アクセスランキング

              笑う門には福が来る・・・らしいよ

  ヘッドライン!! ━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━ !!  

☆お気に入り新着記事☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

Powered by Ayapon RSS! オススメ プログラマー ペットフード


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
月刊桜坂通信 | スポンサー広告 |
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/10(月) 20:51:21.18 ID:8MNXWU8f0


幼稚園の年長の時百日咳にかかったんよ



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/10(月) 20:54:23.22 ID:8MNXWU8f0


入院生活にも慣れてきて付き添いの看護婦さんが
いなくても一人で寝られるくらいになった時のことよ


17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/10(月) 20:58:35.41 ID:8MNXWU8f0


ふと、トイレに行きたくなって目が覚めたわけよ。
ナースコールで看護婦さんについてきてもらおうかとも思ったけど
なんか恥ずかしいから勇気出して1人で行くことにしたのよ


24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/10(月) 21:04:33.14 ID:8MNXWU8f0


で、トイレに着いて小便しようと便器の前に立ったわけよ
そしたら、真夜中だっていうのに個室からカランカランとペーパーを
巻きとる音がするのよ。ちびるかと思ったよ。でも気になるじゃん?
だからノックしてみたのよ。これがバカだった


34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/10(月) 21:15:51.26 ID:8MNXWU8f0


なんか珍しい♂タイプのドアだったのよ
するとノックと同時にギギーと開いた。つまりドアには鍵が掛かっていない
ということよな。半開きになったくらいで恐ろしくなって逃げようと思った。
でもなぜかトイレ入り口のドアが開かないのよ マジで



44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/10(月) 21:23:16.50 ID:8MNXWU8f0


泣き叫んで大声出しても誰も来ねえの。看護婦さーんって断末魔のように
叫びまくったけど音沙汰なし。ドアを殴って蹴って爪立てても開かない。
入ってくるときはちょっと力を入れただけで開いたのに。
後ろに人の気配は感じないんだけど振り向く気にはなれなかった。
そしたら、深夜なのに誰かがうるさく廊下を歩いてくる音が聞こえたんだ。




48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/10(月) 21:36:52.49 ID:8MNXWU8f0


今考えれば、歩いてきたやつも最高に不気味だけどそんなこと考えてる余裕はなかった。
混乱して勝手に看護婦だと想像して「看護婦さん助けて!あけて!」ってドアをドンドン
叩いて叫んだ。足音はこっちに近づいてきているんだが、俺の声が聞こえないのか急ぐ様子も
戸惑う様子もなく、乱暴な足音を立てながら進んできた。そして、ドアの正面に立つか立たないか
位のところで、急に足音が消えた。ここで、初めてそっちにも恐怖を感じた。




52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/10(月) 21:44:56.04 ID:8MNXWU8f0



もう涙も枯れ果ててた。子どもながらにこんなに叫んで暴れても誰も来ないなんて
おかしいっていう事は分かっていた。俺が泣きやむと静寂。俺の嗚咽だけが響くの。
ダメもとでもう一回ドアに手をかけた。そしたら難なく開いた。今まで何だったの
みたいな感じで。助かった・・・。急いで逃げようと思って手に力を入れたその時、
向こう側からドアの取っ手がものすごい力で引かれて、バーン!!という音を立て
て閉まった。ドアに曇りガラスがあるんだけど、曇りじゃなくてリアルにものすごい顔した
女が映ってた。もうウンコ漏らしたよ。ていうか肛門とチンポにものすごい力入ってた。
ガマンしてたの一気に放出する時みたいに。怖い思いをするとマジで漏らすぞ。




55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/10(月) 21:48:45.23 ID:+yojXIiBO


入院控えてる僕ちゃんに嘘だとwwwうひう嘘だといってっッwwwwww



61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/10(月) 21:56:25.27 ID:8MNXWU8f0


もうどうしていいかわかんなくなった。外に出る唯一のドアの向こうには変な女が
いるわけで。もううずくまるしかなかった。ウンコ漏らしてたけど関係なかった。
そしたらよ、後ろで個室のドアがバタンバタンって勝手に開いたり閉まったりし始めた。
もう怖いってレベルじゃない。心臓止まるかと思った。女の事なんか忘れてドアに頭から
ダイブした。ドアは何事もなかったかのように開いて、俺は廊下に勢いよく落ちた。
もう「ああうあああああ!!!」みたいな感じで一番近い病室に飛び込んだ。
気づいた爺さんが看護婦さん呼んでくれた。

これが第一の恐怖体験。まだまだ退院できんかった



82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/10(月) 22:45:08.33 ID:8MNXWU8f0


結局その話は誰も信じてくれなかった。
次の日からもう夜が怖くて怖くてしょうがないわけよ。看護婦さんが廊下歩く
音にビビってナースコール連打したりとかしてた。そんなんだから同部屋の
ガキ達にもバカにされるようになった。で、同部屋にAっていう少年がいたんだ。
年は俺の2個上で小2。病名は忘れちったけど、元気に動くことが出来てたから
そんなに深刻なものじゃなかったんだと思う。



86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/10(月) 22:52:24.92 ID:8MNXWU8f0


Aとは結構仲が良かった。バカにされるようにはなったけど、イジメとかはなかった
からその後も普通に遊べてた。そのAが夜、俺にトイレに着いてきてとかバカなこと言うわけよ
当然俺は断ったよ。看護婦さんに着いてきてもらえって。何があっても絶対行かないと心に決めていた。
そしたら何かAは逆切れして一人でさっさとトイレに行っちまった。なんかケンカ別れみたいな感じになった
から特に気にも止めなかった。でもAが中々帰ってこない。たったの3分、4分かもしれないけど、小便って
行ってたし、ダッシュで行ったはずなのに帰ってくる足音すら聞こえない。



87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/10(月) 22:57:35.59 ID:8MNXWU8f0



でももちろん様子を見に行こうなんて考えはこれっぽっちもなかった。
時計の針がもう少し進んでも帰ってこなかったら看護婦さんを呼ぼう。そう思っていた。
時計を見てから5分たったけど、Aは帰ってこなかった。俺はナースコールを押し看護婦さんを
呼んだ。すぐに来てくれて、「探してくるから心配しなくていいよ」という事だった。
多分俺と看護婦さんの心配は全く別なものだったと思うけど。目が冴えてしまって寝ようとは
思わなかった。看護婦さんもなかなか戻ってこなかった。



93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/10(月) 23:04:50.89 ID:8MNXWU8f0


何か俺が心細くなった。ちょっと怖かったけど、ドラえもんの歌を歌いながら
ナースステーションまでダッシュした。馴染みの看護婦さんがいて、すごい安心した
のを覚えている。俺はAもさっきの看護婦さんも戻ってきていない事を話して、
一緒にいてほしいと頼んだ。そしたら、「え?○ちゃん(俺の事)ナースコール押したの?
看護婦さんずっとここにいたけど絶対鳴ってなかったよ」と言われた。
いや、押したし。現に看護婦さんも来てAを探しに行ってくれたし。何言ってんだと思った。




100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/10(月) 23:14:13.81 ID:8MNXWU8f0


「今日はお姉さんともう一人看護婦さんの二人でお仕事してるんだけど
 もう一人のお姉さんは、さっき違う部屋でナースコールがあったからそこに
 行っているの」いやいやいや、「絶対にきたよ!お話もしたし探しに行って
 くれたもん!」なんか俺が凄い必死だから看護婦さんも少し困惑してた。
 そしたら、「あら○ちゃんまた怖い夢見たの?」振り向くともう一人看護婦さん。
 こっちも顔なじみってか、このあいだのウンコ漏らした俺の処置をしてくれた
 人だった。




103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/10(月) 23:19:31.46 ID:8MNXWU8f0



そこからは大人の会話になってよく聞こえなかった。でも、「○ちゃん。看護婦さんは
違うお部屋のお爺さんをに呼ばれて行っていたの。こっちのお姉さんもずっとここにいた
からやっぱり間違いだよ」ありえない。夢な訳ない。俺ははっとして叫んだ。
「でもA君いないもん!夢じゃないもん!」看護婦さんの片方が俺の部屋に行った。そして
「本当にいないわ」「A君ずっと前にトイレに行って戻ってこない!夢じゃないよ!」
ここで俺は究極の選択を迫られる。




112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/10(月) 23:26:03.30 ID:8MNXWU8f0



 当然看護婦さんの片方が探しに行くことに。もちろん俺は残った看護婦さんと
 ナースステーションで待機しているつもりだった。ところが
「○ちゃん、もしお姉さん一人の時にナースステーションが鳴っちゃったら
 行かなくちゃいけないから、お部屋に戻って寝ていてね」ときた。
 何かこの状況で一人になるのが(部屋には寝てる他の子もいたが)嫌だった。
 大人と一緒にいたい。「一人はやだ!探しに行く方の看護婦さんに着いて行く」
 という最高の死亡フラグを口に出してしまっていた。




116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/10(月) 23:31:15.92 ID:8MNXWU8f0



看護婦さんの足に捕まりながら薄暗い廊下を歩く。さっき俺の部屋に来て、
Aを探しに行った謎の看護婦の事はすっかり忘れてしまっていた。そしたら
「○ちゃん、部屋にきた看護婦さんのお顔見た?」と聞かれた。
「暗くてよく分かんなかったけど、変な顔はしてなかったよ」その時は謎の
看護婦に状況を伝えるのに一杯一杯で顔なんかロクに見ていなかった。
俺の部屋から一番近い、当然Aが利用するであろうトイレの前に着く。
だが中の電気は消えていた。普通、夜でも危険がないように誰もいなくても
電気は点いているのだが。震えながら一応中を確認するがAはいなかった。




120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/10(月) 23:37:45.25 ID:8MNXWU8f0



看護婦さんは、トイレの他にも一つ一つの病室に入ってAを探していた。
だけど、Aはどこにもいなかった。夜に出歩けるフロアの3つのトイレを
探したが、見つからない。ナースステーションに戻ることになった。
「○ちゃん、もう寝ようか。Aちゃんはきっとかくれんぼしてるんだよ」
(そんなわけねえよ)っていうのは当然分かっていたけど、看護婦さんが
添い寝してくれるというので一旦俺の部屋に。そしたらAがベットに座っていた。




129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/10(月) 23:45:31.55 ID:8MNXWU8f0



「○!どこ行ってたんだよ。いないから心配したよ」こっちのセリフを見事に言われる。
 看護婦さんが「A君!どこに行ってたの!?○ちゃんとお姉さん探しに行ってたんだよ!」
「あそこのトイレ(最初の真っ暗なトイレ)に行ってた。」そんなはずはない。わざわざ
 電気をつけてくまなく調べたんだから。そしたらAが「トイレを出たら知らない看護婦さんがいて
 暗くて危ないから一緒に戻りましょうって。暗いの怖いから一緒に戻ってきた」




134 名前:◆Ty.qSaxmpg 投稿日:2008/11/10(月) 23:51:54.96 ID:8MNXWU8f0



看護婦さんが「とりあえず、A君見つかったからもう一人の看護婦さんに
お知らせしてくるね」と言い、部屋を出ていった。まだ足に捕まっていた俺は
何となく一緒について行った。「A君部屋に戻ってました!」「え?嘘?部屋に?」
看護婦さん2人の間に嫌な沈黙が流れた。俺が足を掴んでいた看護婦さんが
「○ちゃん、A君も見つかったからもう寝ようね」と言って部屋に連れて行ってくれた。
いい身分なもんで、Aはもう横になっていた。俺も、変だなあ?と思いつつ、安心感と
疲労感からかすぐに寝てしまった。


Aが行ったというトイレに行くには、必ずナースステーションの前を行き来するのだという
事実に気がついたのは、翌朝のことだった。



その2終了 落ちなし&遅くてサーセン 退院まであと2個あるんだが書いていい?




135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/10(月) 23:52:40.27 ID:USH+4Urj0



どんどん書けwwww




142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/10(月) 23:53:54.37 ID:xWsKZE3f0


いいよいいよ早く早く早く書け書け書け



148 名前:◆Ty.qSaxmpg 投稿日:2008/11/11(火) 00:01:33.66 ID:RvivSKnH0



Aの件でさらに病院が嫌になった。ナースステーションに残っていた看護婦さんが
どこかの部屋に呼ばれて、その間にということもないわけではないが、正直今思い出しても
あの反応からその線は薄いと思う。Aは気が付いていないみたいだったけど。
そんなこんなで俺は夜眠れなくなってしまった。看護婦さんが添い寝してくれるんだが、
すぐに目を覚まして隣にいないとわかるとナースコールを連打。ついに俺は年下にまで
バカにされるようになってしまった。病院の子どもたちの中にも、縦社会みたいなものがあった。
年齢は勿論、入院歴みたいな感じでリーダー的存在みたいな奴がいた。Yと呼ぶことにする。




155 名前:◆Ty.qSaxmpg 投稿日:2008/11/11(火) 00:06:53.66 ID:RvivSKnH0



Yはジャイアンみたいなタイプで正直ウザかった。部屋は違っていたからわざわざ
会いに行くという事はなかったけど、むこうがこっちの部屋に来てわがまま放題や
俺をバカにして帰るという事が多々あった。入院生活も長くなると正直昼の時間は
退屈になる。特に見舞いが来ていないと、看護婦さんに注意されながら遊びまわるという事は
日常茶飯事だった。ある日のこと、Yが「秘密の病院探検しないか?」ということを持ちかけてきた。
弱虫扱いの俺はメンバーに入っていなかったが、昼間だし、大勢の人たちの周りなら大丈夫かな?
と思い、参加をさせてもらった。




159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/11(火) 00:10:57.98 ID:+HXoSyZL0


創作だったとしてもこれは怖い




165 名前:◆Ty.qSaxmpg 投稿日:2008/11/11(火) 00:14:46.96 ID:RvivSKnH0



一気にゾロゾロと抜け出すとばれるので、いつものようにロビーにテレビを見に行く
振りをして、そして実際にテレビを見ている場面を看護婦さんに見てもらい(部屋にいなくても
怪しまれないように)こっそりと階段で抜け出した。といったって、正直面白い場所なんかない。
1階の外来なんか見飽きているし、他の階も俺たちがいる子どもフロア(子ども部屋が一気に並んでる)
がないだけで後は殆ど同じ。こうなると、主催者のYに不満が集まる。その空気を察したかどうかは知らんが
「屋上に行こうぜ!」というYの鶴の一声。そして俺たちは屋上へと向かった。




172 名前:◆Ty.qSaxmpg 投稿日:2008/11/11(火) 00:19:53.37 ID:RvivSKnH0



屋上にはシーツを干している看護婦さんがいるだけだった。俺たちを見つけると
当然のように部屋へ戻るように指示を促す。だがYは反抗した。すると一見優しそうに
見えた看護婦さんが怒り始めた。そしてYを叱り始めると
「あなたたちは早く子どもフロアに戻りなさい!」と、一括。
まあ正直屋上もつまらなかったし、Yざまあみろみたいな感じもあって、俺たちは
部屋へと戻った。Yがいないと看護婦さんが困惑していたのは夕飯の時だった。




181 名前:◆Ty.qSaxmpg 投稿日:2008/11/11(火) 00:27:12.56 ID:RvivSKnH0



一応3時のおやつに間に合う予定で帰ってきたから、夕飯の6時という時間を
見る限り異常という事は年長の俺でもすぐにわかった。だけど、勝手に抜け出した
何て言ったら怒られるし、みんなも黙っていたから俺も知らぬ存ぜぬで通した。
夕飯が終わるが、いよいよYは帰ってこない。普段なら退勤するからまたね!と誰かが
言いに来る時間だが、今日は空いている看護婦さんは皆Y探しをしているようだった。
さすがにまずいんじゃないか?という思いになる。ついにYと同部屋の奴が全てを
打ち明けた。




195 名前:◆Ty.qSaxmpg 投稿日:2008/11/11(火) 00:34:08.62 ID:RvivSKnH0



「嘘を言わないで。最後にY君とどこで別れたの?」予想外の返答だった。
俺たちは全員キョトンしてしまった。わざわざ打ち明けたのに嘘扱いなのだ。
「ホントだよ!○とAとYと・・・(その他省略)でみんなで探検に行って屋上で
 Yが看護婦さんに怒られて!俺たちはその看護婦さんに戻りなさいって言われた
 から先に戻ってきたんだよ」そしたら
「あのね、昔屋上から間違って落ちちゃった人がいてね。それからは院長先生が
 鍵をかけてしまって、特別な事がないと開かないの。今日も当然開いてないわ」




217 名前:◆Ty.qSaxmpg 投稿日:2008/11/11(火) 00:42:40.57 ID:RvivSKnH0



それは絶対に間違いだ。俺一人で行ったわけでもないし確信がある。
「絶対に開いてた!看護婦さんみんな集めてよ!顔見れば洗濯してた人分かる!」
なんかYどうこうより、信じてもらえないのが嫌だった。
「ホントなの?大体屋上鍵かかってるから洗濯なんてしないわよ」そういうと、
その看護婦さんはどこかに行った。恐らく確かめに行ったのであろう。階段を使ったのか、
息を切らしその看護婦さんは戻ってきた。そして「今行って確かめてきました。鍵はかかっていました」
「嘘じゃないよ!」俺たちは看護婦さんに懇願し、みんなで確かめに行くことを了承してもらった。
看護婦さんが嘘をつくとは思えないけれど、自分たちは確かにこの足で屋上に入ったのだから。




243 名前:◆Ty.qSaxmpg 投稿日:2008/11/11(火) 00:50:57.26 ID:RvivSKnH0


看護婦さんに連れられ、俺たちは屋上へと向かった。昼間は感じなかったが
屋上へと続く階段の独特の薄暗さが嫌だった。ドアの前に立つ以前に、開かない事は
明らかだった。ノブに針金みたいなやつがギチギチに巻いてあった。もう何を言っていいか分からず
「違うよこれ!さっき看護婦さんが巻いたんだ!」とか訳分かんない事を誰かが叫んでた。
俺は混乱すると同時に、Yはどうなってしまったのか考え本気で怖くなった。昼間はドアこそ同じだが
針金もどきなんて絶対になかった。どうすることもなく部屋に戻った。泣いている奴もいた。
ただ、俺たちが共謀してYを隠すなんてことするはずもないであろう。看護婦さんたちも困惑していた。




270 名前:◆Ty.qSaxmpg 投稿日:2008/11/11(火) 01:01:26.32 ID:RvivSKnH0



Yの両親が病院にきた。もちろん俺たちも質問されたけど誰も答えられない。
その時Aが「何となくだけど、この間トイレから送ってくれた看護婦さんと
今日洗濯してた看護婦さん似てた気がする」と言うのだ。あの時の事情を知らない
Yの両親(あの時の4人以外知っていたかどうかは不明)は、すぐに婦長さんを呼び
確認を取らせていた。Aは「顔はあんまり覚えてないんだけど、髪が長くて薄い青い
服着てた」と言った。俺がここの病院に来てから見た看護婦さんは皆、白の制服だった。
他の子にも確認をとるが、俺を含め、A以外が誰も覚えていない。かろうじて、
確かに髪は長かったかも・・・というくらいだった。不思議な事に薄い青のナース服なんて
着ていたら印象に残ると思ったが、それは今でも分からない。




284 名前:◆Ty.qSaxmpg 投稿日:2008/11/11(火) 01:10:06.20 ID:RvivSKnH0



結局その日の消灯時間になってもYは見つからなかった。
怖いからAと一緒に寝た。翌朝、いつもより大分早く、目を覚まして
しまった。トイレで起きたのではなく、周りが騒がしかったのだ。
そして何より驚いたのは、隣にAがいなかったことだ。俺はナースステーションへ
ダッシュした。するとそこにAとYがいた。Yは特に弱った様子もなく、いつものYだった。




297 名前:◆Ty.qSaxmpg 投稿日:2008/11/11(火) 01:15:38.70 ID:RvivSKnH0



当然何があったか聞きたかったが、Yは両親やら看護婦さんやらに囲まれていて
話せる状態じゃなかった。ひとまずAと一緒に部屋に戻った。その日の夕方、
俺とAはYの部屋に行き、あの後何があったのかを聞いた。Yによると、知らない
看護婦さんにいきなり自分だけ怒られて、また反抗してしまったという。
そして看護婦さんの手を振りほどくと、俺たちに追いつこうと屋上を後にしようとした
らしい。その時、後ろで看護婦さんが何か叫んでいたが、良く聞き取れなかったそうだ。




315 名前:◆Ty.qSaxmpg 投稿日:2008/11/11(火) 01:24:19.39 ID:RvivSKnH0



Yは屋上を出たらしい。だけど、そこには誰もいなかったと言っていた。
(この誰もっていうのが俺たちが誰もなのか、それとも人という存在がなかったのか
 今となっては分からんが)階段を降りようとしたら、いつの間にか真後ろにさっきの
 看護婦さんが立っていて、パジャマを掴まれたという。そして、また何か言っていたらしいが
 聞き取れなかったらしい。その看護婦が、Yに手を差し出したらしい。Yは、仲直りってことかな
 と思い、その手を握り返した。そしたら急に体が軽くなって、気がついたら屋上のドアの前に
 倒れていたという。Yは興奮して何度も同じことを繰り返していたからここは鮮明に覚えている。




322 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/11(火) 01:27:21.66 ID:RCkQ4xe5O


看護婦何者なんだよ…



331 名前:◆Ty.qSaxmpg 投稿日:2008/11/11(火) 01:30:45.38 ID:RvivSKnH0



Yは気味が悪くなって、そのままダッシュで近くのフロアに飛び込み、ここに
帰ってきたのだという。
Aが、「その看護婦さん服青かった?」と聞いたが「いや、真っ黒だった」とY。
看護婦さんは、Y以外の俺たちの話を信じてはくれなかった。
ただ、Yが一晩中姿を消していたことだけは、どうしても説明がつかない。
そしてこの話はタブーとなった。 今でも?だ



342 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/11(火) 01:35:39.65 ID:10K9EtW4O


なぜか真っ黒のナース服にとてつもない不気味感が…



343 名前:◆Ty.qSaxmpg 投稿日:2008/11/11(火) 01:36:04.32 ID:RvivSKnH0



付き合ってくれて ありがとさん。
も一個あるって言ったけど、タイプ遅くてイライラさせてるみたいだから
またにするわ。
ちなみにこの病院まだ存在するから関東エリアのやつ注意 ノ




345 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/11(火) 01:36:11.19 ID:cByYmIMYO


血が乾くと

黒 く な る

昔飛び降りた人がいてね…

いたいいたいいたいいたいいたいいたいいたいいたいいたい



351 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/11(火) 01:37:34.98 ID:QET9FMA6O


ここまで引っ張っといてまた今度だと!?



352 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/11(火) 01:37:47.76 ID:6bWmIyffO



あと一つが気になって眠れないじゃないか



359 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/11(火) 01:38:49.61 ID:/Jv9/FIwO


ちょ関東エリアとか広ォォォォ!!
せめて県名を!!



366 名前:     ◆Ty.qSaxmpg 投稿日:2008/11/11(火) 01:41:01.71 ID:RvivSKnH0


じゃあラス一だし書かせていただく。まったりと自分のペースで



368 名前:     以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/11(火) 01:41:36.35 ID:Z2JQKMae0


あーあ……部屋に集まってきちゃったよ。
どうしてくれんだよバカ



389 名前:◆Ty.qSaxmpg 投稿日:2008/11/11(火) 01:52:10.56 ID:RvivSKnH0



もうこの病院は怖いっていうより気味が悪かった。Yの事があってからは
単独行動、特に夜はガチガチに固まって行動することが多くなった。
体の調子がいい時は週に3回、風呂の時間があった。風呂っていっても狭い浴場に
シャワー1つと小さな湯船があるだけだが。俺は毎回Aと一緒に入っていた。
(当然看護婦さんと同伴)だけど、その日は俺が部屋にシャツを忘れたらしくて、
看護婦さんが取りに行ってくれた。待っていろと言われたが、俺とAはすでに裸になっていたこともあり、
勝手も分かっているため、看護婦さんを待たず風呂へ入ってしまった。




393 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/11(火) 01:55:45.33 ID:sNLG8nj4O

それはマズい…



396 名前:◆Ty.qSaxmpg 投稿日:2008/11/11(火) 01:59:17.22 ID:RvivSKnH0


で、看護婦さんがいないのをいいことに潜りっことかして遊んでたんだ。
そしたら急に、風呂場の蛍光灯がまるでスイッチを切ったみたいにスッと
消えた。だけど、脱衣所の明かりが点いていたから、真っ暗闇ではなく薄ぼんやりと
自分の周りは把握できた。けど、怖いのは間違いない、俺はAに
「脱衣所で看護婦さん待っていよう」と提案した。Aももちろん承諾した。



397 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/11(火) 01:59:39.31 ID:gws0+Bs5O



看護婦さんと一緒に風呂…だと…!!



405 名前:◆Ty.qSaxmpg 投稿日:2008/11/11(火) 02:06:25.14 ID:RvivSKnH0




俺は湯船から出ようと足をかけた。そしたらAがまた湯船に潜り始めた。
正直、俺はさっさと明るいところに行きたかったからキレ気味に
「A君早くしてよ!怖いんだから!」と大声で叫んだ。それでもAはあがってこない。
イライラした俺は、「早く!」とAの頭をグイグイと引っ張った。
すると、Aは急にものすごい勢いで立ち上がり、俺を突き飛ばして脱衣所へと
出ていってしまった。俺は一瞬何があったかわからなかったが、突き飛ばされた
痛みより一人の怖さが勝って、すぐ脱衣所に向かった。




406 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/11(火) 02:06:29.74 ID:OD7Nr7cr0



ただこの看護婦はなんか悪い存在には思えないな
死んでからも病院で子供を守ってる?



426 名前:◆Ty.qSaxmpg 投稿日:2008/11/11(火) 02:14:56.24 ID:RvivSKnH0



当然俺はAに「なにすんだよバカ!」と叫ぶつもりだったが、先にAに
「○ふざけんなよ!死ぬかと思っただろ!バカ!アホ!」と叫ばれてしまった。
訳が分からない、よく理解ができないまま、ののしりあいが続いた。
その内に看護婦さんが俺のシャツを持って戻ってきた。もう喧嘩は
取っ組み合いになっていて、むりやり引きはがされるような感じだった。
看護婦さんは目に涙を浮かべていたであろう俺に先に理由を聞いてくれた。
「A君が突き飛ばしたのに謝んないで怒ってるんだよ!」興奮しながら俺は言った。
そしたらAが「お前がむりやり俺の頭抑えて湯船の中沈ませるからだよ!全然頭が
上がらなくて本当に苦しかった!」 俺はAが何を言っているのか理解できなかった。
むしろ俺は引っ張ってさっさと上がろうとしていたのに。




441 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/11(火) 02:21:04.13 ID:uPvZkClp0


コンビニ行きたいけど・・・怖い



454 名前:◆Ty.qSaxmpg 投稿日:2008/11/11(火) 02:24:08.47 ID:RvivSKnH0



Aが言うには、俺に続いて湯船から出ようとしたら、急に俺が頭を抑えつけて
湯船の中に沈めたのだという。もちろん俺はそんなことをしていないしする理由もない。
だけど、Aはお湯を飲んだのかむせかえっていて、耳や鼻からも水が垂れていた。
俺は、湯船から上がる時、確実に両手を浴槽のヘリにつけていた。というか、そうしないと
上がることができないし。結局俺の方が分が悪く映ったか看護婦さんにも怒られてしまった。
Aが自作自演をしていたなら分からないけど、俺じゃないという事だけは神に誓ってもいい。
大体、俺の力をAがはねのけられないわけなんてないんだから。


以上 遅いタイプにお付き合いありがとうでした




458 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/11(火) 02:25:14.37 ID:uPvZkClp0
    >>1
こわおもしろかったお

461 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/11(火) 02:25:50.19 ID:T/bo/NpBO


落ちが……ない…………っ!!




464 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/11(火) 02:26:19.64 ID:u1YHwCvS0


恐怖体験立て続けに起こりすぎだろ…



465 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/11(火) 02:26:39.62 ID:10K9EtW4O



青っつってもたぶん薄い水色みたいな色だろ?
真っ黒の服と見間違えたりはしないと思




471 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/11(火) 02:27:56.20 ID:s/iSwONuO


聞きたくないけど看護婦さんって綺麗だった?



474 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/11(火) 02:28:36.34 ID:jQrijwCN0


関東圏の住民なんだが
何県かだけでもいいから病院の場所教えてくれ



490 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/11(火) 02:32:39.72 ID:jZx2oGWE0


オチがないってのがまたリアルね・・・・・・



492 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/11(火) 02:32:44.06 ID:10K9EtW4O


全身鏡とドアの隙間がこええwwwwwwww




494 名前:◆Ty.qSaxmpg 投稿日:2008/11/11(火) 02:33:07.59 ID:RvivSKnH0


退院してから変な現象に巻き込まれるってことはなかったな。
とりつかれてなくて良かったw退院&経過観察以来はそこの病院
敬遠したぜさすがに。駄々こねて



498 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/11(火) 02:35:06.04 ID:+vMdHnk40


一番怖かった体験といえば入院して食事もまったく出来ない
風呂も入れず4日間が過ぎて目が覚めたら俺のベッドの周りに女子高生が居た事



500 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/11(火) 02:35:48.85 ID:kch8w9ynO


高2の時に入院して看護婦に座薬入れられたこと思い出した
あれは怖かった
後で知ったんだけど、ケツ毛がすごいんだよね俺



504 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/11(火) 02:38:20.38 ID:oAbUFnM90


一乙
じんわりリアルでよかったよ

大学病院に入院してた時、廊下に手形が浮き出てるのに気が付いてぞっとした事があったな
だって、そこ、霊安室につながるエレベーターに向かう廊下だったから
入院中、床の張替えがあったんだけど、しばらくたったらまた手形が浮き出てたのも怖かった




505 名前:◆Ty.qSaxmpg 投稿日:2008/11/11(火) 02:38:31.50 ID:RvivSKnH0



じゃあ付き合ってくれたみんなありがとな~ ノシ
思い出して俺もガクプルだぜ・・・


最後に  東京都民は気をつけてな!おやすみ!




506 名前:     以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/11(火) 02:39:16.02 ID:zRi8MbJD0



最近の幽霊はネットからも来るらしいぞwwwwみんな気をつけろwwwww



510 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/11(火) 02:40:02.52 ID:uPvZkClp0


春になったらなぜか幽霊がでる実家に帰らなきゃいけないのが憂鬱



516 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/11(火) 02:41:58.93 ID:Pz40EvEOO


バキとかピキとかドンドンとか歩く音とか日常茶飯事過ぎて慣れた



521 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/11(火) 02:43:12.23 ID:LrK9PN7sO


東京都か…
健康でいよう。



535 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/11(火) 02:48:41.70 ID:Pz40EvEOO

怖いって思うから余計に自己暗示かけて怖くなるっていう



545 名前:     以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/11(火) 02:51:43.65 ID:zRi8MbJD0


今まで見た幽霊ってみんな半透明なんだが・・・俺だけなのか?w



552 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/11(火) 02:54:12.73 ID:/OrEHZsmO


遅ればせながら     なかなか怖かった

今夜に限って家族がいないなんてwwwwどうしよwwww



561 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/11(火) 02:58:51.55 ID:kch8w9ynO


見える人は精神科受診しなよ



562 名前:     以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/11(火) 02:59:04.93 ID:Z2JQKMae0


 
大して怖くないと思うがw

学校の方ねw

俺中高一環校通っててさ 天体観測クラブ入ってたんだ。
そのクラブは月に1度学校に泊まって天文台から星を見て観測する為に合宿をするんだけどさ。

その時に空が曇ってたらもう観測もなにもないから夜の学校にただ泊まるって事になる訳ね。

んで俺達部員はそう言う時に理科室の1室を占拠して何個かある机のそれぞれ1つずつに
自分の寝袋をしいて寝たりする訳ね。

んである時に曇りでさ。寝るかぁってなってよ。
そん時に俺とあるダチ以外の先輩たちはみんな近くのコンビニに夜食を買いに行くって事になったんだ。

んで俺ともう一人のダチ以外は学校にだれもいない状況になったんだ。そん時引率の先生もコンビニ行ったからwww
時間は深夜1時位。


572 名前:     以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/11(火) 03:04:29.22 ID:Z2JQKMae0


んでその理科室から廊下にでると廊下が100mぐらい続いてたんだけどよ。
ダチが二人で度胸だめししようって言い出してさ。

理科室から廊下にでて奥まで100m真っ暗な廊下を全力疾走して帰ってくるっていう事をしようと。
そういうわけだ。

なんで俺もまぁいいよって了承したってわけで。
先にダチが100m全力ダッシュしたんだよ。

んで帰ってきた。何もなかった。次は俺なわけね。

んで俺はダチに優位にたとうとでも考えてたのかしらんが
「100m行ってさらに2階に行ってもう100m廊下走って帰ってきてやるよ」って言ったわけw

つまり



●→    100m  ●
↑戻る(階段)    ↓二階にあがる(階段)
●    100    ←● 

って感じで行ってくるって言って出発したわけ。  




576 名前:     以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/11(火) 03:08:02.72 ID:Z2JQKMae0


んで俺は走るのもめんどいとかかっこつけて歩いてきてやるよwww
って言ってダチを理科室に残して一人向かったわけ。

んで100mすすむのは普通にいけた。何もなかった。暗いなぁって感じだわw

んで階段を上がる。二階へむけて。

んでその時突然「ガシャーン!!!!」ってガラスが割れる音がしたわけ。上の階の方から

ありえないのよ。絶対誰もいないのに




581 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/11(火) 03:11:36.32 ID:10K9EtW4O

うちの学校も出るんだよなぁ



585 名前:     以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/11(火) 03:16:44.74 ID:Z2JQKMae0


当然なんぞ?って思ってさ。まぁ向かうわな。
3階行ってもなんもなさげだったから4階行ったわけ。

そしたら真ん中の部屋のドアから何か倒れてるのね。

まぁ人体模型だった。

んでそれを直そうとしたら背中誰かに捕まれた。

振り帰っても誰もいねぇのよ。

は?って思ってとりあえず人体模型直してダチの元へ帰ろうとして階段を降り始めたら
ダチがもうスピードでのぼってくるのさ。

「うおおおおおおおおおおおおおおお」って

なんだ!?って言ったら

警備のおばさんに見つかった!屋上の天体望遠鏡のとこまでダッシュ!!

って言われて二人で天体望遠鏡(つまり屋上)のとこまで行ってしばらく隠れて笑いあってた。

そうすっとしばらくして俺らがいないのを不思議に思った先輩たちが探しに来た。

その先輩たち曰くうちの学校に警備員はおっちゃんしかいなくて夜は学校近くのおっちゃん自身の家に帰って
寝てるらしい。天文クラブが泊まる日以外は学校にセンサーがあって何か侵入したらそれで分かるからいる必要がないわけ。

じゃあダチがみたおばちゃんって誰よってね……
んで俺が直したはずの人体模型もその理科室もあとで先輩たちと見に行ったら鍵かかってたっていうね。  
誰も鍵のありかしらねェのにww
終わりかなwwww大してこわくねぇだろwwww之から俺には霊感があるらしいと思い始めたw




598 名前:     以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/11(火) 03:20:04.15 ID:Z2JQKMae0
  

ちなみに墓の話は簡単に言うと


お盆に一人で墓掃除しにいったら知らないばあちゃんに声掛けられて世間話したけど
あとでそのばあちゃんがもう死んでたっての聞かされた


ってだけだ。

じゃあおやすみwww


599 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/11(火) 03:20:11.50 ID:zNIoFQLCO


怖くないとか…十分怖いわ



600 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/11(火) 03:20:25.67 ID:3VR14VtFO


夜中にシャンプーハットして髪洗ってたら誰かに頭ペシペシされた



607 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/11(火) 03:23:01.69 ID:uPvZkClp0
  

俺の実家は、俺が小学1年生のときに新しく建てて引っ越してきたの。
うちは自営業でちっさい工場やってて、古い家はその工場のとなりにあったから
取り壊したりせずに物置とか工場の人たちの休憩場として使ってたのさ。



613 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/11(火) 03:28:05.75 ID:uPvZkClp0

   ほんで、小1だったからまだ母ちゃんと寝てることが多かったの。
父ちゃんは夜勤とかでいないこと多くて。

で、ある日母ちゃんと寝てたら、金縛りにあって首以外動かなくなった。
うぎぎぎぎってがんばって首を動かして、足元をみると、兵隊さんがいるの。
しかも怒ってる感じで下向いてこぶしを握ってぶるぶる震えてるの。

そのときはすごい怖いって感じではなくて、不思議なものをみてしまった!って感じだった。


618 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/11(火) 03:32:11.25 ID:uPvZkClp0



   んで、次の日のあさ、母ちゃんに言ったの
「昨日兵隊さんがいた!お母さんも見たよね!?」
って。そしたら、母ちゃんがビックリして「あんたもみたの?」っていったの。

ほいで俺興奮して、「なんで怒ってたんだろうね!?なんでかな!」とかのんきに言ってたのさ。
そしたら母ちゃんが急に怖い顔して「もうその話しちゃだめ」って。

で、「あ・・怒られる」って思ってなんとなくタブーな話になったの。




621 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/11(火) 03:37:12.60 ID:uPvZkClp0



勝手にかたる俺かなし
    しばらくして小学6年くらいになったとき、
たまたま兄ちゃんと姉ちゃんとそういう怪談系の話になったのさ。
あのときのあれなんだったんだろう、って思って。
兄ちゃんも姉ちゃんも、引っ越してきた新しい家に違和感を感じてたらしくて。

もう時効かなって思って三人で母ちゃんに聞いてみたんだ。
そしたら、母ちゃんが種明かししてくれた。


629 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/11(火) 03:41:37.03 ID:uPvZkClp0



    母ちゃんいわく、引っ越してから子供たち(俺ら三兄弟)がすごく怖がったんだって
うち、階段がらせん状になってるんだけど、その階段が怖い、とか誰か見てるとか。
なんかなんとなく怖いなぁってのは覚えてるけど、(兵隊さんのこと以外)具体的に
母ちゃんになんか訴えてたのは覚えてなくて、急に怖くなった。

父ちゃんは何も感じない人らしくて、何も言わなかったらしいんだけど。
母ちゃんは見える人らしくて、いろいろ見てたらしい。




634 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/11(火) 03:47:33.01 ID:uPvZkClp0



母ちゃんはらせん階段登るとき、手すりに赤ん坊が座ってるの見たんだって。
登り始めは見えないところで、らせんを上ると見えてくる部分の手すりに。
(ここ上手く表現できん)
で、最初は疲れてるんだろうって思ったけど、子供たちも階段が怖いって言ってる。
しかも確かに怖い幹事はする。

極めつけに俺とみた「怒った兵隊さん」

んで、ついに、父ちゃんに相談して、じっちゃんとばぁちゃんが旅行に行ってるすきにお払いを頼んだんだって。




636 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/11(火) 03:56:00.84 ID:uPvZkClp0


    
えっと

お払いってか、どうすればいいか霊能者(?)に相談したらしい。
そしたら、その霊能者のひとが、家の様子をぴたりと当てたらしい。
「家に対して塀が低い」とか。(俺はここはようわからんかった)
んで、肝心の原因だけど、
「古い家に、先祖の位牌を忘れてきいる」って言われたらしい。

たしかに、古い家はいつでもいける距離にあったし、新しい仏壇を買うまでは良いだろうってことで、
古い家に位牌とか遺影とか全部置いてきてたんだって。

で、それ聞いた母ちゃんと父ちゃんは急いで古い家から遺影や位牌を取ってきて、供養しました。とさ。
ってオチだった。

その話聞いて、「へーwww」ってなって、その先祖の部屋みたいなとこ行ってみたら、
ほんとに出征前に撮ったっていう水兵さんの写真があった。少し怖くなった。
あと仏壇も見てみたら、水子さんの位牌もあった。昔だったから水子さんとか珍しくないだろうけど・・

なんか書いてみたらそんなに怖くないなw
読んでくれてありがとう





614 名前:     以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/11(火) 03:28:35.41 ID:I5DkisjcO



不眠症になりかけて全く眠れなくなったとき
ある晩起きて布団の中にいると、ふと霊がいると思ったんだ直感的な感じで
今まで霊感とか全然ないのに、突然感じるんだよ、血の気が引くんだ
どこかに何かがいてこっちを見てるって…
でも周りを見渡してもなにも見えない、やっぱり気のせいに決まってる
そう思ったとき%



616 名前:     以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/11(火) 03:30:56.96 ID:I5DkisjcO


机の上の双眼鏡が目に入ったんだ
大きい方のレンズがこっちを向いて置かれている
丁度生き物の両目のようにさ
あぁこの中にいんだなぁって一瞬で思ったよ
手に汗がじわって出てきた、恐る恐るそれを手にとった



626 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/11(火) 03:39:59.78 ID:E9Jv1eKKO


    その病院は多摩地区にあるかなり広い病院。職員達の宿舎が何棟もあるぐらい。
俺は広い敷地の中で運動療法のための施設を探して歩いていた時のこと。

敷地内の暗い森の中を歩いて目的の場所に着くと、やけに古い建物があった。

扉には「北病棟」と書かれており、鍵がかけられている。
他の病棟とは明らかに雰囲気が違う。

何か怖くなってその場から離れた。
でも、気になったので、もう一度その建物の場所に行ってみた。

…が、そんなものどこにもない。
あちこち探しまわったが、どこにもない。

看護師さんに、この話をすると看護師さんの顔色が変わった。

「そんな病棟は無い」と言うと、その後は何も教えてくれなかった。


あれは何だったんだろう?

639 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/11(火) 03:59:43.04 ID:PIAB559Q0


オレもひとつ

中学と高校の時よく部屋で金縛りとかいろいろあったんよ
夜寝ようと目つぶった瞬間金縛りになったり
夜中布団剥がれたり(これは怖いと言うより寒いだろバーローという感じww)
ベッドの下に引きずりおろされそうになったりもあった

んである時ラジオ聞きながらうとうとしてたんだよ
そしたら急に頭の中で鍵をガチャガチャする音がした
特に気にも留めずラジオ聞きながらうとうとし続けてたら急に鍵がはまって鍵が開く音がした
直後金縛りと甲高い笑い声
怖かったけど気合入れて体動かしたら金縛りも笑い声も消えた
残ったのは極楽とんぼの軽快なトークだけだった・・・wwww




644 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/11(火) 04:06:15.18 ID:uPvZkClp0


うち先祖供養したあともなにかと怖いことあるんだけどなんなんだろうな。

兄ちゃんと夜本屋に行って帰ってきたら耳元で「おかえり」って言われたこともあった。
夜中に宿題してたら開いてるふすまのところに
まぶたのない背の高い男がたってたり。
ゴキブリでたり。


645 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/11(火) 04:07:32.46 ID:PIAB559Q0



   >>644
最後が一番怖いwwwww

しゃべりかけてくる幽霊にはちゃんと返事してあげな。
あとテレビとか勝手につける奴には電気代かかるからヤメロっていったらやらなくなるよ


651 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/11(火) 04:17:16.76 ID:NrfUHDh30


ではおれも

小学校4年のある晩、ばあちゃんと寝てた。
その日は、担任の若い女先生が給食を食べさせてくれる夢を見た。
いつもの教室で、おれの席、目の前にスプーンを運んでくる先生がいて
おれも口を開けてそれを食べた。
飲み込んだ時に、喉に激痛が走った。
うぐ!という感じで、パチっと目が覚めた。

目が覚め、あれ本当に喉が痛ぇや・・・と思いつつ呼吸を整えると
天井に人形が浮かんでいた。
あれ・・・人形?と思っていると、目が暗闇に慣れていくとともにスーッと消えていった。
その後は何もなかったが、その日は1日中喉が焼けるように痛かった。

あれが何だったのか分からないが、それと似たような人形が家に飾られていた。
うちは家庭内の状況が最悪だったので、おれの精神が限界で見てしまった幻覚か
もしくは心配して出てきてくれた霊かもしれないと思っている。

怖くはないな スマソ



660 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/11(火) 04:29:11.69 ID:cUBxj7MdO


長くなるかも、読みにくかったらすみません


保母やってた時の話
あるとき遠足でとある公園に行った時の話です
その公園は東京のはずれ、歴史上でも武士達が多かった場所
(歴史詳しくないのでよくわかりません><)
だったので公園内の歩道ぞいのところどころに武士のお墓があった
1×2mの長方形の穴があいたような不思議な形状のだった 

みんなで走り回ったりできる広場に向かう途中、その場所も通った
その時は楽しくおしゃべりをしていたから、あーお墓なんだー
くらいにしか思わなかったのですが


目的の場所に着いてからは自由行動、みんなで追いかけっこや虫探しや
アンパンチごっこをしてわいわいしていました

みんなで遊んでいると一人の男の子が駆け寄ってきて、「ちぇんちぇー!ちぇんちぇー!」と
息を荒くしている。「ゆうくんどうしたの??」と聞くと
「ちぅんちぇー!たいへだよ!」と半泣

なにがあったのかと思い、どうしたのと聞くと、ゆうくんいわく
「あっちにへんなおじちゃんがいる!おじちゃん!」と・・・
びっくりし、変な人=変質者でも現れたのかと思い、ゆうくんが指差す方向を見るが
木々が邪魔してよくわからない。「どこにいたのかな?先生も連れてって」
というとゆうくんはすかさず私の手を握り、「こっちこっち」と誘導

ゆうくんに案内された場所はさっき通った墓(墓の跡地?)だった
顔面蒼白、まさかのまさかと思い、おじさんはどこにいたの?
と聞くと墓の中(穴が空いてる部分)を指差すゆうくん
瞬間、ゾーっと背筋が寒くなり「みんなの所へ戻ろう!」と後にしてた
戻ってからゆうくんにいろいろ聞きたかったが(ほんとに見たの?)とか
相手は小さな三歳の子供、「おじさんなんか言ってた?」と聞いてみた
「なんもおはなししてないよ。でもこわかったの」とゆうくん
「怖い?ゆうくんはどうして怖いと思ったのかなー」と聞いたら
「へんなきるやつもってたんだよー。あ!でもぼくこわくないや
こわくないよ。ふりまわさなかったから」
きるやつというのはおそらく刀のことなのでしょう

最初に皆で通りすぎた時に、お墓の説明なんてしなかったし、寧ろ小さい子供には武士の
存在がわかるんでしょうか?歴史の刻まれた場所という話もしてないです

その公園は○○○○八見伝て有名な・・・
いろいろな目撃談もあるそうです
怖い話というよりゾーっとした話でした




663 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/11(火) 04:29:43.41 ID:z71U1KGrO


俺も投下します


俺が10歳前後の頃の話
うちの座敷には結構大きなゼンマイ時計があるんだけど、
その時計を大事にしてたじいちゃんが死んでからは
誰もゼンマイを捲く人がいなくなっちゃってずっと止まったままだったんだ


ある日、その時計の針が何故だか動きだした
俺は漠然とばあちゃんがゼンマイまいたのかなーとか思ってた
まあ、実際のとこはわからずじまいなんだけどね

当時俺は二階の物置小屋みたいな場所にベッドを置いて自分の部屋にしていたんだ

夏の蒸し暑い夜だったとおもう、たしか
俺はいつものように自分の部屋へ行き、蛍光灯を消しベッドにもぐりこんで寝たんだ


夜中、息苦しさで目覚めた
なんだか胸に圧迫感があった。だれかに手のひらで押されているような
目を開けて確認するけどなにもない
あまりにも不快だから、俺は横向きに体制を変えたんだ
すると、今度は腰の股関節あたりに圧迫感を感じるわけ

さすがに気持ち悪くなって、うわ~なんだろうって思ってたら

部屋のあちこちからパキパキ音がしだした
ほんとにパキッ…パキッ…って部屋中から

俺はひびっちゃってベッドの上で縮こまってたら

今度は窓の外からキィ~…キィ~…って古い自転車をこぐ音が聞こえるわけ

俺の住んでた村はすんげード田舎で山の中にポツリポツリと家がたってるような所
熊もでるし夜中に人が通るような所ではないんだ 


で、そのオンボロ自転車はどんどん俺の家に近づいてくるわけ

部屋はパキパキ
股関節はきもちわるい
もう俺は恐怖の絶頂

ついには自転車の音が俺の部屋のすぐ近くから聞こえてきた

部屋中がいきなりパキパキパキパキパキパキパキパキパキパキって16ビートばりに音たててたと思ったら

キキィーーーー!!!!!!!
って外でボロ自転車のブレーキ
そん時、そのブレーキ音を打ち消すようにあのじいちゃんが大切にしいてた
古いゼンマイ時計がボーーーン…ボーーーン…って鐘をならすんだよ

そしたらさ、股関節の違和感もパキパキ音もフッと消えちゃった
もちろん自転車の音もしない

その夜はそのまま寝ちゃった

   
今でも思う、あれはじいちゃんが守ってくれたんだって
今でも古時計は現役です


文章めちゃくちゃでごめんなさあ
あと乱入しちゃってすみません





676 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/11(火) 04:37:48.13 ID:uPvZkClp0


ふたたび投下
俺、こないだある部活引退したんだけど、それまでずっと合宿所に住んでたんだ。
オンシーズンは20人くらいでそこで共同生活してた。
合宿所の寝室は二段ベッドがたくさん並べてあって、それをみんなで使ってた。
二段ベッドの下には引き出しがあって、そこに着替えいれたり。

ほいで、俺は毎日部活してるから、合宿所で生活してるんだけど、
マネージャー(男)はローテーション組んで交代で合宿所に入るんだよね。

その日は、新入りの1年が入った夜だったんだ。

夜眠れなくてベッドでケータイいじりながらごろごろしてたんだ。
で、しばらくすると、ベッドの下の引き出しを開く音がした。
独特の音なんだよ。「からからから・・・」って。
どんなに慎重に引いても音が出ちゃうんだ。

で、その音がした方向が1年が二人寝てるベッドだった。
上が新入りのマネで、下が選手の一年。

その下の一年が、すっげ寝相悪いし、寝言いうしでうるせぇの。
だからその日もそいつが寝ぼけてあけたりしめたりしてるんだなって思って
「まぁたアイツか!うっせーな」と思ってたの。

んで、我慢してたら、何回も何回も繰り返すわけよ。
「からからから・・・からからから・・・からからから・・からからから・・」


ほいで、消灯(22時)もとっくに過ぎてたし、
次の日は4時起きだしでむかついて注意しようと思ってがばって起きあがった。

開ける瞬間みてすかさず注意してやろうと思ってさ。

そしたら俺のすぐ隣のベッドの引き出しに音が移動した・・。
引き出しがひらくとこは見てないけど、すぐ隣で音がして背筋が凍った。

ぎゃ!こりゃダメだ。こええって思って寝たんだ。
その音は結局朝方まで鳴り止まなかった。

で、次の日のあさ、歯みがきながら後輩に音のこと聞いた。

そしたら、下に寝てる後輩はすぐ寝てしまって音は聞いてないと言った。
上に寝てた新人のマネは一時過ぎまで起きてたけど、そんな音は聞いてないと言った。

こりゃいよいよヤバイ音だったんだなって思って、その場は終わった。

その日の夜、また俺は眠れなかった。
そしたら、今度はその一年二人が寝てるベッドから、獣みたいな声がする。
「ぐるるるるるる」って。
スゲー怖かったけど、昨日もあんまり寝られてないし、練習で疲れたしで、いつの間にか寝てた。

 
ほいでもって、次の日の朝、また話そうと思ったら、
さきに一年マネと一年の選手が話してた。
一年マネが「金縛りにあった」って。時間も俺がへんな声聞いたのと同じころだった。

で、その日の夜は一年マネは帰って、別のマネが来た。
そしたら変な音はぴたりと止んだんだよ。

だからみんなで「アイツがへんなの連れてきたんだな」って話してたの。
合宿所みたいな人が集まるとこってただでさえそういう怖い話がつきモノだから
みんなビビッて。俺も怖かったからみんなでどうにかしなきゃって話になった。

だから、その一年のマネのベッドの四隅と真ん中に盛塩した。

そしたら、次のローテーションでそのマネージャーが来た後、急に「俺、もうこの部活やめます」って。
これほんとの話。

697 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/11(火) 05:04:31.06 ID:YFcGZIMW0


もう我慢も限界なんで走ってトイレに行って来る



733 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/11(火) 12:22:37.14 ID:AdWbNtskO

先に言っとくがオチはないぜ

数年前の話
友達と遊びに行ってた帰り
ふと通りのビルのガラスをみてみると、二人で自転車で併走してる横に変なおっさんがいた
びびったけど友達は見なかったらしい

まぁ見間違いだろうと思う事にした

その後家に帰ったんだ
その晩は俺には何も無かった


が、兄貴がその日金縛りに合ったそうだ

かなり不気味だった
うちは霊感があるやつなんて居なかったし
ただばあちゃんは若い頃金縛りによくあってたらしい

兄貴が金縛りに合った次の日ちょっと変な事が起きた

うちは狭いアパートで家族はあと母親と妹の4人なんだが、みんなでテレビ見てたんだ
そしたら妹の部屋からガタンって音がした

なんだ?と思って見てみると、引き出しが開いて落ちてた

妹曰わく、全く触ってなくて開くはずがないらしい

あと妹も兄貴が金縛りに合った日、なんか視線?を感じてなかなか寝付けなかったらしい

怖かったが今までそんな体験したことなかったし霊感なんてねぇから大丈夫だろ。と思ってた

んでその日風呂入ってたら電気がついたり消えたりした
マジかよ。とか思ったが鏡とか見てもなんも写らなかったし大丈夫だと思った

で、その日寝ようとしたんだが、なんか寝付けず、音楽をイヤホンで聞いてた。

それでウトウトしてきて、音楽止まってたがイヤホンはつけたままでいたら、いきなりイヤホンから音がしだした

ギュルギュルとなにかを引きずるような音がした

なんだこれ?と思って慌てて外した

それでふと外を見た
その瞬間金縛りになった

この辺でビビりまくり。俺には霊感なんてない、見えるはずない。と自己暗示をかけまくってた。

でもなかなか終わらない。

なんかもうムカついたので消えろボケ
って言った?ら収まった

そのまま寝た。

それ以降変なことは起きてない

751 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/11(火) 14:25:16.11 ID:enojc1EbO



これは、入院を憧れる俺への嫌がらせかね?
ホントは入院なんてしない方が良いんだけどね





 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
月刊桜坂通信 | ニュー速vip | トラックバック:0 | コメント:5 |
新しい記事へ移動する  
  過去の記事へ移動する
コメント
この記事へのコメント
[ 219 ] VIPPERな名無しさん 2008/11/11(火) 20:55 ID:-
怖すぎ(´;ω;`)ウッ…
[ 220 ] 名無しの仲良しさん 2008/11/11(火) 20:57 ID:-
ああ外出たくないのにツタヤにCD返しに行かなくちゃ…
[ 221 ] 名無しの仲良しさん 2008/11/11(火) 23:04 ID:-
怖いだろばかん
[ 258 ] 名無しの仲良しさん 2008/11/14(金) 03:50 ID:-
オカ板の記事かと思う恐さ
子供時代の病院って恐いよなあ
[ 481 ] 名無しの仲良しさん 2008/11/28(金) 11:37 ID:-
>>87で時計をみて5分たったとか書いてるけど、
幼稚園児で時計って読めるのか?
この記事へのコメントを書く
[非公開]管理人にメッセージを送る

パスワードは、「ID生成」「コメントの編集」に使用します。

コメントの編集は、IDから編集画面へリンク

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://aln1025.blog39.fc2.com/tb.php/217-b6b96add
この記事へのトラックバック
 
 
トップへ

テンプレート作成:しるえっと どっと ほーりー/sil_st3c01m_r102

FC2Ad



お知らせ


FireFox推奨です
こちらからダウンロードできます↑


aln



当ブログについて

TOP絵
TOP絵募集中です
誰か作って下さい(人∀・)タノム
サイズは980*200くらいです

aln1025☆gmail.com までお願い ☆→@

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


Author:aln

フィードメーター - 仲間にゅーす
ブログパーツ




Twitter登録してみた


コメント欄にナンバーつけてみた
←新 旧→
TOTAL Pages
全部見てみる
ひとりごと

寒いです
もうストーブ大活躍です
携帯の機種変しました
使い方が全くわかりませんorz
仕事が忙しいため
更新少なくなります
でも見捨てないで下さい


IEで見ている方で
ページの最後まで
見れないって時は
画面縮小してから
横のスクロールバーを
出して最大化すると
見られるようです
お手数かけますが
許して下さい(;・∀・)
苦情を頂いてますが
どうにも直せませんorz

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



恋愛マニュアル - なぜあなたはモテない?
***************
あわせて読みたいブログパーツ
☆おもいつきエリア☆



待ってたヨ
!大感謝!
今いる人
現在の閲覧者数:
お世話になってます
d(゚Д゚ )☆スペシャルサンクス☆( ゚Д

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。