アクセスランキング

              笑う門には福が来る・・・らしいよ

  ヘッドライン!! ━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━ !!  

☆お気に入り新着記事☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

Powered by Ayapon RSS! オススメ プログラマー ペットフード


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
月刊桜坂通信 | スポンサー広告 |
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/25(水) 20:27:08.49 ID:Yi+UFDlyO

 貼っていけ

3 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/25(水) 20:28:45.69 ID:WB6HAt3y0

最近このスレ毎日見かけるけど
新規コピペはほとんどない。
もう潮時だな

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/25(水) 20:29:14.42 ID:CWj7a8Bq0

トイレ行けなくなる

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/25(水) 21:06:16.64 ID:gUeTO49J0

夜居酒屋でバイトしてた頃、残業してたらいつもの電車に間に合わなくて、
途中の寂れた駅までしか帰れなかった時があった。

その日は給料日前日で全然金なくて始発出るまで公園で寝てたんだけど、
寒さで腹壊しちゃってトイレに行ったの。

そしたら少しして隣の個室に人が来たんだけど
何か電話しながら入って来たみたいで話が聴こえて。

外からは車の音とかするんだけど、
トイレの中かなり静かだから相手側の声も微妙に聴こえたんだ。

「ん?うん、分かってるって。あはは!あ、ごめんごめん。何?」

『・・なった・・い つか・・』

「あぁ、そーだなー。大丈夫だって。気にすんなよ。え?おう。あははっ!やだよ。なんでだよ!ふふ。うん。そーなの?」

『たしか・・かけ・・し・・』

「そうだっけ?おう・・あー、そうかもしんね わり!ちょっと待ってて」
で、トイレから出ようとした時、隣から。かさっ、しゅっしゅっ。
と言う音と同時に、はっきり相手側の声が聴き取れた。

『ったでんわばんごうは げんざい つかわれておりません  ばんごうをおたしかめのうえ おかけなおしください  おかけになったでんわば』

「もしもし?わり。タバコ。で、何だって?ああ、そりゃおま」

急に怖くなり駅まで走って、駅前で震えながらシャッターが開くのを待ってた。

ただ物凄く気味が悪くて怖かった。思い出すとまだ夜が怖い。

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/25(水) 21:08:47.39 ID:gUeTO49J0


僕が廃墟に探検に行った時のこと。
二階には小さな子供部屋があって、
僕は何か面白い物がありそうだからそっと入ってみた。

ボロボロの机に、一つ日記帳が置いてあった。でも中は真っさら。
なぁんだ残念、と思ったら、1番最後のページに、
汚い字で日記らしいものが書いてあった。


『8/18 はれ

ねこふんじゃった
ねこふんじゃった
ふかふかの毛布にくるまった
ねこ、ふんじゃった
わざとじゃないよ
でも、ちょっといい気味だったよ

ネコさんはイタいとき、ニャアって鳴くけど、
ねこふんじゃったとき、ねこは泣かなかった。
なんでかなあ、ふしぎだなあ
あ、ママがゆうくんを呼んでる。
ずーっと呼んでる。

ゆうくん、まだ起きないのかなあ』


僕はなんだかゾッとして、日記帳を閉じた。

壁には、寝ている赤子の絵がかかっていた。

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/25(水) 21:11:39.94 ID:G3U8vfao0

ぼくたちあわせて一人しかいなかった
ねぇなんでこっち見てるの?
なんであの時連れてってくれなかったの
気付かないほうがよかった
今日は、家でじっとしていよう
「おまえの隙間につめこむよ」

月夜に燈せ道しるべ
お狐さまには四度まで
少女が左足を引きずりながら近づく
降りしきる雨の中踊る貴女を見つめる
黒い黒い少女は踊り。狂う
地面にへばりついた飛び散る臓物
「おまえの隙間につめこんだ」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/25(水) 21:14:22.46 ID:gUeTO49J0

次の8つの単語の中から、1つを自由に選んで見て下さい。
スキー、鼻水、コップ、温泉、ゴミ箱、コーヒー、冬、お土産
選びましたか?
では今度は、その単語と関係あると思うものを、次の8つの単語から選んで下さい。
電卓、雪、針、ティッシュ、米、まんじゅう、牛乳、電話
はい、ありがとうございます。
選んだそれを強くイメージしてから、次に進みましょう。
そのものの特徴を、次の8つの中から選んで下さい。
大きい、遅い、白い、鋭い、暗い、甘い、赤い、狭い
それでは最後に、その特徴に当てはまるものを次の8つの中から選んで下さい。
ナイフ、ピラミッド、砂糖、亀、犬小屋、宇宙、血、深海
選びましたか?
では、あなたが何を選んだかズバリ当てて見せましょう。


あなたが選んだものは、

砂糖 ですね?

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/25(水) 21:16:10.32 ID:gUeTO49J0

68 :本当にあった怖い名無し:2007/08/05(日) 19:09:40 ID:+A9V2APz0

最近の若い親は子供の躾がなってない
公共の場所で子供が騒いでいても知らん振りとはどういう神経か
親子はお友達じゃ無いんだから叱るべき時はガツンと叱るべき
世間は虐待だなんだとうるさいが俺は体罰も時として有効だと思うし実際にやっている
今日もうちの子供が朝からうるさくしていたので庭にある物置に閉じ込めておいた
初めは暑いのなんのと喚いていたがしばらく立つと反省したようですっかり大人しくなった
もう夕飯の時間だしそろそろ出しに行ってやるか

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/25(水) 21:18:48.21 ID:KpAF0QUUO

あ かなし

白い白いの。あそこにある右手だけが真っ白なの。 真っ赤に染まらない。
向こうに置いたはずなのにもうこんなに近づいてる。どうして?もう終わったはずなのに。
また夢に出るの?白にしか染まらないその手だけを大切に抱いてずっと見つめてくる。
一月前は泣いていて。二月前は笑ってた。そんなにあ かが欲しいの?
終わりはないからまた来るの?

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/25(水) 21:20:40.16 ID:gUeTO49J0

ショッピングセンターのトイレの個室で幼い女の子がレイープされ
子宮破裂、店側も評判を恐れて報道されていない、という都市伝説があるだろ?
うちの近所でも噂になったんだ。
それを真に受けたPTAママが噂になったショッピングセンターに
電話をして店長に問いつめた。
そういう事件があったかどうか、と。
すると店長は「いっさいございません」。
それでも本当ですか?
隠してるんじゃないですか?
と食い下がると
「当店のトイレ個室にはすべて監視用カメラが設置され
私がこの目でチェックしておりますが、
今迄そのような事件はありませんでした」と
きっぱり言ったそうだ。

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/25(水) 21:21:45.12 ID:rDJyvvdlO

脳死が確認されて二週間を経過した彼の皮膚細胞は、
無数のチューブに繋がれ、人工呼吸器と点滴によって生き続けていた。

しかしそれも、昨日までの話。彼は死んでしまった。
「すみません。手は尽くしたのですが…」
お医者さんはとても悲しそうな顔で告げた。
彼の亡きがらを抱いた時、とても軽くて、苦しかったんだと思う。
でも、もう苦しまなくていいんだよ?楽になれたね。
「………治療費は結構です」
決して裕福とは言えない私の状況を察してか、なんて優しいお医者さんなのだろう。
私はすぐに泣いた。
「……遺体を見るのは辛いでしょう」
お医者さんがシーツを被せる。
「……思い出は彼と共に焼いて忘れなさい」
この一言で私は立ち直れた
ありがとうございます。お医者様。

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/25(水) 21:23:07.05 ID:gUeTO49J0

最近、部屋の様子が変なの。
何が変かって、具体的に分からないけど・・・。
例えば、TVのリモコンの位置とか、冷蔵庫の中身とか。
ほんとに、「あれ?」って思う位だけど・・・。
彼に相談しても、気のせいだって言うし。
もしかしたら、前に住んでいた人かなって思ったら、怖くなって大家さんに言ってみたの。
大家さんは、はっとした表情になって直ぐにその人に連絡してた。
「合鍵は作られましたか?」って。
大家さんは、抑止にはなったと思うけど、心配なら鍵を新しくしようかって。
怖いので、そうしてもらった。
これで安心だわ。

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/25(水) 21:26:14.51 ID:gUeTO49J0


ある日彼からムービー付きメールが届いた。
なにかと見てみると自殺する内容だった。
縄に首をかけ首を吊って苦しそうに、もがいて彼は逝った。
そこでムービーは終わった。

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/25(水) 21:27:52.24 ID:gUeTO49J0

ひき逃げにあって入院してたんだけど、やっと退院できた
仲の良かった友達が家に遊びに来た。

「病院にお見舞いにいけなくてごめんな」

「気にしないでよ」

「犯人の顔見たのか?」

「いや~、いきなりだったから覚えてないんだ」

「そうか」

「お前も気をつけろよ」

「あぁ、じゃあそろそろ帰るわ。今度はちゃんとお見舞いに行くからな」

「ありがとう」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/25(水) 21:31:53.80 ID:gUeTO49J0

小学生の頃、5人ぐらいで構成されたいじめのグループがあり、そのターゲットになってるA君がいた。
勉強もスポーツもダメでいつもヘラヘラしているから、いじめられやすかったのだと思う。
性格もおとなしく、いじめられても反撃せずに「やめてよぅ、くちゃーに」と言うだけだった。
この「くちゃーに」ってのは彼の口癖のようで、いじめられる時はいつも決まり言葉のように言っていた。

ある日気の毒に思ったので、彼にどうしてやり返さないのか聞いてみた。
彼はヘラヘラ笑いながら「平気だよ、だって…」と言うだけだったが、その目は笑っていないように思えた。
何しろ人の目を見て鳥肌が立ったのは、後にも先にもその時だけだったから。
翌年彼は転校し、みんな彼のことは忘れていった。

それから20年ほど経ち、同窓会でほどよくアルコールが回ってきた頃「そういえば」と友人が話し始めた。
どうもA君をいじめていたグループが全員亡くなったらしい、しかも全員自殺…と。
その友人も詳しくは知らないが、いじめグループは中学に入った頃から精神的におかしくなり始め、
強制入院させられたが、半年以内に院内で自ら命を絶ったらしい。
そんなことがあったのか、なんか怖いなと思ったとき彼の口癖を思い出した。

くちゃーに…

くちゃーに…

口、兄?

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/25(水) 21:39:12.95 ID:gUeTO49J0

怖く無いかも知れんが実話

前の勤務先の同僚が俺の職場に立ち寄った
お互いに既婚者だが俺らはよく飲みに行ったり遊んだ仲だった
久ぶりに合ったんで近所の茶店に行った

俺が「最近どーよ、悪いことしてる?」
すると彼は笑いながら始めた話はこうだ

一年程前から10歳下の愛人がいてクリスマスは22・23・24・25日と彼女のマンション
で一緒に過ごした。当然自宅に帰らず家庭はメチャクチャ。しかし小学生の娘
がいるので可愛そうに思い25日の19時頃家に帰ることにした。それを止めようと
泣き叫び懇願する女。最後は喧嘩となり、ようやく女を振り切り11階からEVに
乗った。
そして笑いながら更に話を続けた
「マンションのエントランス出て、外に行ったらそいつ居たよ」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/25(水) 21:42:54.51 ID:gUeTO49J0

43 :本当にあった怖い名無し:2007/11/12(月) 17:15:54 ID:OhQ+xuO8O
昨日ドライブ中に心霊スポットで有名なトンネルに行こうってなったんだが
細かい道とか分からなくて、
適当に進んでたから行き止まり→戻るみたいな感じを繰り返してたんだ
ある道を通ってた時に落書きしてる看板(釣り禁止とか書いてるやつ)があって

一応その心霊スポット以外にも、
来た証拠みたいなのを残したくてその看板の写メをとったんだ
撮ってすぐ後に一台黒い軽がおれらが進む方向に通り過ぎたんだけど
友達が「ちょ、あの車人乗ってなくなかった?」っていったんだが



44 :本当にあった怖い名無し:2007/11/12(月) 17:17:37 ID:OhQ+xuO8O
よくある外から見えなくなるフィルム?みたいなのだろ、
と残りの二人に突っ込まれて「あぁ!そんなのあったな!」と納得していた
結局その後その道進んで行ったが一本道で
この先のダムにはいると法的に罰せられますって感じの看板と
鎖で鍵をされてるフェンス以外なにもなかったので来た道を戻った
トンネルは結局見つけられず、
帰りに外環沿いにあったうどん屋でうどんを食って解散した

深夜のドライブはおもろいよなw

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/25(水) 21:47:51.73 ID:gUeTO49J0

表向きは仲良くしてるんだけど
クラスでムカツクAの携帯に
非通知で朝となく夜となく嫌がらせの電話を
仲間うちで繰り返してた
『氏ね』とか『殺す』とか声色使って


ある日、知らない番号から電話があって出た
『もしもしAだけど、明日バイト変わって』

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/25(水) 21:50:46.34 ID:gUeTO49J0

ある男の所に、見知らぬ紳士が箱を持ってやってきた。その箱にはボタンが付いていて、
それ以外には何も仕掛けらしきものは見あたらなかった。その紳士は穏やかな口調で
男に言った。
「あなたがこのボタンを押すと、どこか遠い場所で、あなたの知らない人が死にます。
そのかわり、このボタンを押して頂けましたら、あなたに100万ドルを現金で差し上げましょう。」
そう言うと、紳士はボストンバックを開き、中に詰め込まれた札束を見せた。
男が躊躇うと、紳士は3日後に箱を取りに来るから、それまでに決心して欲しいと言って
去っていった。
男は悩んだが、誰も知らない人間なのだからと、最後の日にボタンを押した。翌日、
紳士が現れ、男に礼を言って100万ドルと引き替えに箱を回収した。紳士が会釈して
去ろうとしたとき、男は紳士に尋ねた。
「本当に人が死んだのか?」
すると紳士は答えた。
「はい。確かに昨晩、遠い場所で、あなたの知らない人が死にました」
男は良心が痛んだが、目の前の札束を見て自分を納得させた。
「もう一つ教えてくれ」
「はい、何でございますか?」
「その箱はどうするんだ?」
すると紳士は微笑んで言った。
「どこか遠い場所の、あなたの知らない人に届けます」

58 名前:お約束 投稿日:2009/03/25(水) 21:51:45.33 ID:KeKZvzlS0

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/25(日) 19:28:57.65 ID:BduiFm6z0
ニューヨークの地下鉄を私はよく利用する。
毎朝通勤の度に地下鉄構内で何やらぶつぶつ言ってる一人のホームレスの男がいた。
男の近くの壁に寄り掛かり内容を盗み聞きした。
目の前をおばさんが通る。すると男は
「豚」
と呟いた。
私は思った。なんだただの悪口か、動物に例えているだけか…。
次に普通のビジネスマンが通る。すると男は
「人」
あぁ、まさに普遍的人間って感じの人だな…。
別の日、暇潰しにまた盗み聞きしてみる。
男の目の前をやつれた男が通る。すると男は
「牛」
と呟いた。
牛?どちらかと言うと痩せた鳥だが…?
次に典型的な肥満の男が通る、すると男は
「野菜」
と呟いた。
野菜?豚の間違いだろ?
私は家に帰り考えた。
もしや、次に生まれ変わる生き物、すなわち転生を言い当てるのか!?
その後、何度もホームレスを観察しているうちに疑問も確信に変わった。
ある日思い切ってホームレスに疑問をぶつけ、能力を身につける方法を教えてくれと懇願した。
ホームレスは淀んだ目で私を見つめた後、私の頭に手をかざした。
次の日からホームレスはいなくなった。仙人だったのだろうか?はたまた神か?
私は能力を身につけた。
それは期待するものとは違っていた。
ただ単に、その人が直前に食べたものだった
私はあまりのくだらなさに笑ってしまった。

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/25(水) 21:57:35.08 ID:gUeTO49J0

高校は離れたんだけど近所の友達
友達っても母親同士が仲良しな位で
あんまり付き合いはない
そいつが入院したんで見舞いに行った
何で入院したのか知らないんだけど行ったら寝てた
枕元には千羽もない百羽位の折り鶴が吊ってあって
ちょっと触れてみると
『クラス一同より』って書いてあった
強く引っ張ったのか鶴が2つ落ちた
うわっ縁起悪いかも、、と慌てて拾ったら
そいつが目を開けた
他愛ない話して帰宅した
ポッケに折り鶴が入ってた
何となく広げてみると、折り紙の裏に

2つとも『死ね』と大きく書いてあった


63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/25(水) 21:58:18.58 ID:KeKZvzlS0

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] :2008/02/26(火) 18:53:07.56 ID:UN4rTL+e0
先日、俺が妹の部屋で大便していたら、旧・日本兵の格好をした見知らぬ男が入ってきた。
最初は泥棒かと驚いたんだけど、無言のまま血走った眼でこちらを睨みつけてくる。
ちょっと薄気味悪くなって、「貴方は誰ですか、何をしているんですか?」って尋ねたら、
「バカヤロー!」って叫んでそのまま霞みたいに消えてしまった。

その後、帰宅した妹に事情を話したんだけど、泣き叫ぶばかりで話にならなかった。
両親も怒鳴ったり喚いたりするばかりで、その男の話は何も出来なかった。

もしかすると家族は俺の知らない秘密を抱えているんだろうか?
いま思い出しても背筋が凍る思いだ。

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/25(水) 22:06:04.66 ID:gUeTO49J0

俺の部屋から外を見下ろすとちょっとした公園があって
よくジョギングしてる人や散歩してる人・・・
遊んでる子供や休憩してる人など、いつも誰かしら居る
夏になると夜中でも近所の中高生くらいのガキが辺りを気にぜず大声で喚いている
そんな奴らも帰って静けさを取り戻す時刻、
流石にこんな時間までうろちょろしてる人間は居ないだろうと
窓から外を見てみると、大きな木に寄り掛かる様に立っている人がいた
ちょっと立ち寄っただけか?しばらくしたら居なくなるだろう
そう思って1時間後に見てみるとそいつはまだそこに立ってた
何やってるんだ? たまに右往左往している
誰かを待っているのか?
どんな奴か顔を見てみたいがこの位置からでは木の葉が邪魔して見る事が出来ない
見えるのは胸元辺りまでだ
その日から気づくとそいつは、いつも同じ服を着て
何時間も大きな木の下に立っている
昼間は居ないのだが、暗くなると何時の間にか立っている
時折そいつの前を人が通るのだが誰も気にする人が居ない
それが返って不気味に思えた
下に降りて確認したい気持ちはあるものの
時間が時間だけに勇気が出ない
そして月日が経ち秋になった
大きな木の葉も枯葉となり、次第に遮るものが無くなっていく
もう何日かしたら顔を拝めるぞ
俺は期待と不安で胸が高鳴った
そして正体を知る日が訪れた

そいつは首が無いマネキンだった

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/25(水) 22:08:19.34 ID:gUeTO49J0

「出る」と評判の廃屋で、おれたちグループの中でもいちばん気が強く、
心霊現象完全否定派である竹田が夜に一人で肝試しをすることになった。
他愛ない雑談から、いつのまにかそういう話になってしまったのだ。
「やめといた方がいいって」とおれたち四人は引き留めたが、竹田は鼻で笑い、
「じゃあ、必ず約束守れよ。おれが一人きりで朝まであそこで過ごせたら、
おまえらはおれに二千円ずつ払う。もしおれが逃げ出したりズルをしたら、おれが
おまえら全員に二千円ずつ払う。証拠のハンディカムはちゃんと回しとくから」
『……っと、位置はこのへんでいいか。映ってるよな?
つーわけで、一人肝試しのはじまりはじまり。拍手~。
ハァ、朝までヒマだねしかしこれ。携帯もノートパソコンも駄目とは、自分で
言いだしたもののチト厳しい縛りだったかな。まあいいや。
さて、と。
このままボーッとしてるのもなんだからさ、ひとつおれが、そう霊なんか一切
信じてないこのおれが、とっておきの「怖い話」をしてやるよ。
おまえらのこと。おまえたち「四人」の話。
……おまえたち、まだ気づいていないのか?
違うだろ、本当はとっくに気づいてて、なのに知らないふりをしてるだけなんだよな。
……なあ、正直に言うよ。おれはいま、怖くてたまらない。
この廃屋がじゃない。おまえたちが、だ。おまえたちの視線が。
いま、こうして、おまえたち「四人」におれを見られていることが。
怖くて怖くて死にそうだ。ずっと前から。
…………
どうやら賭けはおれの負けだな。ちゃんと払うよ、六千円は』
結局、竹田はおれたちに金を払うことはなかった。ハンディカムの映像だけを
残し、あの夜に廃屋から出たあと、突然失踪したから。行方はいまだに知れない。
いまでもたまに、おれたち四人は竹田の残した映像を見る。そのたびに不可解な
気分にとらわれる。
いったい竹田は、おれたちの何がそんなに怖いのだろう。

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/25(水) 22:08:45.19 ID:6fMaeOt6O

外で散歩をしていたら、「キャー!」という女性の悲鳴が聞こえた。
私は驚いて行ってみると道路で女性が、縦2m・横2m・暑さ50cm程の鉄板らしき物の前に座りこんでいた。
その女性に話を聞こうとしたが、ビックリしたのか話せない。
すぐに作業服を着た人が来て訳を話してくれた、どうやらビルの上で工事をしている時に落としてしまったという。
幸い怪我人は出なく、女性は驚いて腰が抜けてしまっただけらしい。
それにしても赤いタイルの上に真っ黒の鉄板とは不気味である。

散歩も飽きて夕陽が暮れ前に、もう一度その場所に寄ってみた。
その鉄板らしき物はまだ残っていた。とても重いので処理ができてないのだろう。
危ないからか、近づけないように警備員のような人がいた。
先ほどの女性もいた。声をかけてみた。
「先ほどは驚かれたことでしょうね」
女性は
「驚きました。悲鳴を聞いたときはビックリしました」
と返してくれた。

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/25(水) 22:09:58.61 ID:XeajmyRxO

高い空にアコガれ 身をノり出して、 巣を上にノゾむことになろうとは ヒナ鳥などには分かろうはずもないのさ、

還りたい・・・・・・巣へカエりたいと 必シで伸ばす その羽根も奪ウバわれ、 ただ時に身をマカせるだけなのか、 

ああ、ハネを剥ぐ蟻たちよ セめてその黒班で ワタシを覆い隠しておくれ・・・・・・

早く・・・・・・・・・

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/25(水) 22:11:10.57 ID:K4HNCpe60

243:本当にあった怖い名無し :2008/06/17(火) 23:38:05.64 ID:tXma/61F0
1844年9月22日、推理作家のスタン・O・ジーヴズが自らの部屋で首を吊り自殺した。
ジーヴズは作家には珍しく非常に外向的な人物で、
毎昼カフェに出かけて友人と話を楽しむ人物であった。
だがある日からぱったりとその姿を見せなくなり、一週間後に家を訪ねた友人が遺体を発見した。
部屋に不審な点はほとんどなかったが、
テーブルに一週間前の日付で届いた手紙が残っていた。
以下はその手紙の訳。
※カタカナは和訳できない部分

『MWiMEは死にかけたシーラカンス
震える舌で救い上げそのまま嚥下した
風呂蛆の中に突っ込むかのように
     予兆だ
振り返ると青白い光 生暖かい人形 
ポワポワウフフ
契レたチぎれタちぎレた千切れタ・・・薬     指
殺される殺される殺される殺される殺さ    れる殺される殺   される殺される殺され る殺される
殺される殺され   る殺される殺される殺     される殺され   る殺される殺さポヮウ フフフれる殺される
殺ポワウフフる   殺される殺され   』

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/25(水) 22:11:19.40 ID:gUeTO49J0

昔、WWⅡ当時にドイツ軍が捕虜やユダヤ人相手にさまざまな人体実験を行った。
ほとんどがナチスの残虐性をアピールするために脚色されているが、中にはこんな実験もあった。
その実験は、毎日鏡に向かって「お前は誰だ?」と会話させるというもの。
それによって捕虜(ユダヤ人だったかも)は、自分の鏡像に対してゲシュタルト崩壊を起こし、気を狂わされてしまう・・・らしい。
曰く「鏡の中の自分が勝手に動く」とかなんとか・・・

んで、当時中学生の俺は「ヴァッヘンSugeeeee」とか程度にしか思わず、自分でその実験をやろうと思ったわけだ。夏休みに。
毎日鏡に向かって「お前は誰だ?」ってつぶやく俺。旗から見るとマジ厨二だが、大真面目にそれやっていた。

何週間か鏡を見るたびにそれを続けていると、本当に鏡の中の自分が自分でないような気がしてきた。
なんと言うか、鏡から目を逸らしたら、鏡像の自分が勝手に動くんじゃないかって。
でもいつまで経っても何も起こらない。
結局、夏休みも終わるのでこの実験も止めた。

で、そのときの事を細かくノートにまとめたんだけど、それ読み返すと変な事かいてあるんだよね。
どうやら俺が「お前は誰だ?」と聞いている間、鏡の中の俺はまったくの無言でこちらを見つめ返していたらしい。

追記
自己暗示とか上手い人なら、もっと効果あると思う
誰かやってみて、ただしほどほどにしておかないと、戻らなくなるかも

風呂入ってくる ノシ

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/25(水) 22:15:49.39 ID:dANbMaIm0

ある数学の教授がいた。彼は家に帰る途中に1枚のコインを拾った。
片面には三角形の模様、もう片面には星の模様が彫ってあった。
教授は確率について研究をしていたので、
このコインの「裏」の出る確率をしらべようとした。
しかし、教授はどっちが「裏」かわからない。

翌日、教授はいろんな人にこのコインのことを尋ねてみた。
しかし、皆見たことすらないという。

その日から、教授は常にコインを持ち歩き
人に会えば、その度コインについて訊いていた。
暇があればコインを投げて、出た面をチェックしていった。

それからどれくらいの月日が経っただろうか、
どれくらい教授はコインを投げただろうか、
ついに「三角」の出る確率と「星」の出る確率が割りだされた。
三角…25%  星…75%
信頼できる確率である。

しかし、教授は「裏」の出る確率が知りたかった。

結局どちらが「裏」かわからないまま

教授は死んだ

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/25(水) 22:33:49.09 ID:vrCq624p0

648 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/15(日) 19:07:56.49 ID:FNO4WqWW0
OLしてます。
先日、地元の駅のトイレで覗きされてしまいました…orz
きれいなトイレではないので、普段は行きたくないのですが、
その時は我慢出来ずに駆け込みました。
用を足し終えて立ち上がると、不意に背後から視線を感じました。
ふと後ろのドアの方を見ると、トイレの床からドアまでの約5センチの隙間から覗かれてたんです!!
男性の目が、そこに2つ横に並んで私をじっと見てました。
確実に一部始終見られてます・・・最悪
もう恐怖と動揺で頭がパニックになり、
震えが止まらず他の誰かがトイレに入ってくるまで外に出られませんでした。
みなさんも気をつけて下さいね。


653 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/15(日) 19:09:32.75 ID:vUwqvv2YO
>>648
逆立ちしちゃったねw必死だねww

656 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/15(日) 19:10:59.49 ID:v/kPZ/zaP
>>653
逆立ちしても無理だろ
お前の目は頭のてっぺんから5cmほどの位置にあるのか?

662 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/15(日) 19:13:40.56 ID:TELWFmph0
>>656
2人の男が横になって片目ずつで
のぞいてたんじゃね?

666 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/15(日) 19:15:00.36 ID:hxZ4Id98O
>>662
その発想はなかった

117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/25(水) 22:38:55.94 ID:+T5Goz9RO

先日、幼い娘二人に 「もしパパが、この世からいなくなったらどうする?」
と、ちょっと意地悪な質問をしてみました。
すると娘二人は、口々に
「エーッ、ダメだよー」

「パパ、まだ死んじゃヤダーッ」
などと言いながら、泣きそうな顔で私に抱きついてきました。
やっぱり子供というのは可愛いものです。
妻はそれを見て、ニッコリ笑っていました。
日常のこんな些細なやりとりに、私は幸せを感じます。
ちっぽけな人生の中で見つけた、大きな輝き。
私にとって、家族は宝物です。

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/25(水) 22:39:40.16 ID:Mp2wPAIN0

あるサイトで彼女と出会った。
そしてある日、初めてデートをした。
少し遅れたのか、彼女は怪訝そうな顔をしていた。
緊張していたのか無口な人で、あまり言葉を発さなかった。
目もあまり合わしてくれない。映画や食事を楽しんだ後、彼女の部屋に行った。
彼女は、人生に疲れたようだった、なのでプレゼントをあげた。
彼女は喜んでくれた。代わりに俺が好きなジグソーパズルをくれた。
俺は、一旦組み立てられたパズルを壊すのが好きな、変わり者だ。
翌朝1ピースを持って部屋を出た。

俺はいままで付き合った彼女でもパズルが好きだといってジグソーパズルをよくプレゼントとして
もらうのだが1ピースだけ持って帰って、後は忘れるという変な癖がある。

122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/25(水) 22:40:34.66 ID:6fMaeOt6O

近ごろの警察はなにやってるんだろうね。
血税でで食わせてもらってるくせに、ろくな働きしねぇんだからとんだ穀潰しだ。

先週、職場の近くで殺人事件があったんだよ。
若い女をアイスピックでめった刺し。
しかも普通のアイスピックじゃない、業務用の三本歯のやつでだぜ?怖ぇだろ。

小さな町だから、どこいってもその話で持ちきりだよ。
マスコミもかなり大きく取り上げてる。
滅多にない大ニュースだから無理もないけど、恐怖を煽るだけ煽って無責任なもんだ。
うちのばあちゃんなんか、可哀相なくらい怯えちゃって、毎日何時間も仏壇の前で手を合わせてる。

なのに警察ときたら、まだ凶器すら判明できないだとよ。
まったく馬鹿にしてるとしか思えないね。

140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/25(水) 22:49:14.69 ID:6fMaeOt6O

久しぶりに実家に帰ると、亡くなった母を思い出す
母は認知症だった
身の回りの世話をつきっきりでしていた父を困らせてばかりいた姿が目に浮かぶ
そして今は亡き母の書斎に入った時、私は初めて違和感を覚えた
母にプレゼントしたカレンダーが見つからない
何の気無しにテーブルを漁ると、ハサミでバラバラにされた幾つかのカレンダーの切れ端が順序良く並んでいる事に気が付いた
母はどんなに呆けていても、私のプレゼントは大切にしてくれていたのにと…私はショックを受けた
私は感傷とともに並べられた日付を整理した
4/4 4/4 4/10 6/11 3/1 6/12 5/6 7/2 6/7 6/17 4/10 4/14 5/16
私は一枚だけ向きが逆になっている6/17に気づき、他の日付と同じ向きに変えていると、一階の父が私を呼んだ。
今日から五年振りの父の手料理が食べられる。
感傷を胸に押し込み、私は母の書斎を後にした。

148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/25(水) 22:54:48.20 ID:gtVG5XoqO


>>140が解きやすくなった改良(?)版


久しぶりに実家に帰ると、亡くなった母を思い出す
女性には珍しく科学が好きだった母
そういえば元素記号表を丸暗記していたっけ・・・

母は認知症だった
身の回りの世話をつきっきりでしていた父を困らせてばかりいた姿が目に浮かぶ
そして今は亡き母の書斎に入った時、私は初めて違和感を覚えた
母にプレゼントしたカレンダーが見つからない
何の気無しにテーブルを漁ると、ハサミでバラバラにされた幾つかのカレンダーの切れ端が順序良く並んでいる事に気が付いた
母はどんなに呆けていても、私のプレゼントは大切にしてくれていたのにと…私はショックを受けた
私は感傷とともに並べられた日付を整理した
4/4 4/4 4/10 6/11 3/1 6/12 5/6 7/2 6/7 6/17 4/10 4/14 5/16
私は一枚だけ向きが逆になっている6/17に気づき、他の日付と同じ向きに変えていると、一階の父が私を呼んだ。
今日から五年振りの父の手料理が食べられる。
感傷を胸に押し込み、私は母の書斎を後にした

162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/25(水) 23:04:42.44 ID:Mp2wPAIN0

 >>140父に水銀盛られた逃げて か・・・・・
息子は今からそれを食べようとするわけか 怖いな

165 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/25(水) 23:07:15.68 ID:6fMaeOt


4/4 4/4 4/10 6/11 3/1 6/12 5/6 7/2 6/7 6/17 4/10 4/14 5/16
Ti  Ti  Ni  Au Na  Hg Mo Ra Re  At  Ni  Ge  Te

Hgはそのまま元素記号として読む。(水銀:摂取すると中毒を引き起こす猛毒)
6/17は向きが逆だったのでAt → tAに置き換える。

すると 「父に会うな 水銀盛られた 逃げて」 となる。

つまり、これから食べようとしている手料理も危ない。

171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/25(水) 23:10:30.12 ID:gUeTO49J0

仕事から帰り、風呂上がりのビールを飲んでいるとき、今日も上の階の子供達が騒いでいる。
引っ越してきてから毎日だ…。
下の階にも聞こえる声と足音は尋常じゃない。
親はどういうしつけをしているんだ。
何度も注意しに行こうとしたが、妻がその度に私をとめる。

「いつか私達に子供ができたら、きっと元気一杯よ。
世の中お互い様だわ。」
と、先月結婚したばかりの妻。
彼女は大学時代から付き合いはじめ、8年目でゴールイン。
いつも人のことを気づかい、とても優しい自慢の妻だ。
かく言う私も最近昇進が決まった。
それらを機に買ったこのマンション。
妻がどうしてもここが良いと言うのだ。
新築で広さは4LDKで最上階。
見晴らしも良く、子供が生まれても十分だ。


実はこのマンション、3年前の建築開始当初から私も目をつけていた。
どうせ住むなら特快の停まる駅徒歩3分のうえ、周りには公園やショッピングモールがある。
建築会社が願掛けを重視するのか、何度も神主さんを呼んでお祓いの儀式みたいな事をしているのを見たことがある。
それだけしっかりした建築会社なら安心だ。

偶然のごとくこのマンションの情報を彼女に見せた時のあの嬉しそうな顔…。
彼女がこんなにも喜ぶとは思わなかった。
上の階の住人の件以外平和に暮らせている今、このマンションにとても感謝している。

179 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/25(水) 23:16:34.25 ID:gUeTO49J0

男女四人が心霊スポットで肝試しをしていた。
スポット内をうろうろ探索していたその時、
四人のうちの一人の女性Aさんが「あっちに何か感じる」と言いだしました。
そのAさんは霊感が強いそうです。
そして、その指差す方へ行くと小学校がありました。
校内に幽霊でも出るのかと思い向かっているとAさんが「そっちじゃない、こっち」。
それは学校の前にある歩道橋でした。
みんなは大した恐怖を感じることもなく、その歩道橋の階段を登り反対側へ降りようとしたその時。
登ってきた階段の方から「コツン・コツン…」と誰かが登ってくる足音が聞こえてきたのです。
幽霊だと思いさすがにみんな恐くなって急いでその場から逃げました。
Aさんが心霊スポットより何かを感じた場所なだけに気になり、後日また学校を訪れることにしたのです。
夕方、児童も帰り静かになった学校で校長先生に直接聞きに行きした。
「あの、学校の前の歩道橋、何かありました?」
すると、校長は語りだしました。
「二年ほど前、学芸会をひかえ当時、小学三年生の女の子が演劇で女王の役に抜擢され、
休憩時間・昼休み・帰り道ずっとセリフをおぼえてました。熱心な子でした。
で、それは帰り道で起こりました。
学校の前の歩道橋、二年前はなかったんです。」

確かに、Aさんたちが今日昼間にここへ来た時、
歩道橋のかかってる道の交通量の少なさに違和感をおぼえたそうです。
なぜほとんど車の通らない道に歩道橋が?と。
「セリフをおぼえるのに夢中なうえ、
ほとんど車が通らないというのがあって周りを確認せずに道を渡っていると
不幸なことに車にひかれそのまま亡くなりました。
その事故があってから歩道橋がつくられました。
ところで、歩道橋の階段脇の看板見ましたか?」
Aさんたちは気付きませんでした。

Aさんたちは聞きました。
「看板に何かあるのですか?」

すると校長は「何回塗り直してもすぐ消えるんだよ。
もともとは〈この歩道橋は安全のためにつくられました〉と書いてあったんだか、
知らないうちに『安全』のかんむりの部分が消されるんだよ!

183 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/25(水) 23:19:37.80 ID:gUeTO49J0

変態が8歳の女の子を森深くに連れて行きました。

女の子は
「こわいよーこわいよー」といいながら泣き出しました。

変態は

「こわい?俺は一人で帰るんだから、もっと怖いよ。」

186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/25(水) 23:22:29.76 ID:gUeTO49J0

テレビでアイドル?が体験談として話していました。もう何年も前ですが。


彼女は、ストーカーのような男に追い回される夢を見ました。
走って叫んで、助けを求めようとしましたが、間もなく捕まってメッタ刺しに!
自分のモノスゴイ悲鳴で目が醒めました。


ある日彼女は、近所の公園の側を歩いていました。
すると、なんと夢で見た男にソックリな男が向こうからやって来るでは
ありませんか!
恐怖のあまり彼女は電話ボックスに駆け込み、友人に電話をかけました。


男は通り過ぎました。


安堵の胸を撫で下ろし、再び歩き始めた彼女。
するとまた向こうからあの男がやって来たのです!

心臓は割れ鐘のように乱れ打ち、腋も手の平も冷や汗でじっとり濡れています。
しかし今度は逃げ込む場所がありません。

彼女は、男の、横を、通り抜けました。

男は そのまま 通り過ぎながら 呟きました「夢と話がチガウじゃねえかよ」


190 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/25(水) 23:26:17.77 ID:gUeTO49J0

「冬山で道を見失ってな」
「はあ」
「仲間三人と近くの山小屋に逃げ込んだ」
「ふんふん」
「ライトも切れて何も見えなくなった」
「それはまずい」
「寒いから動き回ろうと思ったわけだ」
「しかし下手に動いてもね」
「そうそう、転んで捻挫でもしたら下山できない」
「どうしたんで」
「とりあえず四人で四隅に立ったさ」
「ほう」
「そんで一人が壁伝いに走って、別の隅についたらタッチ」
「ぐるぐる回って過ごしたってことかね」
「うん。何時間かしたら朝日が昇ったんで、その遊びもおしまい」
「そいつは良かった」
「じゃあ下り始めるかーって言ったら一人が首を傾げてる」
「またどうして」
「『そういや今の、五人いないとできないぞ』って」
「本当だ。こりゃ怖い」
「そうだろう。四人で震えながら下山したよ」
「幽霊ってやつかい」
「いやあ、わからんなあ」


彼はその日、仲間四人と連れ立って山に出かけたのだが。


195 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/25(水) 23:30:42.34 ID:gUeTO49J0

昔、俺がまだ子供だったとき近所の廃墟に幽霊が出るって噂があった。
幽霊なんて信じちゃいないが興味もあって家に侵入した。
中はとても暗く、俺は手探りで部屋の中を探索し奥に行くと
ひときわ小さな扉があったのを覚えている。
ドアノブをまわし入ると中は真っ暗で全然見えなかった。
「ひゃっ」
とつぜん天井から水がたれ俺はビックリしてその家を飛び出した。
しばらくして母さんに話をしたら。もうその家に行ってはいけないとこっぴどくしかられた。
どうやらその部屋は天井がガラス張りの子供部屋だったらしい。
ガラスが割れていて危ないからって事なんだろうな…
にしてもあの雨水はえらく酷い臭いだったな、もう廃墟には行く気もおきないな

215 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/25(水) 23:39:44.26 ID:JQyu0q/i0

人生経験の深いばあちゃんに
「本物のメイド見たことある?」と聞いてみたら
「まだ」と言われた
ちょっと考えて話がかみあっていないことに気づいた


236 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/25(水) 23:47:35.28 ID:VJ7yIzJAP

家でくつろいでいたら、母親からメールがきた 
「冷蔵庫にお刺身が入ってるから食べちゃってo(^-^)o」
俺は出先で夕食を済ませていたので、あまり気が進まなかったが、ダメにするのも勿体ないので食べることにした
冷蔵庫から刺身のパックを取り出すと既に開けた形跡があり、甘えびが尻尾だけを残して綺麗に食べられていた 
甘えび好きの妹の仕業だろうと思い、特に気に留めずに俺は刺身をたいらげた
しばらくして、俺は気づいてしまった…… 
 
刺身……甘えび……


253 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/25(水) 23:57:08.18 ID:n8Nsmg3VO

バイク板から転載コピペ

地元の友達の爺ちゃんが若いころ、禁断の場所とされてる山に入ったそうだ
その山には山菜やキノコが豊富にあって、もう取り放題
友達の爺ちゃんも大満足で帰ろうとしたら
「帰せ」
っていくつもの声が合唱みたいに背後からした
友達の爺ちゃんさっきまでのテンションがた落ちで震えまくり
震える手で成果の入ったカゴを後ろに放り投げた
「若いから見逃してやる」
そう聞こえた直後に後ろの気配が消え、友達の爺ちゃんダッシュで村まで逃走www

神主さんとこ行って素直に白状すると「あれはぐしゃぐしゃ様だ」とのこと
人とか獣とかがぐしゃぐしゃした姿らしい
「もし振り向いてたら取り込まれてたぞ」と言われ友達の爺ちゃんガクブルww
つーかお前のうし、ろ

276 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/26(木) 00:11:58.88 ID:nRwbviVXO

怖い話大会(?)みたいなのしてたときに友達がしてた話……

友達が小学生のとき、
学校に大きな遊具(滑り台やらうんていやらが合体したアスレチックみたいなやつ)があったらしい。
で、長放課になるとその遊具で遊ぶ生徒が多かったそうだ。
ある日、その遊具で怪我人が出た。遊具から落ちて「足が痛い」と言っていたらしい。
両手で遊具の柱を掴み身体を支えて片足で立ち上がったけど、
歩けないようだったから何人かの生徒が保健室に連れていった。
そしたらそのとき保健室には先生がいなくて、
しばらく一緒に遊んでたみんなで付き添ってたらしい。
20分ほどしてようやく戻ってきた保健の先生が病院に連れていくと、
落ちた子は両手両足を複雑骨折してて、
しばらくしてから障害者施設に移っていったそうだ……

話し終わってから友達は意味ありげに笑ってたんだが、
聞いた時は何が怖いのかわからなかった
わかってから何か怖くなったよ

287 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/26(木) 00:16:51.29 ID:dvEnzsK/0

>>276
>両手で遊具の柱を掴み身体を支えて片足で立ち上がったけど
>両手両足を複雑骨折してて
リンチかよ・・・・・

292 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/26(木) 00:22:11.74 ID:XVm38yLgO

解剖学のテスト98点を叩き出した
同級生のおかげだ
帰ったら真っ先に教えて上げなくちゃ

302 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/26(木) 00:35:01.31 ID:au44ZmIM0

明けない闇 終わらぬ夜

死体の中から声がした.

見えない光 ピエロのように踊り狂う。

漂う箱舟 黙祷ささげる水の踊り子

不気味に笑う道化師 歯にツマッタ肉塊

ナイフを手首に突き立てる・・・ポヮウフフ



311 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/26(木) 00:53:42.61 ID:nRwbviVXO

俺の息子自慢聞いてくれよ!
7歳の兄と2歳の弟の兄弟がいる。
兄は7歳ながらにしっかり者で、
弟の面倒をよく見ていた。自慢の息子だ。
食事の支度は手伝う。
服を汚してしまったら自分で洗濯機にいれる。
弟の散らかしたものも片付けてあげる。
トイレ掃除や、死んだペットの埋葬など、
人が嫌がることも率先してやる……まったく出来た息子だ。
帰宅すると兄の方が一人で遊んでいたので、「弟はどうした?」と聞いてみた。
すると、「○○(弟の名前)また汚れちゃったんだよ」とやれやれ顔www
多分弟がまた泥遊びでもしたんだろう。庭には土をほじくりかえした後があるしorz
片親なのに俺がいつも帰り遅いから苦労かけちまってるんだよなあ……。
今度金が出来たら外食にでも連れてってやろうかと思うんだが、
今見たら洗濯機が変な音立ててるからこっちの修理が先になるかもwwww


359 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/26(木) 02:17:47.14 ID:FBCF7h+MO

聞いた話なんだけど、
だいぶ前に女子大生が自宅アパートで惨殺された事件があったって。
それなりに大きな事件だったから話題になって、
警察も本腰いれて捜査したみたい。
しばらくすると女子大生の人となりがわかってきた。
どうやら複数の男性と援交して生計をたててたらしいんだな、これが。
確かに事件のあった大学周辺はバイトを募集するような仕事は少なかったよ。
でも1週間とっかえひっかえだぜ?
結局、この事件の顛末が明るみに出たとたん、
その女子大に通う学生の親達が縮み上がって娘を実家に連れ戻していったよ。
まぁ、殺人の起きた大学に娘を置いておきたくはないよな。

363 名前:◆Xmn8ckLy9w 投稿日:2009/03/26(木) 02:21:35.25 ID:ikVN6EjSO

子供の頃から何度も夢見ている(と思う)夢。
杉の木ぐらいの高さをうつ伏せに飛んでいる。
何故かネットで吊り下げられているような感覚もあり、
手足で空気を掻き分けて移動するので、飛ぶというより泳ぐ感覚。
空気は生暖かく微風が吹く晴れた黒い夏の夜の空をいく。
草が生えている右下がりの緩やかな坂がある川沿いの広い空き地
(右側には森、左側には見えないが川に降りられる土手がある)をいく。
眼下には同い年くらいの子供たちが数人いて、
地上で私が飛ぶのに合わせて囃しを駆けている。
私はそれが嫌で飛んでいるのも不安なので、
木に近づくたび梢を掴むのだけど、細い枝をもぎ取るばかりで降りられない。
飛ぶのに慣れておらず満足に移動できない私は、
微風にあおられてぐらぐらと大気中を不安定にたゆたう。
風に弄ばれるままやがて私は森にさしかかる。
子供たちは森には近づかない。
マングローブのような木の根が幾本も絡まったような太い樹に何とか掴まり、
まだ浮かんだまま枝を伝い地に近づいて……
私は目が覚める

365 名前:◆Xmn8ckLy9w 投稿日:2009/03/26(木) 02:25:33.41 ID:ikVN6EjSO


俺とKは久しぶりに母校の小学校へ足を運んだ。
ちょうど二十年前に埋めたタイムカプセルを掘り返す日が来たのだ。
懐かしい顔ぶれを眺めた後、俺はやつれたKをちらりと見た。
Kはつい最近、婚約者に結婚寸前で捨てられるという辛い目にあったばかりで、
当然そのショックはまだ生々しく残っている。
今日のこの同窓会を兼ねたイベントが、
Kの傷ついた心をわずかでも癒してくれれば、と願わずにはいられなかった。
たしか全員「二十年後の自分へのメッセージ」という手紙を書いて一緒に埋めたはずだ。
自分のはまるで思い出せないが、
子供の頃から図抜けたギャグセンスの持ち主だったKなら、
間違いなく笑える「メッセージ」を書いていたことだろう。
そんな他愛のないことでも、
Kが苦難を乗り越えるきっかけになれば、と思い、俺は無理にKを誘ったのだ。
予想通り、俺が埋めた品々と書いた手紙はじつにしょーもないものだった。
中でも当時の人気マンガの主人公のヘタクソなエンピツ画は、見るほどに恥ずかしくも微笑ましい。
そして自分にあてたメッセージは、流行語にもなったそのマンガの主人公の決めゼリフをもじった一言、
『おまえはまだ生きている!!』。それだけ。
苦笑しながら、ふと思い出した。
そうだ、このネタはたしか、Kのアイデアを真似たのだ。本家のKはなんて書いてたんだっけ?
「おーいK、これさぁ、たしかおまえも同じような――」そう言って隣りのKを見た。
Kは異様な真剣さで古びた手紙をじっと見つめている。掴んだ指先が、震えている?
やがてその顔にゆっくりと笑みが広がった。長い付き合いの俺でさえ見たことのない、奇妙な笑みが。
「……俺、未来を予知してたのか」Kは変に熱を帯びた声でつぶやいた。
「へ? 見せてくれよ」俺はひょいとKの手元を覗き込んだが、Kはなぜか隠した。
チラッと見えた言葉は、〈おまえの〉と〈んでいる〉。 「教えてやるよ。そのうち、な」
それから一ヶ月後、Kが婚約者とヨリを戻したと聞き、俺は心から安堵した。
やはりあのカプセルは過去からの素敵な贈り物だったのだ。
俺の見た奇妙な笑みは、単なる気のせいだったに違いない。
それにしても、Kの手紙には何が書かれていたのか。
「そのうち」教えてくれると言っていたが……

368 名前:◆Xmn8ckLy9w 投稿日:2009/03/26(木) 02:31:54.34 ID:ikVN6EjSO

78 ::2008/06/28(土) 16:22:46 ID:uvIMOSGLO

うちの親戚に「山を持っている」という規模の金持ちがいるんです。
そこに娘さんが二人いるんですが、母親がこのうちの妹の方をえらくいじめるんですよ。
いつも見てもほっぺにビンタの跡があったぐらいに。
その妹は養女だそうで、「父親がよそで作ってきた子」だとか、
全くの赤の他人だとか、うわさは色々あったんだけど詳しいことはオレも知らなかった。
いじめもなかなか陰湿でさ、食事も一緒にとらさないぐらい。
母親とお姉さんが食べ終わるまで、じっと待たされてるんだ。
親戚が集まった時も、その妹はいつも怒鳴られてて、
あんまり可哀想なんで普段おとなしいオレが
「いいかげんにしろよ!」 て怒鳴っちゃったぐらい。

370 名前:◆Xmn8ckLy9w 投稿日:2009/03/26(木) 02:35:31.43 ID:ikVN6EjSO

後味が悪いといえば、小学生の時ぐらいに見た絵本が深く印象に残ってる。
物語の主人公は食人の習慣がある大男。
そんな基地外のもとに、ある女性が逃げ込んできた所からストーリーは回り出すわけ。
(その女性の正体はどこぞの国の王女様というよくあるパターン。
確か国から脱走して追われてたような・・・・)
で、だいたいの中盤の話は頭から抜けてしまってどうにも思いだせない。。。。
ただよくある展開で、巻き込まれた主人公が一目惚れしたヒロインの為に奮闘するみたいな感じだった。
とにかく、すったもんだの末に問題を解決して、いちやく英雄になった大男。
誰も彼もが彼の勇気ある行動を賞賛した。
そして、渦中のロマンスで恋心が芽生えた二人はなんと結婚することに。
そのうち王女との間に子供は大勢生まれ、
王様になった大男は食人の習慣もなくなり、真人間になった。
そんなハッピーエンドの描写が後半は描かれてて、
めでたしめでたしと思った矢先、最後のページに後味が悪いものが描かれていた。
王様になった大男、王女、そして大勢の子供が後ろ向きに立って終わるページ。
どうして後ろ向きという不自然な形をとったのか?
そんな疑問を挟む前、ある一部分に明らかに異質なものが描かれていた。
それは息子の一人が背後にナイフとフォークを隠すように持って、佇んでいた。
その少年が意図的にと不気味に描かれているのは誰が見ても一目瞭然だと思う。
小学校とか図書館で見たから、有名な絵本ぽいな

371 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/26(木) 02:36:49.29 ID:mZA91JuQO

何年も応援してた若手俳優がいたんですよ
ホントにファンでファンでその人に会うためにいくら注ぎ込んだかわからない
写真集、握手会、舞台全部行きました
どんな大変なことがあってもその俳優を優先しました
しかし何年かするうちに私も人間ですから、彼に飽きてしまいました
そうすると私は普通のOLに戻りました
家族のところにも帰るようになりました
ある日親戚が死にました
私は葬式に行きました
するとそこには彼がいました

374 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/26(木) 02:41:11.88 ID:GMbttYdj0

329 :本当にあった怖い名無し:2007/07/28(土) 19:17:02 ID:TIu6qW2q0

オバケって本当にいるとおもいます。
小さいころ、わたしにはお姉ちゃんが見えていました。
同じきたない服をきて、いっしょに住んでいました。
でもある日お姉ちゃんは見えなくなりました。
パパと、ママが宝くじをあてました。
びんぼうだったから、そんなはくちゅうむを見たのだと言われました。
今はとってもしあわせです。
でもそろそろ宝くじのお金がなくなっちゃいそうです。

376 名前:◆Xmn8ckLy9w 投稿日:2009/03/26(木) 02:45:23.49 ID:ikVN6EjSO

たった今、外見てきたら、なんか隣の家の屋根の上に変な奴がいるんだよ。
すけてるっていうか、半透明?なお兄さん。
けっこう美形なんだけどさ、どうかんがえてもすけてるって変じゃん。
ていうか、普通に幽霊だよね?
部活のみんなに電話掛けてみたんだけど、だれも信じてくれないのwwww
屋根の上にいるんだから泥棒じゃないのーとか言ってたけど。
にしたって、半透明はおかしいでしょ。
知り合いにも聞いてみたいんだけど、こんな時間だしなぁと思ってたんだけど
ラッキーなことに、明日うちに遊びにくるみたいなんだよね。
ないしょだけど結構かっこいいよ。
いいでしょ。顔はつ○のとちょっと似てる。
人気が出ると寂しいから、友達にもあんまり紹介してあげない\(^o^)/
がめついとか言わないでよ、身内の特権wwwww
いけない、話ズレまくりだね。ええと、そうそう半透明な人。
ルーペでこっそり見てみたけど、まだ屋根の上にいるみたい。なんかだんだん怖くなってきた。
あやばいこっちみた気付かれたやばいやばいたすけて!!!

378 名前:◆Xmn8ckLy9w 投稿日:2009/03/26(木) 02:50:56.61 ID:ikVN6EjSO

118 :sage:2008/06/30(月) 02:00:41 ID:yU8pcc8P0
人の望みを叶える仕事をしているのだが、実際数が多過ぎてさばききれない。
正月には合格祈願がうんざりするほど。
だからランダムで叶える願いを選んでいる。
一昨日は、明日晴れますようにという願いを叶えた。
昨日は、大人になりたくないという願いを叶えた。
今日は、仕事に行きたくないという願いを叶えた。

379 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/26(木) 02:51:53.56 ID:GMbttYdj0

交差点を通りすぎ、車道に面した歩道を歩いていると
右手に信号待ちをしている観光バスが止まっていた
中には小学生くらいの子供たちが多勢乗っていて
こっちに向かって手をふっていた

修学旅行かな?
俺も昔、歩いてる人なら誰彼かまわず手を振っていたな
そこで俺は子供たちに手を振り返してやった
5秒ほどで信号が青になりバスは走り出した



あの子供たち・・・あまり楽しそうじゃなかったな

382 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/26(木) 02:56:21.91 ID:GMbttYdj0

10年程前の話。
美術の教師をしていた姉がアトリエ用に2DKのボロアパートを借りた。
その部屋で暮らしているわけではなく、絵を描くためだけに借りたアパート。
せっかく借りてるのに住まないなんてもったいない!
そう思った私は姉に頼み込んでその部屋で一人暮らしをさせてもらうことにした。

一人暮らし初日。わくわくしながらアトリエに帰宅。
くれぐれも戸締りに気をつけるようにと言われていたため帰ってすぐに玄関に鍵とチェーンをかけた。
その後夕飯を作ったり本を読んだりして楽しく一人の時間は過ぎていく。
気付くともう夜も更けていたため、もう一度戸締りをチェック、ガスの元栓も締め眠りについた。
しばらくして、多分夜中の2~3時だったと思う。玄関がガチャっと開いた。
どうやら姉が絵を描きに来たらしい。
こんな時間に頑張るなあと、ウトウトしながら思っていると、私が寝ている隣の部屋に入っていった。
隣の部屋は画材やらキャンバスやら置いてある部屋。
そこで、姉はブツブツ言ったりクスクス笑ったりしてる。
うーん、やっぱり芸術家と怪しい人って紙一重だよなぁ、と、酷い事wを思いながらいつの間にか寝てしまった。

朝、目が覚めると姉はもう帰ったようで居なかった。
姉の絵に対する情熱は尊敬に値するよなぁ、と思いつつ出掛ける準備をして家を出る。
玄関の鍵を閉めた時に、突然恐怖に襲われた。

それ以来、私がそのアトリエに足を踏み入れることはなかった。

394 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/26(木) 04:00:05.91 ID:rLJnku/YO


「1日で5キロ痩せます」という広告を見て男がエステにやってきた。

男が部屋に案内されると、そこはバスケットコートほどの広さがあり、中では金髪の美女がビキニ姿で微笑んでいた。

男が不思議に思っていると、スタッフが説明した。

「もし夕方までにあの美女を捕まえることができたら、彼女を一晩自由にできます」

男は発奮し、彼女を追いかけたが、彼女は涼しげな顔で逃げ回り、とうとう夕方まで捕まえることはできなかった。
一日中走り回った男が帰り際に体重計に乗ると、5キロ痩せていた。

その成果に気をよくした男は、翌週また同じエステを訪れ、今度は1日で10キロ痩せるコースを選んだ。

男はワクワクしながら同じ部屋に案内されると、今度は屈強の黒人男が微笑んでいた。

男が戸惑っていると、スタッフが説明した。

「もし夕方までにあの男性に捕まったら、彼に一晩自由にされます」

395 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/26(木) 04:02:44.13 ID:OHaq/7VE0

あれは私が18歳の頃地元でも有名な心霊スポットへ行った時のことでした
当時私は同じ学年の男子と付き合っており、その他のカップル達とグループ交際をしていました

3組のカップル、計6人で山の中にある古いトンネルに向かいました
トンネルの前にあるスペースに車を止め、静かに中へ

中は驚くほど静かでした、私はあまりにも恐かったので彼の腕にしがみ付き眼を閉じていました
私たちの前では他のカップル(仮にAとBとします)
A「やだ~B、恐いよー」
B「大丈夫だって、いざって時は俺が守ってやるから・・・」
A「B・・・私Bがいれば恐くない!」
などとバカップル振りを発揮し、ずっとイチャイチャしていました
A「んーBがキスしてくれれば恐くなくなるかも・・・」
B「えーしょうがねーなー・・・」Bがキスしようとしたその時
「オエエェェェ!!」誰かが吐くような声が聞こえて来ました
みんながシン・・・としていると今度は明らかに私たちの後ろから
「ッチ!」と舌打ちする音が聞こえてきたのです。
私たちはすっかりパニックになってしまい急いで車に飛び乗り家に帰りました

その後霊感の強い知り合いに話を聞くと
「あそこは危ない、特に女性を連れてるとその人は大体不幸な目にあうから『雌殺しトンネル』って呼ばれてるんだ」
と教えてくれました。
幸い私たちは全員男だったので事無きを得ましたが、もし私が女性だったら・・・と今でも鳥肌が立ちます。

397 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/26(木) 04:26:42.14 ID:cioZedQeO

銭湯に行った。あがる前にサウナで一汗かくのが俺の日課だ。
俺が入って1分くらいで、男が1人入って来た。
勝負だ。コイツが出るまで俺は出ない。これも日課だ。
10分経過。相手の男は軽く100キロはありそうなデブだった。
15分経過。滝のような汗を流してるくせに、頑張るじゃないか、デブめ。
18分経過。ついにデブが動いた。今にも倒れそうな程フラフラになりながらサウナを出ていく。
俺の勝ちだ!!俺はサウナルームの真ん中でガッツポーズをとった。




目を覚ますと俺は見慣れない部屋にいた。どこかで見たようなオッサンが覗きこんでくる。
番台にいたオッサンだ。オッサンは言った。
「私が点検に行ったら君が倒れてたんだよ。ドアにもたれかかるようにして失神していた」
どうやら熱中症を起こしたらしい。少し頑張り過ぎたか。オッサンはやれやれとばかりに
「君を運ぶのはまったく骨が折れたよ。今度からは気を付けてくれよ」
俺はオッサンにお礼を言って帰った。ビールでも飲んで寝るとしよう。


401 名前:◆Xmn8ckLy9w 投稿日:2009/03/26(木) 04:35:46.22 ID:ikVN6EjSO

その衝撃的な出会いは突然訪れた 高校卒業後、6年振りの再会
ずっと恋心を抱いていた女の子
彼女も僕を意識している素振りを見せたが、恥ずかしさ故に結ばれなかった二人
最後に会ったときとは見違えるように変わっていた
悲しげな目は、ただ一点を見つめていた
二人の間に言葉は要らなかった
抱き寄せ、唇を重ねる
行為をしながら顔を見ると、彼女はまだとても悲しげな表情をしていた
僕はそれ以上に涙を流し続けた
中で果てたあと、未練がなくなった僕は、110にかけた

405 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/26(木) 04:49:33.19 ID:cioZedQeO

「人を殺したことがあるって本当?」
「……本当ですよ」
「人を殺すのって楽しい?」
「……ええ、楽しいです」
「また殺したい?」
「……そうですね、今すぐにでも」
「……嘘つきだな、君は」

彼は間違っている。俺はひとつしか嘘をつかなかった。


424 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/26(木) 05:36:49.49 ID:hcNomHeo0

一人の女の子がいた。性格は明るく、小学校ではたくさんの友達に囲まれていた。
また、女の子は大のおじいちゃん子で、おじいちゃんも女の子の事を本当に可愛がった。
しかし、おじいちゃんは今は入院しており、余命は長くなかった。

医師がもう残りわずかの命である事を伝え、女の子は両親に連れられ病院に行った。
病室で女の子の両親はおじいちゃんと話した後、医師の説明を受けに病室を出て行った。
病室には女の子とおじいちゃんの二人。
女の子はおじいちゃんに、学校の事や最近楽しかった事などいろいろな事を話した。

しかし、途中で女の子は泣きながら

「おじいちゃんいなくなるの?」

と聞いた。するとおじいちゃんは

「おじいちゃんが死んだら、お父さんとお母さんと一緒にかなしんでくれるかい?」

と言った。女の子は

「うん……でも死んじゃいやだよ」

とつぶやいた。

その後、女の子は家に帰ることになり、その次の日おじいちゃんは帰らぬ人となった。
女の子はその日、わんわん泣いた……。

一か月後、ある記事が新聞の隅に載った。
一部抜粋すると

「一家心中、動機は全くの不明。女の子の名前は斉藤加奈ちゃん」

426 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/26(木) 05:38:34.55 ID:xWeP2lXSO

母に頼まれて、ホウキとモップを買いに行った。
途中、腹が減ったから店に寄ったら友人と出会った。
友人は、何やら深刻な顔をしていたが、俺は何も聞かなかった。
そして一緒に飯を食べ、帰路についた。
 
3日後、友人が死んだ。
死因は不明らしい。
しかし、葬式のとき俺は友人の死因に気づいてしまった。
 
 
 
 
もう、後戻りはできない…

428 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/26(木) 05:49:43.50 ID:hcNomHeo0

「え、終わっ、ちゃっ、た、の?」
それがみちこちゃんの最後の言葉だったそうです
みちこちゃんは体中から血を流して死んでしまいました
ああかわいそうに
おはようございますおはようございますおはようオハヨウオハヨウゴザイマースけけけけけけけけけけけ
針金で縛られたような状況からみちこちゃんは抜け出してきた
でも、ねこは好きでも、ぬこ?は嫌い
なんだかんだで犬が大好きなんだああああーーーみーんーだーあーああああああーーー
ああ犬が近寄ってくる。大好きな犬なので手を差し伸べ・・・・・
MNKWWWWWWW飢えWWWWW飢え、腹が減り、飢えがWWWWWWW
なぜかなでてやったその隣には猫がいた
動物好きなみちこは勿論その猫にも近づいた
猫だと思ったそれは、何を見間違えたのか
他にもあたりを見回したが見えるはずのないものが見えたりした
怖くなりみちこは病院へ行った
ああァ ミちコ み ちこ みち こ

430 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/26(木) 06:32:44.74 ID:imYfHLCkO

おかんは大学で科学を教えてる、色んな会合にも参加してるみたいだ
今日も、俺が「どこ行ってたの?科学会?」
と聞くと、
おかんは「そう、科学会」と答えた

460 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/26(木) 11:44:36.55 ID:PjbN0tIKP

田中 四郎様
元気?この間はありがとう。
最近、ろくに話もできないから不安だろうと思って、この手紙を書きました。
風邪移さちゃって、それが悪化して、今、中央病院に入院してるんだ↓
病院でレントゲン撮ったら肺炎で危なかったらしいの。
病院のルールで携帯は禁止だし、安静にしなくちゃいけないから
じっとただ、ベットでテレビとか見てるよ。
ホントすぐにでも、退院して会いたいけど、ずっと先になりそう。
退屈だけど、今はほとんど動けない状態だし、しょうがないよね。
ただ、テレビも面白くないし、暇で死んじゃうかも。わかってくれるよね?



家に帰ると、この手紙が郵便受けに挟まっていた。
あて名は彼女からだ。

彼女とは、ここ最近というか、ここ何週間か会っていない。
会おうにも会えないのだから仕方がなかった。
電話は止められており、家に行っても誰もいない。
仕事もずっと休んでいると、聞いた。
もしかして何か事件にでも巻き込まれたのかと、不安に思っていたが、
この手紙が送られてきたことで、少しだけ安堵することができた。

それにしても変な手紙だ。
よく見れば、字は擦れ、紙は皺が目立つ。
紙の端は、泥か何かで汚れ、俺の名前も間違ってる。
俺の名前は、二郎なのにさ。



472 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/26(木) 11:59:27.15 ID:hcNomHeo0

もう昔の話だが、ガキの頃はいつも
親友のAとお喋りしながら学校から帰っていた。

俺「なぁ来週テストだろ?明日一緒に勉強しようぜ」
A「わりぃ、明日はドラクエIの発売日だから学校サボって買いに行くわw」
俺「お前毎日徹夜でゲームばっかやってて
  授業中も殆ど寝てるクセに、成績いいよな」
A「・・・俺、実は未来予知能力があってさ。
  テスト内容分かるからいい点取れるんだ・・・」
俺「はぁ?wそんな能力あるんなら俺にくれよ、
  競馬当てまくって金稼ぐわー」
A「・・・バカ、冗談だよw」
俺「つまんねー」


次のテストで、Aは満点を取った。
今思えばそれは当たり前の事だったのだ。

475 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/26(木) 12:00:40.46 ID:hcNomHeo0

猫飼い始めた頃、正月に親父が大好きな日本酒飲んで
おせち料理食ってた。その後ブリの照焼きとか餅とか
アワビの刺身とか食ってた時に猫がなついてきたので
「お前も一杯やれ、ご馳走もあるぞ」と酒飲ませたりとか
刺身食わせたりとかして、あとでおかんに
般若のような形相で叱られてた
 
親父は酒は舐める程度しか飲ませてないし
餅だけは猫には食わせてないって言ってたけど
問題はそこじゃなかった

481 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/26(木) 12:14:13.53 ID:ye3is3l50

そんなに怖くないのですがきいてください
私がまだ4~5歳の頃の話です。
当時家には風呂が無く、よく母親と銭湯に行っていました。
まだ小さかったので母と女湯に入っていました。
或る日のこと、身体を洗った後飽きてしまった私は、湯船の
中でプールよろしく遊んでいました。
今迄気付かなかったのですが、湯船の横から階段状になりドア
が付いているんですね(何処もそうなのかも知れません)
私はふとそのドアが気になって段々を昇りドアの前まで行った。
ドアノブの直下に大きな鍵穴があるのです。
ワクワクして覗きました。・・・・・向こう側は何かに覆われて見えない。
なんだ、ツマらない。いったん顔をあげました。
何を思ったかもう一度鍵穴を覗き込んだのです。
ぼんやりとした明かりの中、ボイラーとおぼしき器械が見えました
おわースゴい。夢中になって覗いていました。
ドアの向こうの気配、それとも何かが知らせてくれたのか
突然、私は目を離し身を引いたのです。
そして次の瞬間、鍵穴からはマイナスドライバーの先端が狂ったように
乱舞していました。・・・・・・
私は息を呑みそこを離れ、コワくて母親にさえ話すことが出来ませんでした。


482 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/26(木) 12:14:54.51 ID:ye3is3l50

マイナスドライバーの後日談をコピペします。
--------------------------------
子供の私は、あの出来事も速攻で忘れて日々を過ごしていました。
間もなく我が家は引っ越すことになり、家の大掃除した後、あの銭湯に行きました。
私は大掃除で見つけた色々なガラクタを後生大事に持っていったのです。
私は例によって風呂の中で遊んでいるうち、あのドアの鍵穴のことを思い出しました。
しかしあの恐怖を忘れていた私は、ガラクタを入れた洗面器を抱えて鍵穴を覗きに行
ったのでした。また向こう側は何かに覆われて何も見えない。
私はガラクタの中にあった箸を取り出し、おもむろに鍵穴に突っ込んだのでした。
瞬間、ドアの向こうでのドタバタする気配にたじろいだ私は、箸から手を離しました。
箸はブルブル震えながらそのままでしたが、やがてこちら側に落ちてきました。
先から数センチが折れていました。私はまた母親に何も言いませんでした。
その日を最後に、我が家は隣の市へ引っ越して行ったのでした。
数年後、小学生の私は、かつて住んでいたあの町に遊びに行きました。
真っ先に子供の社交場でもあった神社の境内に赴きました。
そこに行けば昔の友人達に会えると思ったのです。しかし予想に反し誰も居なかった。
いや、境内の裏の大木の前で、一心不乱に何かをやっている大きな男が居ました。
瞬間、かつての記憶が蘇りました。彼は我々から‘ミッキー’と呼ばれ怖れられていた
青年でした。透明に近いシルバーの髪、兎の様な赤い目、今考えるとアルビノであった
のかも知れません。そして彼は病的に粗暴で、メンコやベーゴマに興じる我々の中に
乱入しては、物を取り上げたり殴りつけたりを繰り返す素性が不明の人物でした。
その彼が目の前に居る。私は金縛りに会ったようになり、話し掛けることも逃げること
も出来なかった。彼は動作を止めると、ゆっくりとこちらを向いた。
彼の片方の目は潰れていました。

483 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/26(木) 12:17:50.83 ID:ye3is3l50

僕はカクレンボがへただ
すぐにみつかってしまう
今もカクレンボをしていて
隠れる場所をどこにするか迷っている
ん?あれは!?
やったー!ここなら絶対に見つからないぞ!
不法投棄された冷蔵庫の中で僕はそう確信した


486 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/26(木) 12:22:16.28 ID:rLJnku/YO

先生「それじゃ、今日の図工は工作です! みなさん、思い思いの作品を作って下さい!」
ジョンは少し考えて、隣のメアリーに話し掛けた。

ジョン「怖い話聞かせてあげようか?」

メアリー「いいね! 聞かせて聞かせて!」
ジョン「俺、昨日部屋にいて、のんびりしてたのよ。
そしたら、今から行くから…って電話がかかって来たんだ。
そんときはもう真夜中で、俺もう怖くて布団に入って震えてたんだ。
そしたら、ピンポンって聞こえるの!
もうガクガクして、無視して寝たんだ…30分くらいしたかな、
気になって眠れなくてずっと起きてたんだ…そしたら、暗闇に誰か立ってるんだよ!
俺、そこで気失って気付いたら朝だったんだ…」

メアリー「え~! 怖い…」
メアリーは少し震えていた。するとジョンが言った。
ジョン「実は嘘なんだ!(笑)」

メアリー「え~! ひどい…」

ジョン「気絶したのは本当だけどね」

メアリー「なんで?」

ジョン「今から行くからって電話したのも、ピンポン鳴らしたのも、
部屋にいたのも全部うちの母さんだったんだ! 俺の勘違い! はは…怖かったかぁ~」
得意気に言うジョンを見て、メアリーは呆れた。
そこに、先生が来た。

先生「あなたたち! 雑談してないで工作をしなさい!」
ジョンはニヤニヤしながらメアリーを見て言った。
ジョン『もうできたよ。な、メアリー!』

491 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/26(木) 12:29:30.51 ID:ye3is3l50

とある病院での夜中の出来事。
記録室で書き物をしていたらひょっこりと部屋を覗く気配がした。○さん。
「どうしたの?○さん」
声を失う手術をした○さん、困ったように立っている。
「家に電話?何かあった?書類なら今書いてるよ?」
小指を立てたあと、額に手を当てて頭をゆらゆらさせている。
小指・・・女・・・女房。・・・・気分悪い?
いま、○さんに奥さんが付き添ってる事を思い出した。
「奥さん、気分悪い?見に行った方がいい?」
○さんがうなずいた。急いで○さんのいる部屋に走る。
部屋が見えたとき、部屋から息子さんが出てきて「すいませんお袋が!」と叫んだ。
具合の悪そうな奥さんを息子さんと2人で病棟に移し
疲れによる貧血だろうということで、点滴をしてしばらく様子を見ることにした。

しばらくして様子が落ち着いたのを見て、家に帰れるように奥さんと息子さんに
○さんの診断書を渡した。同時に○さんが奥さんの不調を教えてくれた事も。
なんだか奥さんは泣いていて、息子さんは泣きそうだった。
迎えに来た車を見送って、つぶやいた。さよなら、○さん

515 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/26(木) 12:59:13.85 ID:ye3is3l50

845:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/11/30(日) 17:45:25.78 ID:3N05AXB30
自分(女)の名前で検索をかけてみた。
すると十数件、同姓同名の人たちが検索に引っかかった。
研究者や会社の経営者、同じ名前でありながら全然別の生活をしている人たち。
その中に「○○○○○(自分の名前)のページ」というHPがあった。

それはプロフィール、BBSだけの初心者が作った感じのよくある個人のHPだった。
プロフィールを見ると、自分と同じ歳であり、趣味なども良く似ている。
BBSなどを見ると、常連っぽい人が5~6人いるらしく、この手のHPとしては
まあまあ流行ってる感じだった。
何となくお気に入りにして、時々見るようにした。

しばらくすると、コンテンツに日記が増えた。
日記は、まあ、そのへんのサイトによくある内容の薄い日記だ。
今日は暑かったとか、日本がサッカー勝ったとか、そんな感じの

ある時、日記の内容が自分の生活とよく似ていることに気づいた。
始めに気づいたのは野球観戦に行ったときだ。その日、そのサイトの管理人も同じ球場に行ったらしい。
その時はもちろん偶然だなとしか思わなかった。球場には何万人もの人間が行くのだから。
次の日の、日記は会社でミスをしたことについて書いてあった。
私もその日、会社でミスをして少々落ち込んでいた。

518 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/26(木) 13:00:04.18 ID:ye3is3l50

847:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/11/30(日) 17:45:51.52 ID:3N05AXB30
次の日も、その次の日も、よく見ると日記の内容はまるで自分の生活を書かれているようだった。
大半は「カレーを食べた」とか「CDを買った」など対した偶然ではない。
しかし、それが何ヶ月も続くと気味が悪くなってきた。

ある日、掲示板を見ると、常連たちが管理人の誕生日を祝っていた。
その日は私も誕生日だ。
それでいよいよ怖くなってきて初めて掲示板に書き込みすることにした。

しかし、書き込みしようとしても、名前や内容を書くところに文字が打てない。
色々やってみるが書き込めないどころか文字すら打てない。

「おかしいな?」と思っていると、あることに気づいた。
それは掲示板ではなく、ただのページだった。
つまり、一人の人間が掲示板っぽく見せかけて作った一つのページだったのだ。

「いったい何のためにこんなこと…」とすごく怖くなり、
管理人にメールを打った。
「初めまして。私は貴方と同姓同名の人間で、よくこの~」のような当たり障りのないメールだ。

そして次の日、そのページを見ると、全て消されていた。
メールボックスには一通
「見つかった」
という返信があった。

520 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/26(木) 13:04:01.09 ID:ye3is3l50

木が3本
左は若い
中は元気
右は枯れてる
左から誰か来た
中からも来た
右からは誰も来ない
右へ行こう
さあ
右だ
右だ
右だ
右だ

コレわからん…

535 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/26(木) 14:40:31.92 ID:VRYrQgmgO

おばあちゃんの家のに裏山があるんよ。おばあちゃんは
「裏山には池があるじゃろ。あそこには酸が溜まっててな、近づいちゃいかんよ」
って言うんよ
だから親友のSと試しにカエルを殺して池に捨てたんや
そしたら次の日、カエルが溶けとったんよ
面白くなったSと俺は鶏とか猫とか犬とか殺して捨てたんや

ある日、クラスでムカつくHをイジメてたら動かなくなったんや
怖くなった
すごい怖かった
だからあの池にHを捨てたんや
そしたら次の日溶けとった

10年後、俺らが大人になってまた会ったんや
S「大ちゃん、人殺しやったらあかん。癖になる」
Sはずっと人殺して池に捨ててたんや

ある日、おばあちゃんが死んだ
だから裏山に捨てた
捨てたらずっとこっち見とる
何日も何日も何日も何日も何日も何日も溶けんかったおばあちゃんこっち見とるなんで?
なんで?なんで?なんで?なんで?なんで?なんで?なんで?なんで?なんで?

536 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/26(木) 14:49:22.42 ID:imYfHLCkO

うちは父、母、兄、俺と
雄犬のチロを加えて四人と一匹の家族だ

今日はチロの誕生日

母がケーキにロウソクを三本立てている

みんなでケーキを食べ始める
チロにもケーキを一片投げてやる

チロは顔面をぐちゃぐちゃにしながらケーキにがっつく

その仕草が可笑しくて、気が付くと俺は笑っていた
父も母も兄の次郎も笑っていた

551 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/26(木) 15:20:32.99 ID:fQ5DNddgP

11 名前:VIPがお送りします 投稿日:2009/03/15(日) 21:37:48.03 ID:6mjAgU2R0
近所の中華屋でラーメンを食ったんだが、
金を払おうとしたら、店主がいらないと言うんだ。
「今日でお店終わり。あなたが最後のお客さん。
ひいきにしてくれてありがとう。これ、おみやげ」と、折詰めを二つくれた。
俺は何と言っていいかわかんなかったけど
「とても残念です。おみやげ、ありがたく頂戴します。お疲れさまでした」と挨拶して店を出たんだ。
折詰めの中を見たら、餃子やら春巻やら唐揚げやらが、みっしりと詰まってる。
ちょっと一人じゃ食べきれないボリューム。
面白い体験だな。得しちゃったな。
と、楽しくなってさ。帰り道、友人に電話して、経緯を話してから
「今、俺んとこに来たら、中華オードブルがたらふく食えるぜ」と誘ったんだよ。
すると、友人は変な事を言うんだ。
「その折詰めの中身、食ったのか?」
「食ってないよ」
「いいか、絶対食うな。それから、絶対アパートに戻るな。
そうだな、駅前のコンビニに行け。車で迎えに行ってやるから」
「どういう事が全然わかんないんだけど」
「説明は後だ。人のいるところが安全だ。コンビニに着いたら電話くれ」
とにかく俺はコンビニに向かったよ。で、友人に電話した。「着いたよ」
「こっちももうすぐ着く。誰かに後を付けられたりしてないか」
「えーと、お前大丈夫か?」
「それはこっちの台詞だな」
それから、友人と連絡が取れなくなった。携帯がつながらない。
小一時間、コンビニで待ってたけど、友人は現れない。
友人が言った、絶対アパートに戻るな、というのが、何故か頭に残ってたから、
ネットカフェで朝まで過ごし、始発で実家に帰った。
いまも実家でゴロゴロしてる。
他の友人に尋ねても、そいつとは連絡が取れないそうだ。
そろそろ学校も始まるし、友人の消息も気になる。
折詰めはコンビニのゴミ箱に捨てた。

つづく

554 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/26(木) 15:23:55.21 ID:fQ5DNddgP

九月も中頃を過ぎて、さすがに実家に居づらくなったのでアパートに戻ってみた。
晩飯にコンビニ弁当を食っていると、お隣の人が来たんだ。
ちょっといいかな、って感じて。
「もう、大丈夫なのか」って聞かれたんで、すごくびっくりした。
え?なんで知ってんの?

でも、お隣の人が続けた話にもっとびっくりした。
「夜中にガラの悪い男が、
あんたの部屋のドアやら壁やらをガンガン蹴ってたんだよ。
借金かなんかでヤクザとトラブったのかと思った。
しばらくあんたの顔も見なかったし。
でも、あんたも戻ってきたんだしね。詮索はしないよ」

帰ろうとするお隣の人を引き止めて聞いた。
「それはいつ頃のことですか」
「八月の終わり頃と、先週くらいかな。
先週のは、しつこく蹴ってたから、警察呼ぶぞ、っていってやったら、
すぐ引き上げたみたいだな。……もしかして、知らなかった?」
俺が半笑いな感じで頷いたら、お隣の人は無言で出ていった。
俺も即、部屋をでた。

それから、カプセルホテルとかを転々としてる。
実家にまた戻るのいいんだろうけど、
よくわからない災いをもたらしそうで、正直怖い。
とにかく、消息不明の友人に話を聞くのが解決の近道と、
学校の知人と連絡を取り合ってるが、いまだ音信不通。
どうしよう。


557 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/26(木) 15:25:10.29 ID:fQ5DNddgP

すいません。以前、中華屋で折り詰めを貰ったものです。
消息不明の知人が、自殺していたことが判明しました。
俺は学校を辞めました。
アパートも引き払いました。
多分、これで終わりになるでしょう。



558 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/26(木) 15:25:50.77 ID:fQ5DNddgP

俺が消息不明の友人と何とか連絡を取ろうとしていた時、
頼りにしていた奴がいた。
そいつは、友人と古くからの付き合いで、そいつならば、
友人の居場所の見当もつくんじゃないか、俺はそう思ってた。

アパートから二度目の逃亡で、カプセルホテルに滞在中、
そいつから携帯に電話があった。
「お前に嘘をついていたことを、まずは謝る。
実は俺はお前から友人のことを問われた時には、
友人が自殺したことを知っていた。車庫で首を吊っていたそうだ。
通夜の晩、俺は親御さんから呼ばれて、別室で話をした。
親御さんは、自殺する理由がどうしてもわからない、とおっしゃる。
俺も、まったく思い当たることがない、と答えた。
すると親御さんは携帯電話を俺に見せた。
友人の携帯電話だ。
握りしめたまま息絶えていたそうだ。
遺書らしきものなかった。
もしかすると、この携帯になにかメッセージがあるのでないか。
そう親御さんは考えて、俺に確認してくれとおっしゃった。
俺はちょっと奇妙な感じがしたが、
親御さんに機能と操作を説明しつつ、なかを見た。
録音もなし、メモもなし。
次に発信履歴を見た。


560 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/26(木) 15:26:31.52 ID:fQ5DNddgP

そこには、●●●という名前がずらっと並んでいた。
全部不在だった。
友人は、多分、自殺する直前まで●●●に
電話を掛け続けていたんだろう。
履歴のページがその名前で埋め尽くすまで。
さらに、着信履歴を見た。
お前の名前があった。
俺は正直に、親御さんに説明した。
お前から友人に電話があり、しばらく会話した後、
友人は●●●に電話を何度も掛けたがつながらなかった。
そして、友人は間違いを犯した。
その後、お前が友人に何度か電話を掛けた。とね。
親御さんに、お前のことと、●●●について聞かれた。
俺は知っていることを全部教えた。
●●●は何のことかわからなかったから、わからない、と答えた…」

コンビニで待ちぼうけをくったあの晩に、すでに友人は自殺していたんだ。
●●●といえば、あの中華屋の店の名前。

そいつの話はまだ続いたが、もうどうでもよくなった。
ただ、この街にいるのは良くない。災いがやってくる。
だから、逃げることにしたんだ。
さようなら

--------------------------------------------------------------------------------


意味がわからないんだが誰かわかる人いない?



576 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/26(木) 16:57:01.93 ID:N0ico2S9O

娘「かむんとにゃんにゃんにゃんにゃんにゃにゃん♪」
娘が楽しそうに歌っている。
ガムかなにかのCMの歌のようだ。
陽気なフレーズにおかしくてかわいくてほほえましい。
娘「かむんとにゃんにゃんにゃんにゃんにゃにゃん♪」
爺「ぶばんばばんぼんぶんばばん」
突然痴呆のお爺ちゃんが同じフレーズを歌いだした。
歌詞は違うがメロディーがそのままだ。
娘「おじいちゃんちがうよぅ!かむんとにゃんにゃんにゃんにゃんにゃにゃん!」
爺「ぶばんばばんぼんぶんばばん!」
いつも無表情で過ごすお爺ちゃんが楽しそうに歌っている。子供みたいな笑顔で……
喋ることも不自由になりつつあったお爺ちゃんが……何故?
この歌はいったい……

傍らで編み物をしていたお婆ちゃんは気付いてしまった。

581 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/26(木) 17:12:46.89 ID:I4hXSHu80

A「父が死んだんだ」
B「どうして?あんなに元気だったのに」
A「殺されたらしいよ」
B「それは大変なことじゃないか!警察には言った?」
A「言わなかった。だって殺したのは身内なんだ」
B「じゃあ君のお母さんかい?」
A「それはないよ。母は父の言う事は何でも聞いていたしね」
B「じゃあ君の弟?」
A「ありえない。彼にそんなことする勇気はないよ」
B「あとは君しかいないじゃないか」
A「僕のわけがない。僕には手足がないんだから」

582 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/26(木) 17:14:35.36 ID:FqLrNGOX0

ノーマンがやってくる
13月と呼ばれた月の 真っ暗闇に降りてくる

ノーマンがやってくる
うしろに続くは静かな時間 壊れたおもちゃを取りに来る

ノーマンがやってきた
子供にだけしか見えない姿 虜になるのは大人達

ノーマンがやってきた
誰もがみんな踊りだす 我が我がと踊りだす

ノーマンが帰っていく
平穏を残し帰って行く 変わった事は何も無い

ノーマンはどこに居る

ノーマンは誰

ノーマンは何

ノーマンって何

聞いた事が無い

586 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/26(木) 17:33:18.44 ID:I4hXSHu80

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/21(土) 01:36:32.69 ID:6XtFg3YB0
全ての人間が「を」のことを「お」と区別するために
「重たい方のを」と表すんだと思ってた(^o^)/
兵庫から引っ越してきた友達には通じなくて焦った…

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/03/21(土) 02:21:39.25 ID:DEtO/0hH0
>>1は
「重たい」という言葉のを なのか、
重たい感じがする「を」 なのか?

107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/21(土) 02:30:50.13 ID:6XtFg3YB0
>>84
多分およりをの方が
重厚感があるからだと思う
な、群馬のみんな!

119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/21(土) 02:33:43.33 ID:6XtFg3YB0
>>107
多分文字を四角の銭で囲むと
およりをの方が文字の面積が多いから=重たい
だと思う…

127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/21(土) 02:35:34.71 ID:3GMfRzGe0
>>119
・・・・・・え、なんて?

594 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/26(木) 19:04:45.60 ID:nRwbviVXO

終電車の中で眠ってしまい目を覚ますと、
見知らぬ女性が俺の肩に頭を乗せてもたれかかるように眠っていた。
見ると黒髪ロングでかなりかわいい。
貞子とかの不気味な黒髪じゃなく、綺麗な感じ。
正直言って悪い気はしなかったので、しばらくそのまま乗っていた。
俺の降りる駅はまだ先なので大丈夫だろう。
二駅、三駅を過ぎ車両には俺と、俺にもたれて寝ている女性の二人だけになった。
彼女はどこで降りるんだろう、起こしてあげた方がいいかな……そう思った俺が体を動かしかけると、
「動かないで……」
と、目を閉じ頭を肩に乗せたまま女性が言った。
さらに続けて、
「もう少しこのままでいたいな……」
って。初対面の人に言われて不思議だったけど、
女の子にそんなこと言われて理由を聞くほど俺は野暮じゃない。黙って肩を貸してやった。
でもさすがに自分の降りる駅が近づくと心配になってきてさ、とりあえず「どの駅で降りるの?」と聞いてみた。
すると「落ちる駅?」と返してくる。
「違うよ、落ちる駅じゃなくて降りる駅」
「降りる駅が落ちる駅だよ」
また意味不明な答え。さらに彼女は「貴方の降りる駅が、私の落ちる駅」と続けた。

つづく

595 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/26(木) 19:06:37.62 ID:nRwbviVXO

ひょっとして、自殺でもするんじゃないかと思ってさ。
この娘は俺の降りた駅で飛び降り自殺をするんじゃないだろうか?
どうしても気になったので、彼女に「落ちちゃいけないよ」と言ってみた。
すると彼女は「貴方が降りたら私は落ちる」と脅迫めいたことを言ってくる。
仕方がないので「じゃあ降りないよ」と言ってあげた。
彼女は嬉しそうに、「ありがとう、約束だよ……破ったら貴方も落ちてね?」と言う。
この言葉に俺はゾッとしたが、今は彼女を落ち着かせることが優先だ。
自殺を食い止めたい一心で、俺は「わかった、約束するよ」と言った。
そのとき、電車が揺れた。
そして彼女の方を見た俺は、彼女の不可解な言動のすべてを理解した。
しかしもう遅い。
降りたら彼女は落ちる、そして俺もまた落ちるのだから。

622 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/26(木) 20:54:51.82 ID:nRwbviVXO

「おい、まだかよ?」
俺は、女房の背中に向かって言った。どうして女という奴は支度に時間が掛かるのだろう。
「もうすぐ済むわ。そんなに急ぐことないでしょ。…ほら翔ちゃん、バタバタしないの!」
確かに女房の言うとおりだが、せっかちは俺の性分だから仕方がない。
「お待たせ。いいわよ。…あら?」
「ん、どうした?」
「あなた、ここ、ここ」女房が俺の首元を指差すので、触ってみた。
「あっ、忘れてた」
「あなたったら、せっかちな上にそそっかしいんだから。こっち向いて」

「あなた…愛してるわ」女房は俺の首周りを整えながら、独り言のように言った。
「何だよ、いきなり」
「いいじゃない、夫婦なんだから」
女房は下を向いたままだったが、照れているようだ。
「そうか…、俺も愛してるよ」こんなにはっきり言ったのは何年ぶりだろう。
少し気恥ずかしかったが、気分は悪くない。俺は、女房の手を握った。
「じゃ、行くか」「ええ」


623 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/26(木) 20:55:40.29 ID:SBC3QhNM0

最後の肝心な一行が抜けてるじゃないか

626 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/26(木) 21:00:24.54 ID:ye3is3l50

似たようなの投下


妻が、わたしを見つめている。
わたしの胸に、妻と暮らした数十年の年月が去来する。
妻の命が消えようとするこのときを、わたしは心に刻みつけようと思った。
妻はたどたどしい言葉で、自分がいかに至らない妻であったかを述べ始めた。
気が強かった妻が、このようなしおらしい言葉を口にするものなのか。
わたしの心の中に、言葉で言い表しようのない感情が溢れてくる。
妻は、涙を流しているようだった。
この期に及んで、妻の悔悟の言葉を聞きたくはなかった。
「もういいんだよ」
わたしはそういうと、手に力を込めた。

656 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/26(木) 22:13:26.38 ID:sRF8upfE0

仕事が終わり寝る前に晩酌していると電話が鳴り出した。
相手はずっと前に別れた恋人。 なんでもよりを戻して欲しいとのこと。
でも別れてから何年もたっており既に別の恋人がいたので
一言「無理」とだけ伝えて切った。 するとまたかかってきた。
今度は何も言わずに切った。
するとまたかかってきた。 また切った。
何度か繰り返したあと、電話越しに怒鳴ってやった。
「今何時だと思ってる、いい加減にしろ!!!」
それでも泣きながら懇願してくる。
悪い気がしてきたので、話だけでも聞いてやることを承諾した。
「ありがとう。今から行くね。」
20分後、電話がかかってきた。 「今、最寄の駅に着いたよ。」
やけに早いな。もっと遠かったはずだが。
「今コンビニの前だよ。」 「今○○のところを曲がったよ。」
頻繁にかかってきてうっとうしかったが、
さっき怒鳴った後ろめたさで何も言わなかった。
「マンションが見えたよ。」 「今から階段登るね。」
かかってくる間隔がどんどん短くなってくる。
「今扉の前だよ。」
俺は戸を開けた。誰もいない。なんだ?手間のかかったいたずらか?
また電話が来た。
「今部屋に入ったよ。」
部屋には俺以外誰もいない。
怖くなった俺は
言うのを忘れていた。
「麒麟です。」

667 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/26(木) 22:55:52.63 ID:kwVvidmiO

ようぎしや たくさんあつまった
さいしょにしんだの かもくなおとこ

きたないすがたで しにました
はんにんさがせ はんにんころせ
ひとりずつ。

ひとりしんだ ひとりしぬ
ひとりしんだ しなないよ
でもはんにんは いきている

はんにんさがせ はんにんころせ
さいごにいきるの だれでしよう

あれはんにん,あなた?だれ

670 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/26(木) 23:16:43.67 ID:SBC3QhNM0

なんでも しりたい 男の子
なんにも しらない 男の子

大人になったら わかるから
お母さんは いいました

いますぐ しりたい 男の子

黒い森の 奥深く
なんでも知ってる おじいさん

おじいさんを 探しに
黒い森の 奥深く

けれども
おじいさんに あえません

男の子

ずっと ずっと
さがしているうちに・・・・

689 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/27(金) 01:47:39.73 ID:b5fmJL2N0


外人が日本人を特別視してるってのは、自分の歴史少しでも知ってたら誰でも分かるだろ。
まず、資源が全くないってことはすごいこと。もう両手両足もがれたぐらいのハンデ。
しかもすごいのは、米国の3分の1の人口、わずか25分の1の領土で、
その上そのただでさえ極小の国土の7割が山、山、山。なーんにもない、山・・・。
だから農業で輸出して食べていくことすらできない。条件からして最貧国でもおかしくない国。
そんな国が、100年ほど前で当時世界最強クラスだった露助とか清をあっさり倒して、
非白人国家で普通に白人常任倶楽部仲間入りしちゃってて、おまけに米国敵に回して
ガチで戦争して、世界で唯一米国本土爆撃して、英国の無敵艦隊フルボッコにして、
オランダ倒して、世界で唯一原爆落とさせるほどてこずらせて。しかも二発だよ。二発。
考えられない。敗戦とか言ってるけど日本のせいでアジアから白人の植民地全部消されたし。
しかも信じられないのは、戦争に負けてただでさえ何にもない国がさらに
インフラまで全部叩き潰されて、多額の賠償金まで背負わせて100%再起不能に
しといた極貧衰弱国家で、今度こそ生意気なイエローモンキーが消えて数百年は
ウザイ顔見ないで済むと思ってたら、直ちに再び白人社会に経済で参戦して来くさって、
参戦どころかごぼう抜きでたった2,30年であっという間に米国さえ抜いて世界第一位。
東京の土地だけで米国全土が買えるほどの呆れた価値になっちゃう程の超絶経済力で
世界中( ゚Д゚)ポカーン・・・状態。その後もずーっと二位維持。頭一本でそれ。
しかも経済の80%が内需。内需だけでそれ。金融とかでまだ全然進出してないし
車や家電、工業製品ももまだまだ進出しきってなくてそれ。もうキチガイの域。
伸びしろありすぎワロタ。戦後60年一発も打たずに侵略せずにこれ。何気に世界最長寿国とかなってる。
んで今度は漫画・アニメ・ゲーム。気がつけばハリウッドの規模とっくに超えてる。
アメリカの検索で一位になってるのが日本のアニメとか。世界中で一番人気の映像作品が日本のアニメとか。
極めつけは世界一長い国号、2000年のどの白人より長い王室ならぬ、その上の皇室保有。
エンペラーに代表される歴史。普通の神経してたらこんな国怖くて関わりたくない。

703 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/27(金) 04:17:48.55 ID:5qRe1ao7O

唐突に夜に目覚めたときの話です。
その日は確か冬の寒い日で、
布団を何枚も重ねてるのにも関わらず凄く寒かったのを覚えています。

でも僕が目覚めたときは、とても暑かったのです。
というよりも布団とは何か違う圧迫感が僕を包み込んでいたのです。
得体の知れないものに対する恐怖に脂汗をかきながら、
おそるおそる布団を捲ると、誰かが僕に抱きついていたのです。

誰ですか、と僕が問いかけると、

「んぅ、お兄ちゃん、なぁに?」

と返してきました。

何故、僕の布団で寝てるのですか?と問いかけたところ、
部屋のベッドの下に何かがいて怖いよ、とほざきだしたのです。

早々に立ち去って欲しい僕は部屋のベッドの下を確かめに行きました。
ベッドの下を覗いた瞬間にハッとしました。

僕は一人っ子だという事を。

715 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/27(金) 08:48:20.02 ID:tBQWRNasO

朝起きたら自分以外の全人類が滅亡してるって妄想したことない?
あれ楽しいよなwww
無駄にサバイバー気取って警戒したり……
さっき物音がしたから思いっきりバットで殴っておいたよww
俺以外に人間いないんだから、動物か何かだろwwwww

750 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/27(金) 10:57:36.32 ID:x5XHk8Yb0

 26 名前:本当にあった怖い名無し[]投稿日:2008/07/25(火) 02:30 ID:eWTfi7im0
  だんだんだんだん 少しづつ汚くなっていく誰か。
  誰か、私が汚くなってきているから助けて。
  最悪な人間だからすごく涙が出てきたおかしい。
  どうやら純粋な英語圏人とワヤラードの彼が運命的な出会いをしてた。
  彼の足あげたいんだけどもう足ない、だからあなたの、足がほしい、だから、私ね、私ね。
  信じるかどうかは自由。私ね、彼をとめたやつの足さがすだけだから。
  だってね、恨みとかね、憎しみとかね、おもしろくないでしょ?
  だからね、彼をとめた人さがさないと、でも彼があなたを眺めているから。
  もしあなたが止めたら私ね、あなたにいたずらするよ。
  でもねとめないと彼は離れられない。
  だからね、私ね、あなたにいたずらするよ。

760 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/27(金) 13:02:49.81 ID:LZNtJz7x0

今日9800円で買ったイヤホンが壊れた
大音量でスリップノット(笑)聴いてたせいかいきなり途切れやがった
くそ。9800円もしたってのに。
俺は腹が立って45万円のプラズマテレビを座布団に叩きつけた
はっと我に返り、あわてて壊れていないか確認した
画面が映る。良かった。と思ったら音が出ない
くそ。45万円のプラズマテレビまで壊れてしまった 送料込みで47万円の損だ
それにしても今日は静かだな 気晴らしに散歩にでもいこう。


761 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/27(金) 13:03:54.48 ID:LZNtJz7x0

ある意味怖いコピペ

オレの小学校の時のリコーダーは3つに分解できて、名前書くところが真ん中の筒にあった。
ある放課後、誰もいない教室にオレは侵入し、好きな子とオレのリコーダーの一番上の部分の
「笛 先 を 交 換 し た 」
名前が書いてある場所はそのままだし気付かないだろうと・・・
そしてその笛をペロペロ楽しんでいたオレであったが、交換してから初の音楽の授業に
悲劇は起こった。
好きな子「・・苦っ!??あれ・・・??この笛わたしのじゃない!!!」
静まりかえる音楽室
先生「どうしたの??」
好きな子「わたしのはここにも名前を書いていたのに・・・この笛にはないんです!!」
先生に笛を見せる。
ふとオレは笛先の部分の裏を見てみるとちっちゃくその子の名前が書いてあった
その子はクラスでもかなりモテてる子だった事もあり、まわりのDQNも騒ぎだした
「誰かがすりかえたんじゃね?ww」
「うわきもーい」
「こわーい」
ザワザワ・・・
先生「はい、じゃあ今からちょっとみんなの笛を見せて下さ

763 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/27(金) 13:10:01.59 ID:LZNtJz7x0

とある病院での夜中の出来事。
記録室で書き物をしていたらひょっこりと部屋を覗く気配がした。○さん。
「どうしたの?○さん」
声を失う手術をした○さん、困ったように立っている。
「家に電話?何かあった?書類なら今書いてるよ?」
小指を立てたあと、額に手を当てて頭をゆらゆらさせている。
小指・・・女・・・女房。・・・・気分悪い?
いま、○さんに奥さんが付き添ってる事を思い出した。
「奥さん、気分悪い?見に行った方がいい?」
○さんがうなずいた。急いで○さんのいる部屋に走る。
部屋が見えたとき、部屋から息子さんが出てきて「すいませんお袋が!」と叫んだ。
具合の悪そうな奥さんを息子さんと2人で病棟に移し
疲れによる貧血だろうということで、点滴をしてしばらく様子を見ることにした。

しばらくして様子が落ち着いたのを見て、家に帰れるように奥さんと息子さんに
○さんの診断書を渡した。同時に○さんが奥さんの不調を教えてくれた事も。
なんだか奥さんは泣いていて、息子さんは泣きそうだった。
迎えに来た車を見送って、つぶやいた。さよなら、○さん


783 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/27(金) 15:33:15.45 ID:mTe88ZKb0

私の実家は九州のとある田舎の村なんですが。昔から気味が悪い週間がありました。
小学生、中学生、高校、大学…の『卒業』の次の日は必ずお爺さんの家に一人で泊まると言うものです。
けど、それは間違えですよね。あははは。
私の傘が無くなるのは何故でしょうか?
誰か教えて下さい

786 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/03/27(金) 16:14:12.62 ID:72wOnjgNO

その晩は雨が激しく降っていた。
その現場に到着し、トンネルの手前で車を脇に寄せて一時停車する。

その手の感覚は鈍いほうだが、不気味な雰囲気は感じた。
「恐い場所だ」という先行イメージのせいもあるだろうが。
しばらく休憩した後、ゆっくりと車を進め、トンネルに進入を始めた。

こういう体験は始めてなので、ワクワクするような妙な高揚感を感じる。

それほど寂れた場所ではないとは思うのだが、後続の車は来なかった。
なので、スピードをかなり落として進んだ。
何かが起こる事を期待しながら……。

しかし特に何もおこらず、トンネルの終端まで着いてしまった。
不満なので(と言うか、暇なので)何度が往復してみよう、と思い、車をトンネルの端でUターンさせた。

三、四回トンネル内を往復したが、
雨粒が車を叩く音がうるさくなるくらいで、何も変わった事も起こらず流石に飽きてきた。

「もう帰ろう」
一人でにそう呟き、トンネルの出口に差し掛かった。
「幽霊なんてやっぱりいないか」
俺は雨の中、車を走らせ家路に着いた。


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
月刊桜坂通信 | ニュー速vip | トラックバック:0 | コメント:47 |
新しい記事へ移動する  
  過去の記事へ移動する
コメント
この記事へのコメント
[ 2121 ] 名無しの仲良しさん 2009/03/28(土) 23:24 ID:-
86wwww
このコピペ作る場に居合せたが
ここまで進化したのかwww
[ 2122 ] 名無しの仲良しさん 2009/03/28(土) 23:51 ID:BsqUATt6
86が実用化されとるw
[ 2123 ] 奥ゆかしい名無しさん 2009/03/29(日) 00:06 ID:-
メイド・・・冥土・・・
475
ぬこにあわび食わせたら毒だぞw
なにやら血液に有害で耳が腐ってポロリと・・・
うわぁあああああああ
[ 2125 ] 名無しの仲良しさん 2009/03/29(日) 00:55 ID:-
意味がわからないのが半分以上ある…。
(´;ω;`)
[ 2127 ]    2009/03/29(日) 02:33 ID:-
22
「とても軽くて」=死体の臓物を勝手に抜かれてた。
つまり、医者は遺族に無断で患者の臓器を抜き取り(売りさばいて)、治療費に充てていたから「治療費は結構です」と言った。
[ 2128 ] 名無しの仲良しさん 2009/03/29(日) 02:36 ID:-
意味が無いものを貼るのは卑怯だと思うんだ







素直に言います。分からないから怖いんです……
[ 2129 ] 名無しの仲良しさん 2009/03/29(日) 04:57 ID:-
>>7の電話してた奴は安価やってたVIPPER
[ 2170 ] 名無しの仲良しさん 2009/03/30(月) 16:40 ID:-
370の絵本とは何?
[ 2207 ] VIPPERな名無しさん 2009/04/01(水) 17:07 ID:-
とりあえず最後のは雨の話か

わからんのばかりで困る・・・他のページとか回ってくればいいのかナァ
[ 2209 ] 名無しの仲良しさん 2009/04/02(木) 02:42 ID:-
551~560は結局なんなの??
[ 2257 ]     2009/04/06(月) 00:29 ID:-
>>397がわからん・・・
[ 2259 ] 名無しな名無しさん 2009/04/06(月) 20:00 ID:-
394
>彼に一晩自由にされます
アッーー!!!
[ 2336 ] 創造力有る名無しさん 2009/05/01(金) 01:09 ID:-
「~~は気づいてしまった」系はよくわからなくて好きになれん
あとポエム(笑)も読むのだるいってか中二病ポクて…
[ 2384 ] 名無しの仲良しさん 2009/05/03(日) 19:38 ID:-
>10
ネコの寝巻きを着た「ゆーくん」と言う名の赤子を、日記の主が踏んだら声を出さなくなった・・・でいいのかなぁ?

>18
長時間真夏に物置小屋に閉じ込められたら・・・。

>23
彼氏がいじったから?

>26
ムービーは誰が取って、だれが彼女へ送ったの?

>33
口+兄=呪

>57
知らない誰かがボタンを押すと、その100万ドルが知らない誰かに渡る。ってのを繰り返すのか?つぎは自分が死んで、この100万ドルが押した人のものに・・・。

>58
普通のビジネスマンが食ったものって・・・。

>83
事故現場に座ってた女性が悲鳴を上げたのでは無いって事は・・・。

>87
自分は喋っているのに鏡はまったくの無言でってのはおかしくね?動かないの?

>122
おまいは業務用の三本歯のやつって知ってるのな。凶器見つかってないのに。

>171
屋上の部屋なのに上から子供の声が?

>179
安全の冠をとったら女王・・・で合ってるのかな。

>183
さて、帰りに8歳の女の子は居るのでしょうか?

>292
友達と(もしくは友達を使って)解剖の練習したって事かな。

>363
昔川で溺れたか苛められてたか・・・。

>370
遺伝子は引き継がれるのかな?

>374
お姉ちゃんを売ったか、又は・・・。

>481
赤い部屋と同じ様なオチですね。最後に犯人に出会う以外は

>483
隠れたら出られなくなるんですね・・・。

>585
おばあちゃんが川に入れてたものを処理してた。

>401
強姦オチ?

>424
かな死んでくれる?

>430
そう、科 学会→創価

>715
誰をバットで殴ったのかな?

[ 2436 ] 名無しの仲良しさん 2009/05/05(火) 21:26 ID:-
>397
文を空間で分けているので気付いたけど。
ドアの前で倒れていたのは100キロのデブの方。
一方サウナの中にまだ残っている人は・・・
[ 2438 ] 名無しの仲良しさん 2009/05/05(火) 23:34 ID:-
解説thx
[ 2463 ] 名無しの仲良しさん 2009/05/06(水) 15:22 ID:-
こういうのって何で解説も一緒に貼らないの?w
[ 2467 ] 名無し 2009/05/06(水) 16:15 ID:ldPe7HqE
>>370
うちにこの本あるわwww
「ゼラルダと人食い鬼」だと思う。
確かに最後のページで、子供がフォークと
ナイフを握り締めている。
[ 2496 ] 名無しの仲良しさん 2009/05/07(木) 09:48 ID:-
>>365がわからん、気になる・・・

>>397
後半はデブの話し。あれ、前半の彼は?

>>410
ある意味どっちも冷たくなったな

>>475
おかんと息子食ってねえwww

>>520
未来は先に進めないってことか?
[ 2533 ] 名無しの仲良しさん 2009/05/08(金) 01:20 ID:-
576はたぶん意味なんかないんだろうな。
[ 2634 ] ななし 2009/05/12(火) 11:52 ID:-
576
♪ぶばんばばんぼん…
は大昔の白黒アニメ「狼少年ケン」の主題歌の冒頭で入る男声のコーラス。メロはCMと一緒。
おばあちゃんが気が付いてしまったって意味はワカラン。
よって結局意味はないんだろうな。
[ 2663 ] 名無しの仲良しさん 2009/05/13(水) 13:48 ID:-
↑認知症についてはよく知らんのだが、症状が進むと幼児退行が起こったりするんだろうか。頭の中が「狼少年ケン」を視聴していた頃の少年の状態まで退行してしまった、とか。

それだと、おばあちゃんの反応も、
「(おじいちゃんの症状がここまで悪化していることに)気付いてしまった」と読めるんだが…
[ 2682 ] 名無し3世 2009/05/14(木) 18:58 ID:sSHoJftA
すまん!
甘エビのやつと

父が水銀盛ったやつでなんで日付が元素記号になるのかがわからん!!

だれか教えてください。
[ 2905 ] VIPPERな名無しさん 2009/05/25(月) 00:42 ID:-
↑甘エビは知らんが、日付はわかる。
周期表を座標的に考える。6/12なら
縦に6(第6周期)の横から12番目
(12族)のHg、みたいに。
[ 4192 ] ななし 2009/06/20(土) 22:58 ID:-
>>365
おまえはもう死んでいる
とでも書いたんじゃねwww

甘エビわからん…
[ 4433 ] 名前はない・・・ただの名無しだ 2009/06/24(水) 20:16 ID:-
甘エビ教えてくれー
[ 4749 ] 名無しの仲良しさん 2009/07/01(水) 08:09 ID:-
>>536は一郎がいないってことでおk?
[ 4971 ] 名無しの仲良しさん 2009/07/06(月) 14:37 ID:-
一郎→チロ
[ 6168 ] 名無しの仲良しさん 2009/08/03(月) 23:20 ID:-
一郎さんは「人間」扱いされてないって事だな。

[ 6480 ] 名無しの仲良しさん 2009/08/16(日) 16:43 ID:-
>>365はきっと「お前の目は死んでいる」だと思う。途端に良い話と化すが。

甘エビは、
①食った妹がどこにいるのか
②生エビの尻尾が刺身に付いていたので
食中毒フラグじゃないか?(無理があるか?)

>>581は身内=親戚の誰か、もしくは毒を口移しで飲ませたか?

>>656は芸人の麒麟が怖い話をしているところ、いきなり漫才を始めるネタがあった。
[ 8368 ] 名無しの仲良しさん 2009/09/05(土) 17:13 ID:-
>>475は猫はあわび食べると死ぬからじゃないからかと。
[ 10789 ] 名無しの仲良しさん 2009/09/28(月) 20:06 ID:-
486
 誰か答えわかる?
[ 11889 ] 亮リョウ 2009/10/26(月) 12:33 ID:SsLiFMbQ
405気になる
誰か分かりますか?
[ 12046 ] 名無しの仲良しさん 2010/01/23(土) 15:19 ID:-
109はおかしくね?
女性がトイレで背後に視線って
[ 12481 ] 名無しの仲良しさん 2010/02/05(金) 21:41 ID:-
俺達が嫌いな奴らの子供が、こんな歌を歌っていたのを聞いたことがある。


好きなあの子は手がとんだ

隣のあの子は足がない

お父さんは吹っ飛んだ

みんなみんな吹っ飛んだ

僕は犯人知っている

どこにいるかも知っている

犯人は地獄の近く

犯人は地獄の近く

じーっとじーっと潜んでて

ずーっとずーっと待っている

僕らが来るのを待っている

10年100年何千年

僕らが来るのを待っている

犯人は地獄の近く

犯人は地獄の近く



なんて根性だろう。
その時俺は子供を撃ってやったよ。
だけど今考えると…


なぁんだそうだったのか。
そういう意味か。ハハハ。子供の言っていたモノがわかったよ。

さぁて



俺達は今日もそれらを

…犯人を埋めに行く。
[ 12681 ] 名無しの仲良しさん 2010/02/22(月) 15:17 ID:-
179 淳二・・・
[ 13055 ] 名無しの仲良しさん 2010/03/17(水) 22:13 ID:-
>>17
ちょw当たってるんだがww
何でだw
[ 13056 ] 名無しの仲良しさん 2010/03/17(水) 22:17 ID:-
ごめ、ミス
>>13やったわ すまん
[ 13112 ] 名無しの仲良しさん 2010/03/30(火) 22:15 ID:-
俺>>401は死姦だと思った。
[ 13155 ] 「意味が分かると怖い話」の話 くわとろ 2010/05/06(木) 00:19 ID:-
最近、「意味が分かると怖い話」に凝っていて、よくいろんなサイトで検索をする。
 
会社の友達や同僚にもきいてもらって考察することもしている。
あるとき、同僚に紹介してもらったサイトを閲覧してみた。

有名な話が結構多かったが 一風かわった 文があることに気がついた。

それは

「絵馬   小木津    田代   今日は」


とだけ書いてある。
明らかに他のものとは異なり、ゆえにとても気になった。

紹介してもらった同僚にその話をして、意味を考察したが、笑ってばかりいる。
どうしても気になる。意味を教えてと頼んだら

「今晩、俺の部屋にこい。答えを教えてやるよ。ここじゃ、やりにくいから」
といわれた。

と言う訳で、答えを聞きに今からいってきます。         by くわとろ

[ 13187 ] めぇこ 2010/06/11(金) 19:49 ID:-
この村は人が減ってくよ

どうしてかな?

あぁ、妹が、口に布を当てられて・・・

動かなくなっちゃったよ

寝ちゃったの?

妹をどこに連れてくの?

そっか、お布団ね。

でもそのお布団は冷たくない?

茶色くて、乾いたお布団・・・。

さらさらしてる。

村に人がいたときは、

そのお布団は濡れてたの。

葉っぱも生えてたよ

あぁ、今妹が、お布団に完全に潜ったね

口元が濡れてるから、お布団がくっつく。

赤ん坊の、妹・・・。
[ 13205 ] ななし 2010/07/06(火) 15:48 ID:-
やたら改行するやつウザイんだが
[ 13252 ] 名無しの仲良しさん 2010/09/19(日) 01:55 ID:-
426が分からない(汗)
誰か分かる人居ますか?
[ 13312 ] 名無しの仲良しさん 2010/10/11(月) 01:25 ID:CWYYhk/o
甘エビって甘汞?

塩化水銀(Ⅰ)のことだけど・・・

「エ」はあるけど、「ビ」はないね。。。
[ 13353 ] ●●●ちゃん 神 2011/01/03(月) 18:01 ID:-
♪***ハネ、コウツウジコデ、ハネラレタ、ダカラ、カオガトレテ、
ドッカトオクヘ、トンデチャッタ♪悲しいね、さっちゃん♪
さっちゃんは即死で死んじゃったの。このレスを見た人は…
さっちゃんが0時に行ってあなたの首をかまで切り取っちゃうよ♪
いやなら、さっちゃんが行くまでに、9回違うスレにレスを送ってね♪
あ、さちゃんの顔は、こんな顔だから、
探してくれるのもイイよ♪オネガイネ…。***://www.operaou.com/image/cmail/rei0204.gif
これマジだよ!!このレスを見たら
7日後以内に死にます
無残な姿で死にます
回避する方法は1つ
この***ペしてほかのスレに7つ貼る事です。
100%これをやってください
本当に死にます.
ごめんなさい。死にたくないんです
信じなかった私の友達は首を狩られて死んじゃったし
このレスを見たら
7日後以内に死にます
無残な姿で死にます
回避する方法は1つ
この***ペしてほかのスレに7つ貼る事です。
100%これをやってください
本当に死にます.
ごめんなさい。死にたくないんです。。
悪気はないんです
[ 13506 ] にゃお*みぃ 2012/06/10(日) 18:05 ID:-
さっちゃんのやつってさ、何で載せんの?

フツーに考えてウソだしwww
[ 13516 ] 名無しの仲良しさん 2012/08/26(日) 13:46 ID:-
>13
>13056
選択肢を狭められているんだよ
2つ目で既に電卓・針・電話への連想が切れる。コップ>酒>米と来ない限り米も無い
雪・ティッシュ・まんじゅう・牛乳からはもう、白い・甘いしか続かない
雪を邪魔なイメージ持った時しか暗い・狭いにならない
この記事へのコメントを書く
[非公開]管理人にメッセージを送る

パスワードは、「ID生成」「コメントの編集」に使用します。

コメントの編集は、IDから編集画面へリンク

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://aln1025.blog39.fc2.com/tb.php/470-f1efbc11
この記事へのトラックバック
 
 
トップへ

テンプレート作成:しるえっと どっと ほーりー/sil_st3c01m_r102

FC2Ad



お知らせ


FireFox推奨です
こちらからダウンロードできます↑


aln



当ブログについて

TOP絵
TOP絵募集中です
誰か作って下さい(人∀・)タノム
サイズは980*200くらいです

aln1025☆gmail.com までお願い ☆→@

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


Author:aln

フィードメーター - 仲間にゅーす
ブログパーツ




Twitter登録してみた


コメント欄にナンバーつけてみた
←新 旧→
TOTAL Pages
全部見てみる
ひとりごと

寒いです
もうストーブ大活躍です
携帯の機種変しました
使い方が全くわかりませんorz
仕事が忙しいため
更新少なくなります
でも見捨てないで下さい


IEで見ている方で
ページの最後まで
見れないって時は
画面縮小してから
横のスクロールバーを
出して最大化すると
見られるようです
お手数かけますが
許して下さい(;・∀・)
苦情を頂いてますが
どうにも直せませんorz

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



恋愛マニュアル - なぜあなたはモテない?
***************
あわせて読みたいブログパーツ
☆おもいつきエリア☆



待ってたヨ
!大感謝!
今いる人
現在の閲覧者数:
お世話になってます
d(゚Д゚ )☆スペシャルサンクス☆( ゚Д

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。