アクセスランキング

              笑う門には福が来る・・・らしいよ

  ヘッドライン!! ━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━ !!  

☆お気に入り新着記事☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

Powered by Ayapon RSS! オススメ プログラマー ペットフード


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
月刊桜坂通信 | スポンサー広告 |
 前編~ 女「ここは○○のまちです」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/17(日) 20:17:18.48 ID:7+ZVTNe50
男「こんにちは」
女「○○のまちへようこそー」
男「勇者様をお迎えに来たんですけど・・・」
女「・・・あ」
男「どちらにおられますかね」
女「多分・・・それ私です・・・」
男「え?」


2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/17(日) 20:20:14.49 ID:7+ZVTNe50
女「えいっ!」
ミス!
女「やあっ!!」
魔物はひらりと攻撃をかわした!
女「やー!」
ミス!
女「・・うう・・」

男「・・・」(ちから、ないんだ・・・)


3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/17(日) 20:21:15.46 ID:7+ZVTNe50
女「むっ!」
女は炎の呪文を唱えた!しかしMPがたりない!
女「むんっ」
女は風の呪文を唱えた!しかしMPがたりない!
女「・・・ううー・・・」

男「・・・」(呪文覚えてるのにMPがないんだ・・・)


4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/17(日) 20:26:30.56 ID:7+ZVTNe50
女は2のダメージを受けた!
女「ふわっつ!!」
女「やられちゃうー」
女は回復の呪文を唱えた!しかしMPがたりない!
女は2のダメージを受けた!
女「いやー」
女は回復の呪文を唱えた!しかしMPがたりない!

男「・・・」


5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/17(日) 20:32:19.68 ID:7+ZVTNe50
女「こ、こーなったら・・・」
女はにげだした!しかしまわりこまれてしまった!
女「ううー」
女はにげだした!
女「あいたっ」
女はこけてしまった!1のダメージをうけた!
女「ふわああああ、やられちゃう・・・」

男「・・・」(すばやさも運もないんだ・・・)


6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/17(日) 20:40:38.15 ID:7+ZVTNe50
女「どどどどうしよう・・・」
男(そろそろまずいな・・・戦闘に参加するか・・・)
女「ううー」
なんと魔物が哀れむような目で女をみている!
男「!?」
魔物は女に同情して去っていった!ついでにけいけんちとお金も置いていった!
女「ふえ!?なんかよくわかんないけど助かった??」
男「・・・」

男(魔物に同情されるほどの弱さ・・・)


9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/17(日) 20:47:43.79 ID:7+ZVTNe50
女「と、いうわけなんです・・・」
男「・・・」
女「ですのでどうか他を当たってもらえたら・・・」
男「・・・ほんとに勇者・・・ですよね?」
女「はい・・・亡くなったおじいちゃんが元勇者で・・・亡くなったおばあちゃんは大昔の勇者の血を引いているので・・・」
男「・・・」
女「あ、一応伝説の剣も装備できますよ?」
男「持ってるの!?」
女「はい・・・家に代々伝わってて・・・」
男「・・・」(やっぱ本物の勇者なのかなー・・・)


10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/17(日) 20:54:32.38 ID:7+ZVTNe50
女「ここですー」
男「宿屋?」
女「はい、あ、旅の宿へようこそ・・・一晩30Gですがお泊りになられますか?」
男「・・・」
女「・・・お泊りになられますか?」
男「・・・これは・・・泊まらなきゃダメなのかな・・・?」
女「いえー・・・でも泊まっていただけると・・・うち貧乏なんで・・・」
男「・・・・・・はい」
女「ほんとですか!?やたー!!」
男「・・・」

男(魔物が同情したのもわかる気がする・・・)


14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/17(日) 21:01:08.11 ID:7+ZVTNe50
女「これです!」
男「・・・確かに、本で見たとおりのものだ・・・」
女「ほらっ!装備もできますよ!!」
男「・・・確かに、おれじゃあ重くて持てない・・・」
女「・・・信じてもらえましたか・・・?」
男「・・・うん」
女「ほんとですか!?よかったあ♪」

男「・・・」(説明しないと信じてもらえない勇者か・・・悲しすぎる・・・)


16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/17(日) 21:06:14.77 ID:7+ZVTNe50
男「しかしさ」
女「はい?」
男「さっき戦ってみせてくれたときになんでこの剣装備しなかったの?」
女「・・・あー」
男「伝説の剣なんだから攻撃力かなり上がるでしょ?」
女「・・・ちからが・・・」
男「ん?」
女「・・・ちからが・・・0なので・・・」
男「・・・ああ」
女「・・・装備しても0のままなんです・・・」
男「・・・なるほど」
女「・・・はい」

男「・・・」(伝説の剣も号泣だな・・・)


19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/17(日) 21:12:59.22 ID:7+ZVTNe50
女「シチュー好きですか?」
男「?」
女「せっかく作ったので・・・どうかなって思って」
男「ほんとに?ではぜひお言葉に甘えて・・・」
女「はーい♪今持ってきますねー♪」
男(・・・ほんと普通の女の子だな・・・)
女「ふわっ!!」
女は鍋を落としてしまった!
女「・・・うう・・・またやっちゃった・・・」
男「・・・」

女ステータス
ちから0、みのまもり7、かしこさ24、すばやさ0、うんのよさ0


20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/17(日) 21:17:49.70 ID:7+ZVTNe50
男「もぐもぐ」
男のみのまもりが1あがった!
男「・・・」
女「すみません・・・パンだけになっちゃって・・・」
男「いやいや」
男「・・・」
男「もぐもぐ」
男のみのまもりが2あがった!
男「・・・このパンに入ってるのって・・・?」
女「まもりのたねですよー♪」
男「・・・パンにいれるものなのか・・・?」


21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/17(日) 21:24:23.93 ID:7+ZVTNe50
男「・・・あー寝た寝た」
女「あ、男さん、おはよーございます!」
男「おはよー」
女「・・・でーえっと私はどうしたらいいんでしょうか・・・」
男「・・・んー」
女「やっぱりおしろに行かなきゃダメですか・・・?」
男「んー・・・一応、王様に会ってもらったほうがいいかな・・・」
女「・・・ですよねえ・・・」
男「・・・やっぱやだ?」
女「・・・でも一応勇者ですしね・・・私・・・」
男「・・・そだねえ・・・」
女「・・・いきます・・・」
男「・・・そか・・・ごめんな・・・」
女「・・・いえ・・・」

男(なんかすごい申し訳ないな・・・)


24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/17(日) 21:33:20.73 ID:7+ZVTNe50
女「おはようございます・・・ゆうべはよくねむれたようですね・・・いってらっしゃいませ・・・」
女「はい・・・いってきます・・・」
男「・・・」

町民A「おや女ちゃんおでかけかい?」
女「はい・・・いってきます・・・」
町民A「うまのふん踏んでこけんようになー!はっはっはっは!」
女「・・・」
男「・・・」


27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/17(日) 21:43:25.64 ID:7+ZVTNe50
魔物のむれがあらわれた!!
男・女「!」
男「ここはおれがやるから」
女「はい・・・すみません・・・」
男のこうげき!魔物Aに89のダメージ!魔物Aをたおした!
女は身をまもっている!
魔物Bのこうげき!女は2のダメージをうけた!
魔物Cのこうげき!女は3のダメージをうけた!

女「・・・うう・・・なんで私ばっかり・・・」
男「・・・」(・・・運がないからか・・・)
男「・・・こんなんじゃしろに着く前にやられちゃうからもう少しこの辺でレベル上げてからいこうか・・・」
女「はい・・・すみません・・・」


28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/17(日) 21:49:15.81 ID:7+ZVTNe50
町民A「ここは○○のまちです、おや、女ちゃんもう帰ってきたのかい?」
女「・・・はい・・・」
男(まさか3回の戦闘での回復だけでおれのMPがつきるとは・・・)
女「・・・やくそう・・・もっと買わなきゃダメですね・・・すみません・・・」
男「いやいやいや、しょーがないさ・・・」
町民A「よくわからんがもっと明るくしなさいな!はっはっはっは!」
女「・・・・・・ですね!はっはっはっは!!」
男「・・・」

男(このまちは平和だなあ・・・)
女「はっはっはっは!!」

つづく?


36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/17(日) 22:05:57.67 ID:7+ZVTNe50
男「戻ってきたのはいいけども」
男「まだ昼間だしな」
女「ですねー」
男「回復しようにも今から寝るなんて無理だし・・・」
女「ですねー」
男「どうしよう・・・」
女「・・・んー・・・とりあえず」
男「ん?」
女「ごはんにしましょうか!」
男「・・・そうだな・・・」
女「ちょっと待っててくださいねー♪」

男「・・・こんなんじゃいつまでたってもレベル上がらん・・・」


38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/17(日) 22:12:36.99 ID:7+ZVTNe50
男「いただきます」
女「どうぞ」
男「もぐもぐ」
男のみのまもりが2あがった!
男「・・・」
男「ごくごく」
男のかしこさが1あがった!
男「・・・」
女「どうかしました?あ、もしかしてスープおいしくありませんでしたか・・・?」
男「いやいやいや、しろのスープよりもおいしいと思うよ」
女「えーそんなほめても何にもでないですよー♪」
男「・・・」

男(毎回たねが具なのか・・・!?)
女「おかわりありますよー♪」


43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/17(日) 22:22:48.81 ID:7+ZVTNe50
男「・・・あのさ」
女「はい?」
男「いっつもたねをパンやらスープに入れてるの?」
女「そうですよ♪うちはおばあちゃんの頃から代々お庭にたねを蒔いて育てているんです」
男「へー」
女「それでごはんの具としても使ってるんですよ!」
男「じゃあさ」
女「?」
男「そんだけいっつも食べてるのになんでちからとすばやさとうんのよさが0なの?」
女「!・・・それは・・・」
男「ちからのたねとかはないの?」
女「・・・うち、おばあちゃんが元々ちからもすばやさもうんのよさもなかったんです・・・」
男「・・・ほう」


44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/17(日) 22:27:01.48 ID:7+ZVTNe50
女「それで、うちのお母さんも、ちから0すばやさ0みのまもり0だったんです・・・」
男「ふむふむ」
女「お母さんはそれがいやでいやでしょうがなかったらしく・・・」
男「ふむ」
女「家にあったちからのたねとすばやさのたねとラックのたねを全部食べちゃったんです・・・植える用のたねも・・・」
男「・・・」
女「そして私が産まれて・・・」
男「・・・おばあちゃんのステータスを受け継いでしまったと・・・」
女「はい・・・」
男「お母さんがこの家のちからのたねとすばやさのたねとラックのたねを全滅させてしまったのか・・・」
女「・・・はい・・・・・・」

男(不憫すぎるな・・・)


45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/17(日) 22:32:38.37 ID:7+ZVTNe50
男「でもけっこうたねとか地面探したらあるよ?」
女「・・・私・・・運なくて・・・」
男「・・・」
女「いっつも拾うの・・・うまのふんなんです・・・」
男「・・・」
女「もう10000個は拾ってて・・・」
男「・・・」
男「まあ、おれも、探してみるよ・・・」
女「はい、ありがとうございます・・・」

町民A「うんがないのにうまのふんはあるってか!はっはっはっは!!」


52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/17(日) 22:55:02.63 ID:7+ZVTNe50
男「とりあえず暇だしさ」
女「はい」
男「いくつか薬草買っていって、なくなるまでがんばろうか」
女「はい!」

男「えとーどうぐやは・・・ここでいいんだっけ?」
男「あれ?」
男「・・・女ちゃんがいない・・・」
女「どうぐやへようこそ!!」
男「!」
女「どのようなごようでしょうか?」
男「・・・」
女「・・・」
男「・・・宿屋とどうぐや掛け持ちしてるんだ・・・」
女「・・・人手が足りないのと・・・お金もいるのでアルバイトを・・・」

男(アルバイトする勇者か・・・なんか新しいな・・・)


57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/17(日) 23:05:42.15 ID:7+ZVTNe50
魔物のむれがあらわれた!
男「よし」
女「ひええええ」

魔物Aは女にのろいをかけた!
女「ふぁ?」
男「!しまった!!」
しかし女にはきかなかった!
女「?」
男「・・・」
魔物Cは女にのろいをかけた!
女「わわっ」
しかし女にはきかなかった!
男「・・・」

女「さっきの魔物さん達、私に何しようとしてたんですかねー」
男(のろいがきかないあたりやっぱり勇者なんだな・・・)


59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/17(日) 23:13:41.83 ID:7+ZVTNe50
魔物のむれをたおした!
男「・・・?」
女「やったー♪」
男「・・・??」
女「どうしました?」
男「・・・なんでけいけんちとお金がもらえないんだ!?」
女「・・・あー今倒した魔物さん、前に私と会ったことある魔物さんだったのかも・・・」
男「?」
女「・・・私に同情して・・・」
男「!!・・・ただでけいけんちとお金を置いていった魔物・・・?」
女「たぶん・・・」
男「以前に置いていったからもう倒してもなんももらえないのか・・・」
女「じゃないんですかね・・・?」

男(・・・意外とめんどくさいな・・・)
女「優しい魔物さんだったのかな・・・悪いことしたな・・・」


63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/17(日) 23:25:42.86 ID:7+ZVTNe50
女「ふいー」
町民A「ここは○○のまちです、女ちゃん、またまたずいぶん早いおかえりだねー」
女「え、えへへー」
男「・・・」

女「・・・」
男「・・・」
女「・・・とりあえず・・・おやつ、食べますか・・・?」
男「・・・うん・・・」

男(・・・まだ日も落ちてないのに・・・やくそうがなくなった・・・)


64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/17(日) 23:37:47.83 ID:7+ZVTNe50
男「ちょっと早いけど今日は終わりにするかー」
男「・・・」
男「・・・女ちゃん?」
男「・・・いない」

女「旅の宿へようこそ!一晩30Gですが泊まっていかれますか?」
男「・・・」
女「泊まっていかれますか?」
男「・・・ずいぶんお早いお帰りで・・・」
女「・・・夜ご飯・・・作りたかったんで・・・」


65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/17(日) 23:45:15.17 ID:7+ZVTNe50
男「・・・」
男「・・・」
男「・・・」
男「・・・大して疲れてないのか・・・」
男「寝れない・・・」

男「お」
女「ふふっ」
男「まだ起きてたんだ」
女「!」
男「随分面白そうに読んでたけど」
女「あ、はい・・・」
男「本?」
女「おばあちゃんの・・・日記なんです・・・」
男「日記?」
女「日記です」


67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/17(日) 23:55:15.12 ID:7+ZVTNe50
女「私のおばあちゃん・・・今の私くらいの歳の時に・・・1人でこのまちに住んでいたらしいんです・・・」
男「1人って・・・両親がいなかったってこと?」
女「いえ、文字通り、たった1人でこのまちにいたんです・・・」
男「・・・まちに1人しかいなかったってこと?」
女「です」
男「1人で宿から何から全部1人でやってたってこと!?」
女「です」
男「・・・おばあさん以外は誰も住んでなかったの?」
女「私も詳しい話は聞いたことなかったので・・・よくわかりませんがまちの人たちは用事があって出て行ってしまったらしいんです・・・」
男「あばあさん1人置いて!?」
女「はい・・・」
男「へえ・・・」
女「・・・けどある時1人の男の人がこのまちにやってくるんです」
男「ほう・・・」
女「それが、私のおじいちゃんなんです」
男「へえー」
女「それまでの日記はすごく寂しい・・・悲しい内容だったんですけど、おじいちゃんが来てからのおばあちゃんの日記はすごく楽しそうで・・・」
男「・・・そうなんだ・・・」
女「いつ見ても、微笑ましい、というか・・・」
男「・・・なるほど・・・」


70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/18(月) 00:00:22.57 ID:oDtJeEJm0
女「眠れないときはこれを読むと安心できて・・・というか・・・」
男「・・・」
女「なんだか幸せな気持ちになって・・・読んだ後はぐっすり眠れるんです」
男「・・・そうなんだ」
女「・・・もしかして男さんも眠れないんですか・・・?」
男「ん?・・・んーまあ・・・」
女「じゃあ一緒に読みますか?きっと眠れますよ♪」
男「・・・おれが読んでいいの?」
女「おばあちゃんは優しい人でしたから、きっと許してくれますよ♪」
男「・・・そか・・・」
女「はい♪」

ちゃらちゃらちゃららーん♪(宿に泊まったときの音楽)


75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/18(月) 00:05:00.12 ID:t7UCS8rHO
第 二 章 始 動

してたのか・・・ wktk

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/18(月) 00:32:51.20 ID:t7UCS8rHO
てか 時系列的には 第一章の勇者 男と勇者の血を持った女がおじいさんおばあさんで 話的に今の女はその二人の子供だった姉弟の姉の方の子供でいいわけだよな? まぁ 謎ならそれでいいんだけど

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/18(月) 00:39:28.07 ID:oDtJeEJm0
男「お!」
魔物Aはちからのたねをおとしていった!
女「わあ!」
男「これでちから0から脱出できるな!」
女「・・・あ、で、でも今すぐ食べるのはやめときましょう・・・」
男「なんで?」
女「ほら!それは植えるようにしなきゃ・・・」
男「あーまあそうだな・・・」
女「でしょ!?」(よかった・・・)

男「・・・?」(なんかおかしい・・・?)


92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/18(月) 00:49:55.05 ID:oDtJeEJm0
男「おや」
魔物Bはちからのたねをおとしていった!
女「!!」
男「・・・これは今食べてもいいよなー?」
女「・・・で、でも!」
男「なんで?2個目だよ?」
女「でも、1つ目のが枯れちゃうかもだし・・・」
男「だいじょぶだって、この分だとまた違う魔物がそのうち落としていきそうだし・・・」
女「・・・でも・・・でも・・・」
男「・・・なんか食べれない理由でもあるの?」
女「!!・・・・・・じ・・・実は・・・」
男「・・・?」
女「・・・苦いんです・・・」
男「・・・・・・??」
女「・・・たねって・・・苦いから・・・パンとかに入れて一緒に食べないと・・・食べれなくて・・・」
男「!・・・」
女「・・・私・・・苦いものダメなんです・・・ピーマンとか・・・」
男「・・・」

男「・・・我慢しなさい」
女「ええーん!いやですー!!」


97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/18(月) 01:03:29.32 ID:oDtJeEJm0
ちゃらららちゃっちゃっちゃっー♪
男「!」
女「!!」
女はレベル2にあがった!
女「やったー!!レベル、上がりましたよ!男さん!!」
男「ああ・・・やっとレベル2か・・・」
ちから+0、みのまもり+5、かしこさ+4、すばやさ+0、うんのよさ+0
女「ふぇ!?」
男「!?」

女「・・・あの・・・なんか・・・すみません・・・」
男「・・・ちからのたねを今ここで食べろおおおおお」
女「ふええええええええいやですー!!!」


100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/18(月) 01:16:17.05 ID:oDtJeEJm0
男のこうげき!魔物に1のダメージ!
男「くそっ」
女「えー!?この魔物さん、全然攻撃きかないんですねえ・・・」
男「その上、魔法もきかないしすぐ逃げてしまうんだ・・・」
女「そうなんですか!?」
男「だけど倒すと10000ちょいのけいけんちをもらえるんだ」
女「そーなんですか!?」
男「くそっ・・・あと1ターンくらいで逃げてしまうかもしれん・・・」
女「そっ、そんなあ・・・魔物さん・・・私、けいけんちがほしいんです・・・」
なんと魔物が哀れむような目で女をみている!
男「!?ま・・・まさか・・・」
魔物は女に同情して去っていった!ついでにけいけんちとお金も置いていった!
女「やったー♪」
男「・・・なんという平和的にレベルを上げる勇者・・・」


105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/18(月) 01:29:08.46 ID:FnNzHOTm0
おいついたw
まさかあの続編とはwktkせざるをえない

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/18(月) 01:31:12.96 ID:oDtJeEJm0
男「だがまあ今のでおれのレベルも久しぶりに上がったな」
男はレベル35に上がった!
ちから+2、みのまもり+3、かしこさ+1、すばやさ+5、うんのよさ+2
男「ふむ」
女「すごいバランスよく上がりますねー・・・」
男「いや・・・さっきのような上がり方をするのは女ちゃんだけだと・・・」
女はレベル3にあがった!
ちから+0、みのまもり+6、かしこさ+2、すばやさ+0、うんのよさ+0
女はレベル4にあがった!
ちから+0、みのまもり+3、かしこさ+4、すばやさ+0、うんのよさ+0
女はレベル5にあがった!
ちから+0、みのまもり+2、かしこさ+1、すばやさ+0、うんのよさ+0

男「・・・」
女「レベル8まで一気に上がりましたー♪」
男「・・・」

現在、女ステータス
レベル8
ちから0、みのまもり36、かしこさ48、すばやさ0、うんのよさ0
男「・・・」


110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/18(月) 01:42:35.16 ID:oDtJeEJm0
女「今日はなかなかがんばりましたねー♪」
男「主におれががんばったんだけどな・・・」
女「さ、夕食作る前にたね植えなきゃー♪」
男「あ、そっか、忘れてた・・・」

女「はやく大きくなるんですよ♪」
男「どれくらいでたねつけるまでになるんだ?」
女「半年くらいですかねえ・・・」
男「やっぱそんなもんか・・・」
女「でも代々うちでとれるたねは昔おばあちゃんが品種改良したものらしくて植えてから1ヶ月くらいでできるんです・・・」
男「はやっ!!」
女「おばあちゃんてなんでもできる人だったんですよ♪」
男「どう品種改良したのかすごく気になるんだけど・・・」


112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/18(月) 01:56:33.42 ID:oDtJeEJm0
女「もぐもぐ」
女のちからが1あがった!
女「!ちから1あがりました!!」
男「よかった・・・これで攻撃力0から脱出・・・」
女のちからが1さがった!
女「あれ?」
男「!?」
女「・・・あー・・・このちからのたね・・・一部分・・・傷んでたのかなあ・・・」
男「傷んでたらちから下がるのか!?」
女「たねは傷むと逆効果っておばあちゃん言ってましたし・・・上がって下がったってことはなんでもない部分と傷んでる部分があったんじゃないですかね・・・」
男「っていうか傷んだどうぐ落とすなよ!魔物!!」


115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/18(月) 02:08:50.46 ID:oDtJeEJm0
男「あー・・・今日はさすがに疲れたな・・・」
女「・・・あのー男さん・・・起きてますか・・・?」
男「おーどした?」
女「あのですね、明日の修行は午後からでもいいですか・・・?」
男「?なんで?」
女「実は明日は仕入れの日なんです・・・」
男「?仕入れ?」
女「はい、このまちの人たちの生活に必要なもので、このまちじゃ手に入らないものは近くの町から届けてもらってるんです!」
男「へー」
女「ひいおばあちゃんの代からずっと頼んでるんですよー」
男「へー!じゃあこのまちは昔からのお得意先ってわけか」
女「です!」
男「そういうことなら仕方ない」
女「ありがとうございます!!」


119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/18(月) 02:25:57.09 ID:oDtJeEJm0
デブネコ息子商人「こんにちは」
女「あ、デブネコ息子おじさん!!いつもありがとうございます!!」
デブネコ息子商人「いえいえこちらこそ」
女「ちょっと待ってくださいね・・・今お金用意しますから・・・」
デブネコ息子商人「・・・実はですね、非常に申し上げにくいのですが」
女「?」
デブネコ息子商人「最近、小麦粉やらチーズやらの価格が跳ね上がっておりまして・・・」
女「え・・・」
デブネコ息子商人「今回からいつものお支払い金額にさらに10000G上乗せしていただかなければならなくなりまして・・・」
女「えー!?」
デブネコ息子商人「と、言いたいところですが、女ちゃんの一家にはお世話になりましたしね、いつもの金額の3分の2でけっこうです!!」
女「えええーーーー!!??上乗せもなしで!?い、いいんですか・・・?」
デブネコ息子商人「困ったときこそ助け合わなければなりませんからね!」
女「・・・ふええ・・・ありがとうございます・・・実は今月はいつもよりお金なくて・・・」
デブネコ息子商人「ふふ、そうでしたか」
女「本当にありがとうございます!!」
デブネコ息子商人「いえいえ」

男(・・・せっかく足りない分のお金出そうと思ってたのに・・・)


122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/18(月) 02:35:59.37 ID:oDtJeEJm0
魔物のむれがあらわれた!
男「よし・・・今日も基本的には身を守ってるんだ」
女「は、はい!」

魔物Aのこうげき!女は1のダメージをうけた!
魔物Bのこうげき!女は2のダメージをうけた!
女「今日はあんまりダメージ受けないです・・・」
男「よし!みのまもりが上がったからだな!」

魔物Bのこうげき!女は2のダメージをうけた!
魔物Dのこうげき!女は1のダメージをうけた!
女「・・・でもやっぱり私ばっかりこうげきされます・・・」
男「それはそれで効率がいいかもしれん」


124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/18(月) 02:47:20.27 ID:oDtJeEJm0
魔物Aはふしぎなおどりをおどった!しかし女にはきかなかった!
女「?」
男「・・・」
魔物Bはふしぎなおどりをおどった!しかし女にはきかなかった!
女「??私もおどれってことですか!?」
男「・・・」
女「えいっ!」
女はふしぎなおどりをおどった!魔物AのMPが13さがった!魔物BのMPが10さがった!
男「!!」

女「私、今役に立ちました!!??」
男「・・・まあ、一応・・・」
女「やったー♪初めて役に立ったー♪」
男「・・・見よう見まねでふしぎなおどりをおどるとは・・・」

女はふしぎなおどりをおぼえた!


125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/18(月) 02:48:25.60 ID:nLowQxuI0
ふしぎなおどりを覚える勇者www

126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/18(月) 02:57:59.53 ID:oDtJeEJm0
女「今日は昨日ほどのレベルの上がりようではなかったですね・・・」
男「まあ、10000もけいけんちもらえるやつがほいほい出てくるほど甘くもないよ」
女「ですかねえ・・・」
男「で、今日の夕飯は??」
女「ふふー今日は仕入れの日なのでちょっと贅沢して焼肉です!」
男「まじで!?」
女「ふふーまじですよーデブネコ息子おじさんはいつも仕入れのときにサービスで焼肉のたれを入れてくれるんです!」
男「・・・なるほど・・・」
女「ふふー♪楽しみにしといてくださいー♪」
男(・・・ちょっと微妙なサービスだな)

焼肉のたれ:ピリ辛。最近はカロリーオフも出た。
デブネ子「甘口もありますがやはりピリ辛が好きなんですよ、私は」


127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/18(月) 02:58:33.42 ID:8CLdwPWx0
変なところで才能発揮www

128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/18(月) 03:08:29.72 ID:oDtJeEJm0
男「・・・むう」
女「?どうしました?お肉、焦げちゃいますよ?」
男「たね・・・」
女「?」
男「たねの皮むいてさ」
女「??」
男「焼いたらおいしそうだよな・・・」
女「!・・・わ、私は食べませんよ?」
男「・・・苦いから?」
女「・・・パンにも入ってますしね!!」
男「・・・苦味がおいしいと思うんだけどなあ・・・」
女「私は食べませんよっ!」
男「・・・まあたねはいいけどさ」
女「・・・?」
男「ピーマンくらいは食べようよ・・・」
女「!」

ピーマン:実は○○のまちのめいさんひん。にがみのなかにもほのかなあまみ。
デブネ子「べ、別に私がピーマン苦手とかじゃありませんよ?た、ただあまり食さないので評価はちょっと難しいです・・・」


130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/18(月) 03:15:16.87 ID:oDtJeEJm0
男「ピーマンおいしいのに」
女「・・・」
男「栄養もあるのに」
女「・・・」
男「食べたら強くなれるのに」
女「・・・」
男「あーおいしーなー」
女「・・・ごくり」
男「もぐもぐ」
女「・・・ひ、ひとつだけ・・・」
男「ほれ」
女「むがー!!・・・にがいー!!!」
男「でもきっと強くなったぞ」
女「・・・うう・・・・・・ほんとですか・・・?」
男「・・・たぶん」
女「うう」


131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/18(月) 03:22:13.97 ID:oDtJeEJm0
女「・・・ピーマン食べろだなんて」
男「ん?」
女「男さん・・・お母さんみたいです・・・」
男「そう?」
女「はい」
男「・・・」
女「・・・」
男「こらっ!女!ピーマン残したらダメよっ!!」
女「ふふっ・・・」
男「・・・」
女「・・・」
男「・・・女ちゃんのお母さんてさ」
女「・・・はい」
男「どんな人だったの?」
女「・・・うーん・・・」


133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/18(月) 03:29:50.86 ID:oDtJeEJm0
女「・・・実はですね」
男「うん」
女「・・・会ったことないんです」
男「・・・うん?」
女「お母さん、会ったことないんです」
男「・・・そうなの・・・?」
女「私を産むときに亡くなっちゃったらしくて・・・」
男「・・・」
女「今までしたお母さんの話は全部おばあちゃんから聞いたものなんです」
男「・・・そっか・・・」
女「お母さん、優しいけど、気の強い人って聞いたから私がピーマン残してたら絶対怒られてたと思うんですよ」
男「ははは」
女「・・・」
男「・・・」


136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/18(月) 03:39:08.76 ID:oDtJeEJm0
女「だから・・・おばあちゃんがお母さん代わりでした・・・」
男「・・・お父さんは?」
女「お父さんは・・・おばあちゃんも知らないって・・・」
男「・・・」
女「18でこのまちを出て行ったお母さんが5年後にふらっと帰ってきたときにはもうすでにお腹の中に私がいたそうです・・・」
男「・・・」
女「父親がどこの誰なのかは全く言わず・・・ただ産みたいって・・・」
男「・・・」
女「おじいちゃんは最初すごく怒ったらしいですけど、産むことには反対しなかったらしくて・・・」
男「・・・そか」
女「結局、父親が誰なのか言うことなく、私を産んですぐに・・・」
男「・・・」
女「・・・そしておじいちゃんも後を追うようにその後すぐ亡くなっちゃったらしいです」
男「・・・そーなんだ」
女「はい・・・」


137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/18(月) 03:44:58.10 ID:TcQOSfDq0
孫編でよかったかも・・・
子供編だったら俺の涙のダムは容易く崩壊してただろうな・・・


138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/18(月) 03:50:35.85 ID:oDtJeEJm0
女「おばあちゃんからはたくさんのことを聞きました・・・」
男「ほう」
女「おじいちゃんが魔王を倒して勇者になったこと・・・」
男「そっか、おじいちゃん、勇者だったんだもんな」
女「はい、すごく大変だったらしいです」
男「そか・・・」
女「お母さんのこと・・・それからおじさんのこと」
男「おじさんてあの商人の人?」
女「ふふっ、デブネ子おじさんのことももちろん聞きましたけど今言った人は違う人ですよ」
男「・・・じゃあ誰?」
女「お母さんの、弟さんです・・・」
男「弟・・・さん・・・?」
女「はい」


141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/18(月) 03:59:54.37 ID:oDtJeEJm0
女「おじさんは・・・お母さんがまちを出て行く数ヶ月前に出て行ったらしいです・・・」
男「へえ・・・」
女「おじさんは昔から勇者になるのが夢だったらしくて」
男「ほう」
女「まちでずっと修行していたのに、ある日急にいなくなっちゃったらしいんです」
男「へえ・・・」
女「おばあちゃんやお母さんは最初すごく心配してたらしいんですけど・・・」
男「・・・」
女「おじいちゃんは、あいつはもう大人なんだからそのうち帰ってくるだろうって」
男「・・・」
女「でもお母さんはどうしても心配だったからその数ヵ月後に・・・」
男「弟を探しに出て行ったのか・・・」
女「はい・・・」
男「で、弟さんは?」
女「お母さんは結局弟さんを見つけられなかったって言ってたそうです」
男「・・・そーなんだ・・・」
女「はい・・・」


142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/18(月) 04:08:30.85 ID:oDtJeEJm0
女「おじいちゃんは終始弟さんについてすごく冷静だったそうです」
男「へえ」
女「あいつは今あいつのするべきことをしてるはずだって」
男「・・・」
女「きっと、おじいちゃんは何か知っていたのかもしれないっておばあちゃんは言ってました・・・」
男「なにか?」
女「はい、勇者にしかわからないような・・・なにかを・・・」
男「・・・」
女「私も大昔の勇者の血を引いてはいるけど・・・昔から戦いに関しては鈍かったから・・・って言ってました」
男「・・・そっか」
女「・・・」
男「・・・」
女「・・・ま、まあ、暗くて長くなっちゃいましたけど、私の家族の話はこんな感じです!!」
男「なるほどな」


 
144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/18(月) 04:18:25.55 ID:oDtJeEJm0
女「そーいえば!」
男「ん?」
女「男さんて・・・××のしろの人なんですよね!?」
男「・・・いまさらだな・・・まあそうだけど」
女「おじいちゃんとおばあちゃんは××のしろの王様と仲良かったらしいです!」
男「・・・うん、らしいね」
女「あ、知ってました?」
男「・・・まあ女ちゃんのおじいさんとおばあちゃんのお父さんはうちの兵士だったしね・・・かなり有名だし・・・」
女「・・・あ!そーいえばそんな話も聞いたな・・・」
男「2人とも先々代の王様と親しかったって聞いてるよ」
女「そうなんですか・・・」
男「だから女ちゃんがこのまちにいるってのもわかったんだけどね」
女「あ、そっか!ですよね!!」
男「・・・まあ女の子っていうことまでは知らなかったけどね・・・女ちゃんのお母さんとお父さんはうちのしろとあまり関わってないし・・・」
女「なるほどー」
男「うん」


146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/18(月) 04:25:22.90 ID:oDtJeEJm0
女「・・・あの・・・またまたいまさらなんですけど・・・」
男「ん?」
女「こんなにのんびりレベル上げててだいじょぶなんですかね・・・?」
男「・・・いまさらだな」
女「王様から私を呼んでくるように言われてるんですよね?てことは何かよくないことが・・・」
男「でもしろに着く前に死んじゃったらそれこそ意味ないって」
女「・・・でもせめて勇者がこんなのだったってことくらいは・・・」
男「・・・まあ、諸事情により遅くなりそうってことは手紙で伝えてるしだいじょぶだよ」
女「はあ・・・なんかすみません・・・」
男「いや、まあおれが守りきれないってのもあるしさ」
女「いえいえ・・・それは私のせいですし・・・」
男「・・・」
女「・・・」
男「・・・」
女「・・・あの、つかぬ事をお伺いしますが・・・」
男「・・・どうぞ」


147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/18(月) 04:33:07.85 ID:oDtJeEJm0
女「男さんは兵士さん・・・ですか?」
男「・・・うん、まあそうだけど」
女「・・・ですよね」
男「・・・なんで?」
女「・・・いえ、たった1人で来られるなんて・・・けっこう偉い兵士さんなのかなって」
男「・・・まあそうかな」
女「そーなんですか・・・」
男「そーなんです」
女「・・・」
男「・・・」
女「・・・お父さんとかお母さんはなにしていらっしゃるんですか?」
男「・・・父さんは数年前に亡くなった」
女「え・・・」
男「・・・母さんは1ヶ月前に魔物に殺された」
女「!!そ、そうだったんですか・・・」
男「・・・」
女「・・・」


149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/18(月) 04:52:45.98 ID:oDtJeEJm0
女「・・・あ、あの」
男「ん?」
女「なんかすみません・・・」
男「気にすることないよ、おれの方こそ女ちゃんに色々無粋なこと聞いたし」
女「・・・でも」
男「それにちょっと心が軽くなった」
女「・・・え?」
男「同じような人がいるんだなって思うと、やっぱり、がんばらなくちゃなって思えるし」
女「・・・」
男「・・・聞いてくれて、ありがとう」
女「そっ、そんな・・・こちらこそ・・・です」
男「・・・さてと、じゃあさっさと食器とか片付けちゃって寝るか!」
女「・・・はい!」
男「明日からはレベル上げちょっと急ぎでやるぞ!」
女「はい!がんばります!」


189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/18(月) 15:47:35.59 ID:oDtJeEJm0
女「おお男さん、よくぞもどった!」
男「うん」
女「男さんが次のレベルに上がるにはあとどれくらいのけいけんちがいるか聞きますか?」
男「おれより女ちゃんがどれくらいで上がるかを教えてください」
女「・・・」

保守ありがとん。


192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/18(月) 15:55:17.39 ID:oDtJeEJm0
男「今日はこれを使うか」
女「・・・あ、それ・・・」
男「においぶくろと言ってこれを使うとしばらく魔物が寄り付きやすくなるんだ」
女「・・・においぶくろって魔物さんを寄せ付けるものなんですか・・・?」
男「そだよ、ただ、こんなにくさいものではなかった気がするんだが・・・」
女「・・・」

男「おかしいな・・・」
女「・・・ぜ、全然出てきませんね・・・ふ、不良品だったのかな・・・」
男「うーん・・・でもこれ、女ちゃんのとこのどうぐやで買ったやつだよ?」
女「そ、そうなんですか?お、おかしいなあ・・・」
男「うーん・・・」

○○のまち製においぶくろ:実は女が勘違いして作ったもので魔物が寄り付かないようなにおいを発している。本当は魔物が寄り付くにおいを発する。
デブネ子「○○のまち製のにおいぶくろの材料はうまのふんらしいです・・・」


194 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/18(月) 16:02:00.71 ID:oDtJeEJm0
男「・・・仕方ない・・・くちぶえを使うか・・・」
女「くちぶえ?」
男「吹くと魔物が寄ってくるんだ」
女「えーそんな便利な特技があるんですか??」
男「・・・ただこれはあまり使いたくないんだ・・・」
女「??なんでですかー?」
男「まあ見てろ」
男はくちぶえを吹いた!しかし音が出ない!
女「!」
男「・・・ふー!・・・ふー!」
女「・・・」
男「・・・まだ練習中で5回に1回くらいしかできなくて・・・」
女「・・・」
男「ふー!ふー!」
女「・・・」
女はくちぶえを真似してみた!
女「ぴゅういっ!」
男「!」
女「あ、できたあ!!」
女はくちぶえをおぼえた!!


197 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/18(月) 16:10:24.14 ID:oDtJeEJm0
男「うりゃあ!」
男のこうげき!魔物Bに101のダメージ!魔物Bをたおした!
女「やー!!」
女はふしぎなおどりをおどった!魔物AのMPを10さげた!
男「・・・」

男「は!!」
男のこうげき!魔物Cに98のダメージ!魔物Cをたおした!
女「とおー!」
女はふしぎなおどりをおどった!魔物CのMPを4さげた!
男「・・・」

女「はあ・・・はあ・・・やっぱり修行って大変ですね・・・男さん・・・」
男「・・・まあな」
男(いや、彼女は戦闘に参加はしている・・・しているんだが・・・・・・)


199 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/18(月) 16:18:39.81 ID:oDtJeEJm0
男「今日はかなりレベル、上げれたな」
女「たねもたくさん魔物さんが落としていきましたね♪」
男「これでなんとかちから、すばやさ、うんのよさ0ってのをいい加減脱出したいとこだな」
女「・・・でも私、レベル上がってもちから、すばやさ、うんのよさは上がる気配ないからたねで上げ続けるしか・・・」
男「・・・だな・・・」
女「・・・ちから、30いるのにも30個のちからのたね食べなきゃダメなんですよね・・・」
男「・・・」
女「・・・そんなに食べて太らないかなあ・・・」
男「そっちの心配か」


204 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/18(月) 16:27:10.52 ID:oDtJeEJm0
デブネ子「毎度どうも」
女「こんにちわー」
デブネ子「今日はいつもより少し高くてもだいじょぶですかね・・・?」
女「いいですよー!最近魔物さんをたくさん倒しているんで臨時収入ががっぽりですから♪」
デブネ子「あははは、それはそれは」
女「・・・また値段、上がってるんですか?」
デブネ子「・・・ええ、最近魔物達がどんどん増えてきているらしいんです・・・」
女「そうなんですか?」
デブネ子「なので物資の輸送も以前よりさらに困難になってきていて・・・」
女「へえ・・・」
デブネ子「輸送の際の危険度が増すと人件費も上げざるを得ないですからねえ・・・」
女「そっか・・・」

男「・・・」


207 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/18(月) 16:33:04.14 ID:oDtJeEJm0
デブネ子「××のしろも地獄の帝王の討伐になかなか向かいませんしねえ・・・」
女「・・・え」
デブネ子「1ヶ月前に地獄の帝王討伐に乗り出すと王から発表があったんですが・・・それ以降まったく動きがなくて・・・」
女「・・・そうなんですか・・・」
デブネ子「このままだと魔物は増える一方・・・なんとかなりませんかねえ・・・」
女「・・・」

女「男さん!」
男「・・・ん?」
女「××のしろに行きましょう!」
男「・・・なにを急に」
女「私、みのまもりはかなり上がってるから、きっともうだいじょぶなはずです!!」
男「・・・」
女「ふしぎなおどりだって覚えましたし!!」
男「・・・」


209 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/18(月) 16:35:31.86 ID:e2rBeXoC0
ああ、前の男と女が放置した地獄の帝王wwwww

212 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/18(月) 16:42:48.52 ID:oDtJeEJm0
女「××のしろが地獄の帝王の討伐に行けないの、私たちを待ってるからじゃないですか?」
男「・・・」
女「こうしてる間にも魔物さんはどんどん増えていってるのに・・・」
男「・・・」
女「・・・なんか私のせいで、今日もたくさんの人が危ない目にあってるんだと思うと・・・やりきれなくて・・・」
男「・・・」
女「一応、世界を救うはずの勇者なのに・・・」
男「・・・」
女「やくそうもたくさん買いますから!」
男「・・・」
女「お願いします!」
男「・・・」
女「男さんだって人々が危ない目にあってるの、だまって見てられないでしょ!?」
男「・・・」
女「男さん!」
男「・・・」


213 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/18(月) 16:50:23.37 ID:oDtJeEJm0
男「・・・わかった」
女「!!」
男「・・・けど行くのは明日だ」
女「ええー!!」
男「今日、午後から最後の修行をして、ゆっくり休んで明日の朝、しろに行こう」
女「・・・」
男「今日これから行っても着くのは夜中だ」
女「・・・」
男「夜になると昼間より強い魔物がたくさん出てくるからな」
女「!」
男「全滅したら元も子もない」
女「・・・わかりました」
男「・・・よし、そうと決まればさっそく最後のレベル上げにいくか!」
女「はい!!」

女「あ、でももうすぐお昼だし・・・ご飯食べてから・・・」
男「・・・太るの気にするくせにかなりの食いしん坊だよな・・・」


214 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/18(月) 16:56:59.29 ID:oDtJeEJm0
男「おりゃあー!!」
男のこうげき!魔物Cに107のダメージ!魔物Cはたおれた!
男(・・・今日で女ちゃんとの修行の日々も終わるんだな・・・)
女「とりゃー!!」
男(・・・ほんとに、勇者のレベル上げに付き合うなんて、思いもしなかった・・・)
女「やー!!」
男(なんだか・・・ちょっと・・・寂しいな・・・)
女「とー!!」
男(・・・しかし・・・)
女「くらえー!」
女はふしぎなおどりをおどった!
男「・・・」
男(せめて、ふしぎなおどり以外の特技も・・・覚えて欲しかったなあ・・・)


216 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/18(月) 17:04:21.95 ID:oDtJeEJm0
女「えい!」
女はふしぎなおどりをおどった!魔物AのMPを11さげた!
女(・・・今日で男さんとの修行の日々も終わるのかあ・・・)
男「おりゃあー!!」
女(・・・ほんと、急に修行が始まるんだもんな・・・びっくりだった・・・)
男「はっ!!」
女(でも・・・楽しかったし・・・なんだかちょっと寂しいな・・・)
男「うりゃっ!」
女(・・・でも・・・)
男「くらええええええ!!」
男のこうげき!
女(・・・一度でいいから、いっしょにふしぎなおどり、おどってほしかったなあ・・・)
女(・・・これ、意外と楽しいのに・・・)


217 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/18(月) 17:11:18.77 ID:eKc646hK0
女マジ天然wwwwwwwwwww

219 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/18(月) 17:13:56.73 ID:oDtJeEJm0
女「今日は・・・いえ、今日までいろいろありがとうございました!」
男「・・・ん」
女「明日はがんばっていきましょう!!」
男「・・・なんか戦いに行くみたいだな・・・」
女「おしろに行くためには魔物さんと戦わなきゃいけないんですから、戦いに行くんですよ!」
男「・・・そか」
女「です!」
男「・・・ここに泊まるのも今日で最後かな」
女「・・・またいつでも来てくださいよ!!」
男「来れるかなーおれけっこう忙しいから・・・」
女「私なんかの修行に付き合ってる人がですかー?」
男「・・・これも仕事のうちだ」
女「・・・なんかそうやって言うといやいや付き合ったみたいに聞こえますよ!!」
男「はははは」
女「むー・・・否定してくださいよ!!」
男「ははは」


222 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/18(月) 17:21:28.02 ID:oDtJeEJm0
男「・・・すまなかった」
女「・・・え?」
男「・・・平和に暮らしていたのに・・・急に戦いの場に呼ぶはめになってしまって・・・」
女「・・・でも王様の命令なんですよね?仕方ないですよ!」
男「・・・すまない」
女「男さんが謝らないでください!」
男「・・・」
女「・・・」
男「・・・」
女「・・・楽しかったですよ?」
男「・・・?」
女「・・・私、男さんといて楽しかったです」
男「・・・」
女「だから、いいんです、気にしないでください♪」
男「・・・そか」
女「はい♪」


224 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/18(月) 17:30:56.02 ID:oDtJeEJm0
女「んー・・・よく寝たー!!」
女「ふああああ・・・」
女「・・・あさごはん作るのまだちょっと早いし散歩でもしようかな・・・」

女「すたすた」
女「すたすた」
女「・・・」
女「はー!きもちー!!ちょーきもちー!!」
女「・・・」
女「・・・このまちともしばらくお別れかなあ・・・」
女「・・・」
女「・・・」
女「・・・ん?」
女「なんかたくさんの人たちがまちに向かってきてる・・・」
女「・・・」
女「・・・」
女「・・・××のしろの人たち・・・!?」
女「えええーーー!!な、なんでだろ・・・お迎えに来てくれたのかな・・・!?」


230 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/18(月) 17:45:18.15 ID:oDtJeEJm0
町民達「なんだなんだ・・・?」
ざわ・・・ざわ・・・
兵士A「朝早く申し訳ございません」
女「あ・・・○○のまちへようこそ・・・」
兵士A「××のしろの者です」
女「あ、えと・・・勇者なら・・・」
兵士A「こちらに男王がいらっしゃるはずなのですがご存知ありませぬか?」
女「・・・へ!?・・・・・・男・・・王・・・?」
兵士A「はい、我が××しろの王、男様です」
女「・・・お、男って・・・男さん・・・??」
男「あ、いたいた、女ちゃんー!!あさごはん・・・・・・・・・あ」
女「!」
兵士達「男様!!」
男「・・・お前ら・・・」
兵士達「お迎えにあがりました!!」
男「・・・」
女「え・・・ええええーーーー!!???」


236 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/18(月) 17:55:33.00 ID:oDtJeEJm0
女「え?ええ!???えええええ!!???」
男「王の名前くらい知っとけよ」
女「し、知ってましたよ!知ってましたけど・・・こんなに若い人だと思ってなかったし・・・」
男「まあ男なんてありきたりな名前だからな、しょーがないか」
女「ええええ・・・今の××のしろの王様ってこんなに若いんですか・・・」
男「・・・数年前に父が亡くなったって言ったろ」
女「・・・あ」
男「突然の病気でな、跡取りがおれしかいなかったからおれが継いだんだ」
女「そ・・・そーだったんですか・・・」
男「・・・」
女「じゃ、じゃあ魔物に殺されたっていうお母さんは・・・」
男「・・・ああ、おれの父の妻、つまり王妃だった人だ・・・」

1ヶ月前
兵士「た、大変です、男王!」
男「どした、そんなに慌てて・・・」
兵士「△△のまちに視察に向かわれていた母上様を乗せた馬車が魔物のむれに襲われたそうです!!」
男「!?」


244 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/18(月) 18:11:08.38 ID:oDtJeEJm0
兵士「なんとか生き残った兵士が先ほど戻り、事の次第が明らかになりまして・・・」
男「それで・・・母上は・・・母上は無事なのか!?」
兵士「・・・それが・・・」
男「・・・!!・・・・・・その兵士はどこだ・・・話を聞きたい・・・」
兵士「それが・・・その兵士も先ほど息を・・・」
男「・・・・・・そうか・・・」
兵士「・・・男様・・・」
男「・・・」
兵士「・・・」
男「・・・」
兵士「・・・今、母上様のご遺体を収容しに兵を向かわせておりますが・・・果たして・・・」
男「・・・」
兵士「・・・」
男「・・・少し、1人にしてもらえないか」
兵士「・・・は」

男「・・・」
男「・・・うっ・・・うっ・・・」
男「・・・はは・・・う・・・え・・・」
男「・・・うっ・・・ううっ・・・」


252 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/18(月) 18:22:52.50 ID:oDtJeEJm0
兵士「王、地獄の帝王の討伐に乗り出しましょう」
男「・・・だが、現状の戦力で討伐できるとも思えん・・・」
兵士「・・・しかし、民衆には地獄の帝王の討伐をすると、おふれを出しました」
男「!なぜそのような真似を・・・おれは聞いていないぞ!」
兵士「王、母上様が、元王妃様が殺されたのです・・・」
男「・・・」
兵士「何も報復のないまま我々が黙っていたとなれば・・・しろの・・・わが国の尊厳を失いかねません」
男「・・・だが・・・」
兵士「王・・・」
男「・・・」


258 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/18(月) 18:36:03.00 ID:oDtJeEJm0
男「・・・今兵を向かわせても・・・無駄死にではないか」
兵士「しかし黙っているわけにもいきませぬ」
男「・・・」
兵士「・・・」
男「・・・そうだ、勇者だ」
兵士「・・・勇者・・・でございますか?」
男「ああ、先々代の王・・・祖父は勇者とともに魔王を討伐したというではないか」
兵士「・・・しかし王」
男「そうだ、勇者だ、勇者を連れてくればいいんだ・・・確か勇者は・・・」
兵士「王、今は我がしろと勇者の家系の繋がりがないのです・・・果たして子孫がいるのかも定かでは・・・」
男「だが○○のまちにいるという話を聞いたことがあるぞ?」
兵士「確実な情報ではないでしょう・・・」
男「・・・」
兵士「本当かどうか定かではない情報を頼りにするよりも今は地獄の帝王の討伐に向けての準備を行わねばならないと考えます・・・」
男「・・・」


263 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/18(月) 18:47:58.32 ID:oDtJeEJm0
男「・・・」
男「・・・」
男「・・・おれは討伐を失敗に終わらせる気はないぞ・・・」
男「・・・」

下っ端兵士「王が!王がいないぞー!!」
下っ端兵士「探せ!!まだ近くにおられるかもしれん!!」
下っ端兵士「王―!!」
下っ端兵士「男様―!!」

下っ端「王の部屋にこのようなものが!」
兵士「・・・これは・・・」

おれは勇者を迎えに行く。
誰もおれの後を追わせるな、おれの強さをわかっているだろう?
勇者を連れて帰ったらいつでも出発できるように準備をしておいてくれ。
おれが戻るまでは絶対に討伐に向かうな。

兵士「・・・!!すぐ後を追うぞ!」
下っ端「しかし王がどうやら○○のまちに関する情報を全て持ち出されたらしく・・・」
兵士「!!!!・・・あそこは人目につかない場所らしい・・・加えて場所を知っている者はもうこのしろにいないんだ、急いで情報を集めろ!!」
下っ端「はっ!!!」


274 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/18(月) 19:22:22.51 ID:oDtJeEJm0
男「というわけだ」
女「ひどく迷惑な王ですね・・・」
男「うるさい」

兵士「王、探しましたぞ」
男「・・・ああ、すまなかった」
兵士「兵はもう準備が整っております」
男「・・・そうか」
兵士「・・・勇者は見つかったのですか?」
男「・・・」
女「あ、えと・・・」
男「いや、見つからなかった」
女「・・・え!?」
兵士「・・・左様ですか」
男「ああ、やはりお前の言うとおり、子孫はいなかったらしい」
女「え?え?」


302 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/18(月) 20:22:30.02 ID:oDtJeEJm0
男「こんな平和な村に勇者などいるわけなかったな、帰ろう」
兵士「はっ!」
女「え!?ちょっ!!男さ・・・男王!!」
兵士「・・・王、呼ばれていますが」
男「・・・あんなちんちくりん知らん、帰るぞ」
女「ちょっと!ちんちくりんてなんですか!!私は勇者ですよ!?」
兵士「・・・彼女は一体何者ですか・・・?」
男「知らん、帰るぞ」
女「お、男さんってば!!」
男「・・・」(・・・お前を無駄死にさせたくないんだ・・・すまんかったな)
兵士「・・・」(・・・ふふ、これは・・・なにかありましたな)
女「・・・」
女「・・・こ・・・」
女「この・・・」

女「ばか王―――――――――!!!!!」
男・兵士達・町民「!!??」


308 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/18(月) 20:36:00.04 ID:oDtJeEJm0
男「おまっ・・・」
兵士「きさま王に向かって・・・」
町民A「女ちゃん!」
女「男さんが王とかなんだとか別にどーでもいいです!」
男「!?」
女「・・・はぁ・・・おばあちゃんのときもおじいちゃん、かっこつけて1人で戦いに行ったんですよ・・・?」
男「・・・?」
女「どーして男の人はそーやってかっこつけて勝手に行こうとするんですか!!」
男「!」
女「・・・こっちの意見も聞かないで・・・」
男「いや・・・おれはお前のためを・・・」
女「私が行かなかったら!何のために今まで修行してきたんですか!!」
男「・・・それは」
女「無駄になるじゃないですか!どーしてくれるんですか!!」
男「・・・」
女「それに私は勇者です!伝説の剣も装備できます!!ちからも0じゃありません!!!」
男「・・・10足らずだけど・・・」
女「MPがなくても特技が使えます!」
男「・・・ふしぎなおどりとくちぶえだけだが・・・」


310 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/18(月) 20:39:32.87 ID:eKc646hK0
男うるさいwwwwwwwwwwww

313 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/18(月) 20:47:09.47 ID:oDtJeEJm0
女「勝ちましょう!」
男「・・・」
女「私も協力します!!」
男「・・・」
女「勇者がいないより、いるほうが絶対勝てます!!」
男「・・・」
女「男さんが来るなって言っても私はついていきますから!」
男「・・・」
兵士「王・・・」
女「・・・」
男「・・・はあ、おい兵士」
兵士「はっ!」
男「聞いたとおり、こいつが勇者だ・・・丁重にしろへお連れしろ」
女「!」
兵士「はっ!」
男「・・・負けたよ」
女「やったっ!!」
男「そのかわり、今まで通りお前は基本的にサポート役だからな、あまり前に出るな」
女「はい!全力でふしぎなおどりをします、王様!!」
男「・・・王様はいい・・・やめてくれ」
女「へへー♪」
男(地獄の帝王にふしぎなおどりがきくのか・・・?いやきいても全然意味ない気が・・・)
女「♪」


318 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/18(月) 20:56:12.70 ID:oDtJeEJm0
女「地獄の帝王ってお城にいるんじゃないんですね・・・」
男「地下深くに眠っていたらしいからな」
女「・・・じゃあもしかして」
男「ん?」
女「私たちが・・・地上でうるさくしてるから・・・地獄の帝王さん・・・起こしちゃったんじゃないんですかね・・・」
男「・・・」
女「・・・元々悪いのは私たちなのかも・・・」
男「・・・かもしれんな」
女「・・・」
男「だが、魔物が人間を襲う以上、放っては置けん」
女「・・・はい」
男「いくぞ!地獄の帝王の討伐に向かう!!」
兵士達「おおー!!!」


322 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/18(月) 21:07:48.99 ID:oDtJeEJm0
兵士「王!魔物のむれです!」
男「ひるむな!!第2部隊を向かわせろ!」
兵士「はっ!!」
女「男さん!」
男「どうした!?」
女「私も影ながら、ふしぎなおどりでサポートします!!」
男「・・・」
女「とおっ!!」
女はふしぎなおどりをおどった!兵士CのMPがさがった!!
兵士C「うわあっ!?」
女「ああー間違えたー!!ご、ごめんなさい!!」
兵士「・・・王」
男「・・・どうした」
兵士「彼女が・・・勇者なんですよね・・・?」
男「・・・そうだ」
兵士「・・・」
男「・・・」
女「やー!!」


329 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/18(月) 21:18:56.27 ID:oDtJeEJm0
兵士E「王!」
男「どうした!」
兵士E「先ほど歩兵部隊よりこのようなものを拾ったと・・・」
男「・・・これは・・・!?」
なんと!男はたたかいのドラムをみつけた!
男「これは全員の攻撃力が2倍になるという優れもの・・・!!」
男「これは我が軍に非常に役立つものだ!歩兵部隊によく見つけたと伝えてくれ!!」
兵士E「はっ!」

男「というわけでこれをサポート役のお前に託す」
女「はい!」
男「これをしっかり鳴らしてくれ!」
女「はい!ドラムを鳴らしながらふしぎなおどりをおどります!!」
男「・・・」

女「どんどんどんどん!!」
女はたたかいのドラムを鳴らした!
女「やー!」
女はふしぎなおどりをおどった!

兵士「・・・王」
男「・・・どうした」
兵士「・・・彼女はあそびにんかなにかでは・・・」
男「・・・違う・・・と思う・・・」


336 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/18(月) 21:33:50.05 ID:oDtJeEJm0
兵士F「王!」
男「どうした!?」
兵士F「あちらにHP、MPが全回復する不思議な泉を発見いたしました!!」
男「なんだと!?それは本当か?」
兵士F「はい!すでに何人もの兵士が回復を!」
男「よし!地獄の帝王はすぐそこだ!すぐさま全員回復するんだ!!」
兵士F「はっ!」

女「男さん・・・」
男「ん?」
女「たたかいのドラムは落ちてるし・・・全回復する泉はあるし・・・地獄の帝王さんて実は親切な・・・」
男「それはない・・・と思う」


339 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/18(月) 21:38:34.72 ID:oDtJeEJm0
帝王「グゴゴゴゴ・・・私の名は地獄の帝王・・・今はそれだけしか思いだせん・・・」
帝王「グゴゴゴゴ・・・お前らは私をほろぼす者か・・・?」
女「え?えっとどっちかというといいえ・・・」
男「やめろ!それでは始まらん!お前を倒して世界を平和にしなければならん!」
帝王「ならば私も滅ぼされるわけにはいかん・・・いくぞ・・・」
男「みなのもの!かかれ!!」
兵士「うおおおおおおお!!!」

344 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/18(月) 21:52:06.87 ID:oDtJeEJm0
下っ端「炎と吹雪の耐性呪文を使えー!」
下っ端「魔法には気をつけろー!!」
女「みなさんがんばってくださーい!!」
どんどんどんどん!!女はたたかいのドラムをならした!!
兵士達「うおおおおおおおおおおお!!」
男「いけえーーーーー!!!」
帝王「ぐ・・・きさまら・・・」
地獄の地王は仲間をよびよせた!しかし助けはこなかった!
帝王「!?」
男「!!??よくわからんがチャンスだ!!やれー!!!」
兵士達「うおおおおおおおお!!!」

魔王「・・・まったく手間のかかる・・・」
メイド「帝王の配下の魔物達の掃除は終わりました」
執事「次の指示を」
魔王「・・・待機、少し様子を見る」
メイド・執事「はっ」

352 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/18(月) 21:59:48.01 ID:oDtJeEJm0
帝王は爆発の呪文を唱えた!
兵士達「うわあああああああああ!」
男「くそっ・・・さすがに強いか・・・」
女「ううー」
男「だが強い魔法ほどMPの消費も半端ないはず・・・」
女「ううー」
男「女!」
女「はははははははい!!」
男「これから毎回お前はずっとふしぎなおどりをしてろ!」
女「ず、ずっとですか!?」
男「そうだ!きっと後々役立つ!!」
女「は、はい!わかりました!!」
帝王「グゴゴゴゴゴゴゴゴー!!!!!」


363 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/18(月) 22:14:34.53 ID:oDtJeEJm0
男「はあ・・・はあ・・・」
女「ふう・・・ふう・・・」
男(さすがに全員に疲労の色が見え始めたな・・・でも)
帝王「グゴゴゴゴ・・・」
男「あっちもかなりダメージを負ってる!いくぞ!!」
帝王「グゴゴゴゴゴゴゴゴ!!!」
地獄の帝王の指からいてつく波動がほとばしる!!
兵士達「うわあああああ!!」
男「しまった!!」
女「ふええええええ!!?」
帝王「バカめがああああ!!!」
地獄の帝王はかがやく息をはなった!!!
兵士達「ぎゃああああああ!!」
男「やばい!!」
女「ふええええええ!!」

魔王「!」
メイド「魔王様!!」
執事「加勢に・・・!!」
魔王「待て!!」
魔王(我々は・・・あくまで魔物・・・人間達の戦いに直接手を出すなど・・・!魔物の王として最もやってはいけないことだ・・・!!)


370 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/18(月) 22:27:54.79 ID:oDtJeEJm0
兵士達「うう・・・・うああ・・・あああ」
男「ぐ・・・」
女「う・・・」
帝王「・・・ふん・・・つまらん・・・」
男「・・・まずい・・・これはやばい・・・」
帝王「たたかいのドラムに・・・回復の泉を用意してやってもこれだ・・・全く人間というものは弱くてつまらん・・・」
男「・・・あれはお前が用意したというのか・・・?」
帝王「ハンデだ・・・私は戦いを楽しむタイプでね・・・お前らが私を何ターンで倒せるか・・・楽しみだったんだが・・・期待はずれだったようだ・・・」
男「・・・くそっ・・・」
帝王「・・・?貴様・・・?・・・憎き勇者の血を引いているな・・・?」
女「ふええ・・・・」
男「!」
帝王「私は昔から勇者というものは大嫌いだったんだ・・・」
女「ふええ・・・」
男「おい!やめろ!!」
男は立つことができない!
帝王「どれ・・・まず貴様から殺すとしよう・・・」
女「うう・・・・」
男「おい!!くそ!!やめろ!!!」
男は立つことができない!

地獄の帝王はするどいつめをふりおろした!!


372 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/18(月) 22:32:55.47 ID:oDtJeEJm0
男「やめろおおおおおおおおおお!!」
ミス!女にダメージをあたえることがでなきない!
男「・・・・・・・・・へ・・・?」


378 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/18(月) 22:41:06.19 ID:oDtJeEJm0
帝王「・・・!?これは・・・!!?」
男「・・・なにが・・・」
??「からだを鋼鉄に変えて敵のあらゆる攻撃を受け付けなくさせる呪文・・・まあ数ターン動けないんだけどね」
男「・・・?あなたは・・・!?」
なんと??が戦闘に参加してきた!!
帝王「貴様・・・?貴様も勇者の血を・・・?」
??「さて、ちょっと眠っていてもらおうかな」
??はまどろみの剣をふるった!なんと地獄の帝王は眠ってしまった!
男「!!???」
??「これでよし」
男「あの・・・あなたは・・・」
??「あ、今君以外の仲間の人たちにはさっきの女にかけた呪文と同じものかけてるから」
男「・・・?あの・・・あなたは誰ですか・・・?」


382 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/18(月) 22:53:28.37 ID:oDtJeEJm0
??「話はあとで、とりあえずこいつをなんとかしなきゃな」
??は回復の魔法を唱えた!男の体力は全回復した!
男「!ありがとうございます・・・・・・こいつあとどれくらいで目を覚ましますかね・・・」
??「んー多分あと2,3ターンで覚ますと思うよー」
男「!!じゃあ今のうちに・・・」
??「って言ってももうおれが加わってもこいつを完全に消滅させるのは無理だね」
男「・・・え」
??「だってこいつ15ターン以内に倒さないと完全に消滅しないんだよ」
男「・・・15!?本当ですか!?」
??「うん・・・もうとっくに15ターンなんてすぎちゃってるでしょ」
男「・・・じゃあどうしたら・・・」
??「いったん退いて、こいつを15ターン以内に倒せるくらいまでレベル上げてからまたくるか・・・」
男「・・・そんな・・・悠長に待ってられません!」
??「じゃあもう1つの解決策でいくしかないな」


389 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/18(月) 23:08:57.62 ID:oDtJeEJm0
男「え・・・」
??「こいつをまた深い眠りにつかせるんだ」
男「・・・そんなことができるんですか?」
??「このまどろみの剣と、女が持ってきた伝説の剣を使ってね」
男「・・・?」
??「さっきもみせたようにこのまどろみの剣は眠りの魔力を持っている」
男「・・・それでさっき地獄の帝王を眠らせたんですね」
??「そ、まあこいつ気の遠くなるような睡眠から目覚めて、いわゆる寝起きだからね、眠りの魔力に弱いんだ」
男「・・・なるほど」
??「この剣をこいつの頭に刺す」
男「そうすると永久に眠りの魔力が直接体に入り込んでずっと眠ったままにできるってことですか!?」
??「そう、でもそれだけじゃ永久に眠らせることはできない」
男「え」
??「そこで使うのが伝説の剣だ」
男「女ちゃんが持ってきた・・・?」
??「そう、この伝説の剣はさっき帝王が指から放ったいてつくはどうと似た力を持ってるんだ」
男「いてつく波動と?」
??「魔物の持つ魔力を弱らせる力・・・と言ったほうがいいかな?」
??「まあとにかくこれをぶっ刺せば帝王の魔力も鎮められて、それで初めて体も、魔力も眠りに付かせることができる、というわけだ」


391 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/18(月) 23:14:44.92 ID:oDtJeEJm0
男「じゃあとっととやっちゃいましょう!」
??「まあまどろみの剣は魔力がいつか切れちゃうからそのたびに交換しなきゃならないんだが・・・その辺は後の住人に任せよう・・・」
男「?なんか言いました?」
??「いんや、じゃあとっとと終わらすか!!」
男「はい!!」

魔王「・・・」
メイド「我々がいることばれてますね・・・」
執事「なかなか鋭い人間です」
魔王「・・・まあ、な・・・うん・・・あの人間は」
メイド「言い訳は」
執事「見苦しい」
魔王「・・・」


396 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/18(月) 23:30:20.59 ID:oDtJeEJm0
下っ端「王―!!」
下っ端「王はいずこー!!」
下っ端「そっちを探せー!」
下っ端「王―!!」

下っ端「あ!兵士殿!!」
兵士「どうした騒がしい」
下っ端「またまた王がどこにもいないのです!」
兵士「ほう」
下っ端「存じませぬか!?」
兵士「・・・さあなあ・・・私にもさっぱり」
下っ端「左様で、すぐに見つけ出します!」
兵士「うむ、ごくろう」

兵士「・・・」
兵士「・・・ふふ」
兵士「これがいわゆる妻問い婚というやつか・・・」
兵士「はっはっはっは」


400 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/18(月) 23:36:30.84 ID:oDtJeEJm0
女「・・・ねー男さん」
男「どうした?」
女「一体誰があの時私たちを助けてくれれたんですかー?」
男「・・・」
女「もー・・・あれ以来聞いても全然答えてくれないし・・・」
男「・・・多分今日当たりくるんじゃないか?」
女「・・・へ?」
男「助けてくれた人が」
女「このまちに、ですか?」
男「うん」

地獄の帝王封印後
男「あの・・・」
??「んー?」
男「もしかして・・・あなたまさか・・・女ちゃんのお母さんの弟さん・・・ですか?」
??「ほう」
男「伝説の剣のこと詳しく知ってるし・・・女ちゃんの素性も知ってたし・・・」
??「・・・まあ、そんなとこ、かな」
男「やっぱりそうなんですか!?」


436 名前: 投稿日:2008/08/19(火) 03:36:51.71 ID:dNQhTQFi0
さて寝て、起きたわけだがどうするかね?

437 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/19(火) 03:37:40.23 ID:m1YkWwmE0
続けたまえ

439 名前: 投稿日:2008/08/19(火) 03:39:21.13 ID:dNQhTQFi0
正直gdgdになってた節はあると思うんだ
時間を戻すにしてもどっから戻すか・・・

446 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/19(火) 03:55:46.31 ID:+FZndoaL0
おっついた

とりあえず今のストーリーで終わらすべきじゃないかなー、と思う
納得いかなきゃまた書き直せばいいし
横槍だなんだ言ってもそれが良い影響になったり悪くなったりもするでしょ
VIPぽくていいなー、って思いながら読んでたけど。

447 名前: 投稿日:2008/08/19(火) 03:57:04.17 ID:dNQhTQFi0
んーとりあえず終わらせるわ、ここまで来ちゃったし。
時間戻して書いても結局展開あんまり変えられなさそうだし。
まあおわびといっちゃ何だが終わった後もいつもみたく
さらさらと短編やらもし要望があれば合作してないのも時間があれば書くし


449 名前: 投稿日:2008/08/19(火) 04:08:35.69 ID:dNQhTQFi0
男「あの」
女母弟「ん?」
男「どうしておれ以外の人にあの鋼鉄になる魔法をかけたんですか?」
女母弟「・・・んー・・・色々理由はあるけど」
男「色々?」
女母弟「一番の理由は嫌われてるからかなー?」
男「・・・嫌われてる!?」
女母弟「そ、おれ、××のしろの人たちに嫌われてるんだよね」
男「?なんでですか?」
女母弟「まあ、男くんが産まれる前の話だからね・・・知らないのも仕方ない」
男「産まれる前の?」
女母弟「産まれる前の話」

弟18歳時
弟「父さん!」
父「ん?どした?そんなに慌てて」
弟「ちょっとおれについてきてほしい・・・」
父「?わかった・・・」


451 名前: 投稿日:2008/08/19(火) 04:22:04.64 ID:dNQhTQFi0
弟「・・・この穴」
父「・・・!!これは・・・・・・!!」
弟「・・・なんか・・・嫌な声が聞こえない・・・?」
父「・・・確かに・・・これはもしかしたら・・・」
弟「・・・もしかするかも・・・?」
父「・・・弟」
弟「はい」
父「急いで××のしろに行くんだ」
弟「××のしろに?」
父「この穴を調べてもらおう」
弟「おれらで調べようよ!」
父「だめだ」
弟「なんで!?」
父「何が起きるかわからん」
弟「でもおれずっと修行はしてきたんだよ?」
父「実際に魔物と戦かったことは一度もないだろう?」
弟「・・・う」
父「魔物と戦うのと修行はぜんぜん違う・・・現にお前はまだレベル1だろう?」
弟「・・・でも父さんだっているだろ!」
父「父さんももう引退した身だ・・・しばらく剣も振るってない」
弟「・・・でも・・・でも・・・」
父「わかったらほら!呼んできなさい!」
弟「・・・・・・はい・・・」
父「このことはくれぐれも母さんには内緒だぞー!」


452 名前: 投稿日:2008/08/19(火) 04:28:48.85 ID:dNQhTQFi0
弟「というわけで・・・ぜひ調査隊を」
男父王「ふむ・・・しかし何もないただの穴なのかもしれんのであろう?」
弟「・・・!いえきっとあの穴は何かあります!とても嫌な予感がするのです!」
男父王「・・・ふむ・・・しかしなあ・・・」
弟「・・・」
男父王「魔物は根絶やしになったのであろう?」
弟「・・・けど・・・」
男父王「わけのわからない穴に我が兵をやって事故でも起きたときそなたたちが責任をとってくれるか?」
弟「・・・」
男父王「・・・我が父はそなたの父と多少仲は良かったようだが・・・私の代からはそなたたち一家をひいきするのはやめようと思っていてな」
弟「・・・」
男父王「王たるもの民衆には平等であるべきだと考える」
弟「・・・それとこれとは話が別では・・・」
男父王「ん?」
弟「もしかすると世界の平和を揺るがすことに繋がるのかもしれないんだぞ!!」
男父王「むっ!?」
弟「それをなんとかするのがあんたじゃないのか!!!??」
男父王「・・・くっ!誰か!!この者を追い出せ!!二度としろに入れるな!!」
兵士達「うおおおおおおおおおー!!」
弟「くそおおおおお!!!」


454 名前: 投稿日:2008/08/19(火) 04:40:07.07 ID:dNQhTQFi0
父「・・・そうか」
弟「うん・・・」
父「それは仕方ないな」
弟「・・・なんだよ・・・あの無能王」
父「こら!」
弟「だって父さんは世界を救った勇者なんだろ!?なのに全然手を貸そうとも・・・」
父「・・・元、勇者だ」
弟「・・・」
父「彼にも思うことがあっての行動だろう、そう責めちゃダメだ」
弟「・・・」
父「しばらく・・・様子を見よう」
弟「・・・」
父「何か異変があればすぐに調べに行く」
弟「・・・父さんが?1人で?」
父「応援を断られたんだ・・・仕方ないだろう」
弟「じゃあおれも・・・」
父「お前はだめだ」
弟「そんな!」
父「何かあったときレベル1のお前を守り切れる保証がない」
弟「でも・・・」
父「いいから、ほらそろそろご飯だ・・・母さんの手伝いをしてきなさい」
弟「・・・はい」


456 名前: 投稿日:2008/08/19(火) 04:43:48.09 ID:dNQhTQFi0
姉「最近何お父さんと話してるの?」
弟「・・・べっつにー」
姉「教えなさいよ」
弟「お姉ちゃんには関係ないよ」
姉「教えなさいよー!!」
母「こらあー!2人ともやめなさいー!!」
父「ははは」


457 名前: 投稿日:2008/08/19(火) 04:50:09.03 ID:dNQhTQFi0
弟「!!」
父「!!」
弟「父さん・・・今のゆれ・・・」
父「・・・弟、お姉ちゃんとお母さんを頼んだぞ」
弟「見に行くの!?おれも・・・」
父「弟!!!!」
弟「!!」
父「・・・しっかり2人を守るんだ、いいな」
弟「・・・うん」

母「弟?父さんはどこに行ったの?」
弟「・・・」
姉「弟!何か知ってるんでしょ!教えてよ!!」
弟「・・・」

町民「大変だー!!魔物が現れたぞー!!」
弟・姉・母「!!???」


459 名前: 投稿日:2008/08/19(火) 05:04:32.02 ID:dNQhTQFi0
弟「・・・父さん・・・ごめん・・・」
父「ははは、何を謝ることがある」
弟「・・・でも・・・もう立てないんだよ・・・」
父「・・・仕方がない、平和ボケしていたツケだ」
弟「・・・」
父「命はあるんだ、良かったとしようじゃないか」
弟「・・・」

男父王「!?お前は・・・一体どこから・・・」
弟「・・・あんたを一発殴りに来た・・・」
男父王「!!・・・」
弟「あんたがあの時おれらを手伝ってくれていたら・・・」
男父王「・・・」
弟「世界は平和なままだったかもしれない・・・」
男父王「・・・」
弟「・・・父さんも・・・あんなことには!ならなかったかもしれない!!」
男父王「・・・!!」
弟「あんたのせいで父さんが勝ち取った平和が・・・あんたのせいで・・・!!」
兵士「・・・これは・・・!!!!!みなのものー!であえー!!くせものだー!!」
弟「・・・!!くそっ!」
兵士「追えー!!」
男父王「・・・!待て!よい!・・・追うな・・・」
兵士「!?しかし王!」
男父王「・・・いいんだ・・・追うな・・・」


460 名前: 投稿日:2008/08/19(火) 05:15:42.72 ID:dNQhTQFi0
弟「・・・」
弟「・・・」
弟「・・・いってきます」
父「誰にも言わず行くつもりか?」
弟「!!・・・父さん」
父「・・・行くのか」
弟「・・・うん・・・地獄の帝王が復活した以上、ここで黙っているわけにもいかない・・・」
父「・・・」
弟「地獄の帝王を完全に封じ込めることのできる剣ってのがあるらしいんだ」
父「・・・」
弟「その剣・・・今はそこらじゃ手に入らないらしくて・・・」
父「探しに行くのか」
弟「うん、レベルも上げなきゃいけないし・・・なにより今世界中が大変なことになってる」
父「・・・」
弟「みんなを助けに行かなきゃ」
父「・・・そうか」
弟「このまちはそんなに簡単に魔物は入って来れないんでしょ?」
父「・・・おそらくな」
弟「だったらまちのみんなは大丈夫だ」
父「・・・」
弟「勇者もいるしね」
父「・・・元、な」
弟「ふふふ・・・」


463 名前: 投稿日:2008/08/19(火) 05:43:23.09 ID:dNQhTQFi0
弟「母さんや・・・姉ちゃんには言わないでもらえる?」
父「なぜ?」
弟「・・・なんか、その方がかっこいいじゃん」
父「・・・ははは、わかった・・・だが、死ぬなよ」
弟「・・・うん」
父「いくらでもかっこつけていい、でも死んでかっこつけるような真似だけは絶対に許さん」
弟「うん、それは昔から父さんに教えられたことだから」
父「・・・そうか」
弟「じゃあ・・・」
父「・・・ちょっと待て、せめてこの伝説の剣を持って・・・」
弟「・・・いいよ」
父「初めからこいつを装備しておけばかなり楽に・・・」
弟「・・・できないんだ」
父「・・・?」
弟「・・・装備、でないんだ、おれ」
父「・・・!!本当か・・・?」
弟「・・・うん、持とうとしても重くて・・・」
父「・・・まさか・・・」
弟「・・・うん、どうやらおれらの代の勇者の資格を持っているのは姉ちゃんらしい」
父「・・・!!」


465 名前: 投稿日:2008/08/19(火) 06:03:04.55 ID:dNQhTQFi0
男「・・・お姉さんには・・・女ちゃんのお母さんには会ったんですか・・・?」
女母弟「うん、おれが旅を始めてもうすぐ5年・・・ってとこでばったり」
男「あなたを探して・・・」
女母弟「・・・うん、そのときにお腹にいる赤ちゃんのことも話してくれた」
男「・・・!?あなたと会ったときにはもう・・・?」
女母弟「うん、旅先で会った男と・・・って」
男「・・・」
女母弟「その後その男はどうなったとかは全然聞かせてもらえなかったけど・・・この子は産みたいって」
男「・・・」
女母弟「それとおれに名付け親になって欲しいって言ってきたんだ」
男「へえ・・・!」
女母弟「それで女・・・って名前をあげた」
女母弟「母さんには言わないで、って頼んだ・・・父さんには死ぬなって言われたけど・・・正直危険な旅だから・・・いつ死ぬかもわからないのに変に希望を与えたくなかったしね」

466 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/08/19(火) 06:07:10.70 ID:m338lkPj0
今の相関図
○○のまち





469 名前: 投稿日:2008/08/19(火) 06:13:43.87 ID:dNQhTQFi0
女母弟「まあ、そんな感じでまどろみの剣を手に入れたはいいがいざ、まちに帰ってみると家族全員が・・・亡くなってた」
男「!」
女母弟「けど・・・おれが名付け親となった・・・姉ちゃんの子供、女ちゃんは元気に育ってた」
男「・・・」
女母弟「どうしようかすげー迷ったよ・・・多分今、伝説の剣装備できるのは女ちゃんだけしかいないだろうからな」
女母弟「やっぱり戦わせたくない・・・けれどあの剣がないと地獄の帝王を再び眠りに付かせることはできない」
男「・・・」
女母弟「剣を担いで持っていこうにもあんな重いもの持ちながらこの洞窟の最深部になんて来れない・・・」
男「・・・だから、ずっとここで修行してたんですか・・・」
女母弟「・・・うん、帝王を見張りながらレベルを上げて、15ターン以内に倒そうって思って」
男「・・・」
女母弟「おじとして、親として・・・まあおれは所詮名付け親だけど・・あの子を戦いの場には連れていけなかった・・・」
男「・・・」
女母弟「あのまちで何事もなく、平和に生きて欲しかった・・・」
男「・・・」


472 名前: 投稿日:2008/08/19(火) 06:27:45.60 ID:dNQhTQFi0
男「・・・あの・・・なんかすみません・・・」
女母弟「え?」
男「・・・女ちゃん・・・連れてきちゃって・・・」
女母弟「はは・・・いいよ、女が望んだことなんだろ?」
男「・・・はい・・・まあ・・・」
女母弟「たった一人で弟を探しに行くような姉の子供なんだ・・・結局いつかはこうなってただろ」
男「・・・ですかね・・・」
女母弟「・・・なにがともあれ、こうして無事に帝王を再び眠りにつかせることができたんだ・・・めでたしめでたし」
男「・・・あの・・・」
女母弟「ん?」
男「・・・女ちゃんには・・・会わないんですか?」
女母弟「・・・」


477 名前: 投稿日:2008/08/19(火) 06:50:32.35 ID:dNQhTQFi0
女母弟「・・・」
男「女ちゃん、きっとあなたに会いたいと思いますよ!」
女母弟「・・・会ってもいいんだけどさ・・・」
男「?」
女母弟「・・・いまさら・・・会うのがなんだか恥ずかしくて・・・」
男「・・・はあ!?」
女母弟「やーなんかこう改めて会うとなるとさ、恥ずかしいじゃん?」
男「・・・まさかそんな理由で鋼鉄の呪文・・・女ちゃんにかけたんですか・・・?」
女母弟「いやまあ、あの場でとっさにできることって思ってこの呪文しか思いつかなかったってのもあるけどさ」
男「・・・」
女母弟「・・・」
男「・・・会ってあげてください」
男「会って、女ちゃんのお母さんのこととか、今までのこと全部話してあげてください」
女母弟「・・・」
男「会って・・・一緒に暮らしてあげてください、あの子は父親に会ったことがないんです・・・」
女母弟「・・・」
男「父親の、愛情を彼女に注いであげてください」
女母弟「・・・でも親って言っても・・・おれ・・・ただの名付け親だよ・・・?」
男「それでも、彼女にとってはじゅうぶんなはずです」
女母弟「・・・そか」
男「・・・はい」


478 名前: 投稿日:2008/08/19(火) 06:52:33.81 ID:dNQhTQFi0
男「・・・それから」
弟「ん?」
男「しろにも遊びに来てください」
弟「え・・・」
男「父はあなたのことを悪く言ってなかった・・・きっと父は父なりに罪悪感を感じていたんです・・・きっと」
弟「・・・そか」
男「はい・・・それに」
弟「ん?」
男「あなたを、あなたのお父さんの次の代の勇者として正式に書物に記録しなければなりません」
弟「・・・え?」
男「まあ今の代の勇者は女ちゃんなので肩書きとしては元・・・になるけど・・・」
弟「・・・いやいやいや!剣を装備できたのは姉ちゃんで・・・」
男「けれど、世界を救ったのは、あなたと、女ちゃんですから・・・」
弟「・・・」
男「きっと女ちゃんのお母さん・・・あなたのお姉さんもそれを望んでいますよ」
弟「・・・」
男「・・・どうですか?」
弟「・・・」
男「・・・」
弟「・・・わかった・・・ありがとう」
男「いえ」


479 名前: 投稿日:2008/08/19(火) 06:55:18.12 ID:dNQhTQFi0
弟「2,3日したらいくよ」
男「え」
弟「本当に世界が平和になったか確かめたいしな」
男「・・・わかりました」
弟「必ず行くから」
男「はい」
弟「それまではおれのこと言わないでくれ」
男「はい」
弟「・・・さっそうと現れたほうがかっこいいしな」
男「・・・はい」
弟「ん、じゃあ女を、うちの・・・娘を・・・よろしく」
男「はい、元勇者様」
弟「・・・なんか恥ずかしいな、それ」
男「ははは」


480 名前: 投稿日:2008/08/19(火) 06:59:58.13 ID:dNQhTQFi0
女「男さんどーゆーことですかー?」
男「だからそのうち来るんじゃないか・・・って・・・どうやら来たみたいだな・・・」
女「へ?」
男「ほら、まちの入り口に誰か来たぞーちゃんと出迎えなきゃ」
女「!ほんとだ!!ちょっと行ってきます!!」
男「・・・」
男「やれやれ」

彼女の、家族と一緒の生活が、やっと、始まる。
このまちで。
血は繋がっていないけれど。
元勇者の父と勇者の娘の生活が。

勇者の一族が興したこのまちで。
父と娘は生きていく。

女「ここは○○のまちです!」
父「こ、こんにちは・・・ここの宿屋に泊まりたいんだけど・・・」

男「・・・変なかっこつけの義理の父か・・・まいったな」

                           おわり


481 名前: 投稿日:2008/08/19(火) 07:01:34.92 ID:dNQhTQFi0
おわり。
いまさらながらもっとのほほんと魔物倒して修行して
のほほんと地獄の帝王を倒す流れにすればよかったかなあと思ったり。
保守してくれた方々、ありがとう。

484 名前: 投稿日:2008/08/19(火) 07:06:20.36 ID:dNQhTQFi0
それから今回はかなりgdgdになったことをお詫びする
次書くときはもっとちゃんと練ってから書くよ

あとジョン氏には色々と悪いことしたなと思う。
お詫びします。どっかでスレ立ててぜひ書いてください。

500 名前: 投稿日:2008/08/19(火) 10:47:13.23 ID:dNQhTQFi0
魔王「・・・」
魔王「勇者のやつ・・・遅いなあ・・・」
魔王「・・・どっかで全滅しちゃったのかなあ・・・」
魔王「・・・勇者・・・」
魔王「・・・って、なに私勇者のことなんか心配してるんだろ!!」

という妄想を病院の待ち時間でしていた

501 名前: 投稿日:2008/08/19(火) 10:52:50.60 ID:dNQhTQFi0
魔王「・・・!!おかえり!!」
魔王「・・・じゃ、じゃなくて、よくきたな!」
魔王「ごはんにする?たたかいにする?そ、それとも・・・」
魔王「・・・あ、お、お風呂ね!だよね!!」
魔王「・・・ばか・・・」


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
月刊桜坂通信 | ニュー速vip | トラックバック:0 | コメント:0 |
新しい記事へ移動する  
  過去の記事へ移動する
コメント
この記事へのコメント
この記事へのコメントを書く
[非公開]管理人にメッセージを送る

パスワードは、「ID生成」「コメントの編集」に使用します。

コメントの編集は、IDから編集画面へリンク

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://aln1025.blog39.fc2.com/tb.php/70-b31401f4
この記事へのトラックバック
 
 
トップへ

テンプレート作成:しるえっと どっと ほーりー/sil_st3c01m_r102

FC2Ad



お知らせ


FireFox推奨です
こちらからダウンロードできます↑


aln



当ブログについて

TOP絵
TOP絵募集中です
誰か作って下さい(人∀・)タノム
サイズは980*200くらいです

aln1025☆gmail.com までお願い ☆→@

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


Author:aln

フィードメーター - 仲間にゅーす
ブログパーツ




Twitter登録してみた


コメント欄にナンバーつけてみた
←新 旧→
TOTAL Pages
全部見てみる
ひとりごと

寒いです
もうストーブ大活躍です
携帯の機種変しました
使い方が全くわかりませんorz
仕事が忙しいため
更新少なくなります
でも見捨てないで下さい


IEで見ている方で
ページの最後まで
見れないって時は
画面縮小してから
横のスクロールバーを
出して最大化すると
見られるようです
お手数かけますが
許して下さい(;・∀・)
苦情を頂いてますが
どうにも直せませんorz

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



恋愛マニュアル - なぜあなたはモテない?
***************
あわせて読みたいブログパーツ
☆おもいつきエリア☆



待ってたヨ
!大感謝!
今いる人
現在の閲覧者数:
お世話になってます
d(゚Д゚ )☆スペシャルサンクス☆( ゚Д

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。