アクセスランキング

              笑う門には福が来る・・・らしいよ

  ヘッドライン!! ━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━ !!  

☆お気に入り新着記事☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

Powered by Ayapon RSS! オススメ プログラマー ペットフード


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
月刊桜坂通信 | スポンサー広告 |
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/29(土) 19:00:45.18 ID:5ovwFVaYO




おまえらはコピペを貼る作業に取り掛かってくれ
俺は全力でスレ内のコピペまとめる

まとめ先
http://mbbook.jp/gkbr/





3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/29(土) 19:06:27.30 ID:5ovwFVaYO




某自殺サイトのオフ参加したんだけど、結構可愛い女の子とかいてびっくりした。
オフ会ではみんななんで自殺したいのかとか、不幸自慢大会みたいになってて
俺もたまたま隣に座った結構可愛い子に、「なんで自殺考えてるんですか?」って聞かれたから
「実はまったく女の子にもてなくて、いまだに童貞なんですよ・・・」って言ったら、
「そんなことで自殺を考えるなんて馬鹿みたい」って言われて、オフ会二人で抜け出して
そのままホテル行ってヤラせてくれた。
初体験終えた後は、こんなことで悩んでたなんて馬鹿らしいって思った。
それを気づかせてくれた彼女にも本当に感謝した。
それで彼女に「本当にありがとう。ところで○○さんはなんで自殺しようと思ったの?」って聞いたら、
「実は私、エイズでもう長くないんだ・・・」って涙ぐみながら話してくれた。





4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/29(土) 19:08:51.83 ID:5ovwFVaYO





家に帰ったら、親父がテーブルでナイターを見ていた。
「お、お帰り。今日は早かったな」
俺が怪訝な顔をしながらネクタイをはずすとカーチャンが
「お帰りなさい。今日の夕飯は酢豚よ」
と言った。俺はああ、とか適当な返事をして上着を脱いだ。
すると弟が「にーちゃん、あのゲーム難し過ぎるよ、どうやってクリアすんの?」
と聞いてきたが、俺は言葉に詰まってしまった。
「あちゃー、打たれちゃったよ」
テレビでは投手ががっくりと肩を落としている。親父もなんかブツクサ文句をたれている。
弟は漫画を読み、カーチャンは忙しそうに歩き回っている。

俺はテーブルに付き、買ってきたコンビニ弁当の包みをはがしながら、こう言った。

「っつーか、お前ら俺のアパートで何してんの?」





5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/29(土) 19:11:34.61 ID:5ovwFVaYO





深夜、チャットで雑談していた。

「後ろを見てみな」

割り込まれた。

「見てみなって」

無視した。

「・・・仕方ないな」

やんわり、肩に手が触れた。





8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/29(土) 19:19:24.51 ID:5ovwFVaYO




990 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2008/09/25(木) 05:31:16 ID:a52XOOew0

何かまあ聞いてくれ

俺の友人に東京消防庁の消防士と地元交番の警察官がいて、お互いにとても仲が良い。
そんな友人達の話なんだがこのまえ
久し振りに会って居酒屋で三人で飲んだんだ
消防「この前現場があってさ、親子が三人仲良く川の字になって
黒コゲで死んでんだよ。良く火事になったら落ち着いて逃げましょう、
なんて言うだろ?それは不可能なんだよね、
ガス吸うとまず体が動かなくなるわけ、
意識のある中でジワジワと焼かれていくんだ。
だからきっついんだろうな・・・」
警察「署で聞いたな、その事件放火じゃなかった?
ひでー事しやがる。最近俺も仕事で行ったよ現場。
駐車場で練炭自殺があってさ。マジやっぱりおっかねえ
、練炭なら苦しくないなんてのは大嘘らしい、顔が変だったもの」
俺「少し前硫化水素なんてのも流行ったな」
消防「あれも駄目、あっさり死ねるなんて大嘘、ガスマスクしてないと不味い
実際緑色に顔変色して苦しみもがいて死ぬから」
警察「それも聞いたな、ここらで流行ってるよな最近
まあ確実なのはやっぱり縄で首吊りだな
それも誰にも発見されないように樹海で」
俺「こえー話すんなよ、まるで完全自殺マニュアルみたいじゃねーか」
消防「馬鹿言うなよ(笑)」

そして別れたあと、警察の友人から電話がかかってきた
「おい今日の話は誰にも言うな」
結構真剣な口調だった、いきなりの事でで全く意味が分からない
それが何だか怖かった





12 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/29(土) 19:23:50.83 ID:rZ8B6Xsu0



1 :かしまし ◆nJVaXTZo :02/04/02 04:05 ID:RIYlzIsA

たとえばそれは台所にあるとします
私がそれを取ろうとすると浮かんでいたはずのものも沈みますね?
だから最初から消えていたと理解して撮ろうとしてもやはりそれは存在しないといえます
次にわたしが言うことは「消えた」ということ
消えたのなら最初はそこにあったはずです
なのにそれ(例えですが)は浮かんでいるのですから掴める訳ありません
もし掴もうとしてもやけどしたりしますからそこまでのリスクを伴ってまで(経済的負担は除きます
消えるのを防がなくてもいいと思います

友達に言ったのですが相手にされなかったので、皆さんの意見を聞きたいです




14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/29(土) 19:25:54.41 ID:5ovwFVaYO



最後の言葉集

こんな言葉を残して死んで行った人たち。
本人たちはこれが自分の最期の言葉になるとは夢にも思っていなかったでしょう。
この言葉が出た時の状況とその後の成り行きを具体的に想像してみると結構いろいろあるみたい。

1.これで世界記録を作ってやるんだ。
2.圧搾機に時計落としたって?俺が取ってやるよ。
3.これは耐火構造なんだ。
4.多分、冬眠してるんだろう。
5.俺が犯人を捕まえるんだ。市民のお手柄ってやつさ。
6.それで、あんたたちは人食いの習慣があるって?
7.多分ただの吹き出物だよ。
8.うん、俺の一票で陪審の決着がついたんだけど、それが何か?
9.そんなことが起こる可能性は百万分の一だよ。
10.ピンを引っこ抜いてからいくつ数えろって?
11.どっちのワイヤーを切ればいいの?
12.母熊はどこにいるのかな?
13.これ、テレビで見たことあるぞ。
14.このきのこは食べられるやつだよ。
15.俺が持ってるから、導火線に火をつけてくれ。
16.おかしいね、あんた、チャールズ・マンソンそっくりだね。
17.ネズミ捕りの毒はネズミにだけ効くんだ。
18.40日も雨が降り続くわけないさ。
19.なんか味が変だな。
20.信号が赤に変わる前に行けるよ。
21.いい犬だね。
22. 目をつぶってたってできるよ。
23.今日は海水浴日和だな。
24.大丈夫、じっとしてれば近寄って来ないよ。






16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/29(土) 19:28:32.33 ID:D/ZlQTFnO



とりあえずどれもガチで恐くない件



23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/29(土) 19:47:00.91 ID:5ovwFVaYO




私が牛乳を飲もうと冷蔵庫を開けると、誰かの生首が入っていました。
私はビックリして、思わず冷蔵庫のドアを閉めてしまいました。
きっと今のは何かの見間違いであろうと思い直し、
再び冷蔵庫を開けると、なんとそこには誰かの生首が白目を向いていたのです。
私は思わずドアを閉めましたが、きっと疲れていて見えもしないものを見てしまったのだと思い直し、
覚悟を決めて、改めて冷蔵庫を開けました。
するとそこには、何者かの生首が白目を向いて、ほのかにほくそ笑んでいるのです。
私はビックリして、冷蔵庫のドアを閉めましたが、きっと幻覚を見たに違いない、
最近あまり寝てないから、見えもしないものが見えてしまったのだと思い直し、
冷蔵庫を開けました。するとそこには、白目を向いた生首が入っていたのです。
驚いた私は、気がつけば冷蔵庫の扉を閉めていましたが、気のせいだと思い直し、
再びドアを開けると、やっぱり白目を向いた生首が、ほのかに笑っているのです。
思わず扉を閉めてしまいましたが、きっと幻覚に違いありません。最近寝てなかったから。
と、思い直し冷蔵庫を開けると、やっぱり誰かの生首が入っているのです。
思わず冷蔵庫を閉めた私でしたが、これは何かの間違いに違いない。
疲れているから見えもしない物が見えたのだと思い直し、冷蔵庫を開けると、
そこにはなんと白目を向いた生首が……、うわっと思い冷蔵庫を閉めましたが、
きっと疲れのせいで幻覚を見たに違いないと自分に言い聞かせ、
再び冷蔵庫を開けると、なんと誰かの生首が白目を向きながら笑っているのです。
思わず冷蔵庫の扉を閉めましたが、きっと気のせいで、
何かと見間違えをしたのだと自分に言い聞かせ、扉を開け直すと、
なんとそこには、何者かの生首が白目を向いて笑っていたのです。




24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/29(土) 19:50:41.26 ID:bdiVHEyTO



>>23
これ毎回さっぱりわからねぇ


26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/29(土) 20:07:40.41 ID:oqSUv4v3O


>>24
おんなじことの繰り返しで生きてる気がしないってことだろ


28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/29(土) 20:31:15.43 ID:5ovwFVaYO




これは、私が小学生の頃の話です。学校からの帰り道、真っ黒な髪を腰まで
のばした女の子が、公衆電話の前に立っていました。その子が振り向いて
話かけて来た時に、その目が白く濁っていた事から、私は彼女が盲目である事
を知ったのです。その子は透き通った声で言いました「美加ちゃん、お葬式の
最中に悪いんだけど、私の代わりに電話をかけてくれる?」わたしは(何か
誤解されてるな)と思い乍らも、そこは突っ込まずに、それよりも彼女が何故
まよう事なく私の名前を言い当てたのか、知りたいと思いました。「どこか
で、会ったかしら?」すると彼女はクスクスと可笑しそうに笑い、本を
読むように饒舌に語り始めたのです。「クラスが違うから、知らなくても
無理はないけど、アナタの同級生よ。貴方は一組で私は六組。廊下の端
と端ですものね。でも私は、ずっと前からアナタを知っていた…。
目の悪い人間ほど、声には敏感なものよ。アナタはとても綺麗な声で、クラス
の人望も厚くて、よく皆の話題になってた・・・。だってアナタは優等生の
見本のような人ですものね。きっと私の頼みを聞いてくれると思ったの。
エゴイスティックな他の人たちとは大違い……」
なにかが狂ってるような気がしました。それでも私は、その少女の
いう通りに、ダイヤルを回し(当時はまだダイヤル式の公衆電話でした)、
少女のいう通りに、受話器を渡したのです。

女の子は、電話の向こうの誰かと声を潜めて話しては、時々こちらを見て、
にっこりと笑いました。その電話が終り、少女が去った直後でした。私が、
途方も無くおそろしいものに取り憑かれていた事に気付いたのは。

理由を詳しく説明する事はできません。私の
つまらない文章の意味を理解した者だけが、とり
かれる。そ
れが、この少女の呪いの
ルールなのですから。




31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/29(土) 20:44:28.40 ID:Wh9v7IxvO



ある日彼からムービー付きメールが届いた。
なにかと見てみると自殺する内容だった。
縄に首をかけ首を吊って苦しそうに、もがいて彼は逝った。
そこでムービーは終わった。



33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/29(土) 20:58:05.68 ID:5ovwFVaYO




本を買おうとしたら立ち読みしていた女が居て、本が取れなかった
だもんで、「すみません、ちょっと本を取らせてください」って言ったらシカトするんで
「おい、不細工!本が取れねーからどけ」と言ったら真っ赤な顔して何か言い返してきたが
シカトしてレジで金払って表に出たら
表に彼氏の車が止まってたみたいで、その女がいきなり車のドア開けて何か叫んだら
運転席から男が出てきたんだ
で、そいつの顔見たら めっちゃヤー公丸出しの顔してた。
あっちゃーヤベーと思って原付にまたがりヘルメットもせず本屋から離れたら
後方からタイヤの軋む音がして、クラクション鳴らしながらその車が来た
おれ、速攻で加速しても車と原付、全然パワーが違うわけで追いつかれそうになった
そんとき、丁度前の信号が赤で車が止まってたんだが 信号無視で車の左をすり抜けて、左折したら
DQNもクラクション鳴らしながら停車中の車の右から左折してきたみたいだった。
すげー勢いで来たんで、また左折してちょっと細い道に逃げ込んだ。
んで、その先の信号を右に曲がって路地裏に逃げ込もうとしたらDQNの車が右に曲がり損ねて
右かどの家に突っ込みやがった
俺、恐くなってダッシュで逃げたんだけど気になって一旦原付を家に停めてから
帽子かぶってチャリで現場に行ったら、警察とか救急車が丁度来てたんだが
女は救急車に乗せられたが、男はまだ車内に残ってた
ぐったりして全然動かないのをみて俺恐くなって逃げた
そっか・・・・・とりあえずナンバーは見られているかもしれないけど
どうだろだいぶ暗くなってたし、前にこけた時に折れ曲がってるから良く見ないと見えないかも
でも本屋の防犯カメラに俺映ってると思うし・・・でも死んでたらなんか嫌だな・・・・
とりあえず女の方は直ぐに救急車に乗せられたみたいだけど
男は動かなかったし、車から出される気配もなかった。

俺に責任あるのか?





34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/29(土) 21:05:27.66 ID:5ovwFVaYO




732 :こてはん:2007/09/22(土) 19:46:48 ID:Wdg4rTEF0

「結婚おめでとう。乾杯!」
「サンキュ。乾杯!」
「まさか、俺より先にお前が結婚とはね。父親にもなりやがって。」
「・・・だな。」
「無茶は禁物って事だよ。俺とも距離置いた方が良いと思うぜ。」
「そうだな。自分だけの体じゃ無くなったからな。」
車とかも運転しない方がイイんじゃねーのかw」
「・・・。」
「お前、九死に一生ありすぎたし、もう、打ち止めって感じすんだよな。」
「・・・確かに・・・そうだな。前回は、トラックと正面だったしな。」
「?トラック?聞いて無いぜ?」
「いや、ほら、飛行機墜落して、助かった帰りに、ほら・・・。」
「飛行機?なんだそれ?」
「?あれ?船だったか?」
「何言ってんだ。お前?」「・・・・。あれ?デジャブだ!ほら、この音。ピッ・ピッ・ピッ・って。」
「・・・・・・。」
「ほら、ピッ・ピッ・って・・・あ、ピーーーーーって・・な・・・・た」




39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/29(土) 21:15:18.81 ID:Z8tCovdp0



俺はいつも三人の友達とふしぎな遊びばかりしてた。宇宙ごっことか心霊の遊びとか。
北斗七星を見ては宇宙にお前らと一緒に存在してることに感動したりしたよな。
海へ遊びに行くときには、たらふくイカ焼き4人前食った大輔が車で吐いたよな(笑)
十分楽しかった。なにくわぬ顔で俺に教えてくれたあの言葉の意味・・。過去をばかり思いだす。
学校でテストがあったんだ解けない問題は1つもなかった。和美と大輔と啓太にカンニングさせたっけ。
小学6年の時には、神童とお母さんにいわれてたのに今じゃこいつらと同じ悪い仲間だね(笑)
2学期なっていろいろと、読書もするようになった友達達。俺も勉強いっぱいしてたんだよ本当は。
でも去年の成績は全然、俺らしくなかった。5問も間違ったのを大輔にバカにされた。
八月には、心霊スポットではしゃいで楽しかったらろ?あれは俺をバカにしたお前ら呪う為だったんだよ。
でも、そんな友達もみんな死んでしまった。9月のころ交通事故で。呪いが強すぎたんだね。みんなごめん。




42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/29(土) 21:22:08.18 ID:5ovwFVaYO



その日俺は部屋で勉強していた
母親は出かけていて夜まで帰ってこない
しかし夕方ごろ俺のドアの前に誰か来た
まだ早いはずだが

「ちょっと、A、開けてくれない?」

母の声だ しかし今は面倒なのでこう言った

「やだよ 下にでも行ってろよ」

「何で、ちょっと、開けてくれるだけでいいのよ」

「嫌だって言ってるだろ」

「・・・・・チッ」

「・・・・・?」

その直後電話が鳴った

「あ、A? もうすぐ帰るから」

え・・・・・?




44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/29(土) 21:30:43.15 ID:5ovwFVaYO




「道を教えてください」

夕方の路地でそう話し掛けてきたのは背の高い女だった。
足が異様に細くバランスが取れないのかぷるぷると震えている。

同じように手も木の枝のように細く、真っ赤なハンドバッグをぶら下げている。
はあはぁと何度もため息なのか呼吸なのか分からない息を吐き、
僕に聞いているはずなのに視線はまったく違う方向を向いている。

「あ・・あの。どちらへ・・・?」
やばい人っぽい。
僕は早く答えて立ち去ろうと思った。
「春日谷町1-19-4-201」
「・・・・・・」
そこは僕のアパートの住所だった。
部屋番号までぴったりと合っていた。
「し、知りません」
僕は関わり合いたくないと本気で思い、そう答えた。
すると女はゴキッと腰が折れ曲がるほどにおじぎをして、
またふらふらと路地の奥へと消えていった。
「超こぇえ…」
僕はわざわざ遠回りをしてアパートに戻ってきた。
部屋のカギが掛かっているのを確認し、さっさと開ける。

「道を教えてください」

真っ暗な部屋の中から声がした。




50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/29(土) 21:39:02.24 ID:5ovwFVaYO




6月の終わり頃、アパート暮らしの大学生が、腐乱死体の状態で発見されました。

兄の勝巳さんが呼ばれ、身元確認に続いて、留守電のメッセージが再生されました。

3月14日-母親から 思い出話、途中で切れる。

3月16日-友人から 旅行の誘い。

3月21日-父親から 祖父が会いたがってる旨。

4月25日-友人から 大学に顔を出せと。

5月1日-母親から 勝巳に連絡しろと。

そこでテープが終わり、

「ご両親からの電話はいつも深夜2時過ぎですな」と
刑事がつぶやくと、勝巳さんがうなずいてから言いました。


「両親は、僕らが小さい頃に死にました・・・」





55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/29(土) 21:48:01.18 ID:5ovwFVaYO



おれが当直だった夜に、急患でおれは叩き起こされた。
急変とかで、まあよくあることだ。

処置室に行くとちょうど患者が救急車で病院に着くときだった。
救急車からストレッチャーで下ろされたのは、真っ黒に焦げた死体(にみえた)
だった。救急車のスタッフにきくと、交通事故をおこしたドライバーで
引火した車のなかで取り残されたらしい。50代位の男性だった。

一応、生きてはいるが、そりゃもう表面なんかコゲコゲで肉の焼ける
においがあたりに立ちこめ、俺はもう吐き出しそうになった。
全然動く気配もない。もう時間の問題だ。
「すごいですよ。一応心停止してません。まあ、もうだめでしょうけど」
と救急隊員は言った。
医師も
「あー、こりゃすごいね」と言って治療をする気もなさそうだ。
「ひどい・・・・」看護婦も目が怯えていた。

俺は一応検査をするための準備にかかった。
機器を用意している部屋に入って準備をしていたら、その黒こげの患者が運ばれてきた。
おれは腕に検査の為に針を刺すのでその患者の血管をさがしたが
表面が黒こげでどこに血管があるか分からなかった。
「あー、これ、メチャクチャでどこだか分かんないよ」と俺は言った。
皮膚のまともなとこを探そうと腕をつかんだとき、その黒こげ患者が言った。
「・・・そんなに私、ひどいんですか・・・・」

「あ、あ」
俺は声にならなかった。ずっと意識はあったんだ。
今までの俺達の会話を聞いていたんだ。





74 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/29(土) 22:16:38.80 ID:Fwem2CqEO




コピペじゃないんだけど……
五年くらい前、家でカセットテープを見つけた。
俺は、ガキのころ兄貴とふざけて自分たちの声を撮ったテープだと思って懐かしくて聞いてみた。
けど、聞こえてきたのはウヨウヨウヨウヨみたいな不思議な音だけだった。
イメージ的にはマザー2の最後のギーグみたいな。
「まぁ、十年以上前のテープだし、おかしくなったのかな」と思って、それでも昔の自分の声聞きたさにもうしばらく聞いていたら、突然、
「お前は今日死ぬ」
とだけ、低い男の声ではっきり聞こえた。
俺は驚いてテープをすぐに止めた。
いたずらの可能性もあるけど、そのテープ撮ったのは幼い俺と兄貴のはずだし……とにかくその日はずっと怖がってたよ。




93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/29(土) 22:32:39.46 ID:nIAfzoq80



ひき逃げにあって入院してたんだけど、やっと退院できた
仲の良かった友達が家に遊びに来た。
「病院にお見舞いにいけなくてごめんな」
「気にしないでよ」
「犯人の顔見たのか?」
「いや~、いきなりだったから覚えてないんだ」
「そうか」
「お前も気をつけろよ」
「あぁ、じゃあそろそろ帰るわ。今度はちゃんとお見舞いに行くからな」
「ありがとう」




95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/29(土) 22:33:25.99 ID:nIAfzoq80



自分の部屋にいると、ずっとどこかから視線を感じるような気がする。
家族のいる居間や、外ではそんな気がしないのに、
部屋で机に向かっていると必ず誰かから見られるような気がする。
あまりにひどいので、外から誰か覗いているのかと思い、
カーテンを開けて窓の前に立ち、外を見てみた。
一瞬、自分の背後に人影が映り、びっくりした。
けれどもよく見たら、鏡と向い合せになった背後の鏡に、自分がうつっていて、
それが窓に映っているだけだった。こっちを向いて立っている鏡の映像を見ながら、
そうか、いつもの視線の主はこれだな、と思い、安心してまた机に向かった。




99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/29(土) 22:38:23.02 ID:b4CCca/n0




そういやテープとかラジオって不思議な事多いよな。
中学くらいの時、テープで嘉門達夫のおもしろ話聞くのが流行ってよく聞いてた。
ある時新しいテープを友達に借りてきたから、ラジカセで楽しみながら聞いてたんだ。
そしたら中盤くらいで急に音が止まって無音になってさ、あれ?どうしたんだろ?と思ってボリュームを弄ってた。
不意にブッブッって音が鳴ったと思ったら、いきなり何人かでハモってるお経が聞こえてきてさ。
なんだこりゃ?前のが残ってんのか?って思いながら2-3分聞いてても一向に終わる気配がなくって。
何か怖くなって、1回切って音が消えた前まで巻き戻してもっかい聞いてみたんだ。同じのが流れたら録音されてただけって事だし。
まぁ当然の様に前回切れた所からは普通に続いちゃってさ。何回巻き戻しても、最後まで聞いてもお経は聞けなかった。
確か弟もいたと思うんだけど、そんなの聞いてないって言うし滅茶苦茶不気味だったなぁ…。
ラジオの混線とかだったのかな?今でも不思議だ。
長いのにつまらなくてすまん。





105 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/29(土) 22:42:43.74 ID:rZ8B6Xsu0



秋葉原のどっかの店の万引き防止の張り紙が
万引きをすると警察には通報しませんが、店長がホモです。
お気をつけ下さい。
みたいなのを見たことがある。





112 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/29(土) 22:50:19.76 ID:gOs/tvoy0




1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/07(月) 05:56:16.03 ID:ISGGjoxD0

ある日の夕方。
僕が自分の部屋で本を読んでいると、突然窓をバンバン!と叩く音がした。
びっくりして振り返ると、友達のB君が興奮しながら窓を叩いていた。
『A君!開けて開けて!!』
僕が慌てて窓を開けると同時に、物凄い勢いでB君が話し出す。
『あのさ、ついさっきの話なんだけど!!』
『ちょ、ちょっとB君、その前にさ…』
『まあ聞けって。さっき自転車乗ってたんだよ。河原走ってて。』
『…うん』
『暫く走ってて、何かおかしいな~って思って自転車降りたらさ…』
『どうしたの?』

『自転車のチェーンかけたまんまだったんだよ』

『え?』
『だから、チェーンがかかってて、タイヤが回らなかったの』
『…?それでどうやって走れるの?』
『分かんないよ。その時までは走れたんだよ。でもさ、その後はだめだった』
『だめって?』
『チェーンかかってるって事に気付いたら、走れなくなっちゃった』
『そうなんだ…』
『無意識だからできたのかなぁ…。あ、A君さっき何か言いかけてなかった?』
『え?!…あ、うん…あのさ…』
『?』

『…ここ、5階なんだけど、B君どうやってそこに立ってるの?』


120 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/29(土) 22:55:28.61 ID:gOs/tvoy0



オチ

8 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/07(月) 06:09:43.11 ID:Oy9NIkt/0

A『…ここ、5階なんだけど、B君どうやってそこに立ってるの?』

B『人間やればできるってことだよ!』
A『ふーん・・・』
B『・・・・』
A『・・・・どうした?』
B『気づいたから落ちそう・・・』
A『ちょwww待て待て待てwwwチェーンの原理かwww気づいたらできなくなるのかwww』
B『う、うわああああああっ!!!』
A『B!!!』
B『ハァハァ・・・』
A『無事か・・・良かった・・・』
B『あー良かったー・・・、何かに引っかかって助かった・・・』
A『何にもひっかかってないぞ・・・』
B『うわぁあああああああっ!!!』
A『もう知らん・・・』





131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/29(土) 23:04:50.27 ID:5ovwFVaYO




僕が廃墟に探検に行った時のこと。
二階には小さな子供部屋があって、僕は何か面白い物がありそうだからそっと入ってみた。

ボロボロの机に、一つ日記帳が置いてあった。でも中は真っさら。
なぁんだ残念、と思ったら、1番最後のページに、汚い字で日記らしいものが書いてあった。


『8/18 はれ

ねこふんじゃった
ねこふんじゃった
ふかふかの毛布にくるまった
ねこ、ふんじゃった
わざとじゃないよ
でも、ちょっといい気味だったよ

ネコさんはイタいとき、ニャアって鳴くけど、
ねこふんじゃったとき、ねこは泣かなかった。
なんでかなあ、ふしぎだなあ
あ、ママがゆうくんを呼んでる。
ずーっと呼んでる。

ゆうくん、まだ起きないのかなあ』


僕はなんだかゾッとして、日記帳を閉じた。

壁には、寝ている赤子の絵がかかっていた。




134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/29(土) 23:05:46.72 ID:Jxufwl6CO




バイトの帰り 深夜2時 立ちションでもいい なぜか 駅に寄る トイレに入る
 子供の泣き声 尋常じゃない泣き声 思わず女子トイレを覗く 30代くらいの女
 10歳くらいの女の子をスーツケースに詰めてる カバンは明らかに小さい 
すでに無理な体勢の少女 女がカバンに思いっきり乗っかる  バンっとカバンが
閉まる音 同時に パキバキャ 聞いたことが 無い音 女がこっちを見た 俺逃げる
 家に着く そのまま寝る 朝 夢だった 自分に思いこませ 部屋を出る 
何かに躓いた 倒れる 目の前 昨日のスーツケース 変な柄 間違いない 怖い 
 逃げよう でも 今 俺の指紋付いた シャツ 手が付いた所拭く チン 
エレベーターが開く 人が降りてきた 俺見られた 焦る このまま置いて逃げたい
 でも 見られた スーツケース運ぶ 重い 中にぎっしり詰まっている そんな感じ
 車を出す 山の中 スーツケース捨てる 車に乗ろうとする ガタ カバンが開く音
 怖い けど 振り向いてしまった 中は 少女を詰めた30代の女 みっしりと
 ねじれて 詰まっていた。 車に飛び乗る 部屋に帰る ふるえながら 寝た
 1年後 兄貴 再結婚 実家帰る 嫁子連れ 

 あの2人。





167 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/29(土) 23:30:40.09 ID:TmU5Zlly0




俺が小学校低学年だった時、TVでは結構キツイ内容のものがよくやっていた
特にCMなんか気が狂ったようなものがあってそれが映るたび俺は婆ちゃんに泣きついてた

良くある「車の運転には気をつけましょう」ってCMなんだけど内容がマジキチ
何か特別な日なのか家で母親と男の子が
3人家族の絵が描かれたジグソーパズルを作りながら父親の帰りを待ってる
「パパ遅いねー」とか言ってるんだけど当の父親はなぜか飲んだくれてる
母親と子供が待ちくたびれてウトウトしはじめた時にやっと父親が帰ろうと車に乗る
飲酒運転だからもう運転めちゃくちゃ、しかも半分眠りかけてる
そこで突然画面が赤くなったと思ったら
父親の声「うわあああああああああああああああああああああああ」
事故った瞬間家の場面に切り替わってジグソーパズルが吹っ飛ぶ
カメラがそのパズルに近づくと突然パズルが反転、
楽しい家族の絵が真っ暗の部屋で踊り狂う3人の死霊の絵に変わる
その瞬間

「うひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひ
ひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひ」

父親の笑い声が響いてCMは終わった





170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/29(土) 23:31:56.08 ID:JqVQ9m9c0



ある4人家族がとある地方の旅館に宿泊。深夜に娘か母親が トイレで惨殺されているのが発見された。
全身を刃物で滅多刺しにされ、顔面は誰だか判別がつかなくなる程 斬り付けられていた。死体には舌がなかった。
トイレには格子のついた幅30・、高さ10・程の窓と小さな通風孔があったが、 とても人の入れる大きさではない。
カギもかけられていた。誰がどこから侵入してきたのか・・・。
警察はその旅館を経営している夫婦、その息子、近辺の変質者などを 聴取したが、
現場が密室だったこともあり、迷宮入りになるかと
思われたが、ある日、旅館経営者夫婦に付き添われたその息子が署に出頭。
「近所の目もあり、なかなか正直に話すことができなかったが、 とんでもないことになったので、お話します」
「息子は盗撮が趣味で再三注意していましたが、事件当夜もビデオカメラで
天井裏から個室を撮影していていたのです。撮影していると格子のはまっている
小窓のガラスが開き、ガラスの破片を持った小さな・・・、いや、 このビデオテープに一部始終がはいっていますので・・・。」
息子はビデオテープについて訪ねられると、恐怖が蘇ったのか半狂乱に。
精神に異常をきたすほどの何かがこのテープに入っているのかと思い、
捜査員達もテープを再生するのを恐れた。
そのテープには排尿する女性を俯瞰で撮影した映像が収っていた。
和式便器にしゃがんでいた女性が立ち上がろうとしたその時、
小窓からガラスの破片らしきものを握った小さな、15~20・程の
老婆が音もなく飛び込んできた。女性は悲鳴をあげる間もなく
咽を掻き斬られ、そして顔中を、体中を斬り付けられ・・・。
女性が息絶えると、小さな老婆は死体から舌と頭皮の一部を切り取り天井を見上げ、
「次はおまえだよ」 と言って小窓から出て行った
「おもしれぇ・・・」 そうテレビの中で老婆が宣言した瞬間後ろから声が聞こえた
「なんだね君は・・・~~~~~~~~ッッッ!?」 捜査員が声をあげようとして怯む
その男の圧倒的威圧感、存在感に 赤い髪、捜査員の2倍、
いや3倍の太さはあろうかという手足 捜査員の中には、泣き出すもの、衝撃の余り失禁する者もいたという。
「相手がなんであろうと関係ねぇッ・・・喰うぜッッッ!」
そういうと男はポチポチと慣れた手つきで携帯電話を操作し
「活きのいい獲物が見つかったッッ!30分以内に俺のところに来い、ストライダムッッッ!!」 そういうとその男は壁を突き破りその部屋から出て行った





185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/29(土) 23:50:24.23 ID:5ovwFVaYO


780 閉鎖まであと 8日と 18時間 2007/01/15(月) 02:08:54.10 ID:7/BLERGo0

怖いから部屋から風呂まで
全部電気つけて風呂入ってきた\(^o^)/
だるまさんが転んだは平気だった
むしろ風呂出て部屋の電気つける時
掛けてた鞄が落ちた時のほうがビビったw




186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/29(土) 23:51:22.91 ID:6bdFZgqb0




 >>185
これ好きだwww
よくできてるwww


195 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/29(土) 23:58:41.11 ID:E3hDz2360




あるラジオ番組での話。
そのラジオ番組で、百個怖い話をすると
なにか起きるという都市伝説をもとに実行したらしい。

そして百つめの怖い話が終わり、なにか起きるか期待したが
なにも起こらなかった。

そしてその日の晩、百人で打ち上げ。
するとある男がこう言った。

「俺もとっておきのがあったのに」

ちょうど百人いるはずなのに一人余るはずがない。
となり、もう一度聞きなおすことに。

すると53番目の男がこう言った。

「えーっとね、俺が死んだときの話なんだけどさぁ,,,」




206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 00:07:21.34 ID:TVwj0EG2O



257 愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中 2008/06/22(日) 05:30:49.26 ID:sP9ZibAx0

先日近所で火事があったんだ。行ってみると既に消防車が到着していて
予想どおり野次馬がたくさんいたわけだ。

それでね。燃えてる家を見てると、二階の窓から小さな女の子が何か叫んでいたんだよ。
でもなぜか、みんな見ているだけ。
不思議に思って周りの人に聞いたのさ。「何故助けないんだ」って。

そしたらさ…


「この家には子供はいないはずなんだよ」


女の子をよく見ると、笑いながらこう叫んでいたんだ。


「燃えろ。もっと燃えろ。」





207 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 00:08:00.11 ID:3YXUYKX90




高校の頃、北海道に引っ越してきて学校で友人も出来て学年の男全員でサバゲーやることになった
農家のおばさんにトラックの荷台に乗せられて迷彩服のまま山に行った
その途中で道路に何かを引きずった後があった、今の何?って聞いてみたら
「車が跳ねた鹿を熊が餌に持って要ったんじゃないか?」って言ってた。そこで転校生の本領発揮
月ノ輪熊をサバイバルナイフで戦って追い返した話して自慢してたら
(本当はナイフ片手に叫びながら里まで速攻で逃げた)
「北海道の熊はマジでデカイぞwww」って言われた。周りの人間も笑ってたから意地になって
「見つけたら剥製にしてやんよww」って言い返した。昔、逃げた時に「コシリだ」とか散々馬鹿にされてたから
ヒグマ倒して写真とってそいつ等に自慢しようと思ったわけ。
実際にバトルロワイヤル戦をやることになったって、念のために鈴と笛を渡された
どう考えたってこんな山奥に人は来ないし鈴なんてつけてたら場所がばれる。俺は背嚢の中に2つともしまった
で、実際に何試合かやってて待ち伏せしてる時に出てきた。
2匹のヒグマにあったよ。噂ほど大きくなかった。大型犬くらいの大きさの奴
前にみた月ノ輪熊よりも少し大きいくらい、だからこの2匹見た時はこれは話のネタになると思ってた。
「ヒグマたいしたことねーじゃんwwwこれで日本最強の熊かよwww」
片手にサバイバルナイフ(30センチくらい)持って、襲い掛かってきたらマジで殺してやると思いながら背嚢を前に置いた
相手が背嚢に近づいた瞬間一発ブッ刺そうつもりでどきどきしてた
相手も一向に近づいてこない、「びびってるのか?」と思ってこっちから仕掛け様とした瞬間
俺の後ろから3匹の鹿がものすごい勢いで通り過ぎていった
逃げてきた方向見たら向こうの斜面に糞デカイ熊が鹿に襲い掛かってた
(なんかもう鹿がグネグネになっておかしい方向に曲がってた。水入れたゴミ袋って感じ。すげー軽々とぶっ飛ばしてた)
スゲー奇妙な光景で一気に嫌な汗かいた。ダッシュで逃げたね。アレはリアル「ベルセルク」だよ
ドーンハンマーでも使わない限り勝てない
こんな安いサバイバルナイフ(実は園芸用草刈ナイフ)の刃厚3mmじゃ跳ね返される
人生で初めて小便ちびった。もう二度と北海道でサバゲやりたくねぇーと思った。





212 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 00:12:21.02 ID:FrpJalrJ0



漏れにはちょっと変な趣味があった。その趣味って言うのが、
夜中になると家の屋上に出てそこから双眼鏡で自分の住んでいる街を観察すること。
いつもとは違う、静まり返った街を観察するのが楽しい。遠くに見えるおおきな給水タンクとか、
酔っ払いを乗せて坂道を登っていくタクシーとか、ぽつんと佇むまぶしい自動販売機なんかを見ていると妙にワクワクしてくる。
漏れの家の西側には長い坂道があって、それがまっすぐ漏れの家の方に向って下ってくる。
だから屋上から西側に目をやれば、その坂道の全体を正面から視界に納めることができるようになってるわけね。
その坂道の脇に設置されてる自動販売機を双眼鏡で見ながら
「あ、大きな蛾が飛んでるな?」
なんて思っていたら、坂道の一番上のほうから物凄い勢いで下ってくる奴がいた。
「なんだ?」と思って双眼鏡で見てみたら全裸でガリガリに痩せた子供みたいな奴が、
満面の笑みを浮かべながらこっちに手を振りつつ、猛スピードで走ってくる。
奴はあきらかにこっちの存在に気付いているし、漏れと目も合いっぱなし。
ちょっとの間、あっけに取られて呆然と眺めていたけど、
なんだか凄くヤバイことになりそうな気がして、急いで階段を下りて家の中に逃げ込んだ。
ドアを閉めて、鍵をかけて
「うわーどうしようどうしよう、なんだよあれ!!」
って怯えていたら、ズダダダダダダッって屋上への階段を上る音が。明らかに漏れを探してる。
「凄いやばいことになっちゃったよ、どうしよう、まじで、なんだよあれ」
って心の中でつぶやきながら、声を潜めて物音を立てないように、
リビングの真中でアイロン(武器)を両手で握って構えてた。
しばらくしたら、今度は階段をズダダダダッって下りる音。もう、
バカになりそうなくらいガタガタ震えていたら、ドアを
ダンダンダンダンダンダン!!
って叩いて、チャイムを
ピンポンピンポン!ピポポン!ピポン!!
と鳴らしてくる。
「ウッ、ンーッ!ウッ、ンーッ!」
って感じで、奴のうめき声も聴こえる。
心臓が一瞬とまって、物凄い勢い脈打ち始めた。さらにガクガク震えながら息を潜めていると、
数十秒くらいでノックもチャイムもうめき声止んで、元の静かな状態に……。
それでも当然、緊張が解けるわけがなく、日が昇るまでアイロンを構えて硬直していた。
あいつはいったい何者だったんだ。もう二度と夜中に双眼鏡なんか覗かない。





234 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 00:28:05.91 ID:m+hFHo6A0


ゲームのコピペみつけたから貼るわ


            いわくつきゲーム


ゲーム雑誌会社で働いていました。
当時はゲームと毎日向かい合っていたので振り返るのをやめていましたが、
会社自体が潰れてしばらくたち、どこの会社かばれても支障がなくなったので、
その時のことを書いてみようと思います。
仕事内容とは別に会社内でも色々な怖い話があるんですが、ソフトに関係した話を。

ゲーム雑誌にはいわゆる裏技コーナーというページがあります。
当時、私の会社では定期的に裏技集を集めた本を発行していました。
そこには最新のソフトばかりでなく、
昔の……それこそ、FCやメガドラ、
あるいはもっとマイナーな滅亡機種の滅亡ソフトの技まで収録されていました
(詳しい方なら出版社の検討が付いたと思います)。
そこに収められている技についての読者からの質問は、
新人編集が電話で答えることになっていました。
収録されている限りはどんなソフトでもOKです。
ある日、いつものように読者から電話がかかりました。


ソフトはSS(セガサターン)の百物語について。
収録されている101話の怪談がどうしても始まらないというのです。
今となっては記憶が曖昧なのですが
確かあれは、全100話分をすべて見ると見られるおまけみたいなものだったはずです。
担当者はそういうような旨を電話口で伝えるのですが、
相手は「でも見られない。初期出荷分だけなのではないか」と言います。
そういう時やるのは、実際にこちらで確認してみる事でした。
「こちらで確認しますので改めてお電話いただけますか?」
「時間がないので、明日までのお願いします」
電話を切ったのが午後6時前後。電話の相手は翌日の16時に電話をするとの事でした。
ソフトを探す時間、100話分プレイする時間、技の確認。
それを本来の仕事と平行しながら行わなければなりません。

幸か不幸か、この日はDC誌の校了日。
終わるまで誰も帰れないので一晩中煌々と電気がつき、編集部内も賑やかです。おまけに、手が空いた人に手伝ってもらうこともできます。
新人編集と制作部の女の子達が交代でゲームをプレイする事になりました。
話によっては監修の稲川氏が自ら出演して音声ですすめるものもあるため、
プレイをする人はイヤホンをつけました。
怖い人、興味のない人などは、
内容を読み飛ばしてただボタンを押し続けるだけですが、
たまに興味を持って進める人もいました。自分のように。
夜も大分まわり、4時くらいになった頃です。
ぶっ通しでゲームを進め、70話ほど進行しました。
このあたりの時間から自分の担当分が校了し、
そのまま机や仮眠室で力つきる人が出てきます。
そのため、プレイ人数は減っていき、
やがて自分一人でプレイしなくてはならなくなりました。

イヤホンからは稲川氏の早口なしゃべりが聞こえてきます。
正直、体力が落ちているこの時間くらいになると、
何を言っているのか聞き取ることができません。
かなり疲れてきていたのか、無意識に目を閉じていたようです。
不意に、音声が途切れました。
あ、終わったのかな?と僕は目を開けました。
話がおわると消えていく、100本ろうそくの画面が出るはずです。
しかしそこには違うものが映っていました。

顔の下半分がグニャグニャに歪んだ老婆の顔のアップでした。
元は何かの話のクライマックス用のビジュアルなのでしょうか。
大きく口を開けた老婆がこちらを凝視していました。
ディスクの読み込みエラーなのかもしれません。画面の下半分だけが
痙攣したようにブルブルと震え、
それに合わせて老婆の口もグネグネと歪みます。
イヤホンからは稲川氏の声。
「……ジーッと見ているんですよ。……ジーッと見ているんですよ。
……ジーッと見ているんですよ。……ジーッと見ているんですよ。……」
そこの部分だけが繰り返し再生されます。妙にゆっくりと。
ソフトのフリーズはしょっちゅうですが、こんなエラーの仕方は初めてです。
やがて、リピートしていた稲川氏の音声にブツブツと雑音が入りはじめました。
SSはディスクを読み込もうとガリガリいい出しています。
未セーブ分の時間が勿体ないとは思いましたが、
僕は怖くなり電源を落とそうと手を伸ばしました。

その瞬間、稲川氏の声がブツリと途絶え、
ゲームに収録されているSE(効果音)が滅茶苦茶に再生され始めたのです。
クラクション音、風の音、カラスの声、すすり泣き、雨音、そしてゲタゲタ笑う少女の声。
老婆の画像のぶれもどんどん大きくなり、顔全体が引きつったようにガクガクと歪んでいました。
僕は電源スイッチを叩き切りました。
切る瞬間、男の声で
「遅ぇよ」
と聞こえたのを覚えています。
そんなデータは、なかったはずですが。
僕は、逃げるように席を立ち、近くでぐったりしていた同僚をたたき起こして
無理矢理コントローラーを押しつけました。
彼は急に起こされて訳の分からないという表情でしたが
怖いから続きをやってくれ、という僕の頼みにニヤニヤしながら替わってくれました。
明らかに小馬鹿にている様子でしたが、仕方ありません。
しかし、数分もしないうちに彼は不機嫌そうに戻ってきました。
「データ飛んでるぞ」
スイッチが切られ、モニタには何も映っていません。
しかし、微かに映りこみがあったようで、先刻の老婆の輪郭がぼんやり残っていました。
本体の蓋を開けた状態で電源を入れます。これでセーブデータの確認ができます。
本体メモリにセーブデータを保存していました。しかしデータが壊れていました。
正常ならソフト名の欄に半角カタカナで「ヒャクモノガタリ」と明記されているはずなのですが、そこには
「ギギギギギギギギ」
と羅列してあったのです。僕はすぐにそれを消去しました。
どうするんだ?と訪ねる同僚に、僕はバックアップ用の外付けメモリロムを渡しました。
10話ほど遡るけどここにもデータが入っているからこれで100話クリアして欲しいと頼みました。
当然嫌がられましたが、何でもするからと懇願し、渋々承諾してもらいました。
(このせいで後で別の意味での恐怖体験を味わうことになったのですが、オカルトではないので省略します。)
結果的には、例の裏技は普通に始まり、
電話の相手の取り残しかデータの読み込みミスだろうということで決着しました。



239 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 00:31:56.56 ID:vhedTIQx0



飲み会でかなり酔った帰りに街灯のない帰り道を歩いてたら
電柱の上のほうに動物みたいなのがいた。
しばらく見ていたがあまり動く様子もないので、酔ってるノリで
「なんだwwwただのナマケモノかwww」
と言って歩き出した。
そしたらそいつがのそのそ降りてきた。
なんか怖くなって叫びながら走って家に帰ってトイレに行って寝た。

次の日起きたら、妻から昨夜近所で殺人事件があったことを聞いた。
犯人は電柱から2階の寝室に侵入して包丁で殺して逃げたらしい。
それって・・・・・・・・・


265 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 01:12:50.89 ID:YPBsOgnxO



423 :本当にあった怖い名無し:2007/07/08(日) 16:42:04 ID:DxRNJUK60

標識で親子が手を繋いでる看板の話。
あの標識は50年位前に、募集された絵の中から選ばれてんて。
でその絵を採用された人は、当時ちょうどイラストレーター見たい
なのを目指してて、応募するために看板の意味を踏まえて公園に
出かけてんて。で、そこで手を繋いでる親子がいて、その女の子とお父さん
が手を繋いでる絵を描いてんて。ケド、書き終えてからなんか違和感が
あるなと思いつつも、締め切りが近かったからそのまま出して採用されてんて。
数日後、ニュースを見てたら地元で誘拐殺人があって
犯人の顔写真を見たら、あの日書いたお父さんだった
その瞬間、全てを悟った。
あの日、自分が書いたのは親子ではなく誘拐殺人犯とその犠牲者
だったということ。
そして、現在もその標識は使われています。
標識を見かけたら、良く見てください。
手を繋いでる子供が嫌がってる様に見えませんか・・・?




275 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 01:25:38.79 ID:YPBsOgnxO



934 :本当にあった怖い名無し:2007/07/11(水) 12:52:51 ID:lCDqVAHNP


発見発見!!
キーボード二本の指でズラーってやると面白いぞおまいら!w

くぁすぇdrftgyふじこぉ

ふじこが出てくるwwおもしれーww

くぁすぇdrftgyふじこlp;んdrfやtgyおkまえsxdcfrjbtvしgyhぬj




285 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 01:36:21.82 ID:m+hFHo6A0



メガテン好きなので書いてみるか

・社員から「今から出社します」と電話、現在も行方不明
・真・女神転生1はゲームの序盤にバラバラ殺人事件が起こる、二年後同じ場所でバラバラ殺人が起こる

他にもいろいろあるが、やっぱ神の怒りにふれたんかね…



292 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 01:52:22.37 ID:DNjUoYBi0



僕の家族は両親と弟2人の5人家族です。
両親は僕達の為に毎日寝る間も惜しんで仕事をしてくれています。

ある日、両親が仕事帰りに殺されました。
場所は違うけど撲殺という同じ殺され方です。

母の死体の横には僕達の晩ご飯が転がっていました。
帰ってそれを食べようとしたけど、あまりの悲しさに僕だけは食べれませんでした。

次の日、弟2人が泡を噴いて死んでいました。

なぜ僕の家族が殺されるのか考えてもわからない…。
わかるのは、犯人が大家だということだ。

僕も見つかり次第、殺されるのはあたりまえだ。


296 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 02:04:12.01 ID:uckopA3iO




 >>292
あいつらの生命力はすさまじいからな
スリッパなんかで打っ叩いてやらないと死なないし




297 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 02:05:21.06 ID:woJWfrBK0




 >>296
なるほどwww



301 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 02:09:20.02 ID:2o5bjHa0O



 >>296
謎が解けた!ありがとうw





294 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 02:00:59.39 ID:EOU2Rv/rO



712 :本当にあった怖い名無し :2005/10/13(木) 12:26:01 ID:KD+lHEFTO

****************************************************************************
母さんの三回忌、2人の姉と弟と僕は墓地へ向かっている。
「父さん仕事で遅れるんですって」上の姉が言った。
「あら?おかしいわね昨日まで休みだって言っていたのに」下の姉が言った。
墓地に着き墓の周りを掃除していると弟がふざけてお墓によじ登りだした
「こら降りなさい!」僕が怒ると弟はすねてしまった。母が亡くなってから
弟は悪さばかりして父の言うことしか聞かなくなった。

ツヅク

713 :本当にあった怖い名無し :2005/10/13(木) 12:27:36 ID:KD+lHEFTO
母が好きだった黄色い花、甘い物が好きだったのでハロウィンのチョコ
レートを供えた、先日上の姉が誕生日だった「母さんも一緒にお祝いした
がっているわ」と下の姉が言い出したのでロウソクはバースデー用のロウソク
を使った、弟がどこから見つけてきたのか四つ葉のクローバーを持っていた。
そこへ遅れてきた父が現れた「遅れてすまない、道が混んで…これは一体
どう言う事だ!?」僕たちを見た父が叫んだ。「どうしたの父さん?」下の
姉が心配そうに言った「お父さんこれあげるよ」弟が父にクローバーを渡した

714 :本当にあった怖い名無し :2005/10/13(木) 12:28:53 ID:KD+lHEFTO
「あぁ何て事だ、何て恐ろしい事だ…」父は叫びながら頭を抱えて走って
行った道路に飛び出た父は目の前でトラックに轢かれた。
横で上の姉が笑っていた。下の姉はわんわん泣き出した。弟は僕たちに
「また殺したの?」と聞いてきた。僕には何がなんだか解らなかった。
****************************************************************************
貴方にはワカリマスカ?





295 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 02:01:59.55 ID:KVodslw4O





なんかもう折角だから実体験書く
俺が幼稚園の年中くらいの頃の話。

姉と母親の友達の子達3人(俺以外5~10上)で子供だけで、夏休み解放していた小学校へ遊びに行った
んで、都会では珍しくその学校には50mくらいの階段のある小高い丘があって、周りが木に囲まれてる場所があったんだ
そこで暫く遊んでいるうちに姉たちはどこかに行ってしまった
臆病だった俺は誰でもいいから人に付いていきたかった

そしたら、何かを持った白いワンピースを着た黒髪の子が階段を下っていくのが分かった
案の定俺は付いていった
彼女は下るのが速かった
「待ってぇ!」俺は言った
彼女は止まらなかった

階段を2/5降りたくらいで、俺の名前を呼ぶ声がした。振り返った。姉達だった

幼かった俺は、さっきの娘にバイバイしようと、もう一度前を見た


その子は居なかった


駄文長文スレチすまへん





302 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 02:10:13.63 ID:DNjUoYBi0



近ごろの警察はなにやってるんだろうね。
血税でで食わせてもらってるくせに、ろくな働きしねぇんだからとんだ穀潰しだ。

先週、職場の近くで殺人事件があったんだよ。
若い女をアイスピックでめった刺し。しかも普通のアイスピックじゃない、業務用の三本歯のやつでだぜ?怖ぇだろ。

小さな町だから、どこいってもその話で持ちきりだよ。
マスコミもかなり大きく取り上げてる。滅多にない大ニュースだから無理もないけど、恐怖を煽るだけ煽って無責任なもんだ。
うちのばあちゃんなんか、可哀相なくらい怯えちゃって、毎日何時間も仏壇の前で手を合わせてる。

なのに警察ときたら、まだ凶器すら判明できないだとよ。まったく馬鹿にしてるとしか思えないね。





308 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 02:16:30.51 ID:DNjUoYBi0




何年か前家族で海水浴に出かけた時の事です。
初めての海にはしゃぐ息子を私はビデオで撮影していました。
しばらくして少し離れた波打ち際に人だかりができているのに気づきました。
人々の視線をカメラ越しに辿っていくとちょうど息子と同い年位の男の子が溺れています。
なぜあんな浅瀬で?と思いつつ撮影し続けました。
帰宅後、ビデオを編集していると問題のシーンにさしかかりました。
私はゾッとしました。
そこには男の子を引きずり込もうとする無数の手が写っていたのです。
次の瞬間私は家を飛び出しあの海水浴場へと車を走らせました。
海に着くとすぐに車を降り浅瀬に飛び込みます。
すぐにワラワラと無数の手が伸びてきましたが一匹ずつ倒し続けました。
倒しても倒してもキリがないほど出てくる手をもう数千匹は倒したでしょうか・・・
「そろそろいいかな・・・」
最後は全体攻撃魔法で一挙に方をつけると莫大な経験値が。
高らかに鳴り響くファンファーレはいつまでも鳴り止みませんでした。




325 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 02:33:34.17 ID:DNjUoYBi0



あるサイトで彼女と出会った。
そしてある日、初めてデートをした。
少し遅れたのか、彼女は怪訝そうな顔をしていた。
緊張していたのか無口な人で、あまり言葉を発さなかった。
目もあまり合わしてくれない。映画や食事を楽しんだ後、彼女の部屋に行った。
彼女は、人生に疲れたようだった、なのでプレゼントをあげた。
彼女は喜んでくれた。代わりに俺が好きなジグソーパズルをくれた。
俺は、一旦組み立てられたパズルを壊すのが好きな、変わり者だ。
翌朝1ピースを持って部屋を出た。

俺はいままで付き合った彼女でもパズルが好きだといってジグソーパズルをよくプレゼントとして
もらうのだが1ピースだけ持って帰って、後は忘れるという変な癖がある。





339 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 02:43:57.87 ID:uckopA3iO


あるサイトとは死にたい人が集まるサイトで、
プレゼントとは死にたいと思ってる彼女を殺してあげる事、
そして彼女の体の一部をパズルのピースと言ったんじゃないだろうか


351 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 02:51:01.72 ID:DNjUoYBi0



戦時中の話じゃないけど
じいちゃんは薬剤軍曹だったんだが、特に笑えるエピソードは無いんで割愛

で、問題なのが戦時中中国戦線で従軍看護婦やってたばあちゃん
従軍看護婦ってのは、前線の殺伐とした雰囲気でスレる上
兵隊たちにちやほやされるもんで、大抵古兵や下士官、将校も恐れる鬼看護婦になる場合が多い(じいちゃん談)

親父が小学生の頃の話だが、ただでさえばあちゃんに頭が上がらないじいちゃんなのに
あろうことかコソーリやってた浮気がバレた

・・・ばあちゃんがブチ切れて、床の間に架けてあったじいちゃんの軍刀を抜き払い
「この前線も知らん軟弱軍曹風情がぁ!性根を叩き直してくれる!」とじいちゃんを追い掛け回した
じいちゃんは堪らず家を逃げ出し、親父がばあちゃんを必死でなだめた後探しに行った所
河原の橋の下でひざを抱え、子犬のように震えていたと

ばあちゃん怖い




360 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 02:54:29.52 ID:DNjUoYBi0



あるところに事故で両腕両足を失った少年がいました。
しかしその少年は周りの人に心配をかけないためか常に明るい笑顔を絶やしませんでした。
そんな少年も、車椅子からみんながグラウンドを走り回っているのを見ていると、少しさびしそうでした。
そんなある日少年は泥だらけで家に帰ると、興奮を抑えきれないような声で、母親に言いました。
「ねえ、おかあさんすごいんだよ。今日僕みんなと一緒にラグビーをやったんだ。」
母親は驚いてたずねます。
「へえ、よくみんな仲間に入れてくれたねえ。」
少年は笑顔で答えました。
「うん、だって僕はボールの役だったもん」




367 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 03:00:51.15 ID:DNjUoYBi0



友人の実家に呼ばれたときのこと

友人の母はすごく穏やかで優しい印象があった。
手作りクッキーを出してくれて、これがまたうんまいんだ。
あまりにうまそうに食ってたのか、おばさんは
「俊之~、いい子じゃないの」

それを聞いた友人は火がついたかのようにその場を走り去り、
玄関を勢いよく出た。

おばさんが穏やかに笑ってるので
俺も笑った。




372 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 03:05:20.13 ID:BDLqR7yHO


 >>367
どういうこと?


376 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 03:07:55.69 ID:EOU2Rv/rO


>>367
ホモ?



385 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 03:16:00.47 ID:SYSBnQWD0



 >>367
貼り忘れた
かあちゃんホモのお父さんだったんだな




387 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 03:17:49.87 ID:cbff5lhXO




わかんねえwwwwクッキーがホモの隠語?wwww



381 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 03:11:39.20 ID:tebhU5e/0



昔から寝たら牛になるという言葉がありますよね。
これにまつわる話をします。
第一次世界大戦中ある村の話です。
その村は牛を飼っていて牛を食べてました。その牛の頭の骨を祠に祭る風習がありました。
戦争中のためその村の人たちは食料がなくなり
飢えに苦しんでました。それでも村人は肉を食べて飢えに耐ええました。
しかしその肉は牛の皮をかぶせた村の人間の肉だったのです。
これは牛の肉と思いこんで食べてました。一番最初に寝た人が犠牲になり食べられてたのです…
これが元に寝たら牛(肉)になるという言葉が生まれたという噂です…
ちなみにその村は廃村としてどこかに残ってるそうです…




390 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 03:20:19.29 ID:9WDiiRbhO


俺次Tさんが来たら寝れるんだ
きっと寝れるんだ…




391 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 03:20:20.38 ID:DNjUoYBi0




僕はいつも学校に行くためにバスに乗ってるんですけど、
そのバスは右に曲がった
そのいつも乗ってるバスで、ある日おかしな事があったんです。
だって、いつものような、おばあさんもがいるから、
最後まで行ったんです。痛いから。
それで、そこまでは別に良かったんですけど、めちゃくちゃ
大きい紙袋の紙じゃない版みたいなのがあって、
ボールみたいなのもあって、シルクハットをかぶってる人も
いっぱいいたんです。
おかしいですよね?普通の道を通ってるのに。
それでもバスはずうっと普通に進んでたんですけど、
ある道を左に曲がった所で、いきなり急ブレーキをしたんですよ。
それで、本当に急にキー---って止まったんで、
中に乗ってた人が、バランスを崩してこけそうになったんです。
僕は席に座ってたんで大丈夫だったんですけど。

でも、本当におかしい事は、学校に行く直前に起こったんです。
そのバスはいつも、大きな公園の横を通って行くんですけど、
その頃、ちょうどそのいつもの道は工事してたんで、
ちょっと遠回りして、トンネルがある方の道から行ってたんです。
それで、そのトンネルのちょうど真中ぐらいまで通ったところで、
そのバスが”ガチャ”とか言いながら止まったんです。
僕はもちろんおかしいな、と思いました。
で、気づくと、バスは既に学校前のバス停に着いてました。
僕は、あれ?おかしいなぁ?とか思いながらバスを降りて、
その日も普通に学校に行きました。
そのバスに乗ってた人はもうみんな死んだんですけど。




404 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 03:30:01.86 ID:nidcc8QU0



俺の彼女が両親の留守中に自室で殺された。
数日間は頭の中が真っ白だった
葬式も終わり、悲劇から1ヶ月ほど経った頃、ようやく落ち着いた。

そして今日、彼女との思い出に浸りたくて彼女の家にやってきた。
あたたかく出迎えてくれる彼女の両親。
生前使っていたのとまったく変わらない部屋へと通された。
そこで、母親から一冊の日記帳を手渡された。
不可解な箇所があると言う。

6月3日 今日はあたしの誕生日。たかしから指輪をプレゼントされた。婚約指輪(?)なんちゃって(>_<)

6月4日 来月はたかしの誕生日だ~。何をプレゼントしよう?

6月5日 あいかわらずの講義。つまらない

6月6日 まわりは誰もわかってくれない。たかしならわかってくれるだろうか?
     たかしに会いたい 

6月7日 9時 おねがい きづいて!!!!


俺は気づいてしまった。 

が、もう遅かった・・・・・



422 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 03:43:49.31 ID:nidcc8QU0



 >>404と同じ解読のコピペ


今日休み時間に教室にいたら、うちのクラス専用のチャットがあるって小耳に挟んだ。
帰ってからネットで必死に調べたら・・・あったあった!
たぶんここで間違いない。ちょっと自信ないけど、早速入室してみる。

<<WhiteSwordさんが入室されました>>
<<現在チャットルームには6人の方がいます>>
 Domcom  :課題UZEEEEEEE!!
 Domcom  :ヽ(´ー')ノこんばんミー。。 
 WhiteSword:ど~も、こんばんわっす。 
 ひみ☆こ  :だ~れ、やねんっ??
 カノッサ     :ハイホ~q('Ф')p 
 L男     :もうすぐガキの使い始まるじゃん♪
 WhiteSword:Y・Kって言えばわかるかな??
 L男     :YK???あ~特定
 ひみ☆こ  :え、マジスコ?マジスコ?
 ひみ☆こ  :ユキヒロd、ユキヒロd、
 Domcom  :D<~~~~~~!!!
 カノッサ    :ユキヒロd、!てか落ち着けよ星w

なんか盛り上がってるみたいだw。さて今日は疲れたし早めに寝るか。
明日、誰がどのハンドルネームなのか聞いてみよう。



423 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 03:44:08.41 ID:d6B6VYou0


親よ か

なんか解読する前にこの線考えちゃったからなんか感動がないw



407 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 03:35:14.65 ID:nidcc8QU0



「拉致監禁事件が酷い物になってきていますね。今回の被害者は無事生きて帰ってこれてよかった」
「そうだな。かなりの虐待を受けていたようだし心の傷の治療も時間がかかるだろうが、生きているだけ同じ所に監禁されていた他の被害者よりマシだ」
「加害者の家から彼女を発見した現場まではかなりの距離がありますね。きっと逃げたい一心で必死に走ったんでしょうね・・・」
「ああ、彼女のおかげで犯人も捕まったし、他の被害者も浮かばれるだろう」
「彼女はこれから大変ですね」
「逃げられないように両足を切断されていたからな。治療が終わったらまずは車椅子に慣れる事からだ」




413 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 03:38:00.69 ID:tebhU5e/0



K県にあるといわれる隠れ切支丹村。
宗教の自由の認められているこの世の中で、どうして隠れて信仰をするのか不明だが、
K県西部にあるとあるコンビニ(ロー●ン?)のとなりにある細い道を通っていくとたどり着けるそうだ。
その道を入り、立ち入り禁止の看板を越え、林道のような道をしばらく歩くと奥手には墓地が見え、
高さ2,3mあるマリア像が姿を現す。そして、白い服を着た修道女がこちらへやってくるという。
そして、そこで記憶が途切れてしまい、気づくと村の外にいるという。



 
 
431 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 03:47:07.11 ID:0QZ6TlgwO



想像して怖かったのはこれだな

俺が小学生の頃の話。

俺が住んでいた町に廃墟があった。
2階建てのアパートみたいな建物で、壁がコンクリートでできていた。
ガラスがほとんど割れていて、壁も汚れてボロボロだったから、 地元の人間でも、あまりこの場所に近づくことはなかったらしい。
ある日俺は、友人と肝試しをすることになって、この廃墟に行くことにした。
まだ昼ぐらいだったから、建物の2階まで上がって建物を探索した。
そしたら並んでいる扉のひとつに、文字が書いてあるものがあった。
友人と近づいて確認してみると、扉の前に
「わたしは このさきの へやに いるよ」
と書いてあった。
俺と友人は扉を開けて中に入り、先に進むことにした。
歩いて行くと分かれ道に突き当たって、壁に
「わたしは ひだり に いるよ」
と書いてあった。
少し怖くなったけれど、俺と友人はそのまま左に進むことにした。
すると両側に部屋があるところに突き当たって、壁に
「あたまは ひだり からだは みぎ」
と書いてあった。
友人はこれを見た瞬間に、半狂乱になって逃げだした。
でも俺はその場所にとどまって、勇気を出して右の部屋に行くことにした。
部屋に入り進んでいくと、突き当たりの壁に
わたしの からだは このしたに いるよ」
と書いてあった。下を見ると
「ひだりの へやから わたしの あたまが きてるよ。 うしろ みないでね」
俺は急いでその部屋の窓から飛び降りにげた。
それからはもう、その場所には近づいていない。





437 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 03:53:17.23 ID:nidcc8QU0



小学生の頃、5人ぐらいで構成されたいじめのグループがあり、そのターゲットになってるA君がいた。
勉強もスポーツもダメでいつもヘラヘラしているから、いじめられやすかったのだと思う。
性格もおとなしく、いじめられても反撃せずに「やめてよぅ、くちゃーに」と言うだけだった。
この「くちゃーに」ってのは彼の口癖のようで、いじめられる時はいつも決まり言葉のように言っていた。

ある日気の毒に思ったので、彼にどうしてやり返さないのか聞いてみた。
彼はヘラヘラ笑いながら「平気だよ、だって…」と言うだけだったが、その目は笑っていないように思えた。
何しろ人の目を見て鳥肌が立ったのは、後にも先にもその時だけだったから。
翌年彼は転校し、みんな彼のことは忘れていった。

それから20年ほど経ち、同窓会でほどよくアルコールが回ってきた頃「そういえば」と友人が話し始めた。
どうもA君をいじめていたグループが全員亡くなったらしい、しかも全員自殺…と。
その友人も詳しくは知らないが、いじめグループは中学に入った頃から精神的におかしくなり始め、
強制入院させられたが、半年以内に院内で自ら命を絶ったらしい。
そんなことがあったのか、なんか怖いなと思ったとき彼の口癖を思い出した。
くちゃーに… くちゃーに… 口、兄?




451 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 03:59:10.35 ID:nidcc8QU0



以前付き合っていた彼女が、彼女と同じ大学の友人から亡くなったと連絡があった。
付き合っていたのはもう随分と前の話なんだけど…別れを切り出したのは俺なんだが、
どうしても彼女が納得してくれなくて軽くストーカーまがいの事をされたこともあるんだよね。
だから葬儀には行かなかったんだ。
いや、いい思い出だってたくさんあったんだけどね…二人共映画好きだったから、よく一緒に見に行ったりしたなぁ…。

ところで昨日、彼女から宅配便が届いたんだ。
中身は一本の邦画のDVDだった。
どうやら亡くなる直前に発送したみたいなんだけど、彼女…自殺だったらしいし、
ちょっと不気味だなぁと思ってなかなか開けられなかったんだよね。
そしたら普通の有名な感動モノだった。
俺が竹内結子好きなの覚えててくれたんだなぁ。
何か、気味悪がっちゃって申し訳ないから今から心して見るよ。




455 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 04:01:23.72 ID:qiZsiW5Z0


 >>451
こっちくんなwww


456 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 04:02:22.60 ID:d6B6VYou0



 >>451
来なくておkwww


458 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 04:03:34.19 ID:nidcc8QU0



今日もまた上司に怒鳴られた。OL仲間の間でもかなり評判が悪いハゲだ。
「私のストーカーの犯人はあのハゲだったりして…。」そんなことを考えつつ帰宅した。
家といっても、たった二部屋しかないボロアパート。リビング+キッチンと寝室だけ。
窓もリビングにしかない。安いから良いけど。

玄関の鍵を開けて部屋にはいると、びっくりした。リビングにあったタンスが荒らされていた。
そういや、朝食を食べに出た時に鍵をかけ忘れて、そのまま出勤したんだ……
くそっ!窓は全部鍵が掛かってるから、玄関から入られたんだろう。あー気持ち悪い。むかつく。死んで欲しいと思う。
もう今日は疲れた。晩ご飯はいいや。警察には明日届けを出そう…

私は玄関の鍵が閉まってるのを確認し、寝室に向かった。




459 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 04:04:33.95 ID:d6B6VYou0


>>458


らめぇ そっちらめぇ


466 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 04:08:22.53 ID:d6B6VYou0

玄関の鍵を開けて入ると=鍵が閉まってた
でも鍵はかけ忘れたって書いてある
って事は鍵を持ってない他人が外から閉める事は不可能
家の中にストーカーいる


471 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 04:13:16.27 ID:fRwaV+f7O



 >>466その事を承知で、女が寝室にいる上司を殺し、あした警察に連絡…だと深読みしすぎたわ…



472 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 04:14:58.16 ID:SyJ4JlTx0





既出だったらスマン

とある病院での夜中の出来事。
記録室で書き物をしていたらひょっこりと部屋を覗く気配がした。○さん。
「どうしたの?○さん」
声を失う手術をした○さん、困ったように立っている。
「家に電話?何かあった?書類なら今書いてるよ?」
小指を立てたあと、額に手を当てて頭をゆらゆらさせている。
小指・・・女・・・女房。・・・・気分悪い?
いま、○さんに奥さんが付き添ってる事を思い出した。
「奥さん、気分悪い?見に行った方がいい?」
○さんがうなずいた。急いで○さんのいる部屋に走る。
部屋が見えたとき、部屋から息子さんが出てきて「すいませんお袋が!」と叫んだ。
具合の悪そうな奥さんを息子さんと2人で病棟に移し
疲れによる貧血だろうということで、点滴をしてしばらく様子を見ることにした。

しばらくして様子が落ち着いたのを見て、家に帰れるように奥さんと息子さんに
○さんの診断書を渡した。同時に○さんが奥さんの不調を教えてくれた事も。
なんだか奥さんは泣いていて、息子さんは泣きそうだった。
迎えに来た車を見送って、つぶやいた。さよなら、○さん






489 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 04:24:29.29 ID:nidcc8QU0



私は最近一人暮らしを始めたばかりで、今のアパートを見つけるのもかなり苦労した。
だが、ようやく生活も軌道に乗ってきた。
そんなある日の午前1時。私はリビングでテレビを見ていた。
その時突然携帯と家の電話が同時に鳴り出した。家の電話に先に出た。
友人からで、ちょっと焦っていた。
「どうしたの?」
「よかった、起きてた。…変なメール来てない?」
「メール?」
「なんか英語のメールでさ…携帯鳴ってるよ?」
私は後回しにしていた携帯を開いた。メールだった。そこにはこう書かれていた。

1em#g:wt4diks%7wmhtxrcb&j\7mdyvbqak+luh_/qyv3jmp!8mhxgbfme"q5gxgqnb??hil9kmzxyutrobh]g2zwbd*gj&hi-ur>vzx
I'll give you ten minutes.Find my message...START!
HINT:nine words

知らないアドレスからだった。
「…こっちにも来た」
「私には12時57分に来た。何なんだろうね。なんか気持ち悪いけど、
答えも気になるからちょっとやってるんだ。時間まであと5分くらいか…」
「じゃあ一緒にやらない?」
私達は電話で相談しながらこの問題をやってみることにした。
相手にしないほうがいいとは思っていたが、なんとなく、答えないといけない気がしていたのだ。
時間は1:02。
1:04。私達は頭を抱えていた。全く分からない。ただの文字の羅列にしか見えない。
まずヒントといってもnine wordsという情報しかない。
「分かった?」
「全然。…でもヒントに9文字ってあるよね?あの中に9文字の何かがあるんじゃないの?」
「そうなんだろうけど…」
1:07。「あぁ…私ゲームオーバーだ」
友人のほうはもう10分経ったのだ。その時、電話越しにインターホンの音が聞こえた。私達は凍りついた。
「ねぇ……誰か来たの…?」
「夜中だよ!?そんなわけないじゃん!…このメールのせいかな…」
「大丈夫だよ!きっと…。一応ドア越しに覗いてくれば?開けなきゃいいんだからさ?」
「うん…。すぐ戻るから」
友人は電話を切らずに置いて、玄関に向かったようだ。
1:08。友人は戻ってこない。どうしたんだろ?まさか…
しかしこちらもあと2分しかないので、ひとまず問題に取り組むことにした。


こんな制限時間に意味はないと分かっているはずなのに、私はとても焦っていた。
私は友人の言った「9文字」に注目した。この中から9文字の共通点のある言葉を探した。
1:09。 あと1分。私は何故か冷や汗をかいて、心臓がバクバクしていた。
だが、こんな切羽詰まった時に私は冷静だった。全神経を携帯の画面に集中させた。
そして見つけた…数字だ。数字はたしかにこの中に9つしかない。
しかし、なかなかそこから先に進めなかった。だが、ここで更に私に天啓が下った。
「数字の後」
そう、数字はそのあと何字先に答えがあるかを示しているのでは?そうなると、
最初の1が示すのは「e」だ。じゃあ次の4は「s」… こうして、私はこんな文字を導き出した。
e s c a p e n o w
escapenow…Escape now
「すぐ逃げろ」!?
私は戦慄した。友人は未だに戻らない。
もしかして、10分以内に家から「逃げなかった」からではないのか?もう悪戯とは思えなかった。
時計を見た。ちょうど1:10を回ったところだった。時間がもう来てる!
逃げなくては…私は玄関に走った。
しかし、ドアノブに手をかけ、想像してしまう。
もしドアの向こうに…いたら…しかし、ここにいては同じことだ。私は意を決してドアを開けた!
そこには誰もいなかった。まだ間に合う!
私は鍵もかけずに外に飛び出し、外の通路を走り、
階段を駆け下り、近くのコンビニに急いだ。そこがゴールに思えたのだ。
静かな夜の住宅街に、私の走る足音が響いた。逃げ切れる。私は安堵していた。
そして、あと2つ角を曲がったらコンビニだというところで、メールが来た。
もしかして、もしかして友人が戻ってきたのか?
そして電話に出ない私を心配してくれているのか?何も起きなかったのか?
私は携帯を開いた。差出人は10分前のメールのアドレスだった。こう書かれていた。
G A M E O V E R
そして、
後ろから、肩を掴まれた
『今朝、〇〇市の路上で右肩から右腕にかけてをもぎ取られた遺体、
マンションの玄関前で首が無くなっている遺体が発見されました。
どちらも携帯電話を握りしめており、同じ差出人から、同じ内容のメールが送られていて…』
「へぇ…」
夜11時。僕はテレビでこのニュースを知った。
「メールねぇ…」
ブルルルルルッ
携帯にメールが来た。しかし、差出人は知らない奴だった。
内容は訳の分からない文字の羅列の後、「10分以内にメッセージを探せ」というものだった。




491 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 04:30:24.14 ID:qiZsiW5Z0



結局助かるパターンはないんかな・・・


495 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 04:31:38.61 ID:krhmEzuD0



ウチのねえちゃんとねえちゃんのママ友達二人(AとBにします)が集まった時の話
2000年の春くらいだったかな。
ねえちゃんの子供は二人で居間で遊んでた。
Aの子供は双子(両方女の子)で、Bの子供は一人(女の子)全員3歳前くらい
AとBの子供はお風呂に入ってたんだ。3人で。俺はその時、小学校高学年。
お風呂で「ウーッ!」って声がしたから見に行ったらBの子供が双子の一人を叩いてたんだ。
何があったかわからないけど「ダメだよケンカしたら!」って言って水デッポウを渡してまた居間に戻ったんだ。
ねえちゃん達は話が盛り上がってる。時間が経って、お風呂からガランって音が聞こえたから見に行った。双子しかお風呂にいない。
あれBの子供は?って思ってよく見たら、双子がやけに風呂桶から体が出てる。中見たらBの子供を二人で踏んでた。
「バカ!どけ!!!」ってどかして拾いあげてねえちゃん達呼んだ。
救急車も来たけど遅かった。俺は怖くて双子が踏んでて殺したって言えなかった。
お前らも子供同士でお風呂に入れるのはやめろよ。まあ彼女もいないから心配ないか!




526 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 04:57:15.26 ID:nidcc8QU0



10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2005/08/16(火) 10:02:02 ID:HkL/JrE+0


事件に関する重要な記録をここに公開する。
ICレコーダーによる記録である。
吹き込まれた声は基本的に可美村(かみむら)緋那(ひな)のものだけである。
彼女は警視庁の刑事であると共に、IZUMO社航空機墜落事故の唯一の生存者である
可美村貴代(たかよ)ちゃん(事故当時十三歳)の叔母でもある。
貴代ちゃんは事故の怪我によって、長らく植物人間状態と見なされていたが、
先日、意識をはっきりと回復していることが確認された。会話が出来るほどには回復していないため、
奥歯に電極を取り付け、歯を噛み合わせると電子音が鳴る仕組みでコミュニケーションを可能にした。

イエスの場合は二回、ノーの場合は一回、歯を噛み合わせてもらった。
貴代ちゃんの精神安定のため、部屋には緋那さんと貴代ちゃんの二人だけである。
カメラなども設置していない。

以下が記録である。


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2005/08/16(火) 10:04:10 ID:HkL/JrE+0
「他の乗客の人たちは普通でしたか?」
 二回。
「飛んでいる最中に何かが起こったのですね」
 四回、間断なく。
「それはYESということ?」
 三回。
「つらい? この話、やめましょうか?」
 しばし後、一回。


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2005/08/16(火) 10:04:31 ID:HkL/JrE+0
「続けられる?」
 二回。
「じゃあ、もう少し頑張ってくださいね」
 二回。

 
「事故の前、飛行機は揺れましたか?」
 二回。
「恐かった?」
 やや後、一回。
「その時には、もう落ちると思いましたか?」
 一回。
「大したことはないと思ったんですね」
 二回。


「窓は」
 二回。
「それは窓を壊して入ってきたということ?」
 二回。
「その何かは、乗客に酷いことをしたのですか?」
 二回。
「貴代ちゃんの傷も、その何かのせい?」
 何度も。

「傷口から唾液が」
 何度も。
「牙が生えてた?」
 何度も。
「ぬめぬめしてた?」
 何度も。
「目が真っ黒で、葡萄みたいに小さくて、びっしりと」
 何度も。
「子供みたいに小さい」
 何度も。
「手が、ううん、足? たくさん生えてて、這い回るみたいに」
 何度も。


「変な声で、何かを擦ったみたいな声で」
 何度も。
「すごく小さな穴や隙間から、ずりずりって出てきて」
 何度も。
「身体に張り付いてきて」
 何度も。
「登ってきて」
 何度も。
「噛みついて」
 電子音は以降、一切鳴らなくなる。
「食べられ」
「痛い」
「助けて」



580 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 05:30:39.88 ID:dSDFLP+LO



 質問している叔母も怪物に食われたんだろ。
女の子が怪物化したんなら、電子音がなるはず 
つまり叔母がインタビューしている最中に怪物がやってきて二人を…


586 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 05:39:09.38 ID:d6B6VYou0



オレ的には質問中に怪物登場
叔母さんはビビりながらその怪物の容姿を言う
貴代だっけ?はそれを聞いて思い出してガクガクブルブル
んで二人は怪物に食われる




537 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 05:04:18.99 ID:nidcc8QU0



双子の少女がレイプされる事件が起きた。

少女達は両親の留守中に自宅へ侵入した犯人に襲われた。
目隠しをされ、犯人に脅され、成す術なく暴行を受けたと言う。
警察の事情聴取に少女の1人はこう答えた。

「犯人は私に『妹を殺されたくなかったらおとなしくしろ』と言いました。
私は妹が殺されてしまう、と怖くて何の抵抗も出来ませんでした。
お願いです、早く犯人を見つけて下さい」




547 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 05:08:51.43 ID:nidcc8QU0



大昔、とあるホームページで、「怪我をしたかわいそうな動物に寄付を」というのがあった。
片足が無い犬や、内臓が飛び出た猫たちの画像があり、目を背けたくなるようなものばかり。
だが、回復経過の画像を順を追って掲載していたので寄付もそこそこ集まっていたようだ。
ちゃんと寄付を手術に充てているようで、元気な姿にホッとさせられるホームページだった。
しかし・・・いくら何でも無くなった手足が再生するか?見るからに死んでなかったか?
それに、そんなに街に負傷した犬猫がホイホイいるものか?
疑問に思い、ふと画像のファイル作成日時を調べてみた。
完治後の姿の画像は、無残な姿で横たわる画像より以前に作成されていた。




557 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 05:17:24.75 ID:nidcc8QU0



ニューヨークの地下鉄を私はよく利用する。
毎朝通勤の度に地下鉄構内で何やらぶつぶつ言ってる一人のホームレスの男がいた。
男の近くの壁に寄り掛かり内容を盗み聞きした。
目の前をおばさんが通る。すると男は
「豚」
と呟いた。
私は思った。なんだただの悪口か、動物に例えているだけか…。
次に普通のビジネスマンが通る。すると男は
「人」
あぁ、まさに普遍的人間って感じの人だな…。
別の日、暇潰しにまた盗み聞きしてみる。
男の目の前をやつれた男が通る。すると男は
「牛」
と呟いた。
牛?どちらかと言うと痩せた鳥だが…?
次に典型的な肥満の男が通る、すると男は
「野菜」
と呟いた。
野菜?豚の間違いだろ?
私は家に帰り考えた。
もしや、次に生まれ変わる生き物、すなわち転生を言い当てるのか!?
その後、何度もホームレスを観察しているうちに疑問も確信に変わった。
ある日思い切ってホームレスに疑問をぶつけ、能力を身につける方法を教えてくれと懇願した。
ホームレスは淀んだ目で私を見つめた後、私の頭に手をかざした。
次の日からホームレスはいなくなった。仙人だったのだろうか?はたまた神か?
私は能力を身につけた。
それは期待するものとは違っていた。
ただ単に、その人が直前に食べたものだった
私はあまりのくだらなさに笑ってしまった。





560 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 05:19:26.45 ID:d6B6VYou0


 >>557

次に普通のビジネスマンが通る。すると男は
「人」




564 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 05:21:40.69 ID:nidcc8QU0



ある中学校に仲良し五人組の女生徒がいた。
五人は休み時間も、お昼休みも、帰宅後もいつも一緒に遊んでいた。
皆で友情を誓い合ったりもした。

しかし、いつもリーダーシップを取っている生徒が、自己中だとか自分勝手だと
他の四人に陰口を叩かれるようになった。
しだいにそれはエスカレートしていき、彼女を自殺に追い込んだ。

四人もそんなことになるとは思っておらず、動揺しだした。
暗い気持ちになったのか一人の生徒が、今度の休みに四人でどこか静かな所でも
行こうよ、と言い出した。誰も反対はしなかった。

四人は山に出かけた。周囲には人が全くいない、壮大な景色だけが広がっていた。
四人は来る途中のコンビニで買ったインスタントカメラで、写真を思い出として残した。

数日後、一人の生徒が現像した写真を持ってやってきた。
よく取れている写真に四人はわきあいあいと盛り上がっていた。
一人の生徒が「この写真よく撮れてるね」と一枚の写真を手に取った。

そこには山の景色をバックに四人が楽しそうに笑っている写真があった。




583 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 05:38:24.41 ID:nidcc8QU0



仕事から帰り、風呂上がりのビールを飲んでいるとき、今日も上の階の子供達が騒いでいる。
引っ越してきてから毎日だ…。
下の階にも聞こえる声と足音は尋常じゃない。
親はどういうしつけをしているんだ。
何度も注意しに行こうとしたが、妻がその度に私をとめる。

「いつか私達に子供ができたら、きっと元気一杯よ。
世の中お互い様だわ。」
と、先月結婚したばかりの妻。
彼女は大学時代から付き合いはじめ、8年目でゴールイン。
いつも人のことを気づかい、とても優しい自慢の妻だ。
かく言う私も最近昇進が決まった。
それらを機に買ったこのマンション。
妻がどうしてもここが良いと言うのだ。
新築で広さは4LDKで最上階。
見晴らしも良く、子供が生まれても十分だ。


実はこのマンション、3年前の建築開始当初から私も目をつけていた。
どうせ住むなら特快の停まる駅徒歩3分のうえ、周りには公園やショッピングモールがある。
建築会社が願掛けを重視するのか、何度も神主さんを呼んでお祓いの儀式みたいな事をしているのを見たことがある。
それだけしっかりした建築会社なら安心だ。

偶然のごとくこのマンションの情報を彼女に見せた時のあの嬉しそうな顔…。
彼女がこんなにも喜ぶとは思わなかった。
上の階の住人の件以外平和に暮らせている今、このマンションにとても感謝している。





595 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 05:51:12.13 ID:nidcc8QU0



夫と妻、二人暮らしの夫婦がいた。
夫は1ヶ月くらい前から毎日毎日、
夢かどうかもわからない、毎日同じ、おかしな夢ばかり見ると言う。
“真夜中、ふと目が覚める。
すると天井に自分と全く同じ姿の人間がしがみついて、首だけ自分の方に向けて
『お前はもう十分生きただろ、変わってくれよ』と言ってくる”
と言うものだった。
だから夫は、まるで朝の挨拶みたいに、
また今日も見ちゃったよ…と毎日毎日妻に相談していたから、妻も心配していた。
でもある日さ、その夫、起きてもおはよう、しか言わないの。
妻があれ?っと思って、あの変な夢、見なかったの?って聞いたら、夫はさ、

「なんのこと?




597 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 05:54:16.26 ID:nidcc8QU0


さっきさぁ,お兄ちゃんが大慌てで帰ってきたのね
なんでも「隣の家で殺人があるぞ」って
んなバカなってかんじ だって隣普通に談笑してるっぽい声聞こえるし
なのにお兄ちゃんてば「早く逃げろ,危ない」の一点張り
お兄ちゃんてば頭どうかしちゃったのかな
なんかその内お姉ちゃんにまで話し出すし
そしたらお姉ちゃんまで「逃げなさい」って怖い顔で言うんだよ
二人ともホントイッちゃってる感じ 
「二人とも何言ってんの」って言おうとしたその時,隣んちから
「あはは,それはないよ」って聞こえたの

その次の瞬間,私たちは家から逃げ出した



598 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 05:56:48.27 ID:fRwaV+f7O



>>597どういうこと?

599 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 06:02:07.85 ID:vrx+XT+qO



>>598
すでに隣人は殺害されていて
犯人が談笑して受け答えしたんじゃないかな


600 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 06:05:42.04 ID:fRwaV+f7O



 >>599

ーん…

603 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 06:11:20.22 ID:QMHc+sCkO


「それはないよ」は隣の家から会話を聞いていた犯人が「殺人が(ry」と言ってる兄達に言ったセリフとか?




615 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 06:31:42.71 ID:gMUaZHSY0



ある日の夜中、俺はいつものようにVIPに降臨する女神の画像を収集するべくうpスレに張り付いていた
女神「今から安価でなんでもうpする」
鎖骨、二の腕、胸までうpされた時ふと思った
この乳首の隣にあるほくろ見覚えがあるな…
スレも順調に進み、マンコや肛門までうpされた
やはり見覚えがある
それからスすぐに女神に弟がいることが発覚
安価は弟とSEXしてうpで埋め尽くされた
直後女神はいってくると書き残しスレはmilkyによって埋め尽くされた
またmilkyか…と悲観していた俺は取りためた画像で抜こうとパンツを脱いだ瞬間
背後にいきなり現れた姉に声をかけられた
SEXしよ?と



616 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 06:32:39.36 ID:C5eckruXO


 >>615

いいなぁ…

617 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 06:33:14.53 ID:krhmEzuD0



>>616

コイツのねえちゃんウーピーゴールドバーグだぞ


619 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 06:34:53.97 ID:zniM+0EjO


まんこや肛門に見覚えがあると言う事は…



627 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 06:48:51.29 ID:sZFJOWdO0


弟、何で姉の乳首の横にあるほくろやら、マンコや肛門に見覚えがあるんだよwww

647 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 07:11:54.63 ID:gMUaZHSY0



水辺に霊は集まる、という話を聞いたことはないかな?
これは実は誤りで、霊は人に群がる
正確にはこれから死のう、とか死にたいとか言う願望が少しでもある人に集まるのである
理由はわからないが仲間を増やそうとしている、だとか生きている者が死にたがっているということを妬んでいるとか
そういう説もある
そしてここからが本題
やはり理由はわからないが死にたいという願望を持つ者は水を好むのである
死にたいと思ったのならまず水のある場所に行き自分を撮影してみるといいであろう




666 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 07:30:10.48 ID:+kQCqMncO



ある意味でこれも怖い 
>>178を信じて寿司屋に行った >>168・・・


168 名前: 納貝斯克(アラバマ州)[] 投稿日:2008/08/14(木) 23:34:22.51 ID:pKiGIjS50

回転寿司って行ってみたいけどなんか怖い。恥じかきそうで
誰か詳しくシステムを教えて(´・ω・`)


178 名前: 駱駝(catv?)[sage] 投稿日:2008/08/14(木) 23:40:18.30 ID:5/Ja0H+t0 

>>168
・席に着いたらまず、手をよく消毒すること。消毒液の蛇口が各席にあるのでレバーを押して
 手にアルコールをとってこすり合わせる
・回ってくる皿にはだいたい二貫(二個)乗ってるけど、これは回転用語で「ダブル」という。
 一個だけ食べたければ一貫だけ皿から取って、あとの皿はそのまま回していい。
・皿ごと取って食べた場合、空いた皿は店員が回収しやすいように、自分の脇の、後ろから
 取りやすいところに高く積む。隣の人がすでに山を作っていたら、そこにまとめて重ねよう。
・ワサビは粉ワサビがほとんど。粉末ワサビの入れ物が各席にあるので、スプーンで小皿に
 取って自分で溶かすこと
・一段高い台に乗って回ってくるネタは「本日のオススメ」。他人に取られる前に素早く取る
・皿によって値段が違う店の場合、キンキラの安っぽい柄の皿は安く、赤とか緑のシンプルで趣のある皿は高いから参考にしる




687 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 09:33:50.40 ID:3rl4zLF70



503 名前:1/3 ◆zxEvCWYvb6 投稿日:03/12/15 16:24

友人から聞いた話です。
彼は神奈川のある高校にバスで通っていたんですけど、
そのバスによく乗ってくる奇妙なおばあさんがいたそうです。
別に見た目が奇妙とか、気が狂っているとか、そういう奇妙さじゃなくて
なんというか、不気味な気配が漂っているけど何が変なのかはわからない、
そんな感じのおばあさんだったそうです。見た目は良家の未亡人風というか
(「ジョジョの奇妙な冒険」という漫画の第二部に出てくるジョジョのばあちゃん
みたいな感じだといっていました)
毅然とした感じの寡黙なタイプで、でもこの世の人ではないような、そんな
おばあさんだったそうです。
彼は霊感があるわけでもなく、それまでに怪談めいた体験をしたわけでもない
のですが、このおばあさんがバスに乗ってくると、いつも
「これから何かあるんじゃないか」という言い知れぬ恐怖感に襲われたと
以前からよく言っていました。


504 名前:2/3 ◆zxEvCWYvb6 投稿日:03/12/15 16:26

冬のある日、いつものようにバスで高校に行く途中、おばあさんが乗ってくると
既にバスに乗っていた乗客の一人がおばあさんに話しかけました。
話しかけたのは帽子をかぶってシルバーシートに座った、老紳士といった感じの人で、
その人の連れらしい、同じような恰好の40代くらいの男性が二人
大きな鞄を持ってそばに立っていました。
老紳士とおばあさんが何を話したのかは
友人には聞こえませんでしたが、ふたことみこと会話を交わしていたようです。
そして突然老紳士のほうが「それだけはさせません!!」と
バスの中で大きな声をあげました。見ていた友人だけでなく、周りの人たちも
何があったのかとそっちを一斉に振り向きましたが
そのときには老紳士の連れの人が鞄から何か丸いボールのようなものを
取り出していました。それがなんなのかはわからなかったそうですが
とっさに友人は、自爆テロでバスが爆破されるというようなニュースを思い出し
まさかそういうような恐ろしいことが起きるのかと思いましたが
しばらくは何も起きず、老紳士とおばあさんはにらみ合いをしたまま
黙っていたそうです。
そのまま何分か何秒かはわかりませんが、バスの中で気まずい沈黙が流れていたところ
突然バスが急ブレーキをかけました。
運転手さんがアナウンスで「急ブレーキで大変ご迷惑様です。この先緊急工事ですので
迂回いたします」みたいなことを言って、いつもと違う道に入りました。
しばらく行くと急に外が暗くなって、「あれ、トンネルかな?」と思ったところで
ふと記憶が途切れ、気がつくと病院のベッドだったそうです。

505 名前:3/3 ◆zxEvCWYvb6 投稿日:03/12/15 16:27

実は友人は、道で倒れているのを通行人に通報され、友人は意識のないまま
病院に運ばれたようなのですが、友人が入院したのは小さな病院で
バスに乗っていたほかの客が入院したらしい様子もなく、結局バスは
どうなったのか、僕にも友人にもよくわからないままでした。
翌日の新聞でそれらしい事故が載っていないか探したのですが
とくに見当たらず、それっきりになってしまい、無理に探すのはあきらめました。
というのも、実は意識のもどった友人は脳に障害が残ったのか
ちょっと何を言ってるかわからないような感じになっていて
この事故のエピソードも二日に分けて根気よく聞きだして判ったものを
僕がまとめたもので、本人の口から聞いただけでは何がなんだかわからずじまいでした。
直後にいったんは退院して、あちこちにこの話をして彼なりに詳細を確かめようと
したみたいですが、「インターネットでも相手にされなかった」というようなことを言っていました。
(このとき彼と話をした人、この板にはいないかなぁ。交通関係の掲示板とかかな)
その後また日に日に具合は悪くなり、去年の夏くらいに亡くなりました。

僕が大学で、オカルト好きの別の友人にこの話をしたら
おばあさんが悪霊とかで老紳士のほうは
拝み屋の類だったんじゃないかと言ってましたが
それもまた考えすぎな気もします。


 
744 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 14:15:23.83 ID:sgOdJzgtO



友達と二人で話してたら、
久しぶりに心霊写真を撮ってみたいと誰かが言い出したので、
近くの山道に惨殺事件があってからも
未だに取り壊されず残されてた民家があるので夜中に行ってみた。
玄関から居間、風呂場とトイレ、キッチンに父親の部屋、階段から二階へ行き、
子供部屋からベランダ、母親の部屋、階段を降りて一階へ。最後に家をバックに一人ずつ。
片っ端から写真撮って帰った。

んで今日。出来上がった写真を見て俺達は驚いた。

何も写ってないのだ。
もちろん俺達は普通に写ってる。霊的な物が何も写ってなかったのだ。
「・・おかしくね?」
「もう成仏しちゃったとか、じゃねぇかな?」
「やっぱそうなのかな。じゃあ、あそこ行ってももう心霊写真撮れないって事か。無駄だったなぁ」
「そうでもないよ。行く途中に結構周りから孤立してる民家、一軒あるから。次はそこ行こうぜ」
「おぉ!マジで?そこも廃墟?」
「んな訳ねぇじゃん。普通に人住んでたよ。今日の夜行こうぜ」
「おっけ、分かった。今の内に適当に準備しとくわ」
楽しみだ。かなり久しぶりだから何かワクワクする。




745 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 14:20:25.64 ID:Y1nwtwsl0



 >>744
父親ってとこかな?

746 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 14:23:24.34 ID:nDAuhyJ60



>>745
今まで出てる解釈では

何でそんなに間取りを詳しく知っているのか?
そして写ることが当然と考えている…
さらに人がいるところにわざわざ行って久しぶりだからワクワクする…


747 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 14:24:44.36 ID:0QZ6TlgwO



後は2人だけのはずのに「誰か」が言い出した。
かね



751 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 14:44:56.73 ID:uISUHkl+O



ある日、AちゃんとBちゃんの2人がAちゃんの家で遊んでいました。
2人がテレビを見ていると、臨時ニュースのテロップが流れ、

『○○市の精神病院から、刃物を持った男が失踪。男は未だ逃走中。』

A「えー、うちの近くじゃん。怖いなぁ。」
B「家の中にいれば問題ないよ。」

しばらくすると、Bちゃんは

「なんだかお腹空いちゃった。コンビニで何か買ってくるね。」

そう言い残すとBちゃんはAちゃんの家を出ました。

しばらくすると、Aちゃんの携帯電話にメールがきました。相手はBちゃんでした。


『言い忘れたけど、ベットの下にいる男の人、知り合い?』



772 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 15:43:01.15 ID:nidcc8QU0



少女は11歳だったが、病死した。
家族も友人も近所の人も皆悲しんで葬式に出た。
14歳の兄が少女の部屋へ行くと、机の一番上の引き出しの奥に日記帳が入っていた。
日記の最後のページは、少女が死んだ日の前日のものだった。
日記にはこう書かれていた。


例えば私の一番好きな食べ物がイチゴであるように、
例を挙げればきりが無いけど、誰にも好き嫌いはあるんだと思うの。
咲く花も散る花もでもみんなとてもきれい。
ろくでもない花なんて絶対にないと思う。
子供だって大人だってみんな花のようなものなの。
人間はみんな花な
んだとつくづくそう思う・・・。
さあ私も花なんだからきっと散る日もくるんだと思うけどそれまでは精一杯生きよう。
新しいことを始めたい。
かわいくなりたい。
大人になってみたい・・・。


兄は妹の日記を読んで泣いた。




775 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 15:52:34.03 ID:7kAlb0ta0


ヒント
*ひらがな
*縦読みだけど、↓じゃなくて↑

776 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 15:53:42.12 ID:nidcc8QU0



684 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2000/09/07(木) 00:41

あのぅ、9の方が書いていた、サルの電車の夢って
見るとヤバイですかね?この話しをまったく知らない弟が
ほぼまったく同じ夢見ちゃったんですけど・・・状況も一緒で
オチも一緒です。何かに呪われたんですかね?


688 名前: 684 投稿日: 2000/09/07(木) 01:16

実はここのスレにこの夢の話しがあるって友達に聞いてやってきたんですよ。
だから私も今マジ恐です。

弟はこの夢を一夜で3連続で見たとのこと。
9の方は4年間があいてたみたいだけど、弟はこの日
3回目にして、起きる直前夢の中のサルに
「またですかぁ~?お客さん・・・」って言われて恐ろしくて寝れなかった、って言ってた・・・。
本気で詳しく知ってる人いないかな?


694 名前: 684 投稿日: 2000/09/07(木) 02:36

じゃぁ詳しく夢の内容を・・・
自分は駅にいておサルさん運転の汽車ぽっぽが駅につく。
おサルは「お乗りになりますか?」と聞いてきて「はい」と答えて一番前に座る。
自分の後ろには2人のお客さんがすでに乗っていて、出発。
一つ目の駅は「えぐりだし駅」そこで一番後ろの人が
目からえぐられて内臓をえぐられてしまう。次の駅は
「きりきざみ駅」自分の後ろのお客さんが文字どおり
きりきざまれてしまう。ここにきて「次は自分だ!早く起きなきゃ!」って思って必死に起きようとして、なんとか
目を覚ました。んで安心してもう一回寝たら、また同じ
夢(汽車に乗るところから)同じ場面で目を覚ました。
んでもう一回寝たら、また同じ夢(最初から)同じ場面、
でもこの3回目の夢では目を覚ます直前におサルに「またですか?お客さん・・・」と言われてしまった。
この日弟はここから眠れなかったって。
気持ち悪いほど似てませんか?9さんの夢と!



777 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 15:57:04.31 ID:RHXLd+UXO



もうやめて



781 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 16:04:05.25 ID:nidcc8QU0


あれ猿夢じゃないな。原文探してきた


私は、夢をみていました。昔から私は夢をみている時に、たまに自分は今、夢を
みているんだと自覚する事がありました。この時もそうです。何故か私は薄暗い
無人駅に一人いました。ずいぶん陰気臭いを夢だなぁと思いました。
すると急に駅に精気の無い男の人の声でアナウンスが流れました。 それは
「 まもなく、電車が来ます。その電車に乗るとあなたは恐い目に遇いますよ~」
と意味不明なものでした。 まもなく駅に電車が入ってきました。それは電車というより、
よく遊園地などにあるお猿さん電車のようなもので数人の顔色の悪い男女が一列に
座ってました。

私はどうも変な夢だなと思いつつも、自分の夢がどれだけ自分自身に恐怖心を与え
られるか試してみたくなりその電車に乗る事に決めました。本当に恐くて堪られなければ、
目を覚ませばいいと思ったからです。私は自分が夢をみていると自覚している時に限って、
自由に夢から覚める事が出来ました。

私は電車の後ろから3番目の席に座りました。辺りには生温かい空気が流れていて、
本当に夢なのかと疑うぐらいリアルな臨場感がありました。
「 出発します~」とアナウンスが流れ、電車は動き始めました。これから何が起こるのだろ
うと私は不安と期待でどきどきしていました。電車は ホームを出るとすぐにトンネルに入りま
した。紫色ぽっい明かりがトンネルの中を怪しく照らしていました。

私は思いました。(このトンネルの景色は子供の頃に遊園地で乗った、スリラーカーの景色だ。
この電車だってお猿さん電車だし結局過去の私の記憶にある映像を持ってきているだけでちっとも
恐くなんかないな。)

とその時、またアナウンスが流れました。「 次は活けづくり~活けづくりです。」
活けづくり?魚の?などと考えていると、急に後ろからけたたましい悲鳴が聞こえてきました。
振り向くと、電車の一番後ろに座っていた男の人の周りに四人のぼろきれのような物をまとった
小人がむらがっていました。
よく見ると、男は刃物で体を裂かれ、本当に魚の活けづくりの様に
なっていました。強烈な臭気が辺りをつつみ、耳が痛くなるほどの大声で男は悲鳴をあげつづけました。
男の体からは次々と内臓がとり出され血まみれの臓器が散らばっています。

私のすぐ後ろには髪の長い顔色の悪い女性が座っていましたが、彼女はすぐ後で大騒ぎしてい
るのに黙って前をを向いたまま気にもとめていない様子でした。
私はさすがに、想像を超える展開に 驚き、
本当にこれは夢なのかと思いはじめ恐くなりもう少し様子をみてから目を覚まそうと思いました。

気が付くと、一番後ろの席の男はいなくなっていました。しかし赤黒い、血と肉の固まりのような
ものは残っていました。うしろの女性は相変わらず、無表情に一点をみつめていました。
「 次はえぐり出し~えぐり出しです。」とアナウンスが流れました。
すると今度は二人の小人が現れ、ぎざぎざスプーンの様な物でうしろの女性の目をえぐり出し始めました。
さっきまで、無表情だった彼女の顔は、痛みの為ものすごい形相に変わり、私のすぐ後ろで鼓膜が
破れるぐらい大きな声で悲鳴をあげました。眼かから眼球が飛び出しています。
血と汗の匂いがたまり ません。私は恐くなり震えながら、前を向き体をかがめていました。
ここらが潮時だと思いました。 これ以上付き合いきれません。
しかも、順番からいくと次は3番目に座っている私の番です。私は夢から
覚めようとしましたが、自分には一体どんなアナウンスが流れるのだろうと思い、それを確認してからそ
の場から逃げる事にしました。


「次は挽肉~挽肉です~」とアナウンスが流れました。最悪です。どうなるか、容易に想像が出来た
ので神経を集中させ、夢から覚めようとしました。(夢よ覚めろ、覚めろ、覚めろ)いつもはこう強く念じる
事で成功します。急に「ウイーン」という機会の音が聞こえてきました。今度は小人が私の膝に乗り変な
機会みたいな物を近づけてきました。たぶん私をミンチにする道具だと思うと恐くなり、
(夢よ覚めろ、覚めろ、覚めろ)と目を固くつぶり一生懸命に念じました。
「 ウイーン 」という音がだんだんと大きくなってきて、顔に風圧を感じ、もうだめだと思った瞬間に静かに
なりました。

なんとか、悪夢から抜け出す事ができました。全身汗でびしょびしょになっていて、目からは涙が流れ
ていました。私は、寝床から台所に向、水を大量に飲んだところで、やっと落ち着いてきました。恐ろしく
リアルだったけど所詮は夢だったのだからと自分に言い聞かせました。

次の日、学校で会う友達全員にこの夢の話をしました。でも皆は面白がるだけでした。所詮は夢だからです。
それから4年間が過ぎました。大学生になった私はすっかりこの出来事を忘れバイトなんぞに勤しんでいました。
そしてある晩、急に始まったのです。
「 次はえぐり出し~えぐり出しです。」あの場面からでした。私はあっ、あの夢だとすぐに思いだしました。
すると前回と全く同じで二人の小人があの女性の眼球をえぐり出しています。
やばいと思い (夢よ覚めろ、覚めろ、覚めろ)とすぐに念じ始めました。。。。。。
今回はなかなか目が覚めません。(夢よ覚めろ、覚めろ、覚めろ)。。。。。。。。
「次は挽肉~挽肉です~」
いよいよやばくなってきました。「 ウイーン 」と近づいてきます。(夢よ覚めろ、覚めろ、覚めろ、覚めてくれ)
ふっと静かになりました。どうやら何とか逃げられたと思い、目をあけようとしたその時
「 また逃げるんですか~次に来た時は最後ですよ~」とあのアナウンスの声がはっきりと聞こえました。
目を開けるとやはり、もう夢からは完全に覚めており自分の部屋にいました。最後に聞いたアナウンスは
絶対に夢ではありません。現実の世界で確かに聞きました。私がいったい何をしたと言うのでしょうか?




791 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 16:22:13.19 ID:nidcc8QU0

ある夜、部活から帰って疲れ果て風呂にも入らずベットでうとうとしてた。
で、金縛り。金縛りは体験済みだったから、
「またかよー勘弁してくれよ~」
ぐらいに思った。でもいつもより長めなんだ。不安になりながらも、
目動かして辺りを見渡すと、自分の足の先に少女の顔。
Y君をじーっと見てる。
今までに無い近さだったので本当怖かったらしい。
で、嫌なのに視線が固まって目そらせない。
そのうち、口がパクパク動いてるのに気が付いた。
どうも

「あ そ ん で」

と言っているらしい。もう狂いそうになったが、南無阿弥陀仏をずっと唱えてた。
そうしたらそのうち消えたんだって。

でも、次の日からその少女は夜ごと出てくるようになった。
しかも日を追うごとに顔の方に近づいてきてる。
で、20日後ぐらいにはY君の肘くらいまで来てた。で、パクパクしてる。
さすがに生きた心地がしなくなり、その日は心を込めて
南無阿弥陀仏した。とにかく必死に念じた。成仏してください、と。
すると、今まで声は出さなかった少女が初めて声に出してしゃべった。





「 そんなの、もう、きかないよ 」




803 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 16:38:12.42 ID:VX24ekQtO


文が長い
あくまでコピペなんだから短くまとめろ
できなきゃ短いやつ引っ張ってこい



805 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 16:42:26.91 ID:opwZe6wF0


コピペって短くなきゃいけなんだ
はじめて知った



812 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 16:52:20.31 ID:nidcc8QU0


388 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/04/27(日) 22:15:15.15 ID:gj6kamiwa0


あのマンションの7階の705号室の部屋の床に丸い円が書いてあってそのなかに入るとね・・・



そんな噂のマンションへ向かった俺達カップルと友人Aカップル
例のマンションの周りは異様な空気に包まれていた
現場に着くと確かに黒っぽい線で囲まれた半径1m位の円がある
部屋も真っ暗で月明かりに照らされている
女の子がいたら泣き出すような・・・なにかでても変じゃない・・・異様だ
「じゃあ俺が入ってみるわ」
「えーやめようよーもう帰ろ!あたし怖いよ・・・」
「ここまで来てそりゃねーよ。どうせなんもねーんだしさっさと入って帰ろうぜ。な?」
そういうとAは円のなかへジャンプした
A「な?なんもねーじゃん。さ帰ろただのよくあ・・・」
Aの顔面が突然爆発した


心霊スポットへいっても基本何も無くてつまんないだろ?
だから俺が暇つぶしにAの脳に遠隔操作の爆弾を仕掛けたんだ
な?最高だろ
警察には秘密だぜ?





815 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 16:55:01.75 ID:nidcc8QU0



7がつ10にち
 きょういえに、しんすけおじさんとかおりおばさんとおじいちゃんとおばあちゃんがきた。
おしょうがつみたいでうれしかった。しんすけおじさんとあそんでもらおうとおもった。だけどあそんでくれなかった。
かおりおばさんにほんをよんでもらおうとおもった。だけどよんでもらえなかった。
おじいちゃんとおばあちゃんもあそんでくれなかった。
みんなともよとあそんでいる。
「おへやにかえっておとなしくあそんでいなさい」
 みんなにそういわれた。

7がつ12にち
 こんどのにちようびに、またおじさんやおばさんやおじいちゃんやおばあちゃんがくる。
みんなともよとあそびにくる。ぼくとあそんでくれない。
「たべちゃいたいくらいかわいいって」
 ママはともよをだっこしていった。パパも「そのとおりだよ」といった。
「よかったねともよ」とママはいった。

7がつ18にち
 はやおきしてカレーをつくった。やさいはじょうずにきれた。おにくはむずかしかった。やわらかくてプニャプニャしてて、ちがいっぱいでた。
「ともよー!ともよー!」
 ママがともよをさがしてる。もうすぐみんながくる。カレーがぐつぐつにえている。
「ともよー!ともよー!」
 たべちゃいたいぐらいかわいいともよ




819 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 16:58:36.56 ID:6Oo9RUKZO


実話
俺が持ってるMDにHIDEシングルコレクションがあるんだけど
そこにスキャナーって曲が入ってて、その曲の頭になんか声が入ってる
かなり小さいからなんて言ってるかわからないけど、なんか言ってる
色んなサイトで確認したけど誰も入ってないと言う
たしかTELL MEの裏だったから持ってる人いたら確認してみて
聞き取りやすいコツは、ヘッドホンとかイヤホンさす時に半分抜いてさす
そーすると片側?しか聞こえない感じになるからボリューム全開にしてきいてみて




821 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 17:01:09.25 ID:nidcc8QU0



福岡大パーティー遭難事件

この事件は福岡大ワンダーフォーゲル部のパーティーが日高山脈縦走中に1頭のヒグマに襲われ、
3人の死者を出した事件で、北海道山岳史上最も悲惨な事件の一つである。

昭和45年7月14日午後3時半、福岡大の5人の学生は九ノ沢カールに到着し、テントを設営した。午
後4時半、テントから6~7メートルの距離の所にヒグマがいるのを一人が発見した。クマは周囲を
うろつき、外に置いてあったリュックをあさった。午後5時頃、クマは姿を見せなくなった。この日
の夜9時頃、再びクマの鼻息がし、テントをひっかき、こぶし大の穴を開けた。この日は2人ずつ交
代で2時間交代で睡眠をとった。
翌26日午前4時半にテントを撤収しようとしたところ、テントの上方に昨日のヒグマが現れた。全員
テントの中で様子をうかがったが、クマはテントに手をかけ侵入しようとした。そこで全員がクマと
テントの幕を5分ほど引っ張り合った。しかしこれ以上無理と判断し、一人が反対側の幕を開け、一
斉に50メートルほど逃げた。振り返るとクマはテントをあさっていた。
熊が立ち去った後、ザックやテントを回収し、カムイエクウチカウシ北の1880メートルの瘤にテント
を設営した。午後4時半、またも前日のヒグマが現れたため、全員60メートルほど下の方へ逃げた。
その後ヒグマはテントをあさり続けた。パーティーはその後八の沢カールに向かったが、午後6時半、
後方に先ほどのクマを発見、全員ばらばらに逃げ、脇のハイマツに身を隠したが、25メートルほど下方
で悲鳴が聞こえ1人が襲われた。それを聞いた1人が畜生と叫びながら山を下っていった。
その後3人は集合したが、2人は来なかった。
3人は27日午前8時頃下山し始めたが、15分ほどしてクマが出現、一瞬身を伏せたが、クマの唸り声
で1人が立ち上がり、クマを押しのけカールの方へ走り去った。クマはその後を追いかけて行った。
28日、捜索隊によって3人の遺体が発見され、次の日には加害グマが射殺された。




824 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 17:11:53.48 ID:nidcc8QU0



 17:30 我々にクマが追いつく。
 河原がやられたようである。
 オレの5m横、位置は草場のガケを下ってハイ松地帯に入ってから20m下の地点。
 それからオレもやられると思って、ハイ松を横にまく。するとガケの上であったので、
ガケの中間点で息をひそめていると、竹末さんが声をからして鳥取大WVに助けを求めた。
オレの位置からは下の様子は、全然わからなかった。
 クマの音が聞こえただけである。
 仕方がないから、今夜はここでしんほうしようと10~15分ぐらいじっとしていた。

 竹末さんがなにか大声で言ってた、全然聞きとれず、クマの位置がわからず。
 それから、オレは、テントをのぞいてみると、
ガケの方へ2~3カ所たき火をしていたので、下のテントにかくまってもらおうとガケを下る。

 5分ぐらい下って、下を見ると20メートルさきにクマがいた。
 オレを見つけると、かけ上ってきたので、一目散に逃げ、少しガケの上に登る。
 まだ追っかけてくるので、30cmぐらいの石を投げる。
 失敗である。

 ますますはい上がってくるので、16cmぐらいの石を鼻を目がけて投げる。
 当たった。それからクマは10m上方へ後さがりする。
 腰をおろして、オレをにらんでいた。
 オレはもう食われてしまうと思って、
右手の草地の尾根をつたって下まで一目散に、逃げることを決め逃げる。
 

 前、後、横へところび、それでもふりかえらず、
前のテントめがけて、やっとのことでテントの中に転がりこむ。
 しかし、誰もいなかった。
 しまった、と思ったが、もう手遅れである。

 中にシュラフがあったので、すぐ一つを取り出し、
中に入りこみ、大きな息を調整する。
 もうこのころは、あたりは暗くなっていた。
 しばらくすると、なぜかシュラフに入っていると、安心感がでてきて落ちついた。
 それからみんなのことを考えたが、こうなったからには仕方がない。
 昨夜も寝ていなかったから、このまま寝ることにするが、
風の音や草が、いやに気になって眠れない。
 明日ここを出て沢を下るか、このまま救助隊を待つか、考える。
 しかし、どちらをとっていいかわからないので、
鳥取大WVが無事報告して、救助隊がくることを、祈って寝る。


 27日 4:00 目が覚める。
 外のことが、気になるが、恐ろしいので、8時までテントの中にいることにする。
 テントの中を見まわすと、キャンパンがあったので中を見ると、御飯があった。
 これで少しホッとする。上の方は、ガスがかかっているので、少し気持悪い。
 もう5:20である。ま
 た、クマが出そうな予感がするので、またシュラフにもぐり込む。
 ああ、早く博多に帰りたい

 7:00 沢を下ることにする。にぎりめしをつくって、
テントの中にあったシャツやクツ下をかりる。テントを出て見ると、
5m上に、やはりクマがいた。とても出られないので、このままテントの中にいる。

 3:00頃まで・・・・(判読不能)
 他のメンバーは、もう下山したのか。鳥取大WVは連絡してくれたのか。
 いつ、助けに来るのか。すべて、不安でおそろしい・・・
 
 またガスが濃くなって・・・・




835 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 17:30:12.52 ID:3N05AXB30



12月4日。この雪山に遭難して約24時間。古い山小屋ではロクに暖も取れず、
少々寒いが外で過ごす事は出来ない。助けはすぐに来るに違いないだろう。

12月6日。助けはまだ来ない。
この吹雪だから捜索が難航しているのだろう。
落ち着いて待つ事にする。

・時計が壊れてしまったので、日にちが分からない。
食料が少しずつ減ってきた。水は雪を何とかして得られるが、
空腹は辛いだろう。吹雪 はまだ止まない。

・ドアからかぜがはいってくる。防寒ふくを多めに着ていてよかた。
てがふるるえて上手く文字をかけないが、しかし私はあきらめない。
あきらめたら終わりだ。

・何という事だろう、あれほど吹いていた吹雪が嘘のように止み、
私は救出隊に発見された。彼らに聞くと、12月12日だという。
少し長い遭難体験だったが、もう終わりだ。この日記は、ここに置いていこうと思う。
もし、ここで遭難してこれを読んだ者がいるなら、私は言いたい。
決して諦めるな。助けは必ず来るのだから!
12月12日 ○○○○
--------
日記の文字は時間を重ねるごとに筆圧が弱くなっていたが、
最後のメッセージだけは希望に溢れたようにしっかりしていた。
尚、連日に渡る猛吹雪のため、捜索が再開されたのは、
それが少し弱まった12月14日の明朝の事である。


この日記の書き手、彼の遭難者の行方は、
現在も行方不明、とのこと。




839 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 17:32:59.24 ID:3N05AXB30


ある男がひとりで登山に出かけたまま行方不明になった。
3年後湿地帯でその男の遺骨が発見され、遺留品も回収されたが、
そのなかには、テープレコーダーがあった。
テープには大声で助けを求める、男の声が録音されていた。
男はどうやら何かけがをして、動けなくなったらしかった。
テープことはマスコミにも公表されたが、遺族も警察関係者も
公表をひかえていた部分があった。
そのテープには助けを求めるメッセージとは違うものも録音されていた。
何かに非常におびえた男の声だった。
どうやら夜に何かがおこっているようだった。
男は必死にテープにむかって口述している。
一日目
「夜になると人の声がする・・・
呼ぶ声がする・・・
こんな夜中に誰もいないところに・・・
だれもいないのに・・・」
二日目
「たすけて・・・
声がする。
夜になるとあいつがやってくる・・・
暗闇から呼んでいる・・・
昨日より近くなっている・・・
おそろしいよ・・・
おねがい、たすけて・・・
とてもこわい、とても・・・
だれかたすけて・・・」

 
三日目
「近くまで来ている・・・
たすけて・・・
人が・・・ヒッ・・・
・・こわい・・
近くまで来ている・・・
おねがい、たすけて・・・
おねがい、おねがい
よぶ・だれも・・・
ひ・あいつ・・ちか・・・・こわいよ・・たす
すぐそばまで・・たすけ・
こえが・・・
おねがい、・・た・・・・て」
こうしてテープはそこで切れている。
それ以後、男はテープに何も録音していない。
警察はこのテープをくわしく分析した。
テープはずっとその男の声だけで、他の怪しい物音は
入っていなかった。
しかし、三日目のテープが最後に切れるところで、
これまでとは違う音が録音されていた。
そのことに関して、分析家も理解不能だった。
それは、遭難した男の声とは違う、別の人間の声だった。
レコーダーのすぐそばで発せられている。
耳元でささやかれたかのように、はっきりと。
「オイ」

845 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 17:45:25.78 ID:3N05AXB30


自分(女)の名前で検索をかけてみた。
すると十数件、同姓同名の人たちが検索に引っかかった。
研究者や会社の経営者、同じ名前でありながら全然別の生活をしている人たち。
その中に「○○○○○(自分の名前)のページ」というHPがあった。

それはプロフィール、BBSだけの初心者が作った感じのよくある個人のHPだった。
プロフィールを見ると、自分と同じ歳であり、趣味なども良く似ている。
BBSなどを見ると、常連っぽい人が5~6人いるらしく、この手のHPとしては
まあまあ流行ってる感じだった。
何となくお気に入りにして、時々見るようにした。

しばらくすると、コンテンツに日記が増えた。
日記は、まあ、そのへんのサイトによくある内容の薄い日記だ。
今日は暑かったとか、日本がサッカー勝ったとか、そんな感じの

ある時、日記の内容が自分の生活とよく似ていることに気づいた。
始めに気づいたのは野球観戦に行ったときだ。その日、そのサイトの管理人も同じ球場に行ったらしい。
その時はもちろん偶然だなとしか思わなかった。球場には何万人もの人間が行くのだから。
次の日の、日記は会社でミスをしたことについて書いてあった。
私もその日、会社でミスをして少々落ち込んでいた。

 
次の日も、その次の日も、よく見ると日記の内容はまるで自分の生活を書かれているようだった。
大半は「カレーを食べた」とか「CDを買った」など対した偶然ではない。
しかし、それが何ヶ月も続くと気味が悪くなってきた。

ある日、掲示板を見ると、常連たちが管理人の誕生日を祝っていた。
その日は私も誕生日だ。
それでいよいよ怖くなってきて初めて掲示板に書き込みすることにした。

しかし、書き込みしようとしても、名前や内容を書くところに文字が打てない。
色々やってみるが書き込めないどころか文字すら打てない。

「おかしいな?」と思っていると、あることに気づいた。
それは掲示板ではなく、ただのページだった。
つまり、一人の人間が掲示板っぽく見せかけて作った一つのページだったのだ。

「いったい何のためにこんなこと…」とすごく怖くなり、
管理人にメールを打った。
「初めまして。私は貴方と同姓同名の人間で、よくこの~」のような当たり障りのないメールだ。

そして次の日、そのページを見ると、全て消されていた。
メールボックスには一通
「見つかった」
という返信があった。




853 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 17:57:07.02 ID:3N05AXB30



12月7日(月)
猛烈な吹雪に遭遇する。
近くの山小屋に避難した。
無線はつながらない。

12月8日(火)
吹雪は収まる気配がない。
山川が凍傷を起こした。
ここは非常に寒い。

12月9日(水)
無線はつながらない。
燃料も食料も乏しい。
ここで死ぬのだろうか。

12月10日(木)
強い眠気に襲われる。
角から角へリレーした。
眠らず夜を過ごす。

12月11日(金)
救助が来た。
四人全員が生還した。
冬山登山の怖さを知る。

12月12日(土)
小屋には誰もいない。
少し寂しい。
次の訪問者が待ち遠しい。



868 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 18:17:42.01 ID:3N05AXB30


群馬県の田舎の方である一家が心中したそうです。
それから数ヵ月後、その家が壊されることになりました。
その時、東京の大学の「オカルト研究会」みたいなサークルに所属する学生が
壊される前にその家を見物しに行こう、ということになりました。
男2人女2人の4人で。行ってみるとその家は壊されかけでした。
いろいろなモノが散乱しています。ビデオを撮りながら「お邪魔しまーす」。
「ここが台所ですね」「トイレ借りていいですか」
・・・ふざけてる内に片方の女の子が怖くなってしまったので帰る事にしました。
「お邪魔しました~」ここでビデオも撮るのをやめ、車に乗り込みました。
帰りの車の中でもう一人の女の子が
「この指輪拾ってきちゃった。記念に部室に置いとこーよ!」
後日。
男のアパートでビデオを見ることにしました。
「お邪魔しまーす」「いらっしゃい」
聞こえないはずの声が聞こええ4人は互いを見つめあいました。
「ここが台所ですね」「はい」
「トイレ借りていいですか」「どうぞ」
「お邪魔しました~」
「待て」
沈黙してしまった4人。その時、全員の携帯が一斉に鳴り出しました。
一瞬パニックになりましたが落ち着きを取り戻し全員電話に出てみました。
男2人の携帯はいずれも無言電話。怖がりの女の子も無言電話。
指輪を拾った子の携帯からは
「指輪返して・・・・・」
T『破ァ!!!!』
「ぐっ・・・指・・・輪・・・」
T『その指輪は人間が持っているべきものじゃない。俺に出来るのはここまでだ』
こうして彼らの、指輪を捨てる旅が始まったのです。




869 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 18:20:50.22 ID:3N05AXB30



2週間前にプロジェクターっての買って 
映画みたいな感じに幕に画像を投影する奴
毎晩アニメみてたんだよ
そしたらご近所に妙に避けられるようになったんよ
理由が分からなかったんだけど
さっきハルヒ見ててコンビニに買い物しに行くために
一時停止してマンションを降りていって
帰ってくる時 マンションの俺の部屋を見上げたら
マンションの俺の部屋の窓一面に長門の顔が・・・
スクリーンが薄くて全部外に丸出しだったみたい
で、問題はエロゲ
傷モノ学園
ニセ教祖
操心術2
永遠となった留守番
来月引っ越し決定_| ̄|○





875 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 18:29:27.00 ID:3N05AXB30



よく、不意に後ろが気になったりしない?
なんか、幽霊でもいるんじゃないか、って怖くなったりしない?

でもね、振り返っても無駄だよ。
だって


真上にいるもの




882 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 18:49:07.96 ID:3N05AXB30


ベトナム戦争から家に帰る前夜、青年兵士は自宅に電話した。
「明日帰るんだけど、他に行くところがない友達を連れて帰りたいんだ。
 家で一緒に住んでもいいかな?」
息子の帰還報告に狂喜した両親は、勿論!と泣きながら答えた。

「でも、一つだけ言っておきたいことがあるんだ。
 彼は地雷を踏んでね、腕と足を失ってしまったんだよ。
 でも、僕は彼を家に連れて帰りたいんだ。」
その台詞に、両親は押し黙ってしまった。

「数日ならいいけれど、障害者の世話は大変よ。
 家にいる間に、そのお友達が住める所を一緒に探しましょう。
 あなたにも私たちにも自分達の人生があるのだから、
 そのお友達 の世話に一生縛られるなんて無理よ。」
やっとのことで母親がそれだけ言うと、息子は黙って電話を切った。

翌日、警察から電話があり、青年兵士の両親は
彼がビルの屋上から飛び降りて死んだことを知らされた。

死体と対面した両親は絶句し、泣き崩れた。
息子には、腕と足がなかった。




890 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 18:56:30.20 ID:faW5mYfUO



昔、めったに助からないと言われた病気(膠原病の一種)で入院した。
その病棟は治癒退院よりも死亡退院のほうが多い、難病ばかりの病院だった。
当時病気の治療法が確立されていなかったために、同じ病気の同じ年頃の女の子といっしょに、
ただし別々の治療法で処置してもらった。
自分は点滴も薬を飲むのもいやだったため、あまり効果のないと思われていた治療をしてもらった。
一方彼女は、当時期待されていた抗生物質を投与された。
「私のほうが先によくなっちゃうかもね」
彼女は折り紙を折りながら私を哀れむような目で見ていた。

結果、私は成長と共に治癒し退院。
彼女は抗生物質の副作用手足がじょじょに腐り、一本一本徐々に切り落とされた挙句死亡。




895 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 18:58:35.93 ID:3N05AXB30


あなたは未熟なヒヨコです。
あなたは今、卵の殻の中にいます。
あなたはあと数日で、殻を破って外に出られるまでに成長します。
あなたはあと数日で、完全なヒヨコになるのです。
そんなとき、あなたの卵の上に何かがやってきて、影ができました。
ぐしゃ。
あなたの卵が、踏み潰されました。
あなたが踏み潰されたのです。
あなたは死んだのです。
あっけなかったですね、さようなら。

これが中絶です。



900 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 19:06:02.60 ID:DrC1mbUc0


私は32歳の女です。
歩道の端を歩いているとクルマが猛スピードで幅寄せしてきたり、自転車が私をめがけてつっこんできたり、何度も死にそうになってきました。
実際に自転車に巻き込まれて足を20針縫いました。
変な人がよく近づいてきます。
浮浪者らしき老人が私のお尻を触りました。
このときはショックでした。
私がいやらしい雰囲気を発散させているのでは、と心配になりました。
だけどどう調べてみても私は普通の格好でマジメに歩いているだけです。
その後も繁華街でもない道で泥酔した男が「え~ニオイやな~チチ触ら してくれ」と近寄ってきました。一目散に逃げました。
もう労務者風の男性が怖くて仕方有りません。
私は足の裏の感覚が敏感で、靴を履いて歩いているのに右足がマンホールを踏んだら次のマンホールは左足で踏まなければ気が済みません。
白線や影も同様です。
足裏の中央部分で影を踏んだら 反対の足でも中央部分にぴったり影を 当てないと道を戻ってやりなおすのですが、やりなおしても達成感は薄いのです。
そして最近は死を怖がっています、
クモ膜下出血になりそうな予感と、交通事故に巻き込まれそうな予感と風呂釜や電化製品が爆発して大怪我を負いそうな予感と工事現場のクレーンが倒れてきそうな予感がして、それらが倒れたり爆発したりした場合に破片が届きそうな位置に近づくことが出来ません。
また、何よりも怖いのが「目に入る大きさの棒状のもの」です。
軸足を中心にして私がフラリと倒れたときに目に入る棒が目に届かない位置にしか立てません。
ガードレールも目をズバーっと裂きそうで近寄れません。
最近は食品に毒が入っていないか、すごく怖いのです。
一番怖いのがスーパーの無料水、そして無料氷です。
ときどきですが、水道の蛇口からも毒が出てくるのでは、という恐怖感もあります。
毒見のためにラットと金魚を飼うことも検討しています。
あと、毒見係ではありませんが サリンのときに活躍したセキセイインコも飼ったほうがいいかな、と思っています。
でも鳥は好きなので普通にペットとして飼うことになると思います。
小鳥を飼ったほうがいいでしょうか。




902 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 19:08:43.50 ID:U6st/6x30


ある女性が気味の悪い無言電話に悩まされていました。

 「もしもし?」
 「………」
 「もしもし?」
 「………」

 いつもはここで恐くなって電話を切ってしまうところでしたが、
 我慢できなくなって、彼女は叫びました。
 「いい加減にしてよね!」
 
 すると受話器のむこうから、押し殺したような声が聞こえたのです。
 相手が喋ったのはこれが初めてでした。

 「…殺してやる…」

 さすがに恐くなって身の危険を感じた彼女は、
 だめでもともとと警察に相談してみました。
 ところが最近は、そういったストーカーの犯罪が深刻化しているためか
 警察は詳しく話を聞いた上で彼女の電話に逆探知機を設置して
 捜査を行ってくれることになったのです。

 
次の日もやはり、無言電話はかかってきました。
 慎重に受話器を取り上げ、耳に押し当てる女性。
 
 「もしもし?」
 「…殺してやる…」
 昨晩のあの声でした。そのときです。彼女の携帯電話が鳴りました。
 警察からです。
 
 「すぐに部屋から出なさい!」
  「は?」

 「逆探知の結果がでました!
 電話はあなたの家の中からかけられているんですよ!」




907 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 19:16:01.28 ID:3N05AXB30



四国にいる姉からメールで送られてきた話。

三十年ほど前に、四国にある離島へと電気を送る
海底ケーブルが切断され、全島が一時停電し、
島民全員が突如消失するという事件が起きた。

警察、電力会社が調査を行ったが、島民消失については原因不明。
海底ケーブル切断については「何かに食い千切られたように切れていた」とのことだった。




908 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 19:17:46.04 ID:U6st/6x30



ある晩いつものようにネットをしていたんだが、
マウスを動かしたとき何かが手に触れた気がしたんだ。

手元を見ると
ノーパソの下から手がマウスのほうにむけて飛び出してた。
一瞬びびったが、
好奇心に駆られてその手をひっぱて見たんだ。

すると何の抵抗もなく腕がするすると伸びた。
しかしいくら引っ張っても腕。肘すら見えてこない。
2mくらいになった時頭が出てきた。
肘は出てこないのに。
もう少し引っ張ると目が見えそうだった。

さすがに怖くなって押し戻そうと頭を押すと、
ひゅるひゅると掃除機のコードの巻き取りみたいに
腕がパソコンの下へ吸い込まれっていった。

手が見えなくなったところでようやく頭が引っ込んだ。
あとで考えてみると
ノーパソの隙間は1mmもないのにどうやって出ていたんだろう。




921 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 19:29:00.74 ID:3N05AXB30


ある老人が、三つの願いがかなうという猿の手のミイラをもらった。

老人は「たくさんのお金が欲しい」と猿の手に一番目の願いをかけた。
するとさっそく連絡があり、息子さんが職場で機械に巻き込まれて死んだので、
多額の保険金を払うと告げられた。

老人は悲しみ、「息子を生き返らせて欲しい」と猿の手に二番目の願いをかけた。
夜中にドアをノックする音がする。息子が蘇えった!と老人は喜んでドアを
開けようとして、ふと思った。息子が事故で死んだ無残な姿でドアの向こうに
立っていると。

恐ろしくなった老人は、必死に家の中に入ろうとする息子に向かって、
三番目の願いをかけた。「息子よ、生き返るな!」

それきり、猿のミイラの手はなんの願いも叶えてくれなくなった。




922 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 19:34:21.03 ID:U6st/6x30




あれは大学生の頃だった。一日だけだったが鬱になりそうな携帯にいた電がかかってきたんだ。

『一緒に死にませんか?』【相手 女】

『はぁ~一人で逝けょ!っちゅうか、誰?』【俺】

ぷつっ…切れた。
1時間後…

『今、私…1号館の前にいるよ☆約束通り…どうやって死ぬ?やっぱり、手とかつないだりする?』
『わりぃけど…誰?誰に電話してんの?』

ぷつっ…切れた。
さらに1時間後…大講堂で授業中。

『知ってんだからね!今、後ろにいるよ!』

振り返ると後ろの方~に女が手を振ってる…見覚えないし…さて困った…ぷつっ…また切れた

授業が終わって、とりあえず話しかけたら人違いらしい。そのとき…

『私以外の女の子としゃべるなんて最低!先に逝って待ってるから!早くこっちにきてね!』

ぷっ…

そっから、電話はこなくなったが…一日鬱でした。




925 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 19:38:11.69 ID:3N05AXB30



まずは、以下の文を、発音を正確に、読んでください。
(名前) というとこには、自分の名前を当てはめてください。

おん またらき 
うん とつつき
あ じゅりかん こんこん
と ぐいたせ わた おん
ぬえ という ごろた とし
おん あ おん あ おん
おん あ おん あ おん
おん あ おん あ おん
さーさ いこーる くれと わめ おん
(名前) やつもら ぎこれて さす ともす
おーお わがん ごもん ね とも
こーこ さつ もら らん
もてーと
お こん お こん お こん
お こん お こん お こん
うん


数十年前。一家が消えたといして知られた、東京の和○さん一家があったけど、
その一家の家宅捜査の結果、古い呪術の本(原本)が見つかって、
それを模写した呪布には、上の呪文があり、
原本を専門化が解読した結果、呪殺の呪文で、
術者が唱えた、名前 のうち、術者が連想した人が、
人知れずに、しんでしまうんだって。

呪術の本は、中国語で書かれてあり、
旅行の際に、何らかの方法で入手したとされた。




928 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 19:47:02.72 ID:UyABYA+LO


一人でいるのが怖いから
ネットカフェに行って来る!!!




933 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 19:52:33.94 ID:U6st/6x30


後ろの押入れが少し開いてるのが気になるwww
PCの画面に映ってるが怖くて振り向けないwwwww

でも 気になるから閉めてこよう



935 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 19:55:47.76 ID:U6st/6x30



 姉の友人のMさん(男)が大学に入学し、上京して独り暮らしを
始めたときの話です。引越しもうまくいき、大学生活も慣れてきた
ある日のこと、Mさんがバイトを終え、家に着くと電話が鳴ったら
しいんです。

Mさん『はい、もしもし?』

電話の相手『、、、、、、、、、、』

Mさん(なんだよ、、無言電話かよ)

Mさんはウンザリして、受話器を置きました。が、なんど、受話器を
置いても、しつこく電話がかかってくるそうです。次の日からも毎日、
家に着くと必ず無言電話がかかってきて来るようになったとか。
流行のストーカーか?なんて考えたらしいですが、心当たりもないし、
人違いの可能性もある。警察に相談するのもなんだし、、、、。
そしてある日、Mさんは相手が誰なのか確かめようと思ったそうです。

 
トゥルルルル!ガチャ!

Mさん『はい、もしもし?』

電話の相手『、、、、、、、』

Mさん『またあんたか。なぁ人違いじゃないのか?』

電話の相手『、、、、、、、』

Mさん『俺はMって者だけど。』

電話の相手『、、、、、、、』

Mさん『なんとかいったらどうなんだよ!!』

電話の相手『、、、、、、フゴッ!』

Mさん『!!!!』

 
Mさん『またあんたか。なぁ人違いじゃないのか?』

電話の相手『、、、、、、、』

Mさん『俺はMって者だけど。』

電話の相手『、、、、、、、』

Mさん『なんとかいったらどうなんだよ!!』

電話の相手『、、、、、、フゴッ!』

Mさん『!!!!』

 Mさんは仰天したらしいです。相手が突然ブタッ鼻を鳴らした
んです。人が豚の鳴き声を真似するときにやる、アレです。
それから、今まで何にもしゃべらなかった相手が突然ブタッ鼻を
鳴らし始めました。どうやら、喋る事は絶対しないようなので、
Mさんは、一つ提案をしました。

 
Mさん『よし、じゃあ俺がこれから質問をしていくからそれに対して
    YESなら、一回。NOなら二回鳴け。いいな?』

電話の相手『、、、、、、フゴッ!(YES)』

Mさん『お前は男か?』

電話の相手『、、、、、、フゴッ!フゴッ!(NO)』

Mさん『女か、、、、。まだ若いのか?』

豚女『、、、、、、フゴッ!(YES)』

Mさん『いままでずっと電話をかけてきたのはお前だな?』

豚女『、、、、、、フゴッ!(YES)』

 
こんなふうにしてMさんはこの豚女の正体を暴く為、
少しずつ情報を聞き出していきました。

Mさん『、、ふう、、、、じゃこれで最後の質問だ。いいな?』

豚女『、、、、、、フゴッ!(YES)』

Mさん『おまえさあ、、、なんか俺に恨みでもあんの??』

豚女『フゴォォォォォォォォォォォッッッッツ!!!!!!』

ガチャン、、、、、、、、


 はっきりと、一回だったそうです。



941 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 19:57:14.92 ID:3N05AXB30




974 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2008/11/11(火) 03:30:02 ID:FU/VHKmaO

老人が男に言った
「ゲームをしないか?」
老人が説明したゲームの内容は次の通りだ
箱の中に多額の賞金が入れられており、男が見事箱を開けられたら中の賞金は男の物
箱はとても頑丈であり素手で開けるのは不可能だが、まわりには斧などがおかれている
時間制限などは一切無いらしい

男は是非やらせてくれと答えた
男が金を得るチャンスがあるのにリスクは無なさそうだったからだ
参加を表明した男に老人が言う
「実は箱にたどり着くまでにはいくつか難関がある
5万円払えば賞金のすぐそばからスタートさせてやろう」
男は笑顔で5万円を差し出した


ゲームが開始した
スタート時から賞金は男の目の前にあった



948 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 20:02:30.94 ID:DGf3Rhxk0

箱から出られなくなったんじゃね?

953 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 20:05:26.24 ID:3N05AXB30


24 名前: 愛馬士(大阪府) 本日のレス 投稿日:2008/07/26(土) 00:51:39.35 UoQCt1fI0

今日風呂に入ろうとしたら本格的な温泉ぽい香りがしたので、母に「入浴剤替えたの?」と尋ねると、
「そ、そうなのよ、今日特売で安かったから^ω^;;)」というなんだかぎこちない返事が返ってきた。

しかしいざ入浴してみるとこれがなんとも気持ちがいい。
体の芯から温まる。本当に温泉に浸かってるみたいだ。こんなものが特売だったなんて。

しばらく温泉気分を楽しんだ後、おもむろにボディソープを手にとる。・・・・・・・
手に違和感を覚えた。少しヒリヒリするような感じだ。そしてなにか嗅ぎ覚えのある臭い・・・・
小学校のトイレ掃除の時間が何年もの時空を越えていきなり鮮明に一瞬頭に現れた。
それと同時に、なぜか小6の修学旅行のときに行った箱根の大涌谷の映像も頭をかすめた。

臭い、手の感覚、バスルームの中の空気、頭の思考回路・・・すべてが異様であった。
そしてふと後ろを振り向くと、モザイクドアガラスのはるか向こうに、こちらをじっと伺う
ような黒いシルエットがゆらゆらと揺れているのであった。




956 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 20:08:48.95 ID:3N05AXB30



175 :おさかなくわえた名無しさん:2008/03/19(水) 18:39:22 ID:mWOcd0kd

うちの職場の事務の女の子がストーカーっぽい同僚に困ってるらしいです。
人づてに聞いただけなんでハッキリとはわからないんですが
ストーカーは営業課の26歳の社員らしく、
昼食時に勝手に隣に座ったり、帰りに駅の改札で偶然を装って待ち伏せされたりするそうです。
それに教えてもいないのに携帯の番号やメルアドまで知られてしまったようです。


僕も心配なので相談に乗ろうとお昼ご飯を一緒に食べようとしたり、
一緒に帰るために駅の改札で待ってみたりしてるのですが、
彼女も遠慮してるのか、中々本心を語ってくれません。
直接は言いにくいのかと、人づてに電話番号やメルアドも聞いたんですが、
そっけない返事しかこないです。


本当に心配です。
何とか力になりたいんですが、どうすればいいでしょう?

                     (26歳 営業課平社員)




980 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 20:32:44.52 ID:U6st/6x30



霧雨が煙っていかにも出て来ますって夜に、
俺は彼女と友達カップルとそこへ都内のあるスポットに侵入した。

そこは俺の地元にある有名な廃屋で、何年か前にそこの家主が借金苦で一家心中を企て、
家族をそれぞれの部屋で殺した後に、自分は玄関で自殺したという場所。

玄関からはさすがに入れないので、茶の間の開いてるガラス戸から入った。

次の瞬間、目の前に広がってきたものは、無数のフランス人形。
こんな所になぜと思ったが気にせず奥へ。

まず長女の部屋へ進んだが、TOKIOのポスターなどが張ってあり中は生活感があふれていた。
恐る恐る押入をあけると血が飛び散ってて、ここではなにもみなかったが、
妹の部屋に入った瞬間、誰もいないはずの家なに人の気配が渦巻いた。

引きずった時に出来たであろう血の跡が、床や壁の至る所に出てきて それが余りに生々しく感じ、
恐くなったので出ようとした所、玄関の前を通った時に、
青白い顔した男が玄関から俺らのほうにナタを振りかざして追いかけてきた…

それから一週間後に友達の彼女が死んだ。

次に友達が…

誰にも死んでほしくないから場所は書ない。




993 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 20:43:49.11 ID:U6st/6x30


俺はアパートの2階で一人暮らししてるんだけど、
正月暇だったから家でゲームでもしようかと思って、友達のSを電話で呼びだした。

すでに夜10時くらいだったけどSも暇だったらしく、12時くらいに来てくれることになった。

大掃除もしなかったので部屋を片づけしたりしている時、ドアがノックされた。
気付いたら12時になってたらしい。

ガンガンガンガンガン!!!!

それにしても強く叩き過ぎだ。ボロいドアだから下のほうが少しきしんでしまっている。
足で思いっきり蹴ってるのか?

正月からなんなんだ!と少しキレながら、いつもの癖でのぞき穴をさっと見る。

あれ?誰もいない。

隠れてるのかと思ったけど、その最中もドアは激しくノックされている。
しかたなく開けようとしたら、突然携帯が鳴った。Sからだ。

不思議に思って電話に出てみるとSは物凄くせっぱ詰まった感じで言った。

「おまえ絶対にドア開けるなよ!!!」

「何でよ?」って聞いたら

「お前のアパートの階段を、女が四つん這いで昇ってたんだよ!!!」




998 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/11/30(日) 20:44:57.29 ID:3N05AXB30



ところで話変わるけど、松屋じゃないけど、某牛丼屋で1000円渡したの。
店員がレジに打ち込んでで580円ですって言ってまた俺のところに来てお金を催促。
ん?俺いま1000円渡したじゃん、店員は気づかずに卵だけ食って帰ったw

いや、俺が店に入ったとき店員はいなかったんだけど、牛丼おいしいって言ってたw
それでお金払うときに1000円って分かってるから渡した。
店員まだレジ売ってないから卵だけですねって580円って気づいてレジ売って580円って。
おれ1000円渡したじゃんっていったのに580円ですって。店員卵おいしいのはわかったって言ってたw






 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
月刊桜坂通信 | ニュー速vip | トラックバック:0 | コメント:20 |
新しい記事へ移動する  
  過去の記事へ移動する
コメント
この記事へのコメント
[ 506 ] 名無しの仲良しさん 2008/12/01(月) 01:42 ID:-
よく分からん・・・??
[ 507 ] 名無しの仲良しさん 2008/12/01(月) 10:20 ID:mSXWCe8Y
だれか404の答え知ってる人いる?まったくわからないのだが。
[ 508 ] 名無しの仲良しさん 2008/12/01(月) 14:39 ID:-
>>772がわからない
[ 511 ] 名無しの仲良しさん 2008/12/02(火) 00:23 ID:-
772は一行目の一文字目を下から読めば
「おかあさんにころされた」になる。

404はようわからん。
[ 512 ] aln 2008/12/02(火) 01:53 ID:-
404は
6月7日 9時=6 7 9 を
キーボードのかなに当ててみますw
[ 513 ]       2008/12/02(火) 01:56 ID:-
404はキーボードで679を
[ 521 ]   2008/12/02(火) 07:54 ID:GMs.CvUw
途中から解読系が混じってるせいで
怖さより解けないことのモヤモヤ感が嫌だな
[ 530 ] 名無しの仲良しさん 2008/12/02(火) 22:06 ID:-
294がわからないなぁ
[ 531 ] 名無しの仲良しさん 2008/12/02(火) 22:59 ID:-
こえー
[ 1233 ] 名無しの仲良しさん 2009/01/09(金) 23:45 ID:-
23は要するに魚のお頭ってことじゃなかったっけ?
[ 1526 ] 名無しの仲良しさん 2009/01/23(金) 17:58 ID:-
294わからん・・・
[ 1987 ] 名無しの仲良しさん 2009/03/03(火) 01:42 ID:-
537は英語じゃないと面白くないな
[ 1996 ] 名無しの仲良しさん 2009/03/04(水) 00:42 ID:-
105万引き犯が女ならどうなるのか
[ 2043 ] 名無しの仲良しさん 2009/03/12(木) 22:32 ID:-
998はなんなんだ・・・
あと953はいわゆるサンポールのあれかね?
[ 6121 ] 名無しの仲良しさん 2009/08/01(土) 21:39 ID:MF8IyTP2
921それ何てブッキラによろしく?
[ 6318 ] VIPPERな名無しさん 2009/08/12(水) 19:43 ID:-
28は縦読みで170はバキの勇次郎
[ 6493 ] 名無しの仲良しさん 2009/08/16(日) 19:17 ID:B/9MBGpI
953のやつが分かんない;;

お風呂に何入ってたの?
シャンプーも何だったの??
黒い影は???
[ 12621 ] 名無しの仲良しさん 2010/02/21(日) 21:50 ID:-
※6493
・ムトーハッ○(温泉がどうとか)
・サンポー○(トイレがどうとか)
この2つを合わせると……つまり、息子は母親(あるいは家族全員?)の陰謀で……
[ 12871 ] 名無しの仲良しさん 2010/02/27(土) 10:22 ID:-
367は自分と友達がセクロスしてたって話だな
クッキーはセクロスの隠語のはず
[ 13191 ] 名無しの仲良しさん 2010/06/19(土) 00:29 ID:-
三つの願いってドラマ昔あったよね
ナツカシス

※12621
混ぜるな危険ですねわかります
黒い影はGのことかと思った
この記事へのコメントを書く
[非公開]管理人にメッセージを送る

パスワードは、「ID生成」「コメントの編集」に使用します。

コメントの編集は、IDから編集画面へリンク

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://aln1025.blog39.fc2.com/tb.php/262-94e860fe
この記事へのトラックバック
 
 
トップへ

テンプレート作成:しるえっと どっと ほーりー/sil_st3c01m_r102

FC2Ad



お知らせ


FireFox推奨です
こちらからダウンロードできます↑


aln



当ブログについて

TOP絵
TOP絵募集中です
誰か作って下さい(人∀・)タノム
サイズは980*200くらいです

aln1025☆gmail.com までお願い ☆→@

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


Author:aln

フィードメーター - 仲間にゅーす
ブログパーツ




Twitter登録してみた


コメント欄にナンバーつけてみた
←新 旧→
TOTAL Pages
全部見てみる
ひとりごと

寒いです
もうストーブ大活躍です
携帯の機種変しました
使い方が全くわかりませんorz
仕事が忙しいため
更新少なくなります
でも見捨てないで下さい


IEで見ている方で
ページの最後まで
見れないって時は
画面縮小してから
横のスクロールバーを
出して最大化すると
見られるようです
お手数かけますが
許して下さい(;・∀・)
苦情を頂いてますが
どうにも直せませんorz

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



恋愛マニュアル - なぜあなたはモテない?
***************
あわせて読みたいブログパーツ
☆おもいつきエリア☆



待ってたヨ
!大感謝!
今いる人
現在の閲覧者数:
お世話になってます
d(゚Д゚ )☆スペシャルサンクス☆( ゚Д

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。