アクセスランキング

              笑う門には福が来る・・・らしいよ

  ヘッドライン!! ━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━ !!  

☆お気に入り新着記事☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

Powered by Ayapon RSS! オススメ プログラマー ペットフード


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
月刊桜坂通信 | スポンサー広告 |
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/01/08(木) 20:04:24.92 ID:hhdFmlH50




原文は楠山正雄の

エキサイト翻訳でやってみた




祖父と祖母が古くは古くはあるいました。
祖母は、川に洗わないことで料理しに山のCa負債に行きました。
祖父…
大きい桃色のももがせっせとそうである、
1つ、川上、川のそばの1日の若者は洗濯のような祖母をそうします。

「DombracoccoとSccocco。 DombracoccoとSccocco。 」



来る流れサブカルチャーを終えるのについて
「おお、これはすばらしいモモがlaのももであったならそうしなければなりません。
戻ってください。所有物. 祖父への記念品について」
ウエスト駕篭を曲げて、祖母はそこにいます。手が達しない、
そのように。ことわざ桃色のもも。取り。 …、遠くに。 祖母: そこでは。

「ある水。」 ..あぶれ者。 ここで水がそう. 無視に水をまいて、あります。
それは来る予定です。. Miz。

それは歌の解決を歌っている間、手を叩きました。 次に、桃色のももも:

「DombracoccoとSccocco。 DombracoccoとSccocco。 」




5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/01/08(木) 20:06:20.72 ID:+VST83w70



で?なにがおもしろいの?




6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/01/08(木) 20:06:32.22 ID:hhdFmlH50




踊るのが可能であった祖母と来終えることにおいて前とき、
ことわざをしましたが、
サブカルチャーは流れました。
祖母は微笑んでいますが、「食物分割を食べましょう」。
そして、早いこと祖父、2 2つの量。
「ことわざは、広くなった後に桃色のももを上げるときの一緒におけへの挿入、
およびランドリーコルクを置いて、それを料理しています」
得る、船倉、およびリターン。
祖父はリターンが来終えるものです。背負うそれ、山からの茂みのように… …、
最終的に晩に。
「現在現在の祖母とリターン」「そしてLa、祖父。 ..待っています… 現在。
早いこと政府。 良い方を与えるので。 」
「それを歓迎しないものとします。 利益として以下を言います。 」





9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/01/08(木) 20:10:13.88 ID:VSSGx4WrO


ドンブラ吹いたwwwwwwwwwwwwww




10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/01/08(木) 20:11:10.14 ID:hhdFmlH50




わらのサンダルは脱がれました、
そして、though、彼は起きていますが、
祖父は上昇しました。 食器棚保持から来終える、それ、コネ。悪党「ほら。」
一方、さっきの桃色のももと祖母をやけどして、見る「桃色のもも」
Thereは解決を言っていました。
「これ: そして、これ。 起こり終えるのについて。
そのようなすばらしい桃色のもも。 ..購買それ、どこです。 」
「来終えるのについてそうしていません。




12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/01/08(木) 20:12:30.05 ID:rr4qFs4q0



dombracoccoが何故かパックンマックンの
パックン声で脳内再生されちゃう




13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/01/08(木) 20:12:38.78 ID:hhdFmlH50




じゃあここまでの原文な



むかし、むかし、あるところに、おじいさんとおばあさんがありました。
まいにち、おじいさんは山へしば刈かりに
、おばあさんは川へ洗濯せんたくに行きました。
 ある日、おばあさんが、川のそばで、
せっせと洗濯せんたくをしていますと、
川上かわかみから、大きな桃ももが一つ、

「ドンブラコッコ、スッコッコ。
ドンブラコッコ、スッコッコ。」

 と流ながれて来きました。
「おやおや、これはみごとな桃ももだこと。
おじいさんへのおみやげに、どれどれ、うちへ持もって帰かえりましょう。」
 おばあさんは、そう言いいながら、
腰こしをかがめて桃ももを取とろうとしましたが、
遠とおくって手がとどきません。おばあさんはそこで、

「あっちの水みいずは、かあらいぞ。
こっちの水みいずは、ああまいぞ。
かあらい水みいずは、よけて来こい。
ああまい水みいずに、よって来こい。

 と歌うたいながら、手をたたきました。すると桃ももはまた、

「ドンブラコッコ、スッコッコ。
ドンブラコッコ、スッコッコ。」





14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/01/08(木) 20:13:24.29 ID:hhdFmlH50




(原文)

 といいながら、おばあさんの前まえへ流ながれて来きました。
おばあさんはにこにこしながら、
「早はやくおじいさんと二人ふたりで分わけて食たべましょう。」
 と言いって、桃ももをひろい上あげて、
洗濯物せんたくものといっしょにたらいの中に入いれて、
えっちら、おっちら、かかえておうちへ帰かえりました。
 夕方ゆうがたになってやっと、
おじいさんは山からしばを背負せおって帰かえって来きました。
「おばあさん、今いま帰かえったよ。」
「おや、おじいさん、おかいんなさい。待まっていましたよ。
さあ、早はやくお上あがんなさい。いいものを上あげますから。」
「それはありがたいな。何なんだね、そのいいものというのは。」
 こういいながら、おじいさんはわらじをぬいで、上に上あがりました。
その間まに、おばあさんは戸棚とだなの中からさっきの桃ももを重おもそうにかかえて来きて、
「ほら、ごらんなさいこの桃ももを。」





16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/01/08(木) 20:18:19.11 ID:u3iTAp/vO



規制かかったので携帯からすまん  


(原文)


「ほほう、これはこれは。
どこからこんなみごとな桃ももを買かって来きた。」
「いいえ、買かって来きたのではありません。
今日きょう川で拾ひろって来きたのですよ。」
「え、なに、川で拾ひろって来きた。それはいよいよめずらしい。」
 こうおじいさんは言いいながら、
桃ももを両手りょうてにのせて、ためつ、すがめつ、ながめ
ていますと、だしぬけに、桃ももはぽんと中から二つに割われて、
「おぎゃあ、おぎゃあ。」
 と勇いさましいうぶ声こえを上あげながら、
かわいらしい赤あかさんが元気げんきよくとび出
だしました。
「おやおや、まあ。」
 おじいさんも、おばあさんも、びっくりして、
二人ふたりいっしょに声こえを立たてました。

「まあまあ、わたしたちが、へいぜい、
どうかして子供こどもが一人ひとりほしい、ほしいと言
いっていたものだから、きっと神かみさまがこの子をさずけて下くださったにちがいない。」
 おじいさんも、おばあさんも、うれしがって、こう言いいました。
 そこであわてておじいさんがお湯ゆをわかすやら、
おばあさんがむつきをそろえるやら、大お
おさわぎをして、赤あかさんを抱だき上あげて、
うぶ湯ゆをつかわせました。するといきなり、
「うん。」
 と言いいながら、赤あかさんは抱だいているおばあさんの手をはねのけました。
「おやおや、何なんという元気げんきのいい子だろう。」
 おじいさんとおばあさんは、こう言いって顔かおを見合みあわせながら、
「あッは、あッ は。」とおもしろそうに笑わらいました。
 そして桃ももの中から生うまれた子だというので、
この子に桃太郎ももたろうという名なをつけました。 




17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/01/08(木) 20:22:55.80 ID:u3iTAp/vO





どんなbuyItも、今日この日に川に入りながら回復し終えていません。 」
「それは得られます、そして、川に入りながら回復し終えて、
何ですか? それはますます珍しいです。 」
それは2まで割られます、
そして、突然、モモと内部のために割ります。積もること。
..,.. ..握ること。 , .両手角度したがって、
祖父がいるとき、桃色のももを真っすぐにするのは見られます。




18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/01/08(木) 20:24:19.04 ID:u3iTAp/vO




言います… 「. 」 Lovely赤土さんはコー過剰をイサムに与えている間、
出かけて、元気は出かけ始めました。

"..la「おお、まあ、」 祖父と祖母はそうです。過剰を声に出してください。
..地位驚きに2個の付属物への2人の人毎。
「ある子供子供が、確実にまずまず、私たちに与えて、
ことわざがそれが願ってやまなかった時であるものであったので神神でこの子供に与えて、
下をかけなければなりませんでした… 遠く何らかの1のコネ。」
「そのように言って、祖父と祖母も喜んでそうしました。」
手配。
. . 造が言い触らして、祖父がいる多大、および湯把持突然、
「はい」というその時赤土さん湯とgrandmotherThenのように慌てて、赤土さん。
把持それは拒絶しましたが、祖母の手を拒絶しました。言います…
「おお、どんなエネルギッシュなまさしくその子供がlaのものであるか、それ--、」
....ことわざそのように。関心。






20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/01/08(木) 20:25:18.42 ID:u3iTAp/vO





..笑いその「互い」を言って、組み合わせように見えて、
それを延期する表面。津。 .
.遭遇します。
「津」 祖父と祖母And、それがモモのものにおける人生に生まれた子供であったので、
それはMomotaroによってこの子供の価値があると言ったすばらしいNaoがそれを置きます。




21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/01/08(木) 20:32:35.75 ID:u3iTAp/vO




最初に原文のっけたほうがいいよね、これからはそうします


(原文)

おじいさんとおばあさんは、それはそれはだいじにして桃太郎(ももたろう)を育(そだ)てま
した。桃太郎(ももたろう)はだんだん成長(せいちょう)するにつれて、あたりまえの子供
(こども)にくらべては、ずっと体(からだ)も大きいし、力(ちから)がばかに強(つよ)く
って、すもうをとっても近所(きんじょ)の村(むら)じゅうで、かなうものは一人(ひとり)
もないくらいでしたが、そのくせ気(き)だてはごくやさしくって、おじいさんとおばあさんに
よく孝行(こうこう)をしました。




22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/01/08(木) 20:33:48.06 ID:u3iTAp/vO





(原文)
桃太郎(ももたろう)は十五になりました。
もうそのじぶんには、日本(にほん)の国中(くにじゅう)で、桃太郎(ももたろう)
ほど強つよ)いものはないようになりました。
桃太郎(ももたろう)はどこか外国(がいこく)へ出
かけて、腕(うで)いっぱい、力(ちから)だめしをしてみたくなりました。
 するとそのころ、ほうぼう外国(がいこく)の島々(しまじま)をめぐって帰(かえ)って来
(き)た人があって、いろいろめずらしい、ふしぎなお話(はなし)をした末(すえ)に、
「もう何年(なんねん)も何年(なんねん)も船(ふね)をこいで行くと、遠(とお)い遠(と
お)い海(うみ)のはてに、鬼(おに)が島(しま)という所(ところ)がある。悪(わる)い
鬼(おに)どもが、いかめしいくろがねのお城(しろ)の中に住(す)んで、ほうぼうの国(く
に)からかすめ取(と)った貴(とうと)い宝物(たからもの)を守(まも)っている。」
 と言(い)いました。





23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/01/08(木) 20:34:56.91 ID:u3iTAp/vO





(原文)
 桃太郎(ももたろう)はこの話(はなし)をきくと、その鬼(おに)が島(しま)へ行ってみ
たくって、もう居(い)ても立(た)ってもいられなくなりました。そこでうちへ帰(かえ)る
とさっそく、おじいさんの前(まえ)へ出て、
「どうぞ、わたくしにしばらくおひまを下(くだ)さい。」
 と言(い)いました。
 おじいさんはびっくりして、
「お前(まえ)どこへ行くのだ。」
 と聞(き)きました。
「鬼(おに)が島(しま)へ鬼(おに)せいばつに行こうと思(おも)います。」
 と桃太郎(ももたろう)はこたえました。
「ほう、それはいさましいことだ。じゃあ行っておいで。」
 とおじいさんは言(い)いました。
「まあ、そんな遠方(えんぽう)へ行くのでは、さぞおなかがおすきだろう。よしよし、おべん
とうをこしらえて上(あ)げましょう。」
 とおばあさんも言(い)いました。
 そこで、おじいさんとおばあさんは、お庭(にわ)のまん中に、えんやら、えんやら、大きな
臼(うす)を持(も)ち出(だ)して、おじいさんがきねを取(と)ると、おばあさんはこねど
りをして、
「ぺんたらこっこ、ぺんたらこっこ。ぺんたらこっこ、ぺんたらこっこ。」
 と、おべんとうのきびだんごをつきはじめました。






24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/01/08(木) 20:38:03.96 ID:hhdFmlH50





(原文)

きびだんごがうまそうにでき上(あ)がると、
桃太郎(ももたろう)のしたくもすっかりでき上(あ)がりました。
 桃太郎(ももたろう)はお侍(さむらい)の着(き)るような陣羽織(じんばおり)を着(き)て、
刀(かたな)を腰(こし)にさして、きびだんごの袋(ふくろ)をぶら下(さ)げました。
そして桃(もも)の絵(え)のかいてある軍扇(ぐんせん)を手に持(も)って、
「ではおとうさん、おかあさん、行ってまいります。」
 と言(い)って、ていねいに頭(あたま)を下(さ)げました。
「じゃあ、りっぱに鬼(おに)を退治(たいじ)してくるがいい。」
 とおじいさんは言(い)いました。
「気(き)をつけて、けがをしないようにおしよ。」
 とおばあさんも言(い)いました。
「なに、大丈夫(だいじょうぶ)です、
日本一(にっぽんいち)のきびだんごを持(も)っているから。」
と桃太郎(ももたろう)は言(い)って、
「では、ごきげんよう。」
 と元気(げんき)な声(こえ)をのこして、出(で)ていきました。
おじいさんとおばあさんは、門(もん)の外(そと)に立(た)って、
いつまでも、いつまでも見送(みおく)っていました。




25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/01/08(木) 20:40:24.19 ID:hhdFmlH50




(翻訳)

2

あります。Momotaro。 ..成長、… 祖父、grandmotherGreatly、
およびそれがそうである、まさしくその付近強さ. . ひっくり返って、
パワーを掛けてSumoとパワーとして、最大およそ1人の人1にはだれもいませんが
、Chika他は愚かです。協議してください。村で蒸気で適当です。
いいえ。 ..沸騰してください…
成長Momotaroと共に私生児子供とそれを比べるとき、
長い間ボディーから来ていましたが、それにもかかわらず、
それはありました…食指が動きます… たやすく、そして、
しばしば長い時代が長い間祖父と祖母に年をとらせる人の両親にとって
従順な状態でしました。
MomotaroはJuu5になりました。
既に、それが価値の日本で強い自己のために。
始動国であることのはれもの、中、そして、Momotaro。
Momotaroは出かけます。
外国, そして、パワーは完全にそうです。アームのはれもの…
島のしまの新進の人がしまをつけるリターンを終えるのがあります。
その頃のHaz国、当時、それがさまざまに珍しくて、神秘的な話である、:
なにも行われなかった終わりに入賞するのに。






26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/01/08(木) 20:41:07.76 ID:hhdFmlH50





「それが場所である、長年それがどうしたいくつ使わないか、しかし、
海と悪霊Gema ..long道に.. ..long道しまを出荷する、長年いくつ使わないか、
別のもの. それが何としてOniとa
船尾悪くろがねの城のサイトの国強盗あなたの光に関するMamoruであるかは.
生活と」の宝物にといを付けます。
解決を言うのがありました。
それはひっくり返りました。。, そして、有効です。
なにも、ありませんでした。悪霊に、Gemaはしまをつけます。地位.
既に。それはそうでした。MomotaroThenの話、戻ります、そして、
すぐに踊るのが可能である祖父で前とき、それは出かけます。
「しばらく下の解雇をお願いします。」 「解決を言うのがありました。」
祖父は驚いています。 「いつまで前でそれを取りなさいか。」 "
解決して、聞いて、それは来ました。

「それはそうです。」願望悪霊に行くとき、悪霊に、Gemaはしまをつけます。 "
Momotaroがそうである、解決
「, ディフレクティングは勇士を放り出しています。 次に行って、存在で。 」





27 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/01/08(木) 20:41:48.87 ID:4tGFOq940




もはや>>6で流れているものが違ってるなw




28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/01/08(木) 20:43:18.53 ID:hhdFmlH50





祖父には、ことわざがありました。
「まあ、胃は確実にそのような距離に始めるのがなくなっているかもしれません。
容易に止まるのに作って、与えましょう。 」
また、祖母には、ことわざがありました。
そして、そして、そして、出かけ始める、祖母はそうです。

庭でまん中に得ないか、またはまたは、
ならないのによる大きいモルタルモルタルの所持。 .
.祖父と祖母を除外してください。取り乳棒のように
「Cod魚卵それがたらこでない、Cod魚卵それはたらこではありません、
Itが始めた」。





29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/01/08(木) 20:43:47.33 ID:UUjeiurmO




桃太郎って英語にすると
Peach Jonでしょ?




30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/01/08(木) 20:44:57.20 ID:hhdFmlH50






あわ、どさっと落とす、付けるために。
完全にあわのダンピングが上手であるときに、それは上昇しました、
そして、Momotaroをするのが可能であった上昇と欠乏は上昇しました。
価値するのは可能でした。
Momotaroさむらいが置き終えた構成haoriコートほこりの下るのは、
到着まで貫かれて刀の人のNaoウエスト駕篭と、あわのダンピングのバッグでした。
戻ってください。





31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/01/08(木) 20:45:54.54 ID:hhdFmlH50






..打撃下ろされます。…の下で そして、モモ、あります。
手渡します。 ..所有物同じくらい個人的にはGn'aoについて描写してください。
「行ってください。」父母… 「礼儀正しく言うのはヘッドを下ろしました。」
下…
「そして、それは立派にそうです。」
悪霊撲滅いいぞ。 "
祖父には、ことわざがありました。
「…、負傷してください、」食指が動くオシドリ。 "
また、祖母には、ことわざがありました。
「それはそうです。」「所有物、金庫、何、そして、」
日本日本IchiのあわのダンピングMomotaroの先端。I. 言われています。
「愉快です」。
そしてエネルギッシュな声の過剰が左にあって、出かけるようになっている。
祖父と祖母はそうです。取り外し。
..そして、地位ゲートについて無期限に。離れて見る、無期限に。






34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/01/08(木) 20:52:08.75 ID:u3iTAp/vO



(原文)


桃太郎(ももたろう)はずんずん行きますと、大きな山の上に来(き)ました。
すると、草むらの中から、「ワン、ワン。」
と声(こえ)をかけながら、犬(いぬ)が一ぴきかけて来(き)ました。
 桃太郎(ももたろう)がふり返(かえ)ると、犬(いぬ)はていねいに、おじぎをして、
「桃太郎(ももたろう)さん、桃太郎(ももたろう)さん、どちらへおいでになります。」
 とたずねました。
「鬼(おに)が島(しま)へ、鬼(おに)せいばつに行くのだ。」





35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/01/08(木) 20:53:44.73 ID:u3iTAp/vO





(原文)
「お腰(こし)に下(さ)げたものは、何(なん)でございます。」
「日本(にっぽん)一のきびだんごさ。」

「一つ下(くだ)さい、お供(とも)しましょう。」
「よし、よし、やるから、ついて来(こ)い。」
 犬(いぬ)はきびだんごを一つもらって、桃太郎(ももたろう)のあとから、ついて行きまし
た。
 山を下(お)りてしばらく行(い)くと、こんどは森(もり)の中にはいりました。
すると木
の上から、「キャッ、キャッ。」とさけびながら、
猿(さる)が一ぴき、かけ下(お)りて来
(き)ました。

桃太郎(ももたろう)がふり返(かえ)ると、猿(さる)はていねいに、おじぎをして、
「桃太郎(ももたろう)さん、桃太郎(ももたろう)さん、
どちらへおいでになります。」
 とたずねました。
「鬼(おに)が島(しま)へ鬼(おに)せいばつに行くのだ。」






36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/01/08(木) 20:54:38.80 ID:u3iTAp/vO





(原文)
「お腰(こし)に下(さ)げたものは、何(なん)でございます。」
「日本(にっぽん)一のきびだんごさ。」
「一つ下(くだ)さい、お供(とも)しましょう。」
「よし、よし、やるから、ついて来(こ)い。」
 猿(さる)もきびだんごを一つもらって、あとからついて行きました。
 山を下(お)りて、森(もり)をぬけて、こんどはひろい野原(のはら)へ出ました。
すると空(そら)の上で、「ケン、ケン。」
と鳴(な)く声(こえ)がして、きじが一羽(わ)とんで
来(き)ました。





37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/01/08(木) 20:55:41.98 ID:u3iTAp/vO





(原文)
 桃太郎(ももたろう)がふり返(かえ)ると、きじはていねいに、おじぎをして、
「桃太郎(ももたろう)さん、桃太郎(ももたろう)さん、どちらへおいでになります。」
 とたずねました。
「鬼(おに)が島(しま)へ鬼(おに)せいばつに行くのだ。」
「お腰(こし)に下(さ)げたものは、何(なん)でございます。」
「日本一(にっぽんいち)のきびだんごさ。」
「一つ下(くだ)さい、お供(とも)しましょう。」
「よし、よし、やるから、ついて来(こ)い。」
 きじもきびだんごを一つもらって、桃太郎(ももたろう)のあとからついて行きました。

 犬(いぬ)と、猿(さる)と、きじと、これで三にんまで、
いい家来(けらい)ができたので、桃太郎(ももたろう)は
いよいよ勇(いさ)み立(た)って、またずんずん進(すす)んで
行きますと、やがてひろい海(うみ)ばたに出ました。






38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/01/08(木) 20:56:23.42 ID:u3iTAp/vO





(原文)

 そこには、ちょうどいいぐあいに、船(ふね)が一そうつないでありました。
桃太郎(ももたろう)と、三にんの家来(けらい)は、さっそく、この船(ふね)に乗(の)
り込(こ)みました。
「わたくしは、漕(こ)ぎ手(て)になりましょう。」
 こう言(い)って、犬(いぬ)は船(ふね)をこぎ出(だ)しました。
「わたくしは、かじ取(と)りになりましょう。」
 こう言(い)って、猿(さる)がかじに座(すわ)りました。
「わたくしは物見(ものみ)をつとめましょう。」
 こう言(い)って、きじがへさきに立(た)ちました。






39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/01/08(木) 20:58:19.60 ID:hhdFmlH50






(原文)
うららかないいお天気(てんき)で、まっ青(さお)な海(うみ)の上には、
波(なみ)一つ立(た)ちませんでした。稲妻(いなづま)が走(はし)るよう
だといおうか、矢(や)を射(い)るようだといおうか、
目のまわるような速(はや)さで船(ふね)は走って行きました。


ほんの一時間(じかん)も走(はし)ったと思(おも)うころ、
へさきに立(た)って向(む)こうをながめていたきじが、
「あれ、あれ、島(しま)が。」とさけびながら、
ぱたぱたと高(たか)い羽音(はおと)をさせて、
空(そら)にとび上(あ)がったと思(おも)うと、
スウッとまっすぐに風(かぜ)を切(き)って、飛(と)んでいきました。






41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/01/08(木) 20:59:44.87 ID:hhdFmlH50





(原文)
 桃太郎(ももたろう)もすぐきじの立(た)ったあとから
向(む)こうを見(み)ますと、なるほど、遠(とお)い
遠(とお)い海(うみ)のはてに、ぼんやり雲のような薄ぐろいものが
見(み)えました。
船(ふね)の進(すす)むにしたがって、雲(くも)のように見(み)えていたものが、
だんだんはっきりと島(しま)の形(かたち)になって、あらわれてきました。

「ああ、見(み)える、見(み)える、
鬼(おに)が島(しま)が見(み)える。」

 桃太郎(ももたろう)がこういうと、犬(いぬ)も、猿(さる)も、
声(こえ)をそろえて、「万歳(ばんざい)、万歳(ばんざい)。」
とさけびました。
 見(み)る見(み)る鬼(おに)が島(しま)が近(ちか)くなって、
もう硬(かた)い岩(いわ)で畳(たた)んだ鬼(おに)の
お城(しろ)が見(み)えました。いかめしいくろがねの門の
前(まえ)に見(み)はりをしている鬼(おに)の兵隊のすがたも見えました。

そのお城(しろ)のいちばん高(たか)い屋根(やね)の上に、きじがとまって、
こちらを見(み)ていました。
こうして何年(なんねん)も、何年(なんねん)
もこいで行(い)かなければならないという鬼(おに)が島(しま)へ、
ほんの目をつぶっている間(ま)に来(き)たのです。





42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/01/08(木) 21:01:52.54 ID:hhdFmlH50




(翻訳)


Momotaroのように行くとき、大きな山をつき終えるのについて。
そして、そして、来終えるのについて低下するとき「1と1」を置いて、
草の低木の当時のItからの声の過剰がお辞儀している間、1
つの犬の密告者でそれを置いてください、犬の密告者はそうです。
戻ってください、礼儀正しさ、それMomotaroによって価値がありますが。
「さんによって価値があるさんとMomotaroとどちらかによって価値がある
Momotaroに来てください。」 「見ました。」
"..悪霊Gemaしま悪霊に行ってください。 "
「下ろされる、何、ウエスト駕篭の下、なぜ、」何ですか?
「「日本の日本を何1インチもどさっと落とすミレーが
「ある安値を私に与えて、付添人に行きましょう」。
容易に、Itは良いです、そして、続いてください。「「. そうするので」
「後に、それ価値がありました。」
犬の密告者あわのダンピングについて何もMomotaroと共に続きませんでした。
そして、山が下に来た、しばらく。する今回、
それは森林の中でもりを必要としました。 その時、木に登ってください。
それを置いて、ある猿Itがいつまでお辞儀するか、
そして、猿を滑降させてください。「CatsuとCatsu」と叫んで来終える、
オンである、礼儀正しいです。低下。
..リターンそれMomotaroによって価値がありますが。
「さんによって価値があるさんとMomotaroとどちらかによって
価値があるMomotaroに来てください。」 「見ました。」
"..悪霊Gemaしま悪霊に行ってください。 "






43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/01/08(木) 21:03:37.03 ID:hhdFmlH50





(翻訳)

「下ろされる、何、ウエスト駕篭の下、なぜ、」何ですか?
「「日本の日本を何1インチもどさっと落とすミレーが
「ある安値を私に与えて、付添人に行きましょう」。
容易に、Itは良いです、そして、続いてください。
「「. そうするので」 「何も猿あわのダンピングで続きませんでした。」
山は下に来ました、そして、森林もりは引き抜くことができました、
そして、今回、それは広い分野に出かけました。 「ケンとケン、」
その時、それを超えています。ほえてください。 人影のない空のコーがして、
1羽のキジが、あって、来終えるのについてします。






44 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/01/08(木) 21:04:14.88 ID:4tGFOq940





>..悪霊Gemaしま悪霊
何回悪霊いうてんねんw

タラー!読者、アウトー!





46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/01/08(木) 21:06:00.78 ID:nxiZAIJL0



同じ範囲の原文と翻訳文を1つのレスにまとめてくれ
そっちのほうが見やすい




47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/01/08(木) 21:06:48.14 ID:u3iTAp/vO




 (翻訳)

そして、そして、低下するときお辞儀する、キジはそうです。
戻ってください、礼儀正しさ、それMomotaroによって価値がありますが。
「さんによって価値があるさんとMomotaroとどちらかによって
価値があるMomotaroに来てください。」 「見ました。」
"..悪霊Gemaしま悪霊に行ってください。 "
「下ろされる、何、ウエスト駕篭の下、なぜ、」何ですか?
「「」 「1つの安値を私に与えて、付添人に行こうこと」を
どさっと落とす日本日本Ichiのあわの先端 容易に、Itは良いです、そして、
続いてください。「「. そうするので」 「後に、それ価値がありました。」
キジあわのダンピングについて何もMomotaroと共に続きませんでした。
Susumuは間もなく、急速にびょうぼうたる海に出かけました。それはそうでした。 ..イサ
ム。 ..地位。 … . 家臣がこれで犬の密告者に、良い訪問、猿、キジ、および3にできたので
Momotaroによって価値があるはいを進めるとき。
そして、船1はただそこに接続されました。ずっと…





48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/01/08(木) 21:16:59.97 ID:hhdFmlH50





了解


(原文)

桃太郎と、三にんの家来は、さっそく、この船に乗込
「わたくしは、漕ぎ手になりましょう。」
 こう言って、犬は船をこぎ出しました。
「わたくしは、かじ取りになりましょう。」
 こう言って、猿がかじに座わりました。
「わたくしは物見をつとめましょう。」
 こう言って、きじがへさきに立ちました。



(翻訳)

それはそれに入ります。 「私は漕ぎ手になります。」 "
それはそのように言いました、そして、犬はボートをこぎ始めました。
「私は操向になります。」 "
それはそのように言います、そして、猿はそのように言います。舵。
..座っています…

「私はそうするつもりです。」物見働いてください。 "
それはそのように言いました、そして、キジは船首に立ちました。






49 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/01/08(木) 21:17:15.37 ID:4tGFOq940





>キジあわのダンピングについて何もMomotaroと共に続きませんでした。
Susumuは間もなく、急速にびょうぼうたる海に出かけました。それはそうでした。 ..イサ
ム。 ..地位。 … . 家臣がこれで犬の密告者に、良い訪問、猿、キジ、および3にできたので
Momotaroによって価値があるはいを進めるとき。
そして、船1はただそこに接続されました。ずっと…

一体誰がどのようにでてきてるんかわけわからんw






50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/01/08(木) 21:21:52.77 ID:hhdFmlH50





(原文)

うららかないいお天気で、まっ青な海の上には、波一つ立たちませんでした。
稲妻が走るようだといおうか矢を射るようだといおうか、
目のまわるような速さで船は走って行きました。
ほんの一時間も走ったと思うころ、
へさきに立たって向こうをながめていたきじが、「あれ、あれ、島が。」
とさけびながら、ぱたぱたと高たかい羽音とをさせて、
空にとび上ったと思おもうと、スウッとまっすぐに風を切きって、飛んでいきました。



(翻訳)

それはきめ細かに美しかったです、そして、青ざめた海でいいえ。
1時までには、波を立てます… 稲妻が、走る
ように思えたか、または矢を撃つように思えたか、
または船が目がターンしたところに速度を述べると言ったと
言われました。
1時間と、「それ、それ、および島」だけの間走っているなら思うとき、
お辞儀に叫んでいる間、ばたつくところで高い羽音をしました。地位。
..「それが反対側を見続けていたキジ。」,
そして、風を切りながら、飛びました。願望まっすぐです。無視します。
空と上がったことへのいつがジャンプするかSutsu。






51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/01/08(木) 21:26:10.79 ID:hhdFmlH50





(原文)


 桃太郎ももすぐきじの立ったあとから向こうを見ますと、なるほど、
遠い遠い海のはてに、ぼんやり雲のような薄ぐろいものが見みえました。
船の進むにしたがって、雲のように見えていたものが、
だんだんはっきりと島の形かたちになって、あらわれてきました。
「ああ、見える、見える、鬼が島が見みえる。」
 桃太郎もすぐきじの立ったあとから向こうを見ますと、
なるほど、遠い遠い海のはてに、ぼんやり雲のような薄ぐろいものが見えました。
船の進むにしたがって、雲のように見えていたものが、
だんだんはっきりと島の形になって、あらわれてきました。
「ああ、見える、見える、鬼が島が見える。」




(翻訳)


反対側はすぐ本当に、それが薄暗く見えたキジのMomotaro地位の後にいつ見られましたか、
そして、それ…薄さ… 遠い海の雲のようにそれを挽いてください。
船が明確に進むのに従って何が雲に似ているかは徐々に島の形のタイプになります、
そして、それは現れました。
「ああ、見て、見て、鬼が島は、それを見られて、見ます。」
「あなたがすぐ反対側を見るとき、キジの後にIndeedはMomotaroから立っています、
それ… 遠い海の雲の薄さのように薄暗くそれを挽いてください。」
船が明確に進むのに従って何が雲に似ているかは徐々に島の形になります、そして、それは現れました。
「ああ、見ます、そして、見ます、そして、鬼が島は見られます。」 "







52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/01/08(木) 21:30:16.02 ID:hhdFmlH50




(原文)


桃太郎がこういうと、犬も、猿も、声をそろえて、「万歳、万歳。」
とさけびました。
見る見る鬼が島が近くなって、もう硬い岩で畳んだ鬼のお城が見えました。
いかめしいくろがねの門の前に見はりをしている鬼の兵隊のすがたも見えました。
そのお城のいちばん高い屋根の上に、きじがとまって、こちらを見ていました。
こうして何年も、何年もこいで行かなければならないという鬼が島へ、
ほんの目をつぶっている間に来たのです。



(翻訳)


Momotaroは、これの場合に犬と猿で声を手配して、「歓声と歓声」と叫びました。
硬い岩で既に折り重なった悪霊の城は鬼が島が急速に近くなるように思えました。
厳しいくろがねのゲートの正面で見るビームをしていた悪霊の軍人のミを得ました。
キジはここで屋根で最も高いことで城を止めました。見られました。
したがって、長年いくつこぐかが必要であったのが鬼が島に来て、
年間、いくつが目だけをゆったり過ごすかは閉じられていました。






53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/01/08(木) 21:35:43.18 ID:hhdFmlH50




(原文)



 桃太郎は、犬と猿をしたがえて、船からひらりと陸の上にとび上がりました。
 見はりをしていた鬼の兵隊は、その見なれないすがたを見ると、びっくりして、
あわてて門の中に逃げ込んで、くろがねの門を固くしめてしまいました。その時犬は門の前に立って、

「日本の桃太郎さんが、お前たちをせいばいにおいでになったのだぞ。あけろ、あけろ。」
 
とどなりながら、ドン、ドン、扉をたたきました。




(翻訳)

4

犬と猿は伴われました、そして、船は陸ですぐにジャンプしました。
見てください。発してください。してください。悪霊。軍人。.なじみのない。見てください。驚き。
慌ててください。ゲート。中。出くわします。
くろがね。ゲート。困難。全部で。その時away.Atを置いてください、そして、犬は門前で立ちます。

「日本のMomotaroが意識を取り戻してしまうだろう、あなた 開いてください、そして、そ
れを開いてください。 」
 
それはとどでしたが、ドン、ドン、およびドアは負かされました。





54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/01/08(木) 21:39:51.15 ID:hhdFmlH50





(原文)


鬼はその声を聞くと、ふるえ上がって、よけい一生懸命に、中から押さえていました。
 するときじが屋根の上からとび下りてきて、門を押さえている鬼どもの目をつつきまわりましたから、
鬼はへいこうして逃げ出しました。

その間に、猿がするすると高い岩壁をよじ登っていって、ぞうさなく門を中からあけました。
「わあッ。」とときの声を上げて、桃太郎の主従が、いさましくお城の中に攻め込んでいきますと、

鬼の大将も大ぜいの家来を引き連れて、一人一人、太い鉄の棒をふりまわしながら、
「おう、おう。」とさけんで、向かってきました。




(翻訳)


悪霊は、声が聞かれたとき、震動して、上がって、内部からそれをより一生懸命抑圧していました。
そして、キジが屋根からジャンプして、下って、ゲートを持っていた悪霊の目が小突かれて、ターンした
ので、悪霊を遠くに車で送りました。

猿はそれらの間の高い岩壁を容易に急いで移動させました、そして、ゲートは内部から容易に開けられま
した。
「津」の声が高くするのとMomotaroマスターであり、男性が勇敢に城に侵入する場合

太っている鉄の棒をひとつずつ振り回している間、「それを追求して、pursuします」と
言って、また、一般が多くの家臣を連れて行って、それが避けないで、それが持ってい
る悪霊のものはそれに面していました。





55 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/01/08(木) 21:42:15.81 ID:4tGFOq940




なんかかなり深刻な話になってるな




56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/01/08(木) 21:45:22.20 ID:hhdFmlH50





(原文)


けれども、体が大きいばっかりで、いくじのない鬼どもは、さんざんきじに目をつつかれた上に、
こんどは犬に向こうずねをくいつかれたといっては、痛い、痛いと逃げまわり、
猿に顔を引っかかれたといっては、おいおい泣き出して、鉄の棒も何
もほうり出して、降参してしまいました。
 
おしまいまでがまんして、たたかっていた鬼の大将も、とうとう桃太郎に
組みふせられてしまいました。桃太郎は大きな鬼の背中に、馬乗りにまたがって、
「どうだ、これでも降参しないか。」




(翻訳)


しかしながら、向こうずねがあるときいくじがなく苦痛な悪霊は、aが噛み付いて、今回老いて、老いて、
涙し始めて、鉄のどんな棒も放り出して、当然のことを持っている犬が大きいだけによってそれが苦痛
であるときに、逃げを打ちながら走り回ると言われて、キジに目が厳しく小突かれた後に顔が猿によっ
て引っ掻かれたということわざを言われました。
 
それは終わりまで続いています、そして、戦っている悪霊の司令官はついにMomotaroに
よって押さえられました。 Momotaro: 馬乗りになることの向こう側の大きい悪霊の後部
に。 「ほら、これはあきらめませんか?」





58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/01/08(木) 21:54:14.09 ID:hhdFmlH50



(原文)


といって、ぎゅうぎゅう、ぎゅうぎゅう、押さえつけました。
鬼の大将は、桃太郎の大力で
首をしめられて、もう苦しくってたまりませんから、

大つぶの涙をぼろぼろこぼしながら、
「降参します、降参します。命だけはお助け下さい。
その代わりに宝物をのこらずさし上げます。」
 こう言って、ゆるしてもらいました。




(翻訳)


それを絞ります。言うこと。, それは、絞りながら、それを抑圧しました。
悪霊は一般的です: Momotaroの大きいパワーで。
それが既に耐え難く苦痛であるので不揃いに大粒の涙をこぼしている間、
絞め殺されます。

「それはあきらめます。あきらめます… 人生だけを助けてください。
... . 貫いて残らないで、それを大切にしてください。それを上げます。
「それの長い時代注意は許されました。」






59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/01/08(木) 21:58:05.34 ID:hhdFmlH50




(原文)


鬼の大将は約束のとおり、お城から、かくれみのに、かくれ笠、
うちでの小づちに如意宝珠、そのほかさんごだの、
たいまいだの、るりだの、世界でいちばん貴い宝物を山のように車に積んで出しました。

桃太郎はたくさんの宝物をのこらず積んで、三にんの家来といっしょに、また船に乗りました。
帰りは行きよりもまた一そう船の走るのが速くって、間もなく日本の国に着きました。
 
 船が陸に着きますと、宝物いっぱい積んだ車を、
犬が先に立って引き出しました。きじが綱を引いて、猿があとを押しました。
「えんやらさ、えんやらさ。」




(翻訳)


悪霊の一般が他のIhoujuの山のように隠れること笠の小槌に最も貴重な宝物を出した、
そして、約束に基づき示されるように城から隠れて、見ながら車に積もる世界。

Momotaroは残らないで、多くの宝物を重ねて、3家臣と船に乗りました。
1隻の局面の船が再びリターンに入るのから走って、すぐ日本の国に到着したのは、速かったです。

 
船が陸に到着したとき蓄積完全な宝物の車は引き出されました。
犬以前に、立ちます。
キジはロープを引きました、そして、猿は押しました。
「得ないか、またはそれを手に入れないでください。」 "






60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/01/08(木) 22:06:16.17 ID:hhdFmlH50





(原文)


 三にんは重そうに、かけ声をかけかけ進んでいきました。
 うちではおじいさんと、おばあさんが、かわるがわる、
「もう桃太郎が帰りそうなものだが。」と言い言い、
首をのばして待っていました。そこへ桃太郎が三にんのりっぱな家来に、
ぶんどりの宝物を引かせて、さもとくいらしい様子をして
帰って来ましたので、おじいさんもおばあさんも、目も鼻もなくして喜びました。

「えらいぞ、えらいぞ、それこそ日本一だ。」

 とおじいさんは言いました。




(翻訳)


それは3つより大いに歓声を置き始めます、そして、進みました。
祖父と祖母: かわるがわる。
「「Momotaroは、戻るように既に思えます」。

それが言って、言って、首は、広げられて、待たれました。
Momotaro。すばらしい。家臣。それは、祖父、祖母、目、および鼻を失うので、
捕獲の宝物を引かせて、外観であり、戻ったので、喜ばせました。

「唯一のそれは大物が日本の先端であるつもりであったなら大物であるために望むことで
す。」 "

祖父は解決を言いました。






61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/01/08(木) 22:08:41.85 ID:hhdFmlH50


(原文)


「まあ、まあ、けががなくって、何よりさ。」
 とおばあさんは言いました。
 桃太郎は、その時犬と猿ときじの方を向いてこう言いました。
「どうだ。鬼せいばつはおもしろかったなあ。」




(翻訳)


さて、まあ、そして、負傷が全くなくて、すべて上で。」 "
祖母は解決を言いました。
Momotaroはその時、犬、猿、およびキジに変わって、そのように言いました。
「ほら。 ..悪霊おもしろい… 」




63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/01/08(木) 22:12:42.90 ID:4tGFOq940



桃太郎とその手下がサイコ野郎ってのはよくわかった




64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/01/08(木) 22:14:24.82 ID:hhdFmlH50




(原文)


 犬はワン、ワンとうれしそうにほえながら、前足で立ちました。
 猿はキャッ、キャッと笑いながら、白い歯をむき出しました。
 きじはケン、ケンと鳴きながら、くるくると宙返りをしました。
 空は青々と晴れ上がって、お庭には桜の花が咲き乱れていました。





(翻訳)


犬は幸福にほえている間、1と1で前脚で立ちました。
猿はCatsuとCatsuとして笑っている間、白い歯を剥き出しました。
キジはケンとケンタッキー州と共にほえている間、ぐるぐる宙返りしました。

空が新鮮であって、緑色で解決しました、そして、桜の花はくまなく庭で咲き
ました。


完成





65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/01/08(木) 22:15:41.95 ID:4tGFOq940





何が完成したか教えれ









 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
月刊桜坂通信 | ニュー速vip | トラックバック:0 | コメント:2 |
新しい記事へ移動する  
  過去の記事へ移動する
コメント
この記事へのコメント
[ 1227 ] 名無しの仲良しさん 2009/01/09(金) 20:08 ID:-
よっぽど暇なんだな、ニートって・・・
[ 1242 ] 名無しの仲良しさん 2009/01/10(土) 10:42 ID:-
寒いな。
この記事へのコメントを書く
[非公開]管理人にメッセージを送る

パスワードは、「ID生成」「コメントの編集」に使用します。

コメントの編集は、IDから編集画面へリンク

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://aln1025.blog39.fc2.com/tb.php/374-c9e923f1
この記事へのトラックバック
 
 
トップへ

テンプレート作成:しるえっと どっと ほーりー/sil_st3c01m_r102

FC2Ad



お知らせ


FireFox推奨です
こちらからダウンロードできます↑


aln



当ブログについて

TOP絵
TOP絵募集中です
誰か作って下さい(人∀・)タノム
サイズは980*200くらいです

aln1025☆gmail.com までお願い ☆→@

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


Author:aln

フィードメーター - 仲間にゅーす
ブログパーツ




Twitter登録してみた


コメント欄にナンバーつけてみた
←新 旧→
TOTAL Pages
全部見てみる
ひとりごと

寒いです
もうストーブ大活躍です
携帯の機種変しました
使い方が全くわかりませんorz
仕事が忙しいため
更新少なくなります
でも見捨てないで下さい


IEで見ている方で
ページの最後まで
見れないって時は
画面縮小してから
横のスクロールバーを
出して最大化すると
見られるようです
お手数かけますが
許して下さい(;・∀・)
苦情を頂いてますが
どうにも直せませんorz

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



恋愛マニュアル - なぜあなたはモテない?
***************
あわせて読みたいブログパーツ
☆おもいつきエリア☆



待ってたヨ
!大感謝!
今いる人
現在の閲覧者数:
お世話になってます
d(゚Д゚ )☆スペシャルサンクス☆( ゚Д

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。