

「ふざけんじゃねぇぞ!!何がおもしれえんだ!!バカヤロウ!!!」とうそ泣きしながら、衣装を破り捨て、体育館から走り去っていった。
狂った様に踊り続ける「*川」君を「*合」と「*西」は押さえつけ、舞台のそでへ消えてゆく・・・・・
当然、学芸会は「これにておじゃん」となった・・・
「*川」君のお母さんはただ呆然としていた。が、周囲の者達の「反感の目」が自分に集中していた事に気づき、逃げる様に体育館から去っていった。


32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/10/25(土) 23:56:31.27 ID:TcA+SfFK0


担任教師は激怒し、誰がこんな事を計画したのか、クラス全員に問い詰めた・・・・「*田」を除いては。
が、誰もこの計画が「*田」らによって計画された事を決して語らなかった。
一方、「*川」君の両親はすごい剣幕で学校側に抗議した。
「何故、息子にこんなまねをさせたんですかっ!!!!お前らそれでも、教育者か!!!」
この言葉に校長がついにキレた。
「あんた方が無理言って、通常学級に編入させていたから、こうなったんじゃないんですか???」
「何もこちらはこれ以上無理をして、*川君を受け入れるつもりはない。
これ以上、文句・騒ぎを起こすなら、特集養護学校へ転入してもらうしかない!!!」
「正直、これ以上は迷惑だ!!!!」と凄まじく一喝。
実際、これだけの事を校長が言えたのは、「これまでの実績」と
「今回の一件で反感をもったPTA関係者のバックアップ」があったためと後に判った。
・・・・・つまり、皆、「厄介者払い」に奔った訳である。
「*川」君の両親ははらわたの煮えくり返る思いを耐えつつ、
帰っていった・・・・・この時、お母さんはひどくうなだれていたという。

その後、「*川」君とお母さんは行方不明となった。
そして更に二週間後、二人は「焼死体」として、警察に発見される事となった・・・・・・
そう、旧阿部倉トンネル跡で・・・・・・遺体は相当の程度で炭化していたそうである。
結局、母親の「歯型」から身元が断定された。
遺書は見つからなかったが、覚悟の無理心中と思われた。
「お母さんが「*川」君の頸静脈を鋭利な刃物切り裂き、絶命させた後、ガソリンをかぶって火をつけた」という事らしい・・・・・・
この後、小学校で「*川」君の話題がのぼる事は無くなった。
学校側はほとんど何の対応もしなかった様である。全校集会は開かれなかった事は記憶している。
ただ、「今後の法的・マスコミ対応のため」なのか、
遺体の身元が判った翌日、「終日自習」になった事を覚えている。
「*川」君のお父さんは狂った様に校長・担任教師に詰寄ったそうである。
「*枝も*之もお前らとお前らのクラスが殺したんだ!!!返せ!*枝と息子を返せ」と泣き崩れた・・・・

そして、十数年の時が流れた・・・・・・

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/10/25(土) 23:57:08.62 ID:TcA+SfFK0


「*田」、「*合」、「*西」の三人は大学生になっていた。
ある夏の日、彼らは偶然にも再会した。
久しぶりに再開した三人は、酒を飲み、その勢いで「肝試し」する事となった。
その場所は・・・・・そう、旧阿部倉トンネル跡・・・・彼らは「昔の事件」を忘れていたのだ。
深夜、トンネル跡についた三人は懐中電灯を片手にトンネル内に入っていった・・・・・・・・・

「あ・・・・・・そういえば・・・・」と*合。
「何だよ。*合。」と残りの二人。
「いや・・・・さ、ここって、*川とそのおっかさんが自殺した場所じゃなかったっけ・・・・・」
「!」「?」
「おい、何が言いたいんだよ。」と*田
「まさか、未だに恨んでいて、幽霊になってそこら辺彷徨い歩っていたりして・・・・」と*西
「いやな事、思い出させるなよ!!」と*田
「罪悪感はあるわけだ・・・・・そりゃあ、そうだろなぁ・・・・」と*合
「ま~るはっちん。チャランチャランチャチャチャ、チャランチャランチャチャチャ、まるはち~ん。まるはち~ん。」と歌いだす*西。
「やめろよ!!いいかげんにせい!!」怒鳴る*田。
「冗談冗談、気にすんなよ。」と*西。
「んな事、ある訳無いじゃねーかよ。本気にするなよ~♪」と*合。


34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/10/25(土) 23:57:39.55 ID:TcA+SfFK0


・・・・と、その時、かすかに声が聞こえてきた・・・・・・
「・・・・・・る・・・・は・・・ちん・・・・ま・・・・は・・・・・ちん・・・・」
「!」「!」「!」
「おい、やめろって言ってんのがわなんねーのかよ!!お前ら!!」と*田が怒鳴った。
「俺たち・・・・・何にもしゃべってねーぞ。」
「?だって聞こえてきたぞ。かすかだが。ま・・・は・・・ちんって」と*田は訝しげに話した。
「お前冗談にならねーぞ。神経質になりすぎじゃねーのか?」と残りの二人が返す。
が、その時・・・・・確かに・・・・聞こえてきたのである・・・・・あの声が・・・・
「ま・・・・・る・・・・はっ・・・・ちん・・・・ま・・・・る・・・・はっ・・・・ちん・・・・」
「?」「!」「!」
「おい、もう帰ろうぜ。気持ちわりーよ。」と*西が言い出した。
その間も不気味で弱弱しい声は聞こえ続けていた・・・・・・・・・
「俺たちの後ろから聞こえてこないか・・・・この声・・・・」と*合が言った。
「まさか・・・・・そんな・・・・」
三人はいっせいにトンネル出口へ走り出した!
が、声は小さくなるどころかどんどん大きくはっきりしたものに変わっていった・・・・・
「ま・・・・・る・・・・はっち・・・・ん、ちゃ・・・らん、ちゃ・・・ちゃ・・・ちゃらん・・・・」
「まるはっちん・・・・まるはっちん・・・・チャラン・・・・チャラン・・・チャチャチャ・・・・チャランチャラン・・・・チャチャチャ・・・・」
「まるはっちん~まるはっちん~・・・・・チャランチャランチャチャチャ・・・・・・チャランチャランチャチャチャ・・・・」
「まるはっち~ん、まるはっち~ん、まるはっち~ん」

「おい!俺たちの後を追いかけてくるぞ!!」
「もっと速く走るぞ!!」
彼らは更に走る速度を上げた。
「ま~るはっちん!チャランチャランチャチャチャ、チャランチャランチャチャチャ・・・まるはっち~ん、まるはっち~ん♪」
「ま~るはっちん!チャランチャランチャチャチャ、チャランチャランチャチャチャ・・・まるはっち~ん、まるはっち~ん♪」
「ま~るはっちん!チャランチャランチャチャチャ、チャランチャランチャチャチャ・・・まるはっち~ん、まるはっち~ん♪」

声はますます大きくなってゆく・・・・・・

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/10/25(土) 23:58:10.26 ID:TcA+SfFK0


もうすぐ出口だ!!」
「よっしゃあああああ!!!」

「逃げないで・・・・逃げないで・・・・どうして逃げるの・・・・逃げるな・・・逃げるな・・・・逃げるな・・・逃げるな・・・」
「ま~るはっちん!チャランチャランチャチャチャ、チャランチャランチャチャチャ・・・まるはっち~ん、まるはっち~ん♪」
「ま~るはっちん!チャランチャランチャチャチャ、チャランチャランチャチャチャ・・・まるはっち~ん、まるはっち~ん♪」
「ま~るはっちん!チャランチャランチャチャチャ、チャランチャランチャチャチャ・・・まるはっち~ん、まるはっち~ん♪」
「逃げるな、逃げるな、逃げるな、逃げるな、逃げるな、逃げるな、逃げるな、逃げるなぁぁぁぁ・・・・」

「逃げるなぁぁぁぁ!!!!てめえらぁぁぁぁ!!!!」と耳をつんざく怒号がトンネル内に響き渡った・・・・

三人が肝をつぶして振り返ると・・・・・十m程後ろにボォッと光っている人の姿が見えた・・・・・
が・・・・・首が無かった・・・・・

「うわわわわわわっ!!!!」三人が逃げ出そうとした、その時、
ボォッと光っている人の手がすごい勢いで伸び、*田の肩をつかんだ。
後ろに引きずられてゆく*田。
「た、た、助けてくれぇぇぇぇ!!!!」
が、残りの二人はすでにトンネルの外へ走っていった後だった・・・・

*田の叫び声を聞いた二人が振り返ると・・・・・・
*田がトンネルの中へ引きずられてゆくのが見えた・・・・・
*西が懐中電灯の明かりをトンネルに向けようとすると、明かりがフッと消えてしまった。
そして、二人は見た・・・・・
ボォッと光っている人の手が*田の肩をつかんでいるのを・・・・
その「光っている人」の左手には何かがぶる下がっていた・・・・・
「う、う、う、うぎゃああああああああ!!!」二人は腰を抜かした。
人の生首だった・・・・・目と口をカッと開き、二人を見据えていた・・・・紛れも無く、*川の顔だった・・・・


36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/10/25(土) 23:58:49.78 ID:TcA+SfFK0


二人は放心状態になった。
トンネル内からは*田の叫び声と共に、
「ま~るはっちん!チャランチャランチャチャチャ、チャランチャランチャチャチャ・・・まるはっち~ん、まるはっち~ん♪」
「ま~るはっちん!チャランチャランチャチャチャ、チャランチャランチャチャチャ・・・まるはっち~ん、まるはっち~ん♪」
・・・と声が聞こえていた・・・・
「許してくれ、許してくれぇぇぇぇぇ!!!*川ぁぁぁぁ・・・・・・!!!!俺が悪かったぁぁぁぁ!!!」
「やめろぉ!やめろぉ!やめろぉ!やめろぉ!やめろぉ!やめろぉ!ギャアアアアアアアァァァァ!!!!」

それきり、声はピタッとやんだ・・・・・
しばらくして、放心状態になった*田がフラフラとトンネルから出てきた・・・・・・失禁していた・・・・・・
結局、彼らはふらふらになりながらも、*田の家に行った。このトンネルから一番近い場所だったからである。
「あら、ずいぶん久しぶりねぇ。*合くん、*西くん。」
「どうもご無沙汰しております。お姉さん。」疲労困憊ながらも二人は愛想笑いしながら答えた。
「俺、水飲んでくる・・・先上がっていてくれ。」と*田は台所へ向かった。

二人は、2階へと上がっていった・・・・

さて、*田の部屋で、
「おい、あの時、どうしてたんだ?*田?」
「どうしたも何も無いって。あの気味の悪い化け物が俺を捕まえて・・・・トンネルに引きずり込んで・・・」
「で?」
「俺の周りをぐるぐる回りながら、まるはっちん、まるはっちん、まるはっちん・・・とか言って消えた・・・」
「いやぁ・・・えらいもん見ちまった・・・しばらく夢に見るなぁ・・・」
「お前ら、俺を見捨てただろ??」
「しょうがねーだろ。あの状況じゃあ。」
「まぁ、何とか逃げられたんだから。まぁ、よしとしようや。」


38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/10/25(土) 23:59:31.23 ID:TcA+SfFK0

・・・・・と、その時、*田が言った。
「逃げられた?・・・逃げられる訳無いじゃん・・・・そりゃ無理だよ・・・」
「?」「?」
「何言ってるんだよ?*田~♪」
「・・・・・だって、だって、ボクハココニイルンダモン!!!」
と、向けた顔は*田の顔ではなかった・・・・・*川の顔だった・・・・トンネルで見たのと同じ・・・・
「ギャアアアアアアアアアアアアッッッッッ!!!!」

階下のお姉さん、
「上が騒がしいわねぇ・・・・全くもぉ・・・・」
彼女は2階へと上がっていった・・・・・・・・・・
*田の大きな声が聞こえてきた・・・・歌っているようだ。
「?????」
「ま~るはっちん!チャランチャランチャチャチャ、チャランチャランチャチャチャ・・・まるはっち~ん、まるはっち~ん♪」
「ま~るはっちん!チャランチャランチャチャチャ、チャランチャランチャチャチャ・・・まるはっち~ん、まるはっち~ん♪」
「ま~るはっちん!チャランチャランチャチャチャ、チャランチャランチャチャチャ・・・まるはっち~ん、まるはっち~ん♪」

「ちょっとぉ、うるさいわよぅ。もう少し静かになさいよ。深夜なんだから。」と部屋の扉を上げて・・・・・
彼女はその光景に凍りついた・・・・・部屋の中は血まみれだった・・・・
血まみれになった*田が部屋の中で踊っていた・・・・・・
床には首を切られて血まみれになって死んでいる*西と*合が転がっていた・・・・
*田は彼女のほうへ振り返ると、
「ジャジャンジャジャジャン!!!マルハッチ!!!」と叫ぶや否や、
持っていた包丁で自分の首を切り裂いた。
・・・・・飛び散る血・・・・・大量の返り血を浴びた彼女・・・・・・・
「ギャアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!」

彼女は未だに「精神病院」から戻っていない・・・・・・



40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/10/26(日) 00:01:02.07 ID:qKdJ+pE60

「…あ、久しぶり」

「あん?…お、お前か、久々!!元気にしてたか?」
「うん。 こっちに帰ってきてたんだ。あ、ねぇ、ちょっとこのカバン運ぶの手伝ってよ。」
「久々に会っていきなりかよ…とっ、重いなこれ」
「女には重たいのよ、ホラお願い!!」
「ったく、こんなん旦那にやらせろよな。よっと…、どこまでだよ?」
「二つも大丈夫?」
「まぁ、久々に会った幼なじみだからな。サービスだよ。」
「ふふ、ありがと。駐車場まででいいから。ふぅ、重かった~」
「何処だよ、お前の駐車場って」
「小学校の裏側、すぐそこよ」
「あ~あそこか、昔よくあそこで遊んでたよな~。 車にイタズラとかしてな?」
「懐かしいよね、今じゃ私の車がイタズラされる側だよ~」
「はっは、因果応報ってワケだな。俺も気をつけるかな。」
「そうよ~、悪い事したら必ず後で何かあるんだから」
「だな。…しかしここらへん変わんねぇな~、なんか懐かしいや」
「帰ってくればいいのに」
「無理言うな。…お、ここだよここ。あれ?こんな狭かったっけこの駐車場」
「大人になったって事よ。ありがとね、助かっちゃった。」
「随分と重かったけど大丈夫か、お前?」
「うん。ただ捨てに行くだけだから大丈夫よ。」
「なんだ、手伝ってやろうか?どうせこっちじゃ暇だし。」
「平気。だって・・・」
「あん?今なんか言ったか?」
「ううん、ただの因果応報なのよ」



43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/10/26(日) 00:03:42.23 ID:7raLhzii0

良栄丸のは捏造だったんだな。ほんとにありそうで怖い話だが。
やりすぎコージーなんだが、芸人が話してる時に流れてるBGMいいな。


45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/10/26(日) 00:05:15.51 ID:v/+x6vTw0

となりには、知らないおじさんの死骸が転がっていた。傷だらけの。。。
駐在さんが驚いた様に近づいてきて、言ったよ。「君も心臓が止まってたん
で、死んでると思った。」僕は、「ここに家があったはずでしょ」って聞いた。
夜中までは、確かにあった。。駐在さんは、「あんたの家の隣のことだら。
むかしからここは空地だよ」って言ってる。。。さらに、駐在さんは、昨晩
のことを聞きたいから、病院で検査受けたら、事情聴取したいと言った。
止めてほしかったよ。混乱してるし、もう思い出したくなかった。でも、止
めるわけなかった。おじさんは他殺みたいで、おれは重要参考人。でも、お
れは、忘れなきゃいけないんだよ。だって、黒い女に言われたんだからな。
ばかだったよ。変な正義感で、スケベ心で、突撃して。あんな音ほっとけば
良かったのに、って。駐在さんを呼んだんだから、あとは任せておいても良
かってに、ってね。黒い女のことは取調べ中何があっても絶対口にしなかっ
た。結局、おれは、おじさんの死亡推定時刻にアリバイがあり、動機もない
ので、罪をかぶせられることはなかった。今でも俺は、空地の隣の、この家
にすんでる。


46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/10/26(日) 00:07:26.95 ID:zYaLPG8L0


花王ショックって2003年度花王は過去最高益を上げたんだんだけど、
その理由がTVCMを半減して浮いた予算を店頭販促にむけた事だった

以降他社もその戦略を追随してTVCM業界に大打撃を与えたって話でしょ?
(その影響でサラ金のCMが増えた)

にたような話にある自動車メーカーが新車が実験的に広告をTV使わないで
販促してもあまり販売台数が変らなかったって事件(マスコミにしてみれば大事件w)
もあったらしいですね。

キャノンも朝日にはCM出さない
トヨタは来年度から実行
松下は既に割合を削る
吉野家、なか卯、ファーストフード なども激減
今は、むしろCM出さない
100円ショップ、業務スーパー等は出さない

現在、盛んなのは、アルコール、化粧品、サラ金、パチンコ等
利益率の高いものに変化してきた

知名度のあるCM程危険であることが立証されてきた



51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/10/26(日) 00:09:04.29 ID:v/+x6vTw0

新潟の某大手メーカーの工場の従業員家族慰安会の営業に行った時、
楽屋にあてがわれた応接室からトイレに行こうとした。
応接室を出ると、廊下に係りの人が待機していて
「どうしましたか?」「ちょっとトイレに行きたいんですけど」
「それではご案内します」「え?トイレあそこでしょ?あそこにWCって書いてあるじゃない」
「いえ、向こうに新しいトイレがありますので」「いいですよあそこで。小便だし」
「それでは一緒について行きます」
Eさんが一人でトイレに入った瞬間、嫌な感じを覚えた。
うっすらホコリが積もり、普段使われている様子ではなかった。
4つある便器の一番手前で用を足していて、ふと見ると一番奥の便器で小便をしている
男がいた。足音も何もしなっかたのにと不審に思いながら手を洗い、鏡を見ると
誰もいない。「エッ?」と思って振り返ると男がまだ用を足している。
また鏡を見てみると、今度は男がはっきり映っていた。「何かいるッ」
気持ち悪くなったEさんは外に飛び出して、待っていた係員に「今誰か入りましたか?」
「いえ誰も入ってませんが...」「おかしいな...ちょっと中見てみてよ」
「誰もいませんよ」「いや、絶対いたから。鏡見てみてよ、映るかもしれないから」
「...Eさん、このトイレ鏡ありませんよ...」



52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/10/26(日) 00:10:21.08 ID:v/+x6vTw0


19歳の時、私の兄と兄の友人が海で波にさらわれて行方不明になったんですが…

その時、ニュースで実名で報道され、ニュースを見た私の友人も何人か心配して連絡をくれました。
その中に占いができる友人がいて、私は藁にも縋る思いで「兄は戻ってくるのかどうか占って欲しい」と頼んだところ
彼女は「ごめん。占えない。ホントゴメン」と言って切られてしまった。
翌日、彼女は家にやってきて私に夕べの非礼を詫び
「実は私は占いなんてまったくできない。
ただ、少し不思議な力があるらしく、人に見えないものが見える時がある。
貴方のお兄さんは既に亡くなっているのが見えた。
現在はここらへん(地図を指差す)にいるはず。
でも、見つかるのは明日の昼少し過ぎでここら辺で見つかるはず」と教えてくれた。
そして実際、兄は翌日の12時半過ぎ、船で兄を探していた親族が発見された。
ちょうど彼女が指差した位置だった。

そして一昨年、近所でひき逃げ事故があった。
小学二年生の子供が殺されたのだが、犯人は逃走してその位置に看板だけが立っていた。
ある日、その友人が遊びに来た時、隣の家の車を見て一瞬驚いた顔をし、
そのまま私を引っ張って「家にはいろ。急いで」と家に引きずり込んだ。
「どうしたの?」と聞くと「あの隣の人の車のタイヤに、小学生の低学年くらいの子供が血まみれでしがみついてる」と言った。
数日後、その隣の家の息子さんがひき逃げで逮捕された。

余談ですが(あんまり怖くないかもですが)
兄が海の事故で死ぬ前の年、兄と私は親戚の船に乗せてもらい釣りにでかけた。
しばらく釣りを楽しんでいたら、突然兄が「海の中に人がいる」と言い出した。
私が覗き込んでも何も見えない。
「どんなのが見えたの?」と聞くと「骸骨みたいな手が俺を引っ張ろうとしていた」と言った。
ビビった親戚はそのまま船を動かし逃げて帰った。
それが8月某日。
偶然かもしれないけど、兄が亡くなったのも翌年の8月某日。
その時一緒だった親戚は「あの時の手が○○(兄)を捕まえたんだ」と



63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/10/26(日) 00:21:20.73 ID:v/+x6vTw0

かつて、地方のとある旅館に泊まった家族の娘が、トイレで惨殺されるという事件があった。
事件現場は凄惨を極めた。全身は滅多刺しにされ、顔は個人の判別もできないほどに破壊されていた。
さらに異様な事に、遺体には舌がなかった。
警察はこのむごたらしい事件の捜査に全力をあげたが、少しも事件の真相究明に近づく気配がなかった。
それと言うのも、事件の現場が完全な密室だったためだ。トイレのドアは内側からカギがかけられていたのだが、
それ以外で外部とつながっているのは、顔を出すことも出来ないような小さな窓と通気口だけだったのだ。
解決のための糸口すらつかめず、関係者の間にあきらめのムードが漂い始めた頃、事件のあった旅館経営者の息子が両親に付き添われてやってきた。
息子はビクビクと、何かにひどくおびえた様子であった。しかし、明らかに何らかの重大な秘密をかかえているらしいことが見て取れた。
真犯人が自首してきたのかと、誰もが思った。しかし、息子も両親も、ほとんど口を開こうとはせず、1本のビデオテープを差し出すばかりだった。
どうやらそのテープに事件の真相が残されているらしく、彼らに逃亡しそうな様子もなかったので、とにかく捜査員達はそれを再生してみることにした。
その時息子が突然半狂乱になった。彼は明らかにそのテープにおびえているようで、捜査員達の間に緊張が走った。
そして、テープが再生された。この旅館の息子は盗撮の趣味があったらしく、そこには排尿中の被害者女性の姿が映されていた。
誰もが次に起こることを固唾を飲みながら見守っていたその時、例の小窓が開き、そこから身長20cmほどの老婆が現れた。
老婆は手にガラスの破片のようなものを持っていて、それを使って一瞬のうちに女性の喉を掻き切った。
その小さな老婆の凶行はなおも続けられ、あとにはあの日あのときの女性の惨殺死体が残されていた。
女性が息絶えた頃、老婆は切り取った舌を持ったままカメラの方を見て言った。
「次はお前だよ。」
 この不条理な凶行の模様を収録したビデオテープは、今も警視庁に保管されているのだと言う。



64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/10/26(日) 00:22:53.10 ID:v/+x6vTw0


 ある少女が、将来の結婚相手がわかると言う占いを実践してみることにした。
その占いとは、真夜中の十二時、口にかみそりをくわえ、水を張った洗面器の中を覗き込むと、そこに結婚相手の顔が映るというものだった。
 彼女は、話に聞いたとおり、洗面器に水を張り、手元にかみそりを置いて時間が来るのを待った。
 そして、真夜中の十二時がやってきた。彼女は、かみそりを口にくわえ、おそるおそる水鏡を覗き込んだ。
なんとそこには、確かに自分とは違う別の誰かの顔が浮かび上がってきている。
 驚いた少女は思わず叫び声をあげてしまった。と同時に、口にしていたかみそりが洗面器の中に落ちてしまった。
すると、洗面器に張った水が、一瞬のうちに血のように真っ赤な色に染まった。彼女は何がなんだかわからなくなり、頭から布団をかぶるり、がたがたと震えながら朝を迎えた
。朝になって洗面器の中を覗き込むと、普通の透明な水の底にかみそりが沈んでいるだけだった。
 それから数年後。彼女はある男性と付き合うようになった。話題が豊富で楽しく、性格も優しく、おまけに経済力もあった。
ひとつ、彼がいつも大きなマスクをしているところだけが気になったが、彼女はこの男性をどんどん好きになっていき、やがて結婚の約束をした。
 そうなると、再び例のマスクの下が気になってくる。生涯の伴侶となる人の事は、よく知っておかなければならない。
彼女は、その下に何があろうと自分の気持ちが変わらない自信があった。そんな彼女の気持ちに押され、男性もついに折れ、マスクを取って見せた。
 そこには、鋭利な刃物でざっくりと切りつけられたような、見るも無残な古い傷跡が残っていた。
「ひどい。一体どうしてそんな傷が。」
 彼女は悲鳴にも似た疑問を男性にぶつけた。すると男性が言った。
「お前にやられたんだよ。」



71 名前:ホルモン教徒 ◆JzY2mPLdjQ 投稿日:2008/10/26(日) 00:30:19.86 ID:aSI0TpSJO

昔、文化アパートの2階の階段上がってすぐの部屋に住んでた時だった

粗ゴミに出されてた美容院のマネキンの頭を持ち帰り深夜に玄関前にぶら下げ
朝刊配達が来るのを布団に潜り、待った
そして3時50分頃、階段を上る足音が…

すれからすぐに『うわああああああっ!!!』
と悲鳴が聞こえて来た

そしてすぐに配達員の『ええかげんにせえっ!!』
の怒声が聞こえてきた

その物々しさに寝ていた両親が起きて、親父が玄関に向かった…

そしてドアを開けた瞬間!『わあっ!生首いいいい』の悲鳴が

しかしすぐにマネキンとわかり、寝たふりしてた俺を起こしボコボコにした


72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/10/26(日) 00:30:54.77 ID:v/+x6vTw0


ある大学に通う男子学生には、最近気になってしょうがないことがあった。
深夜アルバイトから帰る道にあるアパートの窓から、星を眺めている少女
がいるのだ。

その少女は飽きることもなく、夜空に輝く星々を眺めていた。

最初はそれほど気に留めていなかった彼も、そんな日が何度も続き、自
分の心の中でどんどん少女の存在が大きくなっていくのを感じていた。

そしてある日、自分の中の思いに耐え切れなくなった彼は、アパートの少
女に告白を決意する。

胸を弾ませながら階段を上り、とうとう少女の部屋の前までやってきた。

インターフォンを鳴らすが返事がない。留守かな…と思い、ドアノブを回す
と抵抗なくドアが開いた。

そこで彼は全てを悟ってしまった。

自分が心を寄せていたのは、窓際で首を吊っている少女だったのだ。




78 名前:ホルモン教徒 ◆JzY2mPLdjQ 投稿日:2008/10/26(日) 00:36:50.13 ID:aSI0TpSJO

昔、田中いうおっさんと草刈りに行った時や!!
わしが、今まさに刈ろうとしたところに蜂の巣ありおる!!
即行わしは別のヶ所に移ったった。

田中あほや!!わしの挙動になんの疑いもなく蜂の巣の方向へ刈り進んどる!!
わしが『田中はん蜂の巣あるから気ぃつけ~』わめいて注意を促しとるのに
『よっしゃ~!!』言いいながら、ま~~だ蜂の巣へ向かって刈り進んどる!!
次、田中の方見たら田中、蜂に刺されて指をチューチュー吸うとる!!
即行、田中
目茶苦茶怒って歯剥き出しの凄まじい表情で
竹ぼうきで蜂を惨殺しとる!!
それから田中、蜂の巣から幼虫取り出してムシャムシャ食べながら、わしに『食うか~~!!』わめいとる!!
めちゃくちゃ凶暴や!!
幼虫であろうが容赦しおらんぞこいつは!!


79 名前:ホルモン教徒 ◆JzY2mPLdjQ 投稿日:2008/10/26(日) 00:38:27.97 ID:aSI0TpSJO


昔、働いてた会社の山崎言うおっさんあほや!!

現場から左腕パンパンに腫らして会社に帰って来とる!!
山崎、事務所で歯剥き出しの凄まじい形相で
『誰じゃ~!!ダッシュボードに蜂の巣ほり込んだ奴は~』わめいとる!!

発作か~!!
数日前に、田中言うおっさんが捕った蜂の幼虫を
ダッシュボードに入れたまま忘れとる!!

後日、山崎がそのトラックに乗って産廃処分場でダッシュボードから車検証出す時に
成虫になった蜂数匹に刺されとる!!
爆笑じゃ~!!

なお、山崎の腕はそれからも腫れ上がり
翌日、会社に来て腫れた腕を散々見せびらかせて
仕事休んどる!!
いちいち会社に来んでええんじゃ~!!


85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/10/26(日) 00:52:46.89 ID:R4vtlLpfO

ニューヨークの地下鉄を私はよく利用する。
毎朝通勤の度に地下鉄構内で何やらぶつぶつ言ってる一人のホームレスの男がいた。
男の近くの壁に寄り掛かり内容を盗み聞きした。
目の前をおばさんが通る。すると男は
「豚」
と呟いた。
私は思った。なんだただの悪口か、動物に例えているだけか…。
次に普通のビジネスマンが通る。すると男は
「人」
あぁ、まさに普遍的人間って感じの人だな…。
別の日、暇潰しにまた盗み聞きしてみる。
男の目の前をやつれた男が通る。すると男は
「牛」
と呟いた。
牛?どちらかと言うと痩せた鳥だが…?
次に典型的な肥満の男が通る、すると男は
「野菜」
と呟いた。
野菜?豚の間違いだろ?

私は家に帰り考えた。
もしや、次に生まれ変わる生き物、すなわち転生を言い当てるのか!?
その後、何度もホームレスを観察しているうちに疑問も確信に変わった。
ある日思い切ってホームレスに疑問をぶつけ、能力を身につける方法を教えてくれと懇願した。
ホームレスは淀んだ目で私を見つめた後、私の頭に手をかざした。
次の日からホームレスはいなくなった。仙人だったのだろうか?はたまた神か?私は能力を身につけた。
それは期待するものとは違っていた。
ただ単に、その人が直前に食べたものだった
私はあまりのくだらなさに笑ってしまった。



89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/10/26(日) 00:56:33.83 ID:qKdJ+pE60

私が住んでいるアパートには全部で6人の住人がいます。
1階の一番端っこのお部屋に住んでるお兄さんは、私の隣のお部屋に住んでいるお姉さんの事が好きみたい。
でも、お兄さんが真っ赤な顔でお姉さんを見ていても、お姉さんはまるでしらんかおで鍵を掛けてしまいます。毎日。毎日。がちゃんと鍵をかけてしまいます。
お兄さんの首にかかっているマフラーはとても素敵なのに。

昔は、おにいさんはよく一緒にお医者さんごっこをして遊んでくれたのだけれど、今は遊んでくれなくなってしまいました。
おねえさんが前に、「あんな小さい子と遊んでるの?」って話してたからです。
少し寂しいけれどわたしは我慢しておねえさんとの恋を応援しようと思いました。
お姉さんはお兄さんがあげたおそろいのマフラーをしているから、本当はお兄さんの事好きなんですよね。

2階の真ん中に住んでいるお爺さんとお婆さんは、もうずいぶん耳が遠くなってしまったみたいです。
「おじいちゃん」
昔みたいに私が呼んでも、ぜんぜん気づいてくれません。
ふたりはたまにお庭にでて日向ぼっこをして居ます。もうずーっとそうしています。
わたしが子供のころからおじいさんもおばあさんも、おじいさんとおばあさんでした。
きっとこれからもずっとそうなのだと思います。

1階に住んでいる大家さんはとってもいじわるです。
私が少し汚れた格好をしていると、すぐに私に水をかけて洗います。
冬はとてもみずが冷たいのに、ごしごし、ごしごしあらいます。ざらざらのスポンジは痛くて痛くて、私が「やめて」と言っても聞いてくれません。
お兄さんがわたしをここに置き去りにしてからずっといじわるです。
昔は優しいお母さんだったのに。

1階の方でドアの開く音がしました



99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/10/26(日) 01:06:40.05 ID:vpAQDKDp0

さっきdat落ちしたスレから転載


ある日一人暮らしの友人からメールがきた。
36,37
件名もなくいつもの悪戯と思い返信しないでいた。
すると2日後にその友人からまた似たようなメールがきた。
40。444
あまりにもふざけたメールに俺は
変なメール送ってくるなよ、明日はクラス会だからちゃんと来いよ
そう返して就寝した。
翌日、友人はクラス会に来なかった。
それから一週間して友人が部屋で死んでいるのがわかった。どうやら殺されたらしい。
クラス会のあった夜、友人からきたメールをもう一度見直した。
56、990,-。
俺は気づいてしまった


スマナイ誰かこの謎を解いてくれ
俺にはムリだorz


110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/10/26(日) 01:15:17.33 ID:qKdJ+pE60

「先日○○の建設現場で発見された右腕に続き、○○河川敷で左足が発見されました。
DNA鑑定の結果、同一人物の体の一部とみられ、
警察はバラバラ殺人事件として、捜査本部を設置しました。」

「バラ・・・バラ・・・殺人じゃ・・・ねえよ・・・」


112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/10/26(日) 01:19:47.18 ID:n/3I4jOxO

ごめん足だけじゃなかった。
足と腕。まだ生きてるんだよね?


114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/10/26(日) 01:30:52.38 ID:iTOXqvP5O

人体錬成に失敗したのか


118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/10/26(日) 01:36:15.09 ID:qKdJ+pE60

昔、公園で友達らとかくれんぼをした
かなり広い公園なので隠れる場所はいくつもあったが、問題は鬼になった場合
ただでさえ広くて探すのが大変なのに、友達は4人共隠れるのが上手いので、絶対に鬼になりたくなかった

「みんなどこに隠れたんだろ?」

「さあ。みんな隠れるの上手いからなあ」

「でもター君は体が大きいから、ショウ君達より先に見つかっちゃうかもね」

僕達はしばらく息を殺してそこに隠れていた

どれくらいたった頃だろうか
ケンちゃんが(トイレ行ってくる)と小さな声で僕に言ってきた
僕は見つかるからと止めたが、我慢できなかったのか、ケンちゃんは下へ降りていってしまった
その時、

「みーつけた」

という声が聞こえた
どうやらケンちゃんが鬼に見つかってしまったらしい

その日から、鬼はケンちゃんの両親になった


120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/10/26(日) 01:38:42.32 ID:7N+3ZwJyO
>>118
ごめんわからん


121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/10/26(日) 01:39:17.20 ID:U+z8QKdY0

行方不明ってことだろ


122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/10/26(日) 01:42:20.57 ID:7N+3ZwJyO

なるほど、ケンちゃんは危ない奴にみつけられてしまったのか



134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/10/26(日) 02:23:21.79 ID:ZKOgVbCHO

4本指のキャラクターが出てくるアニメなどは日本では軒並み放送禁止になる。
マイナーな作品にはそれ程厳しい規制がかからないが有名な所で「ミ○キーマウス」や「ド○ゴンボール」等。
ド○ゴンボールに関しては原作に出ていたピッコロ似の4本指の雑魚キャラがアニメ版では5本指に改正して対応した模様。
障害者に対する措置と言われているがどうしてここまで厳しく自粛するようになったかは不明。


135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/10/26(日) 03:00:11.55 ID:Cc6XLASYO


……寒いよ



……寒いよ

149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/10/26(日) 04:58:04.35 ID:4c2GmWuQO

叔父と少年が別荘に行き得体の知れない奴を見てしまった
っていう話が怖がった…
絶対に目を合わせてはいけないらしく
気づかれたら何処までも追いかけてくるやつ


151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/10/26(日) 05:16:14.82 ID:AkL+AhoKO

登山が趣味の知人に聞いた話
12月に標高2000メートルの山に登り、御来光を拝もうと頂上近くの開けた場所にテントを張り、一夜を過した
夜中に小便をしようとテントから出て適当な場所で用を足していたら、遥か下の方で白い物がゆらゆら動いている
テントから双眼鏡を持ち出し覗くと、白いワンピースに赤いハイヒールの女が長い髪をふり乱して狂ったように踊っている
すぐさまテントに入って震えながら夜を明かしたそうだ
「重装備じゃなきゃ絶対来れない真冬の険しい山ですよ。生きた人間ではないですよねえ。」



152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/10/26(日) 05:22:11.52 ID:iKxZBT08O


いや待て、暑がりな女なのかもしれん
でもさすがにワンピ一枚じゃ寒くなってきたから動いて温めてたんじゃないか?
もしくは、冬は乾燥するから、感想肌がかゆくてもがいてたのかも
こう考えれば恐怖話もギャグに変わろう


153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/10/26(日) 05:24:58.46 ID:gvjbdug30


いや、霊だな
幽霊になったから寒さ感じなくなったからどれくらい寒くても行けるのか試してる内に山を登ってて
流石に寒かったから踊って体を温めたんだろう


157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/10/26(日) 05:35:56.11 ID:iKxZBT08O

いや待てよ、山道だし
ヒールでバランス崩してただけかも


159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/10/26(日) 05:41:10.41 ID:F6gYwDagO


いや問題はそこじゃないだろ
小便すぐできるような格好の知人も幽霊だってとこだろ


158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/10/26(日) 05:39:55.36 ID:cmz1N0geO


もうその話終われ


174 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/10/26(日) 11:59:07.69 ID:Ne/Hlo74O

山の測量って話が怖かったよ


175 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/10/26(日) 12:03:45.98 ID:P9Hfk/pqO


自己責任もよかった


177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/10/26(日) 12:08:36.79 ID:N4Q6KUeHO
>>174-175
それ呪い系じゃね?なんか起きた?


そういや猿夢を明晰夢で再現しようとしたらどうしてもできなかったらしい
体が拒否してたとか


39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/10/25(土) 23:59:52.28 ID:FrPVdjcfO


洒落怖まとめの「危険な好奇心」がブッチギリだろ
これ以上怖い話ねえよ

 ↑ゾッとするコピペ >>822から  

呪い系なら「おじゃま道草」が相当ヤバイらしいけど怖いから読まない
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
月刊桜坂通信 | ニュー速vip | トラックバック:0 | コメント:0 |
新しい記事へ移動する  
  過去の記事へ移動する
コメント
この記事へのコメント
この記事へのコメントを書く
[非公開]管理人にメッセージを送る

パスワードは、「ID生成」「コメントの編集」に使用します。

コメントの編集は、IDから編集画面へリンク

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://aln1025.blog39.fc2.com/tb.php/182-b404a61c
この記事へのトラックバック
 
 
トップへ

テンプレート作成:しるえっと どっと ほーりー/sil_st3c01m_r102

FC2Ad



お知らせ


FireFox推奨です
こちらからダウンロードできます↑


aln



当ブログについて

TOP絵
TOP絵募集中です
誰か作って下さい(人∀・)タノム
サイズは980*200くらいです

aln1025☆gmail.com までお願い ☆→@

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


Author:aln

フィードメーター - 仲間にゅーす
ブログパーツ




Twitter登録してみた


コメント欄にナンバーつけてみた
←新 旧→
TOTAL Pages
全部見てみる
ひとりごと

寒いです
もうストーブ大活躍です
携帯の機種変しました
使い方が全くわかりませんorz
仕事が忙しいため
更新少なくなります
でも見捨てないで下さい


IEで見ている方で
ページの最後まで
見れないって時は
画面縮小してから
横のスクロールバーを
出して最大化すると
見られるようです
お手数かけますが
許して下さい(;・∀・)
苦情を頂いてますが
どうにも直せませんorz

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



恋愛マニュアル - なぜあなたはモテない?
***************
あわせて読みたいブログパーツ
☆おもいつきエリア☆



待ってたヨ
!大感謝!
今いる人
現在の閲覧者数:
お世話になってます
d(゚Д゚ )☆スペシャルサンクス☆( ゚Д

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。