アクセスランキング

              笑う門には福が来る・・・らしいよ

  ヘッドライン!! ━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━ !!  

☆お気に入り新着記事☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

Powered by Ayapon RSS! オススメ プログラマー ペットフード


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
月刊桜坂通信 | スポンサー広告 |
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 16:17:16.38 ID:T1EodnS00
あー、やっぱりチラシの裏スレは最高!w
いつも長文日記書いて「チラシの裏池」って言われちゃうんだよね。
ついつい書き込んじゃうんだよねー、ブログ持った方がいいかなorz
はっきり言ってサイト持っても誰も来なさそうだから
私ですら見てるここに書いたほうが「書き上げた感」がある(´д`)ハァー
おいらも2ちゃん依存症ぽ。。。
見てる人なんてチラシの裏スレの住人くらいだと思うけど
張り切って今日も書いてやるヽ(`д´)ノ
ついでに言うとホントの日記何でつまんないですorzマジデスイマセン
ていうか、もうこの板でしか居場所ない(つд`)グスン
今日は学校の文化祭だったぽ(*´д`)
もちろん私のクラスはずっとやりたかったたこ焼き。
後で聞いたら売り上げが一番だったらしい。まじ嬉しいぽ。
ロスは責任持って私らが全部食べました。orzフトルー
でもまぁ結構楽しめたかな~。
見に来たお客さん捕まえて買わせたりとか楽しいねw
てごたえのある文化祭だった。来年も楽しみたいなー
るんるん気分で打ち上げは飲み会に行きました
誰も予約取ってくれてなかったから私が取ったんだけどねorzツカレル
かなり疲れたけど、その分楽しい一日だった(・∀・)イイネ!!

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 16:17:50.17 ID:8KrRgFC20

そんな妥協した立て読み糞じゃん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
3 名前:青菜に塩 ◆PakIe5fTJQ 投稿日:2008/07/27(日) 16:20:22.78 ID:zUpcxv4X0
んじゃ1つ話を


大学に入学して一人暮らしで自炊を始めたのですが、、1年経ち、2年も経つころには、
すっかり自炊熱も冷めほとんど外食か、ホカホカ弁当になっていました。

大学4年になったころ、また少々自炊するようになり、 入学した頃に購入した四角い
1リットルくらいの缶入りサラダオイルが再び日の目をあびることになりました。
フライパンに油をチョット垂らしてみると、いやに茶色い。

「まあ、4年も経てばアブラも酸化するしなあ、まあ、火を通すからOKだよね」なんて
一人で納得して気にもとめず、そのまま使い続けました。 大学も卒業間近になって、
ようやくそのサラダオイルも無くなりそうになってきて、缶を大きく傾けなければ油が
出ないようになってきました。 ある日、缶の口から油と一緒につぶ餡の小倉の皮のよう
なものが2~3枚出てきました。「ゴミでも入ってたかなあ」などどと軽く考えていたの
ですが、次の日もまた次の日もアブラを出すたびにつぶ餡の皮がどんどん出てきます。
不信に思った私は、意を決して、サラダ油の缶の蓋全体を缶きりでキコキコと開けたの
です。その瞬間、目に飛び込んできたものは… 

百匹はいるであろう大小のゴキブリの大群。
まだ、半分くらいは息がある様子でウヨウヨとうごめいていました。 そう、私が使用し
ていたサラダオイルの缶は4年の間にゴキブリの巣と化していたのです。 そして、つぶ餡
の皮はゴキブリの死骸からもげた羽だったのです。
その事実を悟った時、一瞬にして顔面蒼白になったのを感じました。 そして4年間、ゴキ
ブリエキスの入ったサラダオイルを食べ続けたことに改めて気づいた瞬間…死ぬかと思った。

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 16:23:41.60 ID:T1EodnS00
夫と妻、二人暮らしの夫婦がいた。
夫は1ヶ月くらい前から毎日毎日、夢かどうかもわからない、毎日同じ、おかしな夢ばかり見ると言う。
“真夜中、ふと目が覚める。すると天井に自分と全く同じ姿の人間がしがみついて、首だけ自分の方に向けて、『お前はもう十分生きただろ、変わってくれよ』と言ってくる”
と言うものだった。
だから夫は、まるで朝の挨拶みたいに、また今日も見ちゃったよ…と毎日毎日妻に相談していたから、妻も心配していた。
でもある日さ、その夫、起きてもおはよう、しか言わないの。
妻があれ?っと思って、あの変な夢、見なかったの?って聞いたら、夫はさ、

『な ん の こ と ?』

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 16:26:33.12 ID:T1EodnS00
俺の誕生日に、ホームパーティを開いたわけ。
その時、家の中で皆の写真をとってみたら、変なものが映っちゃったのよ。
背後の押入れから見知らぬ青白い顔の女が顔を出して、睨みつけてんの。



これやべーじゃんってことで、霊能者に写真を鑑定してもらった。
そしたら、「この写真からは霊気を感じない。心霊写真でも何でもないよ。」だとさ。
あ~あ、ビックリさせやがって。


6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 16:29:18.66 ID:T1EodnS00
男が住んでいるアパートの一室には、壁に穴が開いていた。



特に疑問には思わなかったが、どうも穴から視線を感じる……
不審に思った男は、壁の穴を恐る恐る覗いてみた。しかし穴の向こう赤くぼやけていてよくわからない



結局、ポスターでも貼ってあるのだと考え、男は納得した。



しかし、それでもやはり視線を感じる……



気になった男は、大家に尋ねてみた。



男「俺の隣に、誰か住んでますか?」
大家「あぁ、病気で目が赤い女の人が住んどるよ」



7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 16:30:14.91 ID:OtV6O1Ez0
一人暮らしをしている大学生の男がいた。

男が住んでいるのはごく普通のアパートだが、たまにおかしなことが起こった。

大学から帰ってくるとカーテンの形やゴミ箱の位置などが微妙に変わっている気がするのだ。

最近は誰かにつけられてる様な気もしてきた、流石に気味が悪くなってきた男は大学の友人に相談した。

男が「もしかして…ストーカーかな?警察に言うのが一番良いと思うけど…
警察は実際に被害が無いと動いてくれないって聞くしなぁ…どうしよ……。」
と困っていると、友人は「…じゃあ大学に行ってる間ビデオカメラで部屋を撮影しておいて、
もしストーカーが部屋に侵入してるのが撮れたらそのテープもって警察に行けば良いじゃん、
不法侵入してるわけだからさすがに警察も動いてくれるだろ。」
と具体的な解決策を提示してくれた、やはり持つべきは友!これは良い案だ!と思った男は
早速次の日の朝、部屋にビデオカメラを設置して録画状態のまま大学へ行った。


9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 16:30:50.27 ID:OtV6O1Ez0
大学から帰ってきた男は焦った、久々に部屋に違和感がある、
「これは期待出来る、マジにストーカー写ってるかも…」と思いながらビデオの録画を止め、再生した。

しばらくは何も写らなかった。
しかし夕方になると、知らない女が包丁を持って部屋に入ってきたのだ。
「…!!!!!!」ビビった男はすぐに友人に電話をかけた、
「ヤッベー!写ってる写ってるストーカー写ってる!!!!」と若干興奮気味に伝え、
それからは録画を見ながら友人に内容を実況した。
「ゴミ箱漁ってるよぉ…」「今度は服の匂い嗅いでる…キメェ!!」今までコイツは何回も来ていたのかと思うと
男は背筋が凍る思いだった。「これで警察も動いてくれるなぁ」と少しホッとしてると、画面の中の女は押入れに入った。
「うっわ…押し入れの中入ったよ、しかもなかなか出てこない……」などと友人と喋っていると、また誰かが部屋に入ってきた。

男は言葉を詰まらせた。
部屋に入って来たのは自分だった。
そしてビデオの中の自分はカメラに近付き録画を止める。



そこでビデオは終わっていた。

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 16:32:54.10 ID:mu+svP6tO
ある日の夕方。
僕が自分の部屋で本を読んでいると、突然窓をバンバン!と叩く音がした。
びっくりして振り返ると、友達のB君が興奮しながら窓を叩いていた。
『A君!開けて開けて!!』
僕が慌てて窓を開けると同時に、物凄い勢いでB君が話し出す。
『あのさ、ついさっきの話なんだけど!!』
『ちょ、ちょっとB君、その前にさ…』
『まあ聞けって。さっき自転車乗ってたんだよ。河原走ってて。』
『…うん』
『暫く走ってて、何かおかしいな~って思って自転車降りたらさ…』
『どうしたの?』

『自転車のチェーンかけたまんまだったんだよ』

『え?』
『だから、チェーンがかかってて、タイヤが回らなかったの』
『…?それでどうやって走れるの?』
『分かんないよ。その時までは走れたんだよ。でもさ、その後はだめだった』
『だめって?』
『チェーンかかってるって事に気付いたら、走れなくなっちゃった』
『そうなんだ…』
『無意識だからできたのかなぁ…。あ、A君さっき何か言いかけてなかった?』
『え?!…あ、うん…あのさ…』
『?』

『…ここ、5階なんだけど、B君どうやってそこに立ってるの?』



12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 16:37:14.42 ID:OtV6O1Ez0
「おい、まだかよ?」
俺は女房の背中に向かって言った。
どうして女という奴は支度に時間が掛かるのだろう。

「もうすぐ済むわ。そんなに急ぐことないでしょ。…ほら翔ちゃん、バタバタしないの!」
「いきなりで義父さんと義母びっくりしないかしら?」
「なあに、孫の顔見た途端ニコニコ顔になるさ」
俺は隣で横になっている息子を眺めて言った

「お待たせ。いいわよ。…あら」
「ん?どうした?」
「あなた、ここ、ここ」
女房が俺の首元を指差すので、さわってみた
「あっ、忘れてた」
「あなたったらせっかちでそそっかしいんだから。こっち向いて」
「あなた…愛してるわ」
女房は俺の首周りを整えながら独り事のように言った。

「なんだよいきなり」
「いいじゃない夫婦なんだから」
女房は下をむきながら照れている
「そうか、俺も愛してるよ」
こうはっきり言ったのは何年ぶりだろ。
俺は女房の手を握った
「じゃ、いくか」
「ええ」



俺は足元の台をけった

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 16:38:55.59 ID:1WLJ9X360
全部見たことある&糞ほども怖くない

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 16:40:01.02 ID:ziwrrtD2O
>>12
未だによくわからないが、死んだ・・・ということか?

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 16:40:46.69 ID:B4RzZhN30
>>14
首つり自殺

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 16:43:50.86 ID:ycgFgvkWO
新宿 笹塚 代田橋 明大前 下高井戸 桜上水 芦花公園 八幡山

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 16:44:50.17 ID:NiXWOr6yO
これは昨日の話
友人達と食事に行った時の話だ
どうせならなにか有名な店に行こうという事になった
俺達の住んでる町は山に囲まれた田舎だ
町からでるには必ずトンネルを抜けねばならない
その中にあるのが真鯵トンネルだ
友人の車に5人でのり真鯵トンネルを抜けた時

気づいてしまった

これは昨日の話なんだ

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 16:47:25.79 ID:YwxIVCxSO
俺のひいじいちゃんの兄弟にすごいのいてな。
ガキの頃にノルマントン号事件に遭ったのを皮切りに
日清日露戦争にも参加。その後も
旅行先でロシア革命に巻き込まれたり、関東大震災に遭ったり
金融恐慌で銀行の預金すっからかんなったり、もちろん太平洋戦争にも巻き込まれた。
で、転属されたのがガダルカナルとか沖縄とかで、
命からがら長崎に戻ったら、そこで原爆に遭った。
それでも「日本人としてこれくらい耐えねばならない」って
言ってたんだって。ホントすごいよなあ。 尊敬するよ。

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 16:48:59.52 ID:jvmxiBjE0
これは、大学生のA君が、友人達と共に、
興味本位で有名な心霊スポットと言われている、
あるトンネルに出かけて体験した事です。

現場に着き、トンネルの手前で車を脇に寄せ、一時停車。
その手の感覚は鈍いほうだが、不気味な雰囲気は感じた。
「恐い場所だ」という先行イメージのせいもあるだろうが。
しばらく休憩の後、ゆっくりと車を進めトンネルに進入開始。

こういう体験は始めてなので、ワクワクするような妙な高揚感を感じる。
友人達もいい年して遊園地の乗り物を前にした子供のような表情で目を輝かせていた。
それほど寂れた場所ではないとは思うのだが、後続の車は来なかった。
なので、スピードをかなり落として進んだ。
何かが起こる事を期待しながら。

しかし、特に何もおこらずトンネルの終端まで着いてしまった。
トンネルの壁などを観察していた友人たちも、別に妙なモノを見たわけではなさそうだ。
もう1度いってみよう、と提案が出て、皆賛成した。車をトンネルの端でUターンさせた。
今度も、何も起こらなかった。

不満なので(と言うか、暇なので)何度が往復してみよう、という事になった。
雨が強くなってきたのか、雨粒が車を叩く音がうるさくなってきた。
3,4往復ほどしただろうか、友人の1人が、「おい、もう帰ろう」と言い出した。

何も変わった事も起こらず、飽きてきたのだろう、と思った。
だが、何か声の調子がおかしかった。


22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 16:49:35.32 ID:jvmxiBjE0
トンネルの出口が見えるあたりで一旦車を止め、後ろを振り向いた。
帰ろう、と言い出した友人は肩を縮め、寒さに震えるような格好をしている。
もう1人は、その様子を見てキョトンとしている。
「え、どうした?何か見えたのか?」と聞いたが、「いいから、とにかくここを出よう」と言う。
”何か”を見たのか?期待と不安で動悸が激しくなってきた。
雨は一層酷くなり、ボンネットを叩く音が耳ざわりに感じる。
とにかく、一旦ここを出て、どこか落ち着ける場所を探す事にした。

国道沿いのファミレスに寄り、ようやく一息ついた。
夏も近い季節だというのに凍えるように震えていた友人も、ようやく落ち着いてきたようだ。
「なぁ、もう大丈夫だろ?何を見たんだよ」
「聞こえなかったのか?あれが」友人は怪訝そうな顔で僕達を見た。
妙な怪音の類か?それとも声?しかし、僕には心当たりはなかった。
もう1人の友人も、何が何やら、といった表情をしている。
「別になにも…まぁ、運転してたし、雨もうるさかったしなぁ。」
「聞こえてたじゃんか!」いきなり声を張り上げられて、驚いた。

深夜なのでファミレスにはほとんど人はいなかったが、バイトの店員が
目を丸くしてこちらを振り向いた。
しかし、彼がなにを言っているのか理解できない。
「何が聞こえてたって?はっきり言ってよ」
気恥ずかしさと苛立ちもあって、少し強い口調で言ってしまった。

しばらく重い沈黙が続いたあと、彼が口を開いた・・・

「雨だよ、雨の音。」
「俺達はずっとトンネルの中に居ただろ!なんで雨が車に当たるんだよ!」



23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 16:51:30.32 ID:cD2k9jzqO
>>1の解説誰か頼む

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 16:51:31.82 ID:T1EodnS00
この前、友達がウェイターやってるレストランに、一人で晩飯食いに行ったんだ。
ウェイトレスに案内されてテーブル席に着くと、俺の前と、向かいの席にメニューを置いて行った。

何だ?と思っているうちに友達が水と紙おしぼりを持って来た。
そして「おい、珍しいな」なんてニヤつきながら、向かいの席にも水とおしぼりを置きやがる。

いい加減薄気味悪く感じながらも注文すると、
「で、お連れさんは何にする?」と聞くものだから、いや、一人だよと反論。
すると友達は怪訝な顔で「あれ、店に来た時、女連れじゃなかったか?」などと小声で言う。
曰く、「髪の長い、白いワンピースの女を連れて入ってくるのを見た」と。
「今はいないのでトイレにでも行ってるんだろうけど、てっきり彼女なんだろうと思った」、と。

もちろん俺に心当たりはないから否定したら、逆に向こうが気味悪いものを見るような目でこちらを見る始末。
とうとう何だか寒気がしてきた。

…と、不意に友達は吹き出すと、「いや、わりーわりー」と謝り始めた。
「今日は客も少なくて暇してるところにお前が来たもんだから。
 ほら、よくあんじゃん?誰もいないはずの席にコップを置く店員、て怪談。
 あれをやって、お前ビビらせて遊ぼうかと、水持って行く時に急に思いついてさ」
そして「本当スマン。こんな事して遊んでたのバレると店長にどやされるから、黙っといてくれよ」と、
食後のコーヒーをサービスしてくれた。

ちょっとムカついたが、真相がわかったので責めもしなかった。
ま、コーヒーが美味かったので許すが、心臓に悪いから次からは勘弁してくれ。

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 16:53:07.03 ID:YwxIVCxSO
>>23
ヒント:縦読み

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 16:53:49.70 ID:Z8586JbvO
コピぺだけど。概出ならゴメン

漏れにはちょっと変な趣味があった。その趣味って言うのが、夜中になると家の屋上に出てそこから双眼鏡で自分の住んでいる街を観察すること。
いつもとは違う、静まり返った街を観察するのが楽しい。遠くに見えるおおきな給水タンクとか、酔っ払いを乗せて坂道を登っていくタクシーとか、ぽつんと佇むまぶしい自動販売機なんかを見ていると妙にワクワクしてくる。
漏れの家の西側には長い坂道があって、それがまっすぐ漏れの家の方に向って下ってくる。だから屋上から西側に目をやれば、その坂道の全体を正面から視界に納めることができるようになってるわけね。
その坂道の脇に設置されてる自動販売機を双眼鏡で見ながら
「あ、大きな蛾が飛んでるな?」
なんて思っていたら、坂道の一番上のほうから物凄い勢いで下ってくる奴がいた。
「なんだ?」と思って双眼鏡で見てみたら全裸でガリガリに痩せた子供みたいな奴が、満面の笑みを浮かべながらこっちに手を振りつつ、猛スピードで走ってくる。奴はあきらかにこっちの存在に気付いているし、漏れと目も合いっぱなし。
ちょっとの間、あっけに取られて呆然と眺めていたけど、なんだか凄くヤバイことになりそうな気がして、急いで階段を下りて家の中に逃げ込んだ。
ドアを閉めて、鍵をかけて
「うわーどうしようどうしよう、なんだよあれ!!」
って怯えていたら、ズダダダダダダッって屋上への階段を上る音が。明らかに漏れを探してる。
「凄いやばいことになっちゃったよ、どうしよう、まじで、なんだよあれ」
って心の中でつぶやきながら、声を潜めて物音を立てないように、リビングの真中でアイロン(武器)を両手で握って構えてた。
しばらくしたら、今度は階段をズダダダダッって下りる音。もう、バカになりそうなくらいガタガタ震えていたら、ドアを
ダンダンダンダンダンダン!!
って叩いて、チャイムを
ピンポンピンポン!ピポポン!ピポン!!
と鳴らしてくる。
「ウッ、ンーッ!ウッ、ンーッ!」
って感じで、奴のうめき声も聴こえる。
心臓が一瞬とまって、物凄い勢い脈打ち始めた。さらにガクガク震えながら息を潜めていると、数十秒くらいでノックもチャイムもうめき声止んで、元の静かな状態に……。
それでも当然、緊張が解けるわけがなく、日が昇るまでアイロンを構えて硬直していた。
あいつはいったい何者だったんだ。もう二度と夜中に双眼鏡なんか覗かない。

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 16:56:43.38 ID:C3tgYq65O
>>24
これ何度見てもわからないんだけど
心臓病の人?でコーヒーらめええええみたいなオチでもあるの?

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 16:57:19.28 ID:YwxIVCxSO
>>18を田舎者の俺に分かりやすく

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 16:57:52.81 ID:jvmxiBjE0
>>29
友人:水持って行く時に急に思いついた
その前のウェイトレスは?

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 16:58:39.91 ID:QA2gvJ3aO
>>29
友達がいたずらをしようと思ったのは『水とおしぼり』から

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 17:00:24.69 ID:C3tgYq65O
>>32-33
ぴゃ
そこか。㌧

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 17:00:50.65 ID:S3cW0ORF0
>>19がよくわからない・・・

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 17:09:57.41 ID:Paqz/1v40
>>19
がわからん

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 17:10:44.37 ID:T1EodnS00
735 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:04/12/03 02:22:02 ID:s+5tthHf
昔、怖がりな友達と深夜のドライブに行った時にやったイタズラ。自分が運転。

①まず人けのないとんでもない山道へ行く。

②「なぁ、今の女の子ってこんな時間にこんなとこで何してるのかな?」とか言う。止まりはしない。もちろん女の子なんか見てない。

③15分置き位の間隔で「あれ?さっきの子じゃない?」とか言う。

④3回目で「ちょっと声かけてみる」とか言って車を止めて降りて誰も居ない所で話してるフリをする。

⑤びびりまくった友達が勝手に車で逃げる。俺を置いて。

⑥途方に暮れる。

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 17:11:18.69 ID:B0X8yika0
>>20
???

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 17:23:22.30 ID:YwxIVCxSO
>>44
ノルマントン号事件
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

#概要
この船にはイギリス人、ドイツ人、中国人、インド人、日本人、堺人らが乗船していたが、事故の際、船員であったイギリス人、ドイツ人ら白人はほぼ全員が生存した一方で、乗客であった日本人は25名全員が死亡した(また、インド人の乗組員も全員死亡した)。

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 17:11:23.67 ID:jvmxiBjE0

怖い系って...最終的にTさんで落ち着くよねwww

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 17:11:53.17 ID:jp5xfkar0
>>43が怖すぎる

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 17:13:48.17 ID:3HnygrnM0
ある日僕は学校の美術室の掃除当番だった
早く終わらせて帰ろうと思い急いでいたら
一枚の絵が大事そうに飾られているのを見つけた
その絵はとても綺麗な女の人の肖像画だったが
少し不気味で目に特徴があった
とても大きな瞳でこっちをみている気がした
なんだか怖くなり急いで掃除を終わらせ帰った

次の日学校は大騒ぎになっていた
例の美術室の絵が盗まれたのだ
最後に絵を見たということで僕は美術の先生にいろいろ聞かれた
「なるほど掃除をしてた時にはちゃんとあったんだね」
「間違いないです、あの絵は高価なものなんですか?」
「あれは『眠りに落ちた美女』といって私の知人の画家が自分の娘
の寝顔を見て描いたものなんだ、特に価値はない
最も画家も娘ももうこの世にいないけどね」
「そうなんですか・・・」

あの絵は結局見つからなかった、
不思議なことに泥棒が入った痕跡はなかったらしい

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 17:15:57.06 ID:TY5bjhlT0
>>47
不思議だけど怖くわない

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日:2008/07/27(日) 17:16:12.73 ID:v9B9Gzxq0
>>28で吹いた

>>19の意味が分からん

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 17:17:07.71 ID:AVcPzs/00
>>48
眠りに落ちた美女…見つめる目…

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 17:17:49.02 ID:1AfTJGkh0
寝顔をかいたんだよな・・・

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 17:21:24.96 ID:T1EodnS00
自宅で彼女とセクースをした後、寝てしまった。
気がつくと、部屋は真っ暗。どうやら日が落ちるまで寝てたようだ。
隣を見ると、彼女が居ないことに気付いた。同時に、バリバリくちゃくちゃと物を喰う音が聞こえて来た。
暗くてよく分からないが、彼女は椅子に座って何か食べているようだ。

俺:「おい、なんで電気付けないん?」

彼女:「……ウチも今起きたんや。お腹空いたわ~」

俺:「ほんまぁ。しかしまぁ、、、今日は初エッチだったねw」

彼女:「へへ。すごい良かったよ。…ウチのこと好きぃ?放さへん?」

俺:「あたりまえやん。お前以外はありえへんわぁ」

♪♪♪
枕元の携帯が鳴った。こんな時にシラケるだろうが、何やぁ?

【題名】RE
【本文】起きた?今夕食買いにコンビニに行ってんやけど、何が食べたい?(>_<)


「誰からのメール?誰から?ダレカラァ?ネエ」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 17:22:27.72 ID:3HnygrnM0
友人とキャンプに行ったんだ
遊び疲れてブラブラ一人で歩いてると結構長い吊り橋が
下は川で、落ちたらひとたまりも無い様な高さ
スリル感を味わいながら渡ってると、いきなり踏み板が外れ転落!
幸い転落防止用のネットに引っかかり事なきをえた
悲鳴に気付いた友人が急いで助けに来てくれた
俺「死ぬかと思った」
友人「大丈夫だったか?ホント、ロープ位修理して欲しいよな」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 17:24:24.58 ID:8/uMGuI6O
>>50
目を開けたまま寝る人だったんだろ

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 17:26:55.86 ID:3HnygrnM0
子供の頃は幸せだった。父の趣味でジュークボックスがあったのを鮮明に覚えている。
真冬には寒がりの俺に、裏地が二重のジャンパーを母が繕ってくれた。いい両親だっ
た・・。俺はそんな幸せを、21歳の時に些細な喧嘩で壊してしまったのだ。そして転機
は今年が明けたばかりのある日、訪れた。俺は薄ら寒い七畳半の部屋でただゴロゴロしな
がらだらけた時間を過ごしていた。唯一の存在だった18歳の彼女にフラれ完全に鬱だっ
た。親と喧嘩して飛び出してもう四年、バイトで食いつないではいたものの、社会的
にも死んでいるも同然の状態。友達もいない。だから、そんな俺の部屋、16号室のチャ
イムは当然ほとんど鳴ることが無い。だがその日は続けて五回も鳴らされた。そうい
えば昨日もおとといも鳴ってたな、どうせろくな用じゃないと思って出なかったが・・
・。俺のとこに来訪者などいないし。そう考えているともう一度鳴った。しかたがな
いのでインターホンを取ると、武士のごとく厳しい顔をしたお兄さんが映っていた。俺
宛に両親から宅配物が届いているという。今日で来るの3回目なんですよ、といかつく
言われた。両親から贈り物だって??そんなことありえない。だが彼の苦労を重視し
て出ておいた。見ると差出人はたしかに両親だった。なんだと思って開けてみると15mm
程の海で取れる貝殻と、手紙が入っていた。手紙は十行くらい。「久しぶりですね。あ
なたのことが気がかりで手紙を書きます。慎二、今までいろいろあったけど私たちはあ
なたのことを愛しています。いつまでそっちにいるつもりですか?パチンコばかりやっ
てあんまり仕事のあてが無いならこっちに来てはどうでしょう。地元でも年じゅう七丁
目のお店でスロットやってたものね。でもいいんです。あなたはもう十二分に頑張りまし
た。冬の九木湾の海は綺麗ですよ。いつでも待っています。」読み終わって俺はしば
らくぼう然としたが、直後に大声を出して号泣した。13日の契約更新でバイトはやめ
よう・・。そして両親と静かに暮らそう。そう思った。裏地を二重にしたジャン
パー・・23の時に自分で縫えるようになったんだ。ちゃんと着ていくよ

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 17:31:50.91 ID:Paqz/1v40
こんどみんなとあうときは ほんとうのほんとうに きれい
になってあいたいです。 ■■ はやくおうちにかえりたい
です。 もうこりごりです。ふかくかんがえることができる
ように どりょくします。 ほんとうに こりました。
はやくおうちにかえりたいです。
はやくいち人まえになって おやこうこうしたいです。
たいまやくすりなんてひつようないのにてをだしてしまったの
は ぼくの心がよわいからです。 たくさんはんせいします
たいまをすうとあたまがぽーとして、ふわふわするだけで
ねむくなっておしまいです。おさけとあんまり かわりません。
ぼくの むかしのことは よくおもいだせません。 せんせい
どうもすいません。 ひとつひとつおもいだしてかくと
3日も4日もかかりますのでかけません。

 
73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 17:45:41.47 ID:Paqz/1v40

薬物乱用患者が書いた手紙

教科書にも載る程

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 17:34:00.86 ID:T1EodnS00
780 閉鎖まであと 8日と 18時間 2007/01/15(月) 02:08:54.10 ID:7/BLERGo0
怖いから部屋から風呂まで
全部電気つけて風呂入ってきた\(^o^)/

だるまさんが転んだは平気だった
むしろ風呂出て部屋の電気つける時
掛けてた鞄が落ちた時のほうがビビったw

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 17:35:32.04 ID:AP0JXi9l0
>>62
これ見ると切なくなる

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 17:41:24.47 ID:cZHwRNHJ0
なんだったかな?
昔、アナウンサーの声が別人に変わってるってことがあったけど思い出せないorz

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 17:42:03.83 ID:qhHKeUtMO
>>5だけ分からんのだが…誰か分かる?

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 17:43:06.68 ID:YT/+Acqd0
>>67
幽霊じゃないって言う事は
実際に・・・・

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 17:43:45.72 ID:jvmxiBjE0
>>67
押入れにリアル死体ジャネ?
68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 17:42:07.14 ID:Zd41N+t90
>>63
これ気づいたら怖かった

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 17:46:05.03 ID:lcJXJW7IO
>>68
気付けない
気付かせてくれ
76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 17:47:02.29 ID:jp5xfkar0
>>74
電気

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 17:42:51.78 ID:AP0JXi9l0
微妙かもだけど

7がつ8にち
 ママとともよがいえにかえってきた。パパはにこにこしている。
 ぼくはママとパパにカレーをつくってあげようとおもってそういった。
「いいから、おとなしくしていなさい」
 パパがそういって、なにもさせてくれなかった。
 ママにあそんでもらおうとおもった。でも、ママはずっとともよとあそんでいる。

7がつ10にち
 きょういえに、しんすけおじさんとかおりおばさんとおじいちゃんとおばあちゃんがきた。
おしょうがつみたいでうれしかった。しんすけおじさんとあそんでもらおうとおもった。だけどあそんでくれなかった。かおりおばさんにほんをよんでもらおうとおもった。
だけどよんでもらえなかった。おじいちゃんとおばあちゃんもあそんでくれなかった。みんなともよとあそんでいる。
「おへやにかえっておとなしくあそんでいなさい」
 みんなにそういわれた。

7がつ12にち
 こんどのにちようびに、またおじさんやおばさんやおじいちゃんやおばあちゃんがくる。みんなともよとあそびにくる。ぼくとあそんでくれない。
「たべちゃいたいくらいかわいいって」

7がつ18にち
 はやおきしてカレーをつくった。やさいはじょうずにきれた。おにくはむずかしかった。やわらかくてプニャプニャしてて、ちがいっぱいでた。
「ともよー!ともよー!」
 ママがともよをさがしてる。もうすぐみんながくる。カレーがぐつぐつにえている。
「ともよー!ともよー!」
 たべちゃいたいぐらいかわいいともよ

 

 
77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 17:55:14.88 ID:3HnygrnM0
「あれ?こんな所にモスバーガー出来たのか」
「腹減ったし、喰いながら駅まで行くかな」
ハンバーガーとオニオンフライを買った
「やっぱりモスが一番だよな」
ファーストフードに舌鼓をうちながら歩く

ニャ~ゴ
「可愛い猫だな。野良か?ハンバーガーは食っちゃったからコレやるよ」

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 17:57:41.62 ID:Ul7J7P6I0
>>77
オニオン・・・か

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 18:00:00.24 ID:Rwb9/90bO
>>77
猫に玉ねぎは……

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 18:00:28.20 ID:UNiAdiak0
>>80
ハムスターとかも死ぬんだよな・・・

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 18:01:06.52 ID:jvmxiBjE0
犬も・・・

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 18:02:58.71 ID:5YCNa42FO
>>61
これって、この文章の一行に一つずつ隠れてる数字を
どうにかすると意味がわかるやつだよな?
前解読に挑戦したが、めんどくさいのもあって全然だめだった

誰か解説頼む

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 18:06:29.41 ID:jp5xfkar0
>>85
俺の両親は昨年の冬海で溺れて死んだのに・・・
解読は数字の順番に行を入れ替えて3文字目らしい

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 18:12:31.33 ID:B8LFvW180
ある有名な心霊スポットへ、深夜に車で行ってみたんです。
トンネルを抜けると、そこが有名な心霊スポット。
と、そこに目の前にふっと女の人の白い影が。
あ! と思って、慌ててブレーキを踏んで降りてみたところ、
そこに人影はなく、目の前は崖。
ガードレールが壊れていて、ブレーキを踏んでなかったら落ちてしまっていたかもしれない。

「あの幽霊は助けてくれたんだ」

そう思って、そこで手を合わせ、お祈りして帰路についた。

トンネルを引き返す途中、ふとミラーを見ると、後部座席に先ほど目の前を横切った女の人の姿が……。
その女の人は、こう呟いた。

「死ねばよかったのに」

「いや、でもホント助かったよ。ありがと」
「ば……ばかっ、あんたなんか死んじゃえばよかったのよ!」
「お礼しないとな。また来週きてもいいかな」
「ダ、ダメっ! また落ちそうになったら危ないわゎ!!!」

翌週、なんか弁当用意して待っててくれました。
作りすぎただけで、決して僕のために用意したんじゃないそうです。

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 18:13:45.61 ID:3HnygrnM0
>>94
                   ,'⌒,ー、           _ ,,..  X
                 〈∨⌒ /\__,,..  -‐ '' " _,,. ‐''´
          〈\   _,,r'" 〉 // //     . ‐''"
           ,ゝ `</ /  〉 /  ∧_,. r ''"
- - - -_,,.. ‐''" _,.〉 / /  . {'⌒) ∠二二> -  - - - - - - ちょっと心霊スポット行ってくる
  _,.. ‐''"  _,,,.. -{(⌒)、  r'`ー''‐‐^‐'ヾ{} +
 '-‐ '' "  _,,. ‐''"`ー‐ヘj^‐'   ;;    ‐ -‐   ‐  _-
 - ‐_+      ;'"  ,;'' ,''   ,;゙ ‐-  ー_- ‐    
______,''___,;;"_;;__,,________
/////////////////////

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 18:13:49.54 ID:Zd41N+t90
>>61わからん

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 18:15:09.92 ID:3HnygrnM0
>>97
各行に含まれる数字の順番に文章を並べ替えると縦読みができる
テキストを使うと分かりやすい

答えは>>90

 
105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 18:25:10.49 ID:Zd41N+t90
・。のとこに来訪者などいないし。そう考えているともう一度鳴った。しかたがな
なたことが気がかりで手紙を書きます。慎二、今までいろいろあったけど私たちはあ
宛に親から宅配物が届いているという。今日で来るの3回目なんですよ、といかつく
た。と喧嘩して飛び出してもう四年、バイトで食いつないではいたものの、社会的
イム当然ほとんど鳴ることが無い。だがその日は続けて五回も鳴らされた。そうい
えば日もおとといも鳴ってたな、どうせろくな用じゃないと思って出なかったが・・
は今が明けたばかりのある日、訪れた。俺は薄ら寒い七畳半の部屋でただゴロゴロしな
なたことを愛しています。いつまでそっちにいるつもりですか?パチンコばかりやっ
た。の九木湾の海は綺麗ですよ。いつでも待っています。」読み終わって俺はしば
程ので取れる貝殻と、手紙が入っていた。手紙は十行くらい。「久しぶりですね。あ
いのインターホンを取ると、武士のごとく厳しい顔をしたお兄さんが映っていた。俺
目の店でスロットやってたものね。でもいいんです。あなたはもう十二分に頑張りまし
らくう然としたが、直後に大声を出して号泣した。13日の契約更新でバイトはやめ
言わた。両親から贈り物だって??そんなことありえない。だが彼の苦労を重視し
て出おいた。見ると差出人はたしかに両親だった。なんだと思って開けてみると15mm
にもんでいるも同然の状態。友達もいない。だから、そんな俺の部屋、16号室のチャ
てあまり仕事のあてが無いならこっちに来てはどうでしょう。地元でも年じゅう七丁
がららけた時間を過ごしていた。唯一の存在だった18歳の彼女にフラれ完全に鬱だっ
子供頃は幸せだった。父の趣味でジュークボックスがあったのを鮮明に覚えている。
真冬は寒がりの俺に、裏地が二重のジャンパーを母が繕ってくれた。いい両親だっ
た・。俺はそんな幸せを、21歳の時に些細な喧嘩で壊してしまったのだ。そして転機
よう・。そして両親と静かに暮らそう。そう思った。裏地を二重にしたジャン
パー・23の時に自分で縫えるようになったんだ。ちゃんと着ていくよ

できた

107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 18:30:35.48 ID:63j8NAkM0
>>105
答え出てるのに良くやったなwww

 
112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 18:37:06.52 ID:AT90zBU2O
誰か>>1の解説を…

113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 18:38:15.51 ID:Zd41N+t90
>>112
解説してあるだろwww





115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 18:39:51.41 ID:63j8NAkM0
>>112





>>43の解説誰か頼むわ
本気で分からん


116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 18:41:13.71 ID:YT/+Acqd0
>>43はみんなが期待してるような怖い話ではなくて
読んだ通りの話だと思うぞ

117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 18:41:43.42 ID:jp5xfkar0
そのまま読めば充分に怖いことがわかる

119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 18:43:42.68 ID:uYcGc/mr0
あーこういう夜中にはよくあることかもしれないな。

俺もさっき後ろにある鏡が気になって気になって、
絶えられなくなって振り返ったんだけど、
ちゃんと俺の後ろ姿が映っててホッとしたww

120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 18:44:20.49 ID:63j8NAkM0
>>119
止めろwwwwww

121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 18:45:49.76 ID:XGwkFAwF0
>>119
どんだけ高速で振り返ったんだよ

122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 18:46:27.56 ID:5YCNa42FO
>>119

バッカ、そっちは残像だ!

135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 19:04:29.77 ID:YT/+Acqd0

幽霊系より>>9とかみたいな人間の怖い部分がテーマになってる奴のほうが怖いわ
俺的には総合失調症のあのコピペが一番怖いな
張るなよ!お前ら絶対張るなよ!

140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 19:10:26.55 ID:ynHo8oB70
>>65
他スレでたびたび話題になってるこれだと思う

ようつべ http://www.youtube.com/watch?v=-w_KX6qyg8M
↑の1:07~あたりから
NHKアナ「あのー、怪我をされたり、ガラスが割れたり、壁が落ちてきたりというような状況はありましたか?」
苗山さん「今~のところは、まだはいっておりません、」
NHKアナ「それはないですか、」 苗山さん「はい」
NHKアナ「ただその停電になったとおっしゃいましたね?」 苗山さん「はい」
NHKアナ「今あの、そちらの中能登町役場は、庁舎内は停電になっていますか?」
苗山さん「いや、あの~、ここはなっておりません」 NHKアナ「あ、そうですか」 苗山さん「ええ」
苗山さん「それとですね、すぐ、そういう事態になれば、あの~、非常発電もありますので。
       それについては、もう~機能的には、あー、じ(不自然に途切れる)」
―沈黙―

NHKアナ「…もしもし?」
?「ハイッ?」←明らかに声質が違う!!!!????
NHKアナ「あっ、あのー…、えー、引き続き苗山さんでしょうか?」
自称・苗山さん「ハイッ?」←聞こえてるのに疑問系で質問に答えない
NHKアナ「あ、もしもし?あの、
      電 話 の 方 変 わ ら れ ま し た で す か ?」
自称・苗山さん「いえ代わっておりません」←早口3倍速
NHKアナ「あっ、あのー…、 苗 山 さ ん で す ね …?」←アナ、確認3回目
自称・苗山さん「・・・・・・」←答 え な い 

NHKアナ「あ、今も、信号機の停電などは確認…、あの、停電によって信号機が例えばあの…
    止まってたりというようなことはあるでしょうか?」←動揺しまくり
自称・苗山さん「ふきゅしております。復旧しております」←早口3倍速
NHKアナ「あ、復旧していますか…」

141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 19:11:56.42 ID:E1W76LsKO
総合じゃなくて統合な

142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 19:14:40.72 ID:Zd41N+t90
総合わろた

143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 19:15:28.21 ID:qvhOj3EP0
総合(笑)はってくれおねがいします

145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 19:19:42.42 ID:4hr5CvU70
Q: 38歳の弟のことです。

もう7~8年、定職に付かず家にいます。
以前から、姉である私に対して、幼稚な嫌がらせをしたりしていましたが、最近はそれがエスカレートしております。
私の部屋と弟の部屋は、本来続き間ですが、襖を閉め家具を置くことで分けております。
建具では、壁のような防音効果は無く、お互いの立てる物音が、全て筒抜けになります。
平日の弟は、私が起きる時間より1時間~30分早く、大音量で目覚ましをセットして起きます。
私が起きて階下へ降りると、後から降りてきます。
私が二階へ上がると、直ぐに二階に上がって着来て、私の部屋の前で気味の悪い声を上げて笑い、自分の部屋のドアを勢いよく閉めます。

中略

今は、完全に無視して暮らしていますが、いつまでもこんな事を続けていると、私の方がおかしくなりそうです。
無視していても、何かが弟を激高させて、激しく殴られたり首を絞められたりした事もあります。
家に男性は弟しかおらず、誰もいさめる事ができません。
他に、蚊に刺される事を異常に嫌い、夏は家中蚊取り線香を炊いて歩いています。
これだけの異常行動をするのは、統合失調症などの精神病なのではないかと思いますが、いかがでしょうか?

林: 事実がこのメールの通りだとすれば、あなたのおっしゃるように、弟さんは統合失調症の可能性があると思います。
しかし、どうもこのメールの内容は解せないところがあります。
 弟さんが統合失調症で、あなたに対して何らかの妄想を持っていると仮定しますと、ここに書かれているように、あなたの行動を監視し、いちいちそれに合わせて嫌がらせをするという手の込んだ形は、ちょっと考えにくい行動です。
 しかも長い期間に渡ってあなたがそれを無視してそれなりに生活をされているというのも想像しにくいところです。
そして、「○○が自分の行動を監視し、いちいちそれに合わせて嫌がらせをする」というのは、統合失調症の方の典型的な被害妄想の訴えでもあります。

まさかとは思いますが、この「弟」とは、あなたの想像上の存在にすぎないのではないでしょうか。もしそうだとすれば、あなた自身が統合失調症であることにほぼ間違いないと思います。

http://www.so-net.ne.jp/vivre/kokoro/psyqa1087.html

147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 19:23:30.88 ID:LU4w5Sh90
909 名前:1/2[sage] 投稿日:2007/09/30(日) 16:43:39 ID:QL110J6N0
祖父がボケ始めたようでした。
何度も同じ事を聞いてきたり、何十年も住んでる近所の散歩で道に迷ったり。
おかげでめっきり落ち込んでいました。
そんな祖父が、私に口癖のように言うことがありました。
「昔食べた中華料理のデザートが美味かった、もう一度食べたい。」
桃のデザートでチーズケーキのように舌の上でとろける様なものということでした。

私は料理雑誌のバイトをしていたことがあり、そのツテで分かったのですが
どうも隣の県の中華料理屋で特別に作ってもらったものらしいのです。

私はその料理店を訪れました。
年老いた料理長は最初はそんな料理は知らないと言いました。
しかし、いろいろ聞いていくと思い当たることがあったらしく
「ああ、思い出したよ。君は奴の孫か。そういえば面影がある。
 奴がボケてきたか…。そうか、もうそんな年か…。
 ただ、あの料理は今では材料がまったく手に入らないのです。」
残念ですが材料がないなら仕方ありません。私はあきらめて帰りました。

148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 19:24:02.34 ID:LU4w5Sh90
910 名前:2/2[sage] 投稿日:2007/09/30(日) 16:45:17 ID:QL110J6N0
それから半年も経ったある日、その中華料理屋から連絡が入りました。
「奇跡的に材料が手に入りました。これも何かの縁です。
 ご家族と一緒にいらっしゃってください。」
私は喜びました。祖父に話すと「そうかそうか」ととても喜んでくれました。

翌日、祖父と両親、私夫婦、そしてやっと立ち上がることができるようになったばかりの私の娘、
6人でその中華料理屋を訪れました。
「やぁやぁ、よく来た。是非、皆さんに食べていただきたい」と歓迎してくれました。
そして出てきた料理は見たこともないデザートでした。
「これが、当家秘伝の白綿桃です」

芳しい桃の香り、プルンとした歯ごたえ、それでいてとろける舌触り、そして濃厚な甘み。
幼い娘も喜んで美味しそうに食べていました。
「如何ですか?当家に伝わる技と当家の長年の思いの味は?」
家族全員、とても美味しいと答えました。
私は、この料理の材料は何か訊ねました。
「う~ん、秘伝なのですが…。
 でも貴方のおかげで私の祖先も満足できたでしょうから貴方だけにこっそり教えましょう」
彼は私の耳元で囁きました。
「『特別な』牛の脳みそです。」

満面の笑みの料理長を見て、その奇妙な言い回しと祖父のボケの原因、
そして私たち家族、特に幼い娘にまで仕込まれた運命をすべて理解しました。

149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 19:25:57.51 ID:xIlINisV0
>>147
うあ~・・・

150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 19:27:35.13 ID:AP0JXi9l0
>>148
牛海綿状脳症でFA?

153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 19:41:06.03 ID:TY5bjhlT0
>>150
kwsk

155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 19:41:49.91 ID:zvIggSm50
まさか、自分にあんな映画のヒーローのような体験のチャンスが巡ってくるとは、その時は夢にも思わなかった。
夜の繁華街の裏路地で、俺はたまたまその事件現場に遭遇してしまったのだ。
「やめてください、お願いですから・・・」哀願する少女を取り囲むように
「いいじゃねぇかぁ、少しくらいつきあってくれてもよう!」と、3人のチンピラ。

「・・・やめないか、悪党。」思わず、口をついで出てしまった挑発の文句。もう後には引けない。
逆上する3人のチンピラ。ナイフを手にしたやつもいる。
ならば・・・と、俺は左手で、懐から三井住友VISAゴールドカードを取り出す。
「三井住友VISAゴールドカードキック!」俺はすかさず、正面のナイフを持ったチンピラの鳩尾に蹴りを叩き込む。悶絶し、倒れるチンピラ。
「三井住友VISAゴールドカード裏拳!」返す右拳を、唖然とするモヒカン頭の顔面に叩き込む。鼻の骨が砕け、昏倒する。
「三井住友VISAゴールドカードエルボー!」もう一人のチンピラの頭蓋骨を砕く。
「三井住友VISAゴールドカードチョップ!」残るひとりの頚動脈を断ち切る。
一撃必殺。
一瞬にして俺を取り囲むように血ダルマが4つ出来上がる
『次に喧嘩を売る時は相手をよく見て売るんだな』
俺に勝利をくれた三井住友VISAゴールドカードを拭き取りながら、こう呟いた
『持ってて良かった三井住友VISAゴールドカード』


156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 19:42:47.87 ID:jp5xfkar0
怖い系じゃなくて笑えるコピペじゃねーか

157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 19:42:58.88 ID:qvhOj3EP0
>>153
牛海綿状脳症でぐぐれ
にくこっぷんのやつだっけか
その(特別な)牛の脳みそがおいしいらしい
でも農相になる
おじいちゃんはその被害者
娘もそのうち

159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 19:45:41.69 ID:T1EodnS00
昔中古でテレビを買った。ブラウン管のだ。


そのテレビで殺人事件の報道をやっていた。
物騒な事件が起こっているなと思った。


被害者の顔写真が出た時、ものすごく強い目線を感じた。


「・・・被害者の女性の死体は、  が発見されておらず・・・」

160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 19:47:08.51 ID:AP0JXi9l0
>>153
BSEとも言うんだけど
その病気にかかった牛の脳を食べるとある病気に感染すると云われている
んで、その病気の症状には認知症が含まれてる

詳しくはググれば出てくると思う

161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 19:49:26.10 ID:uYcGc/mr0
こんばんは お元気ですか?
ろくな食生活をしていないだろうと
しんぱいしています。
にくだけじゃなく、魚や野菜もとらなきゃ
いけませんよ? この手紙が届いた時、私は
くるまでそちらに向かっている頃でしょう。
よるごはんは、美味しい料理を作ってあげますね。

162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 19:51:41.03 ID:TY5bjhlT0
>>157 >>160
サンクス。爺さん・・・・

163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 19:51:58.06 ID:AP0JXi9l0
>>155
笑えるんだか怖いんだかwww

171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 20:11:08.53 ID:43yVKkX+0
最近携帯に非通知で変な電話が掛かってくる・・
「私メリー、今ゴミ捨て場に居るの」・・最初は怖かったがそのうち気にならなくなり
むしろウザクナッテきたんだけど
なぜか毎日スコシズツ私のアパートに近ずいてくるの。
「私メリー、今商店街の角を曲がった所」などと言ってくる。
んで彼氏が遊びに来る日の朝にまた電話が来て
「私メリー、今あなたの家まで500メートルの所にいるの」って言われたけどさすがにウザくなったので
「ウゼーんだよ。もう電話してくんな」って言った。そのまま電話は切れて
夜になり彼氏がきてイチャイチャ。んでお約束のセックル。
結婚の約束もしていたので中田氏され赤ちゃんが出来た。
あのイタ電も全く来なくなり忘れかけていたんだけど・・その電話はいきなり鳴った・・


「私、メリー今あなたのお腹の中にいるの・・」



173 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 20:15:14.06 ID:K3Aco6Fy0
>>159
いまいちわからん。
教えていただけるか?

176 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 20:19:17.97 ID:uYcGc/mr0
>>173
きっと中古テレビの中に殺された女の眼球かなんかが隠されてるんだよ

177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 20:20:25.59 ID:nU1X0Tgi0
>>173
顔の部分が発見されてない

180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 20:23:48.60 ID:d6XI4fob0
誰か、父親が子供の爪切ってるコピペ持ってない?
あれはとっても怖かったような記憶があるんだが
うろ覚えなんだ…

184 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 20:25:55.54 ID:JobZdjzT0
大抵、表面的にはいい人を気取っている割に、
実は、面倒なことやリスクから逃げて、自分が必死になりたくないだけで、
自分の限界や実力が露呈することを恐れて、自分を取り繕うことだけを考えている。

自分から女に話しかけたり誘いをかけるわけでもなく、待っているだけの態度で、
同性にすら、自分が仏頂面をしていても優しく扱われることを一人で期待していて、
グループ行動ができず、かといって一人でも、一匹狼ではなく群れからはぐれた羊。

自分から企画をしたり、決断をするわけでもなく、すべて人に任せるだけで、
問題が起きれば、自分は関係ない顔をして逃げたり、迷惑そうないやな顔をするだけで、
当然ながら仲間からの信頼がゼロに近く、そういう評判にも敏感な女からは敬遠される。

当事者として経験を積むことがなく、年齢の割には顔つきが非常に幼く、
そのくせ、ろくな運動や食事をしていないのか、肌や体つきがかなり老けていて、
そのアンバランスさが全体的にエイリアンっぽくて、童貞の匂いがプンプンしてくる。

会話の内容が、テレビやネットを通じた他人の話ばかりで、行動力のなさが窺え、
知識自慢で相手を退屈させ、相手の話には必ず否定的な説教をして自分を偉く見せ、
話を膨らませるより遮断させることが得意で、ネガティブなオーラが顔をますます暗くする

186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 20:27:38.01 ID:m53yLYQ70
>>180
パチン、パチン
子供の足の爪を切ってあげながらふと思う。
パチン、パチン
安月給だから子供はまだいらないって言ったのになぁ。
パチン、パチン
この子もどんどん大きくなるから着る物とか出費がかさむよな~。
パチン、パチン
また俺の小遣い減らされるみたいだしな~、欲しいゲームソフトがあるんだよな~。
あ、ごめん。深爪しちゃったか。
・・・・・・・・・・・・・・そうか。
パチン、パチン

これで去年の靴も履けるようになった。
ゲームをやるのが楽しみだ。

191 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 20:29:40.63 ID:LAMAgQk60
わたしの弟から聞いた本当の話です。
弟の友達のA君の実体験だそうです。

 A君が、子供の頃A君のお兄さんとお母さんの田舎へ遊びに行きました。
外は、晴れていて田んぼが緑に生い茂っている頃でした。
せっかくの良い天気なのに、なぜか2人は外で遊ぶ気がしなくて、家の中で遊んでいました。
ふと、お兄さんが立ち上がり窓のところへ行きました。
A君も続いて、窓へ進みました。

お兄さんの視線の方向を追いかけてみると、人が見えました。
真っ白な服を着た人、(男なのか女なのか、その窓からの距離ではよく分からなかったそうです)
が1人立っています。
(あんな所で何をしているのかな)と思い、続けて見るとその
白い服の人は、くねくねと動き始めました。
(踊りかな?)そう思ったのもつかの間、その白い人は不自然な
方向に体を曲げるのです。
とても、人間とは思えない間接の曲げ方をするそうです。
くねくねくねくねと。

A君は、気味が悪くなり、お兄さんに話しかけました。
「ねえ。あれ、何だろ?お兄ちゃん、見える?」
すると、お兄さんも「分からない。」と答えたそうです。
ですが、答えた直後、お兄さんはあの白い人が何なのか、
分かったようです。
「お兄ちゃん、分かったの?教えて?」とA君が、聞いたのですが、
お兄さんは「分かった。でも、分からない方がいい。」と、
答えてくれませんでした。


192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 20:30:31.07 ID:LAMAgQk60
 あれは、一体なんだったのでしょうか?
今でも、A君は、分からないそうです。
 「お兄さんに、もう一度聞けばいいじゃない?」と、
私は弟に言ってみました。
これだけでは、私も何だか消化不良ですから。
すると、弟がこう言ったのです。
 「A君のお兄さん、今、知的障害になっちゃってるんだよ。」

193 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 20:30:30.95 ID:uYcGc/mr0
くねくねはなあ・・
派生しすぎたよな

194 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 20:31:14.99 ID:T1EodnS00
>>184がまさに俺のために張られたようなコピペで怖くなってきた

195 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 20:33:50.03 ID:Rwb9/90bO
>>186がいまいち分からない

196 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 20:33:56.66 ID:2HEHJhD30
>>186は去年の靴を削ったってこと

200 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 20:35:01.69 ID:LAMAgQk60
ある雪山に助手と撮影に行った。雑誌の仕事だった。
撮影何日か目に助手が怪我をした。
まだ予定枚数撮れてないので、雪山を降りる事は出来ず撮影続行。
助手の怪我は悪化し、何日後かに助手は死亡。
それでも仕事を終えてなかったので山を降りる事が出来ず
泊まっていた山小屋の側に助手を埋め、一人で撮影を続けた。
朝、カメラマンが目を覚ますと何故か助手の死体が横にある。
「埋めたはずなのにな...」とまた助手の死体を埋めて撮影へ。
これが何日も続くので、さすがにおかしいと思い、最終日
自分の寝姿が写る位置で連続写真が撮れるカメラを設置し、寝た。
次の朝、やはり助手の死体は自分の横にあった。そして下山した。
会社に戻ったカメラマンは、昨夜山小屋に設置したカメラのフィルムを
自分で現像した。 そこに写っていたのは、
起き上がり、寝袋から出、山小屋から出、助手の死体を担ぎ、
自分の横に置く、自分の姿だった。

201 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 20:35:25.24 ID:4C4MlWOA0
>>186
深爪に気づいたのにそこからパチンパチンって
想像するだけでつま先が痛くなる

202 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 20:35:30.92 ID:qvhOj3EP0
>>196
ありがたい解釈ありがとう

203 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 20:36:22.80 ID:d6XI4fob0
>>186
ありがとう
父親に対するトラウマをしっかり思い出せたわw

208 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 20:40:02.03 ID:d6XI4fob0
>>191
この白い人って結局何者なんだ?
気の触れた人? 人外のモノ?

>>195
爪じゃなくて指を…

213 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 20:47:40.45 ID:AVcPzs/00
くねくねは確かオカ板発祥の創作だったとおもう
かなり有名な話だぜ
コトリバコなんかも面白いよ

218 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 20:53:31.59 ID:dsYMsEiXO
育美ちゃんは小学校に上がる前にお父さんを亡くしてしまい
お母さんはその後再婚もせずに働きまくって育美ちゃんを高校は
もちろん、大学にまで入れてくれました。
でも、無理がたたって倒れてしまいました。
それでも身体が良くなるとまた働きはじめて、そしてまた倒れて・・・。
そんなことを繰り返しているうちについに起き上がれない身体になってしまいました。
そして自分がもう長くないと悟ったお母さんはお守りを1つ育美ちゃんに手渡し、

「ごめんね育美。ひとりでも頑張るんだよ。
でも、どうしても辛かったり耐えられなくなったらこのお守りを開けなさい」と言いました。

しばらくしてお母さんは亡くなってしまいました。
育美ちゃんはお母さんに貰ったお守りをお風呂に入るとき以外は肌身離さず持ち歩いていました。

あるとき友達(Nちゃん達)とプールに行ったとき更衣室で育美ちゃんのお守りの話になり、
中を見てみようということになったそうです。最初は断った育美ちゃんも
お母さんが亡くなってからだいぶ経っていたこともあり
まあいいかと思ってお守りの中をのぞいてみました。
するとそこには1枚の紙が折り畳んで入っていました。
なんだこれだけ?と拍子抜けした育美ちゃんが
その紙を取りだして開いてみると。そこには・・・

震えた文字で「育美、死ね」と書かれていました。


219 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 20:56:17.50 ID:cZHwRNHJ0
>>218
これってただ単に恨みから来てるものだとも考えられるけど個人的には死ぬほど辛いことならいっそ死んだほうが楽ってこと言いたいのだと思いたい

220 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 20:56:47.23 ID:KpuX9bac0
>>219
「育美 shine!」説もある

222 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 20:57:21.51 ID:AVcPzs/00
>>220
バーローwwwwww

227 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 21:02:48.81 ID:YT/+Acqd0
夜になったんで俺もう帰るわ
背中がスースーしてしょうがない

229 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 21:04:15.18 ID:uYcGc/mr0
>>227
もうおそいよ

245 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 21:16:29.58 ID:cZHwRNHJ0
62 名前: 番組の途中ですが名無しです 2005/10/02(日) 00:29:58 ID:vhbSipUL0
>>1
やっぱ茨城の竜宮城ハウスだろ。
ジイさんが一人で住んでる家なんだけど、自宅を竜宮城みたいに改造してるんだよ。
近所に「竜宮城、この先→」みたいな立て札まで立てて。
家をジイさん独自に改築しまくっててヘタな乙姫の絵とかが壁に書いてあったり
入り口に何故か炊飯器が置いてあったりしてもう滅茶苦茶。
ジイさんもブッ飛んだキャラ。ある意味最高に面白い。
この「ある意味オモシロイ」が話題になって街の名物ジイさんとして
探偵ナイトスクープや特ホウ王国にも実際「竜宮城」が紹介された事あるんだけど。
そのジイさんが死んで家を片す事になってからが恐怖。

壁からバアさんの白骨死体が出てきたんだよ。何年も前に殺して壁に埋め込んだらしい。
つまり、壁に埋めたバアさんの死体ある部屋を臭気を消して外界から隔離する
部屋にするために家を奇怪にしてカモフラージュしてたんだと。
辻褄合わせるためにずっとキチガイのフリをしたって事。

どっかに竜宮城の写真を載せたサイトがあった。なんとも言えない寒気がしたよ。

246 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 21:16:46.94 ID:x/gsG2ih0
>>4がわからん

247 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 21:17:43.00 ID:AVcPzs/00
>>246
入れ替わってしまった

248 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 21:18:28.14 ID:NH2rXTo2O
>>246
その日には入れ替わってたってことだろ

249 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 21:18:58.82 ID:x/gsG2ih0
>>247-248
理解できた瞬間鳥肌がwwwwwww

250 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 21:20:00.01 ID:BKz9Xg9X0
あの目がどうとかの絵が盗まれた話のコピペの意味がやっとわかった・・・
目が開いてたのは泥棒が切り抜いて目を出してたからだよな?
ずっと侵入してたから入った形跡もなかった・・・ってことじゃないの?

251 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 21:20:51.62 ID:22NA8PQm0
切り抜いたら盗んでもほとんど意味ねーだろww

252 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 21:21:25.96 ID:BKz9Xg9X0
>>251
書き込んでから思ったwwww
じゃあどうしたんだろう

254 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 21:25:09.01 ID:XGwkFAwF0
456 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2008/04/27(日) 04:44:44 ID:O7kzZ8gX0
じわ怖といえば最近の俺のカーチャンだなw
なんかさー、最近夜中に外に出るんだよ。パジャマ姿で。
この間寝つけなかった時、玄関の鍵の音がしたんだよ。がちゃって。
それで気になって窓から玄関の方を見下ろしたら、カーチャンだったんだよ。
んで、キョロキョロ辺り見まわして公園の方に向かっていったんだよ。
それから時意識して見るようにしてたんだけど、決まって土曜の夜中みたいだ。
今日も出かけてったよ。一時間前に。
でも、そん時にまた窓から見てたらカーチャンと目があったっぽいんだよね…。怖ええw

まだ帰ってきてないけど、帰ってきたら、っつーか明日なんか言われんのかな
とか思ったらどうにも眠れんorz

457 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2008/04/27(日) 04:49:09 ID:O7kzZ8gX0
a

458 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2008/04/27(日) 04:52:39 ID:O7kzZ8gX0
うそうそ。変なことを書いてごめん(笑)上に書いてあるの全部作り話だよ。本当にごめんなさい。気にしないで。もう寝ましょう(笑)


255 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 21:26:26.01 ID:BKz9Xg9X0
>>254
ご愁傷様wwwwwwwwwww

256 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 21:27:42.79 ID:m53yLYQ70
>>254
投稿時間もすげえ

258 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 21:28:40.68 ID:LtyHoOuf0
>>254
解読できない自分死ぬのかな

259 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 21:29:39.19 ID:LtyHoOuf0
ああ、わかっ

260 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 21:29:57.05 ID:AoLI9kgOO
>>258
深い意味は無いだろ

261 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 21:30:14.39 ID:22NA8PQm0
>>254
これはなんか書こうとしたらやられて母ちゃんが最後の書き込んだってことか?

262 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 21:30:57.68 ID:XGwkFAwF0
貼って気づいたけど最初のレスが下二桁まで4だ
オカ板のスレにあったレスだけどこりゃあ実話かもしれんね

263 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 21:31:50.63 ID:K3Aco6Fy0
>>261
だろうな・・・

やけに人減ったのは、ブログ見に行ったか。あれは一回見ると止まらないからなぁ

264 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 21:32:16.82 ID:BKz9Xg9X0
>>261
(笑)になってるとこからもそうかと

267 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 21:36:55.63 ID:7qF17JOQ0
サッポロビールの新入社員の面接で
奇妙な男がいた

その男は、大事な入社試験の面接だと言うのに
何を聞かれても黙っているのだ

業を煮やした面接官が
「君は何故黙っているのか?」
と聞いた

その男は、面接官の後ろの窓を見つめ
哀愁漂う目で遠くを見ながらこう言った

「男は黙ってサッポロビール」


その男は見事採用になった。


270 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 21:38:18.33 ID:g1DXhgEhO
これは謎解きですって言って長い文をずっと読ませるんだけど、それが実は危険な内容だった、っていうのなかった?
女の子がずっと動こうとしない話。

274 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 21:45:17.59 ID:WZ+8+0m30
>>267
これホラーじゃないだろwww
入社試験でこのコピペのマネした奴が
「同じ手は通用しない」みたいなこと言われて落とされたって話もあったな

277 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 21:49:47.33 ID:cZHwRNHJ0
俺が小学生の頃の話。

俺が住んでいた町に廃墟があった。
2階建てのアパートみたいな建物で、壁がコンクリートでできていた。
ガラスがほとんど割れていて、壁も汚れてボロボロだったから、
地元の人間でも、あまりこの場所に近づくことはなかったらしい。
ある日俺は、友人と肝試しをすることになって、この廃墟に行くことにした。
まだ昼ぐらいだったから、建物の2階まで上がって建物を探索した。
そしたら並んでいる扉のひとつに、文字が書いてあるものがあった。
友人と近づいて確認してみると、扉の前に
「わたしは このさきの へやに いるよ」
と書いてあった。
俺と友人は扉を開けて中に入り、先に進むことにした。
歩いて行くと分かれ道に突き当たって 、壁に
「わたしは ひだり に いるよ」
と書いてあった。
少し怖くなったけれど、俺と友人はそのまま左に進むことにした。
すると両側に部屋があるところに突き当たって、壁に
「あたまは ひだり からだは みぎ」
と書いてあった。
友人はこれを見た瞬間に、半狂乱になって逃げだした。
でも俺はその場所にとどまって、勇気を出して右の部屋に行くことにした。
部屋に入り進んでいくと、突き当たりの壁に
「わたしの からだは このしたにいるよ」
と書いてあった。下を見ると
「ひだりの へやから わたしの あたまが きてるよ うしろ みないでね」
俺は急いで、その部屋の窓から飛び降りて逃げた。
それからはもう、その場所には近づいていない。

278 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 21:50:10.16 ID:P2wYUr+C0
竜宮城の所為で今日眠れない……

280 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 21:51:33.64 ID:Zd41N+t90
>>277
これいつもよくわからんけど
2階から飛び降りたから死んだってことでおkなのか?

281 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 21:52:29.68 ID:WZ+8+0m30
普通に怖いだけの怪談ってあんまし怖く感じないんだけど
最後に「この話を聞いた人は○日以内に同じことが起こります」みたいなことを書かれてあるとダメだ
だからぬ~べ~のブキミちゃんとか滅茶苦茶怖かった


284 名前:1/3 投稿日:2008/07/27(日) 21:56:52.58 ID:4e3V3dY50
俺には10歳上の従妹がいた。
綺麗な人で、とても優しい。
名前は由紀(仮名)と言った。
由紀は俺の明仁(仮名)という名を崩して「あっくん」と
呼んでくれていた。
近所に住んでいて年の離れた俺とよく遊んでくれた。
いつも一緒で大好きだった。
由紀が社会人になり遊ぶ機会は減ったが
幼少と変わらず懐いていた。

俺が中学に入学した頃、由紀は結婚した。
初恋のようなものを感じていた俺は正直、ショックだった。
結婚と共に遠くへ引越した彼女とは会わなくなってしまった。

それからしばらくして久しぶりに家へ遊びに来た。
長い再会までの期間と幸せそうな由紀の顔に胸が詰まった。
両親と楽しそうに会話を交わすリビングを抜け出し
自分の部屋へ戻ろうとしたが、由紀は追いかけて来た。
「待って、あっくん、久しぶり。」
「・・・うん。」
俺は階段を昇りながら答えた。
複雑な感情を割り切れないまま、何故か少しの苛立ちと少しの悲しみが混ざり
由紀の顔を見れない。
「ねぇあっくんってば。」
そんな俺の気持ちを知る筈なく俺の後ろをついて昇ってくる由紀。
呼ばれ手首を掴まれた。
軽い力だったのに、心臓が痛いくらい跳ねて、それを振りほどいてしまった。
一瞬。
階段でバランスを崩した由紀は呆気なく落ちていった。
派手な音が耳に入って動けなかった。

285 名前:2/3 投稿日:2008/07/27(日) 21:57:27.02 ID:4e3V3dY50
両親が駆けつけ、救急車が来て。
そして知った。
由紀は妊娠していた、それを話しに俺の家へ来たこと。
けれど階段から落ちて、流産。
俺は病室で何度も何度も謝り後悔し泣いた。
そんな最低な俺を由紀は責めなかった。
「大丈夫よ、あっくん・・・。」と涙の溜まった瞳を向けてくれた。
俺が悪いのに、この件を誰にも言わなかった。

由紀はその後回復し、俺は学生の位が上がって勉学に勤しむようになって
互いに会えなくなった。・・・会わなくなった。
俺は大学を卒業し、何人目かの彼女が出来てプロポーズをした。
結婚式は親戚一同が集まる。
その中に由紀もいた。
「おめでとう、あっくん」
ずっと由紀に対して後ろめたさを感じていた俺は祝福の言葉に
不覚にも子供のように泣いてしまった。

286 名前:3/3 投稿日:2008/07/27(日) 21:57:51.67 ID:4e3V3dY50
再びぽつぽつと連絡を取り合うようになった。
やがて妻が妊娠した。
父になるという歓びがこんなに大きいものだと思わなかった。
両親はもちろん、由紀にも電話して知らせた。
いつにも増して仕事に身が入る。
妊娠9ヶ月目、そんな幸福の絶頂期だった。
残業中、妻が病院へ運ばれたと電話が来たのは。

母子共に危険ということで、手術室のランプが赤く光る。
ベンチには両親と由紀がいた。
どうやら自宅に遊びに来ていたらしい。
「奥さん、階段を踏み外したんだって…」
由紀が小さな声で隣に座った俺に話し掛けた。
「…あっくん」
脳裏では過去の由紀の流産の記憶が思い出されていた。
悲痛な面持ちで俯く両親と同じく目を瞑る俺の肩に手を置く由紀。
「私ね、あの時のこと、まだ許してないんだ」
場に似つかわしくない低い声音に驚いて顔を上げた。
柔らかな微笑みを作る由紀の瞳は初めて見る心底冷えたものだった。
「赤ちゃん助かるかなぁ」
由紀は笑った。
俺は妻が最近、大きなお腹を気遣って寝室を1階に移したほど
階段を避けていたことを思い出していた。

288 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 21:59:49.49 ID:Zd41N+t90
>>287
なんかカイジにみえた
つかれてるのかな

289 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 22:00:23.99 ID:cZHwRNHJ0

「 じ ゃ あ み ん な 二 人 組 み に な っ て 」

290 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 22:01:15.33 ID:Zd41N+t90
>>289
それはタブーだろ…
こわすぎ

292 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 22:01:28.43 ID:rCpazzwz0
>>288
俺も俺も

293 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 22:02:47.97 ID:4Gx9p6zmO
>>289
うわああああああ

301 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 22:07:04.80 ID:1NM6SsTzO
コピペというのか分からないけどオカ板の『今までに見た怖かった落書き』から

509:本当にあった怖い名無し :2008/06/30(月) 23:15:57 ID:tiipjsugO
ビルのかなり高いところに、滴ったような字で「姉さん」

510:本当にあった怖い名無し :2008/06/30(月) 23:21:41 ID:hSjuzQRVO
>>509
それ、かなり昔にあった悲しい出来事がモトらしいよ。10年?以上前に、何かの雑誌だかで由来を読んだ記憶がある。

511:本当にあった怖い名無し :2008/06/30(月) 23:38:16 ID:S9ahM5qk0 [sage]
そのビル壊されちゃったんじゃなかったかな

512:本当にあった怖い名無し :2008/07/01(火) 00:29:04 ID:MgQthNArO
>>510
>>511

509だけど姉ビルの詳細。

場所は茨城県つ○ば市。
かつてこのマンションの反対側にファミレスがあって、ある日ファミレスの前に立っていた子供が、道路の反対側に立っていた姉の存在に気付き、路上へ飛び出してしまう。
そこへ一台の車が…。
その際、子供が最後に叫んだ『姉さん』という言葉が壁に浮き上がった。
あまりの不可解さに近隣住民の間ではこのような都市伝説が生まれたという。

ちなみにこのビルはまだ存在するものの、文字自体は塗りつぶされたため、もう見られないみたい。

http://imepita.jp/20080701/012510/1533

302 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 22:09:00.51 ID:cZHwRNHJ0
ある日一人暮らしをしている女の子の家にビデオが届いた。

差出人もタイトルもなく、不気味に思った女の子は
友人Aにそのことを話した。
友人Aはそのビデオを面白そうに思い、
B、Cも呼んで皆で観ることになった。

Aの部屋に行きビデオを再生する。
そのビデオに映っていたのは、
中年男性がただ部屋の真ん中で踊り狂っている様子だけだった。

他の皆が大笑いしている中、
ビデオの届いた女の子だけが泣き出してしまった。

一体なぜその女の子は泣き出してしまったのでしょうか?

305 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 22:10:27.04 ID:AP0JXi9l0
>>302
その部屋は女の子の部屋だったから

という空気嫁

309 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 22:13:54.91 ID:22NA8PQm0
>>302
これアイドルのやつがこの前やりすぎコージーのスペシャルでやってなかったか

319 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 22:21:25.92 ID:gzQFukAr0
たまに妙にシュールなのがあるよなw

325 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 22:43:16.04 ID:QERQRtHy0
死後の世界があるとしたら怖い
死ぬ時の苦痛が霊になっても永遠に残り続けると思うと怖い

326 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 22:45:13.46 ID:b/+alz8s0 ?2BP(333)
幽霊になったら風呂覗き放題と考えると怖くない

332 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 22:50:26.50 ID:D8NpzmaO0
50 番組の途中ですが名無しです 投稿日:2006/04/04(火) 23:14:26.71 i8UE+cve0
そういうのすごくよくわかる!寂しい一人暮らしだと、
会社や家族以外の人とのふれあいが結構うれしかったりするんだよね。
俺の場合は、その日一日は本当ついていなくて、会社で他人のミスが自分に
降りかかってきて上司にめちゃくちゃ怒られるわ、いつもの定食屋が混んでて
自分の注文忘れられ、担当のお客には怒られ(超理不尽な理由で!)、
ありえない量のサービス残業押し付けられてもうさんざんな状態で、帰るころには夜12時を回ってた......
こういうときは気分転換にいつもと違ったルートで帰るといいと思って
寄り道がてら見知らぬラーメン屋に立ち入ったら、
そこで偶然中学のときのクラスメート数人とばったり出会ったのよ。
特に盛り上がった会話はしなかったけど、一人暮らしの寂しい俺にとって
こういう偶然の旧友との出会いって、なんか元気でるんだよね。
おかげでどん底から抜け出せたよ。
52 番組の途中ですが名無しです 投稿日:2006/04/04(火) 23:19:42.96 jfiemV9s0
>>50
ラーメン屋にクラスメート数人って、何人くらいいたの?

56 番組の途中ですが名無しです 投稿日:2006/04/04(火) 23:28:11.46 i8UE+cve0
>>52
よくよく思い出してみると、結構な人数いたかも。
女子とかも、こんな子そういえばいたなーって子もいたな。 懐かしかった。

59 番組の途中ですが名無しです 投稿日:2006/04/04(火) 23:34:12.54 jfiemV9s0
>>56
OK それ同窓会だ

65 番組の途中ですが名無しです 投稿日:2006/04/04(火) 23:39:16.31 i8UE+cve0
>>59
ありがとう 今週中に死ぬ

373 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 23:25:53.64 ID:1ODBrMge0
465 名前:名無しさん@明日があるさ[] 投稿日:2007/07/02(月) 21:29:42
大阪の某社で勤めていたんですが、限界を超えた人が凄まじい行動をするのを目撃したことがあります。私はそれがトラウマで転職した位でした。
プラスチック成形機の金型ってごぞんじですか?
あれの間に、先輩が入っていったんです。製品がはりついたのかな?とおもって、どうしたんですか?と声をかけた時気づいたんです。先輩が安全柵を自分でしめていたことに。
ズー、ズシュー、メキメキメキメキパキブシュー。とっさにみなが手元に
あった非常停止ボタンを手当たり次第おしました。
私はぴったりと閉じてしまった金型をみて、たぶんもう生きてはいない事を知っていました。
しかし開けない訳にはいかず、そのジレンマに主任に泣きついていました。
主任は工場長を呼び、そして現場にいた人達を全員工場から退去させて
機械を操作しました。工場長の嗚咽とも悲鳴ともとれる声がしました。
救急と警察の方がきましたが、警官の方は開け放たれた機械をみるなり
口から嘔吐物をぼろぼろとこぼしながら工場の外へと走っていきました。
その時ドアからちょっとだけ見てしまった、そこにはまだ人間の名残を
わずかに残した塊がありました。私はその後失神したそうです。

今でもまだ夢に見ます

 
394 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 23:34:51.36 ID:x/pi28vs0
バスの事故かなんかで、意味不明なスレたてたやつって既出?

407 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/27(日) 23:37:58.21 ID:T4Vybc1I0
私が牛乳を飲もうと冷蔵庫を開けると、誰かの生首が入っていました。
私はビックリして、思わず冷蔵庫のドアを閉めてしまいました。
きっと今のは何かの見間違いであろうと思い直し、
再び冷蔵庫を開けると、なんとそこには誰かの生首が白目を向いていたのです。
私は思わずドアを閉めましたが、きっと疲れていて見えもしないものを見てしまったのだと思い直し、
覚悟を決めて、改めて冷蔵庫を開けました。
するとそこには、何者かの生首が白目を向いて、ほのかにほくそ笑んでいるのです。
私はビックリして、冷蔵庫のドアを閉めましたが、きっと幻覚を見たに違いない、
最近あまり寝てないから、見えもしないものが見えてしまったのだと思い直し、
冷蔵庫を開けました。するとそこには、白目を向いた生首が入っていたのです。
驚いた私は、気がつけば冷蔵庫の扉を閉めていましたが、気のせいだと思い直し、
再びドアを開けると、やっぱり白目を向いた生首が、ほのかに笑っているのです。
思わず扉を閉めてしまいましたが、きっと幻覚に違いありません。最近寝てなかったから。
と、思い直し冷蔵庫を開けると、やっぱり誰かの生首が入っているのです。
思わず冷蔵庫を閉めた私でしたが、これは何かの間違いに違いない。
疲れているから見えもしない物が見えたのだと思い直し、冷蔵庫を開けると、
そこにはなんと白目を向いた生首が……、うわっと思い冷蔵庫を閉めましたが、
きっと疲れのせいで幻覚を見たに違いないと自分に言い聞かせ、
再び冷蔵庫を開けると、なんと誰かの生首が白目を向きながら笑っているのです。
思わず冷蔵庫の扉を閉めましたが、きっと気のせいで、
何かと見間違えをしたのだと自分に言い聞かせ、扉を開け直すと、
なんとそこには、何者かの生首が白目を向いて笑っていたのです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
月刊桜坂通信 | ニュー速vip | トラックバック:0 | コメント:0 |
新しい記事へ移動する  
  過去の記事へ移動する
コメント
この記事へのコメント
この記事へのコメントを書く
[非公開]管理人にメッセージを送る

パスワードは、「ID生成」「コメントの編集」に使用します。

コメントの編集は、IDから編集画面へリンク

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://aln1025.blog39.fc2.com/tb.php/24-375c880c
この記事へのトラックバック
 
 
トップへ

テンプレート作成:しるえっと どっと ほーりー/sil_st3c01m_r102

FC2Ad



お知らせ


FireFox推奨です
こちらからダウンロードできます↑


aln



当ブログについて

TOP絵
TOP絵募集中です
誰か作って下さい(人∀・)タノム
サイズは980*200くらいです

aln1025☆gmail.com までお願い ☆→@

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


Author:aln

フィードメーター - 仲間にゅーす
ブログパーツ




Twitter登録してみた


コメント欄にナンバーつけてみた
←新 旧→
TOTAL Pages
全部見てみる
ひとりごと

寒いです
もうストーブ大活躍です
携帯の機種変しました
使い方が全くわかりませんorz
仕事が忙しいため
更新少なくなります
でも見捨てないで下さい


IEで見ている方で
ページの最後まで
見れないって時は
画面縮小してから
横のスクロールバーを
出して最大化すると
見られるようです
お手数かけますが
許して下さい(;・∀・)
苦情を頂いてますが
どうにも直せませんorz

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



恋愛マニュアル - なぜあなたはモテない?
***************
あわせて読みたいブログパーツ
☆おもいつきエリア☆



待ってたヨ
!大感謝!
今いる人
現在の閲覧者数:
お世話になってます
d(゚Д゚ )☆スペシャルサンクス☆( ゚Д

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。